カーポート

カーポートの建築確認についての実状とは?【お隣さんに倣う】

カーポートにも必要?そもそも「建築確認」とは?

カーポートに建築確認が必要と聞いた人

「既に、カーポートの設置が終わったけど、建築確認申請?なんか調べたら出てきた。良く知らないけど申請はした方がいいの?どういう者かわからないけど業者さんがするものじゃないの?心配なので教えてほしい」

→カーポートの建築確認についてご紹介します。

私は、エクステリア専門店に商品を卸す商社マン

どうも、はじめまして、庭ファン(@spring_bd)と申します。

自己紹介を致しますと、本業は現役エクステリア商社マンです。なので、外構の商流や商慣習などにはカナリ詳しいです。このブログではお得にお庭づくりをするための秘訣やコストカット術などを配信しています

私の詳しい経歴・自己紹介についてはわたしのプロフィールをご参照ください。

また、2020年2月からYouTubeでも情報発信していまして、ニッチなお庭という専門ジャンルながら、チャンネル登録者数は1.5万人を超えました!

動画も合わせてご覧いただけると、より効率的に深い知識を得られると思います!

この業界に入り10年経ち、業界の流れや商品について詳しくなりました。

そこで、今日はよくお問合せいただく「建築確認」についてお話ししたいと思います。

そもそもの建築確認の制度についてと、カーポートの実情についてご紹介です。

カーポートにも必要?そもそも「建築確認」とは?

カーポートにも必要?そもそも「建築確認」とは?

建築確認(けんちくかくにん)とは、建築基準法に基づき、建築物などの建築計画が建築基準法令や建築基準関係規定に適合しているかどうかを着工前に審査する行政行為である。

カーポートは建築基準法上、建物です。

そのため本来は建築確認申請が必要なのですが、実情としてほとんど実施していないですね。

過去にも建築確認申請に関する記事を公開しています。

カーポートの建築確認申請ってどうやるの?
カーポートの建築確認申請ってどうやるの?カーポートの建築確認を検討している人 「カーポートには建築確認申請が必要って聞いた。けど、ケンチクカクニンってなに?よくわかってな...
確認申請せず、カーポート設置する
確認申請せず、カーポート設置する【申請するかは、お隣さんを見て決める】カーポートの建築確認申請は必要かどうか調べてる人 「ハウスメーカーの営業の人にはカーポートは違法なのでウチでは建てれないので、引き...

建築確認申請の存在すら知らない人も

カーポートは誰でも簡単に建てられるように改良・開発されている商品なのでDIYでも工事が可能です。

それで安全性や強度面にも問題はないです。

単管パイプなどや木材などで作るカーポートも、10平米を超えれば建築物にあたるのですが、強度計算などを行うと基準を満たせない場合がほとんどかと思います。

役所の方も、一般の方も、細かな部分までチェックされず黙認されているのが実情かと思います。

お隣さんも、知らない可能性があります。

お隣さんも、知らない可能性があります。

一番やっかいなのがお隣様からの通報です。

お隣さんは隣にカーポートができることで影が出来たり、圧迫感が出るので、屋根を付けることを嫌う場合があります。

そのため通報されてしまうリスクがあるのですが、お隣さんもカーポートをつけている場合、言いたくても言えない状況になるので、隣にカーポートがあれば安心ですね。

カーポートと建ぺい率
これって違反なの?【カーポートと建ぺい率の深い関係】カーポートが建ぺい率に含まれるか気になっている人 「家を建ててくれた担当の人は、カーポートが建ぺい率に引っかかるので設置しないって...

カーポートの業者さんはネットでも探せます

https://townlife-aff.com/link.php?i=5af26089db0f3&m=5d1ca5c339596外構・リフォーム相場を見るだけでもOK

建築確認申請についてネットで検索したあなたのように業者さんはネットでも検索できます。

エクステリアについてはあまり購入する頻度が高くないので、わからないことがたくさんあります。

ぜひ、複数社に見積もりを取って頂き、カーポートの強度や保証の有無、アフターフォローの内容含めてを比較検討して頂くと良いかと思います。

そうすることで、外構やお庭工事を得意とする専門の業者からのアドバイスやアイデアがもらえるので、失敗するリスクも軽減できます。

あまりそういった業者さん複数社知らないという場合には、下記のリンクのようなインターネットで業者さんを紹介いただける地元の優良業者さんを紹介いただけるサービスもありますよ。

>>見積相談・資料請求する

業者さんによっておすすめする内容が異なるかもしれませんが、提案内容に正解はありません。

私は、損をしないエクステリア見積もりを取るためにも、複数の専門業者さんにアドバイスを受けることをお勧めします。

外構・エクステリアを検討される方必見!

お引越し後や家を建てていている途中に検討することの多い外構工事・エクステリアについて一番の悩みは、

  1. 納得の行くプランと最適な設置方法の提案
  2. 高い工事品質と施工後の安全性
  3. 予算内に費用を抑える、工夫と商品選び

ではないでしょうか?

外構やエクステリアの予算配分で悩んでいる方へ「相見積もり」を活用することで大きく見積金額ダウンも期待できます。プラン比較も相見積もりは非常に有利ですよ。

https://link-a.net/gate.php?guid=on&mcode=x3wjetxg&acode=adpbtcgrbefa&itemid=0

さらに、タウンライフリフォームに相談すれば1社だけでなく、なんと相見積もり先の優良企業さんまで紹介してもらえます。(しかも外構業者さんには内緒で)

もう一つ特筆したいポイントとして、タウンライフリフォームは事前に紹介してもらう業者さんを指定できます。

今から業者探しをしている方は、一石二鳥の無料サービスですので利用しない手はないですね。

>>タウンライフリフォーム解説記事へ

>>タウンライフリフォーム公式サイトへ