保険適用

2019年台風19号エクステリアの被害まとめ【そして、その対策】

テラス屋根は火災保険の適用内で全取り替えが補填される場合があります

日を追うごとに台風19号による被害状況が明確になってきました。

ニュースでは水没や停電などの大規模な災害の取り上げが多いのですが、ツイッター上では、屋根材が飛んでしまったり、フェンスが外れてしまったりなど各家庭における被害状況の報告が多数ありました。

台風19号による、カーポートの被害状況

全体的に倒壊よりも一部屋根材が飛んでいったケースが多数見受けられました。

前回の台風15号は風台風でしたが、今回の19号では雨による水害の方が強かった印象です。

 

総じて注目していただきたいのは、飛んでしまったと報告があるカーポートは、いわゆるポリカーボネートの透明の板を使用したカーポートです。

鋼鉄の折板を屋根材に使用したカーポートが倒壊や、破損ということはほとんど報告されていないことがわかります。

台風に強い・風に強いカーポートを選ぶ場合は折板カーポートを強くお勧めします。

もし火災保険で再建工事をされる場合は、こういった災害に強い折板カーポートを取り替えカーポートとして選択するのも良いかと思います。

https://springbd.net/carport-for-typhoon

台風に強いカーポート/台風に向いているカーポート まとめ
台風に強いカーポート/台風に向いているカーポート まとめ台風に強いカーポートを探している人 「車のために、毎日の乗り降りのために車の屋根は欲しんだけど、どうしても台風が心配。毎年、ウチの...

保険を適用する場合は、保険に手慣れた専門業社さんもいらっしゃいます。

申請のプロに台風被害の保険適用をサポートしてもらう【調査無料・火災保険】
申請のプロに台風被害の保険適用をサポートしてもらう【調査無料・火災保険】台風被害に遭ってしまって呆然としている人 「台風でまた家に被害が出てしまった。。。生活に困るから補修をするんだけど、保険金が適用で...

懇意にしている業者さんがいらっしゃればそちらでも良いのですが、合わせて相談してみるとうまく保険の適用、補修工事ができることがあります。(相談は無料なので一度見てもらうと安心です。)

台風19号によるフェンスの被害状況

以前、風に強いフェンスとしてルーバーフェンスやメッシュフェンスを紹介させてもらったことがあります。

しかし、ツイッターの内容や画像を見る限り今回の台風での破損もメッシュフェンスも破損してしまっているようです。

強風による破損というよりも飛来物の衝突や、基礎部分が豪雨による流出で倒れてしまったり、フェンス本体の強度以外の要因によるものが見受けられます。

 

こちらも同じく、自分の敷地内にある場合「地面に固着しているもの」として破損や損害について保険が適用できる場合があります。

今回の被害だけではなく、前回の15号の被害や去年の大阪台風21号の被害でもまだ申請ができるようです。(被害が出てから猶予は三年)

もしまだ申請屋相談をしていないという場合は、保険専門業社さんにお訪ねいただくとスムーズかもしれません。

台風の経路エリアにお勧めのフェンス【台風対策】
台風の経路エリアにお勧めのフェンス【台風対策】商品の工夫で、台風対策ができないか模索中の人 「毎年台風が来て、すごい風が吹いている。被害は毎年あるわけじゃないんだけど、家の周り...
申請のプロに台風被害の保険適用をサポートしてもらう【調査無料・火災保険】
申請のプロに台風被害の保険適用をサポートしてもらう【調査無料・火災保険】台風被害に遭ってしまって呆然としている人 「台風でまた家に被害が出てしまった。。。生活に困るから補修をするんだけど、保険金が適用で...

自宅の境界ラインには、何もなしっというのは難しいかと思うので、選ぶのであればメッシュフェンスか、ルーバーフェンスを無難です。

台風19号の被害:ブロック塀の倒壊

今回の台風でもブロック塀の倒壊の報告が多数ありました。

昨年の大阪地震でブロック塀が倒壊し、小学生の女児がなくなってからブロック塀は危険なものと認識されるようになりました。

ちょっと誤解があれば解いておきたいのですが、正しく施工されたブロック塀は木造建築物よりも強い構造体です。(くわしくは以下のブログで紹介してます)

ブロック塀が危ないものと勘違いしている人へ
正しく工事したブロック塀は強い、安い、安心【ブロック塀のメリット】ブロック塀が危ないものと勘違いしている人へ 正しく施工したブロック塀はとても強固なもので、安全です。 その証拠の写真として、過去のブ...

ブロック塀の破損の報告があったツイッターはこちら

 

 

ブロック塀のかわりになるのは、軽量なアルミフェンスです。

重量ブロック塀を軽量アルミフェンスに変える方法【ガーデンリフォーム】ブロック塀を撤去しようと考えている人 「寿栄小学校のブロック倒壊事件があってから家のブロック塀が大丈夫かどうか心配で・・・ブロック...

こちらについては、台風と言わず一度点検をしてもらえると安心です。特に築年数が古い場合、施工が弱いケースもありこういった災害で浮き彫りになるケースがあります。

地方自治体によってはブロック塀の撤去に補助金があることもあるので、合わせて適用すると自己負担が少なく工事ができます。

詳しくは「(都市名) ブロック塀 補助金」などで調べると区役所の告知ページなどがあります。予算はだいたい、4月スタートのことが多いので、このタイミングでは個人的には不向きなシーズンですので、来年に向けて下準備を進めておくことをお勧めします。

「参考になった」と好評の記事

「この記事に出会えてよかった、無事保険申請ができました」「工務店に頼むと2か月待ちと言われ…順番を待ってられなかったとき、参考になった・助かった」という声を頂いています。火災保険に入っているだけでは意味がありません。火災保険の給付金を受け取るには、被害の調査を行ったうえで申請する必要があります。

申請のプロに台風被害の保険適用をサポートしてもらう【調査無料・火災保険】
申請のプロに台風被害の保険適用をサポートしてもらう【調査無料・火災保険】台風被害に遭ってしまって呆然としている人 「台風でまた家に被害が出てしまった。。。生活に困るから補修をするんだけど、保険金が適用で...

 

家調(イエチョウ)公式サイト

台風・雪・雨・落雷・ヒョウこういった自然災害は突発性の事故と同じで、交通事故と同じで保険料が適用できます。

「屋根・外壁の損傷で火災保険が下りるわけがない」と意識もしない方がほとんどです。

一般の方は知らないだけなんです!

そういったこともいろいろと申請のコツや補修の相談など、御用聞きの推奨先として「家調(イエチョウ)」というサービスを私は推奨します。

>>ホームサポートの家調【いえちょう】火災・地震保険申請のプロサポート

さまざまな損害保険適用・保険適用・保険相談を専門に行っているプロチームです。

保険金の受取完了まで徹底的にサポートしてもらえます。

築年数が古いから、経年劣化とあきらめないでください。

「突発性の事故」か「経年劣化」の判断が難しい部分で、プロの力が発揮される部分になります。

調査することで約8割の家で保険がおり、保険金額は被害箇所の合計で平均100万円~200万円おります。

クリック・タップで公式サイトへ

>>家調(イエチョウ)公式サイトへ

 

申請のプロに台風被害の保険適用をサポートしてもらう【調査無料・火災保険】
申請のプロに台風被害の保険適用をサポートしてもらう【調査無料・火災保険】台風被害に遭ってしまって呆然としている人 「台風でまた家に被害が出てしまった。。。生活に困るから補修をするんだけど、保険金が適用で...