カーポート

確認申請せず、カーポート設置する【申請するかは、お隣さんを見て決める】

確認申請せず、カーポート設置する

カーポートの建築確認申請は必要かどうか調べてる人

「ハウスメーカーの営業の人にはカーポートは違法なのでウチでは建てれないので、引き渡しが終わってから、勝手に建ててくださいって言われた。理由もよくわからないし、違法の意味も解らない。。。どういうこと、なにか騙されたり変なことになってない???教えて!」

←建築確認申請とカーポートの関係について教えます。

このページを3行でまとめると

  1. カーポートの確認申請はお隣さんを見て決める
  2. カーポートに確認申請が必要な法的根拠とは?
  3. わかったうえで建てるのと知らず建てるは違う。

私は、エクステリア専門店に商品を卸す商社マン

どうも、庭ファン(@spring_bd)と申します。

私は車庫・カーポートを含むエクステリア商品を専門に工事している業者さんに商品を卸す商社で働いている商社マンです。

この業界に入り10年経ち、業界の流れや商品について詳しくなりました。

先ほども申し上げた通り「カーポートの建築確認申請」についてお話ししたいと思います。

まだ、取り付ける商品が決まっていない、検討中という方は

プロが全LIXILカーポート17シリーズ、すべて評価しました【レビュー・口コミ】プロが全LIXILカーポート17シリーズ、すべて評価しました 今日はタイトル通りLIXIL社のカーポートについて徹底的にレビュ...

≫LIXILカーポート全部レビューしました!

YKKAPカーポート全15シリーズぜんぶ完全商品レビューしました!
YKKAPカーポート全15シリーズぜんぶ完全商品レビューしました!カーポート選びで迷っている人 「買うこと人生のなかでもなかなか無い展示品も少ない、どれを選んだらいい?」 「高額なのでいろいろ調べた...

≫YKKAPカーポート全部レビューしました!

三協アルミのカーポートを徹底レビュー【全シリーズ・プロが解説します】 三協アルミ社からは18シリーズのカーポートが販売されています。 多い・・・、けども定番品から、2階建ての駐車場まで、す...

≫三協アルミカーポート全部レビューしました!

それぞれの記事を見てもらえると、日本で市販されているカーポートの95%をご理解いただけるラインナップになってます!(超長文記事です)

あわせてご覧くださいませ!

では、本題です!!

カーポートの確認申請はお隣さんを見て決める

隣さんからの通報にだけ警戒していれば大丈夫

結論、お隣さんがカーポートを付けている場合は、実状的には問題ないと言えます。

実際、通報して得する人なんて一人しかいません。

皆さんの一番気になるポイントはここだと思います。

私の経験上「通報する人は日陰ができる方角のお隣さん」です。

お隣さんがカーポートをすでに付けている場合は、大丈夫です。安心してください。

自分のことを棚に上げる隣人であれば怖いですが、隣人関係がしっかりできていれば大丈夫。

また、事前にカーポートを建てることを説明しておけばトラブルに発展することはほとんどありませんね。

よくハウスメーカーさんではカーポートの施工はできません。

と言われることがあるそうです。実際のところ、確認申請は必須ではあるものの実情としては申請している現場はほぼありません。

\カーポート工事の優良業社を検索
>>見積相談・資料請求する
※見積は何度でも無料でもらえます

カーポートにも必要と言われる建築確認申請とは?

確認申請せず、カーポート設置する

建築物を建築しようとする場合は、当該工事に着手する前に、その計画が建築基準法に適合するものであることについて、確認の申請書を提出して、都道府県もしくは市区町村の建築主事から認可を受け、確認済証の交付を受けなければなりません。

確認済みが無ければどうなのか?

違法建築として、是正命令や最悪の場合「撤去命令」を受ける場合もあります。

ここでいう建築物が示す中に、10平米をカーポートも含まれます。(まぁ、だいたいカーポートの屋根は10平米以上になると思います)

参考:建築確認申請(けんちくかくにんしんせい)とは

建築主は、第一号から第三号までに掲げる建築物を建築しようとする場合(増築しようとする場合においては、建築物が増築後において第一号から第三号までに掲げる規模のものとなる場合を含む。)、これらの建築物の大規模の修繕若しくは大規模の模様替をしようとする場合又は第四号に掲げる建築物を建築しようとする場合においては、当該工事に着手する前に、その計画が建築基準関係規定(この法律並びにこれに基づく命令及び条例の規定(以下「建築基準法令の規定」という。)その他建築物の敷地、構造又は建築設備に関する法律並びにこれに基づく命令及び条例の規定で政令で定めるものをいう。以下同じ。)に適合するものであることについて、確認の申請書を提出して建築主事の確認を受け、確認済証の交付を受けなければならない。

参考:建築確認申請 4号建築物 とは

4号建築物(4号建物)とは建築基準法第6条による分類。例えば、木造2階建てで延べ面積が500m²以下のものは4号建築物(4号建物)と呼ばれる。

根拠法:建築基準法 第六条 1項~3項
http://elaws.e-gov.go.jp/search/elawsSearch/elaws_search/lsg0500/detail?lawId=325AC0000000201_20180925_430AC0000000067&openerCode=1

