土間コンクリート

ドライテック【透水性コンクリート】のメリット&デメリット\話題の素材/

以前、反響が大きかった、そしてリクエストの多かった「ドライテック」について長岡生コンクリートさんから資料提供もいただいたので特集ブログを作成しました!

本ブログは、有限会社長岡生コンクリート 宮本様の資料提供をいただき作成致しました。

宮本様、ご協力いただきまして誠に有難うございます。

※※※あらかじめ、お断りとお詫び※※※

この動画に関して、資料提供を頂いておりますがこれからの内容は「庭ファン」個人の見解となり、有限会社長岡生コンクリート様の見解ではございません。ご理解・ご了承の上、ご覧いただきますようお願い致します

見たい場所へジャンプ

1.そもそも「ドライテック」コンクリートとは

ドライテックの話をする前にその一つ前の話です。

この透水性のあるコンクリートは、一般的に「ポーラスコンクリート」という風に呼ばれています。

開発されたのは昭和39年、東京オリンピックが開催された1960年代からある技術で、実は歴史があります。

「ポーラスコンクリート」と呼ばれ、実は1960年代から歴史がある技術

プラコン工業会の概要から引用させていただいだきました。

今では60年ぐらい歴史のある技術で、もともとポーラスコンクリートというのは護岸工事であったり、植栽の育成などの観点から地中に水を、空気を入れようという観点から開発されたものです。なので、公共工事や大規模土木事業などでよく使用されておりました。

ポラコン工業会概要より
http://www.poracon.gr.jp/info/index.html

「ポーラスコンクリート」を舗装用に転用が始まったのは1980年代から

ポーラスコンクリートの舗装用に転用が始まったのは1980年代からだそうです。

この株式会社佐藤渡辺が、舗装用として商品として透水性の舗装材を開発されました。

なんとかのスタジアムの周辺であったり高速道路のパーキングエリアなどのいわゆる広域・公共事業などに採用されることが多く一般の戸建て向けにはながらか採用がされていませんでした。

株式会社佐藤渡辺商品情報よりhttp://www.watanabesato.co.jp/products/permeacon/

コンクリートありながら、透水性能を持った舗装材

ポーラスコンクリート舗装ですが、日本道路建設業協会からいろんな高速道路などの導入事例ございまして、アスファルトに比べて耐久性であったり交通の荷重や耐久性、タイヤの旋回による小石の飛散などが少なく耐久性に優れているというお墨付きもいただいています。

また、コンクリート系の舗装材なので経年変化というのは非常にしにくいものになります。
アスファルトに比べて、空隙のつぶれなどすくなく、目詰まりもしにくく耐久性に優れている舗装材という風な紹介をいただいています。

ポーラスコンクリート舗装(日本道路建設業協会より)
http://www.dohkenkyo.net/pavement/meisyo/porasuk.html

長岡生コンクリートさんの商品名が「ドライテック」

まだまだ民間へ普及し始めた新しいテクノロジーです。

今回、この「ドライテック」を開発されたのが長岡生コンクリートさんです。

一般戸建て向けに販売できる方式を開発して、民間へは普及し始めたばかりの新しいテクノロジーという風な形になります。

新しいと言っても、実際15年ほど販売されているそうですね。

全国の生コン業者さんと提携を組んで卸売ができるような形の体制をとれたというのが長岡生コンクリートさんのおかげです。

その長岡生コンクリートさんが販売している商品名が「ドライテック」という商品名でして、今日は、詳しくお話ししたいと思います。

透水性能があるとがあるとどう良いの?

透水機能があると何が良いのか、詳しく見ていきたいと思います。

ドライテックで排水ができるので、水勾配/排水設備が不要になる

通常土間コンクリートの場合は雨水を通さないので、水平に施工してしまうと水溜りができます。

ビチャビチャになってしまうので、水たまりが出来ないように小さな坂道をつくって、まあ道路側に排水するような仕組みになっています。(これを水勾配といいます)

ドライテックになると、この水勾配が不要になります。

そして、その先にある「排水設備」と言われるいわゆる「側溝」ですね。

側溝もいらなくなるのでコスト面でも削減・工期も短くできます。

ドライテックで排水ができるので、ゲリラ豪雨/災害対策になる

舗装面全部で水を受け止めることができるようになり、ドライティック自身で排水ができるようになります。

メリットとしてはゲリラ豪雨などの災害の対策になるポイントです。

舗装の状態で水を吸収することができるので、水浸しであったり浸水っていうのを得た防ぐことができます。

公共工事では、透水性の舗装が当たり前(標準仕様)