知っていただきたいのはカーポートは確認申請が必要な建築物です。

申請の中でもランクが1号~4号がありカーポートは、建築基準法の中でも4号と呼ばれる区分にあたりで、一番簡略が可能な建築物になります。

簡略と言っても・・・2級建築士の申請が必要であったり、構造計算書(カーポートの場合は、メーカーさんから適合書を貰えます)の添付が必要と素人には無理な内容です。

一般的には建築事務所に依頼をし、申請代行をしてもらうのが通例です。

申請内容にもよりますが、カーポートの簡略申請でも15万円~25万円ほどかかります。

見積もり金額を下げる裏ワザ!商社マンが教える賢い&安いリフォーム術【相見積もり推奨する3つの理由】エクステリア工事の見積もりを取った人 「新居に引っ越してきて、落ち着いたからそろそろカーポートと駐車場の土間コンクリート工事の見積...

カーポートはなぜ「違法」と言われたのか?

確認申請せず、カーポート設置する

カーポートが違法と言われた理由に大きく分けて2つあります。

1つは、建ぺい率違反。もう一つは、無申請での設置です。

1つ目のカーポートが建ぺい率違反になる点について

自宅を建てた場合、敷地に建てられる面積(建ぺい率)ギリギリまで建物を建てると思います。そのあとでカーポートを取り付ける場合、カーポート分が建ぺい率からオーバーしてしまい違反になります。

カーポートは柱と屋根で組みあがっており、建築的な目線でみると「建築物」にあたります。手先の器用な人で、多少の工具があればdiyで建設も可能になカーポートですが、立派な建築物です。

カーポートと建ぺい率
これって違反?カーポートと建ぺい率の深い関係カーポートが建ぺい率に含まれるか気になっている人 「家を建ててくれた担当の人は、カーポートが建ぺい率に引っかかるので設置しないって...

となると、前項の建築確認申請の許可は下りません。

”じゃぁ、無許可で勝手に設置してしまえばOKでは?”

\カーポート工事の優良業社を検索
>>見積相談・資料請求する
※見積は何度でも無料でもらえます

これが2つ目の無申請(確認申請なし)での設置

建築基準法を違反した場合、「懲役一年、もしくは罰金100万円」と規定があります。

責任は、設計者でもなく、「発注元」になります。、、ということは、自宅に設置する場合、自宅の所有者が責任者になります。

チェックしている人がいなければ発覚することはありませんが、無許可で設置すると建設基準法違反に当たります。

わかったうえで建てるのと知らず建てるは違う。

実際、確認申請している人はいるの?

じゃぁ、実際に申請している人はいるの?

はっきり言って、ほとんどいません。

年間2万台近いカーポートがメーカーさんから出荷されているようですが、4号申請の数を統計取ってみても、全体の1%もおそらく申請せずに設置している状況です。

行政も通報が無ければ、チェックをせず、またどこからどこまでが所有者の土地なのかが一見わからず、黙認されているのが現状ですね。

お隣さんからの通報さえなければ、ぶっちゃけた話問題はありません。

普段からお隣さんと仲良く、コミュニケーションを図っておくことの方がよっぼどセーフティーです。お隣さんがカーポートを既につけている場合は、お隣さんも通報しずらくなるのでより安心ですね。。。

実情は、こんな状況です。

カーポート確認申請まとめ

以下でしたでしょうか。

カーポートは、建築確認申請が必要な4号建築物ですが、実際申請している人はほとんどいません。

この情報を「知ってて取り付ける」のと「知らずに取り付ける」のでは大違いです。

正直、善意の市民からの通報なんてありません。お隣さんからの通報以外にはありませんので、ぜひコミュニケーションは密に取っておくことがカーポートを設置するときの最大のコツです。

カーポートをお得に買うには、こういった法律の知識も消費者側が持っておくことが重要です。

「このお客さん良く調べてるな、良く知っているな」と思われることで、工事のきちんとしてもらえる、手抜きをさせない予防になります。

建ぺい率のこともあるので、嫌らしく交渉材料にしないようにお願いしますね。

≪このページで紹介した記事≫

外構・エクステリアを検討される方必見!

お引越し後や家を建てていている途中に検討することの多い外構工事・エクステリアについて一番の悩みは、

  1. 納得の行くプランと最適な設置方法の提案
  2. 高い工事品質と施工後の安全性
  3. 予算内に費用を抑える、工夫と商品選び

ではないでしょうか?

外構やエクステリアの予算配分で悩んでいる方へ「相見積もり」を活用することで大きく見積金額ダウンも期待できます。プラン比較も相見積もりは非常に有利ですよ。

https://link-a.net/gate.php?guid=on&mcode=x3wjetxg&acode=adpbtcgrbefa&itemid=0

さらに、タウンライフリフォームに相談すれば1社だけでなく、なんと相見積もり先の優良企業さんまで紹介してもらえます。(しかも外構業者さんには内緒で)

もう一つ特筆したいポイントとして、タウンライフリフォームは事前に紹介してもらう業者さんを指定できます。

今から業者探しをしている方は、一石二鳥の無料サービスですので利用しない手はないですね。

>>タウンライフリフォーム解説記事へ

>>タウンライフリフォーム公式サイトへ