これは、公共工事の話になりますが実は透水性で舗装するのが「あたりまえ」。標準仕様になっています。
これはとあるサービスエリアの写真なんですけれども、この床材インターロッキングと呼ばれる、ブロックを敷き詰めた施工法ですが、このブロック自身が透水性能があります。

水を通す素材でできておりこういった施設など公共施設・駅のターミナルなどはこういった仕上げになっていることが多いです。

大型の台風やゲリラ豪雨など、有事の際に水がちゃんとを地面に吸い込まれるように、透水するようにこういった仕様で設計です。

エリアによっては、条例で決まっていたりするぐらい、透水性というのは実は一般的な施工法なんです。

「ドライテック」のメリットとは

続いてドライテックのメリットについて、お話させていただきます!

水勾配が要らない/排水設備を設けなくて良い

前述でも何度も出てきている「水勾配が要らない」「排水設備を設けなくていい」ということになります。

この排水設備というものは、道路と自分の敷地の境界部分に大体、「溝(みぞ)」があると思います。それです。

たまーーに、古くからある家であったり、歴史のある街並みであったり、または山岳地帯の場合には、こういった排水設備が設けられていない場合があります。

そういったところに土間コンクリートを打ってしまうと水がどこに流したらいいか困ることがあります。

全部道路に流してしまうわけにもいかないので、排水できる設備・溝などをどこかに設けないといけないんですけど、排水設備を作る費用が結構高い!

また、道路よりも家側の方が低い場合(逆勾配と言います)、ポンプで出すというわけにも行かず、そういった場合どこに雨水を持っていけばいいのかて困ることがあります。

そういった場合に、このドライテックというのが非常に役に立つんですよね!

メッシュ筋が要らないので、その分コストカットにつながる

2つ目とメリットとして、「メッシュ筋」が不要です。

↑の写真は通常の土間コンクリート打設中の画像なんですけれども、こういったメッシュ筋といわれる網目状の針・鉄芯というものを土間コンクリートを設定する場合は埋設しています。

ですが、ドライテックの場合このメッシュ金が不要になるのでその分コストカットにもなります。
工事をしている人からすると足場が悪くなって結構邪魔なんですけどもこれがないっていうのは非常に職人さんにとっては嬉しいことになります。

「ドライテック」は、DIYでも施工が可能

ドライテックには、面白い側面がありまして「DIYでも施工が可能」ことです。

簡単・・・ではないのですが、DIYで施工ができるということは材料代だけで施工ができるので非常に安価に仕上げることができます。

生コン車を呼んできてやるっていうなるとハードルが高い。。。

って実際どんな感じですればいいのか?っていうのは分からないと思うんですけども、ドライテックには「施工マニュアル動画」があります。

以下にリンクを載せていますのでぜひ参照してみてください。

このドライテックの施工方法であったり、注意しないといけないポイントなどがドラマ
仕立てに紹介されているものになります。

まず見てみて自分で、施工が可能かどうか判断して、そこから業者に頼むか、自分でやるか決めてもらうといいかなと思います。

参考動画:「【DIY】透水性コンクリートドライテック施工マニュアル」より

4.「ドライテック」のデメリットは何がある?

見た目が白いアスファルトのように見える

見た目は正直白いアスファルトとのように見えます。

私は最初、ドライテックを見たときにそういう印象でした。

コンクリートのように白い肌ではなく、ゴツゴツしたようなアスファルトのような感じ。

この見た目が良いかどうかについては、個人の主観に基づきますが、見た目はこんな感じになりますでそして

2020年4月現在、ドライテックに対応している業者が少ない

次、対応可能な施工業者さんの話です。

2020年の4月現在の話になりますが、ドライテックに対応されている業者さんっていうのはまだまだ少ないかなというふうに、私は感じました。

私のお取引させて頂いている施工業者さんでも「ドライティックをしたことがある」という
ことがあるという方はまだ少なかったですね。

施工見学見学会・研修を積極的に実施されているとのこのなのでこれからも期待です。

経年変化については未知数、15年の販売実績では特にトラブルはない

コンクリートは、アスファルトと違い「無機物」になるので経年の変化は起こりえない。ということらしいのですが、実際のところはまだまだ分からない部分が多いかな。

販売されて15年経って、その昔に施工したものももポロポロ剥がれてきたりとかと言う
ようなものはないと聞いてはいます。

実際私の目でも見たことがないので、実働・実際どのようなものなのか、これから非常に楽しみです。

「ドライテック」によくある質問

Q:染み込んだ水はどこへ行くの?

A→地下に透水して、地中に吸収される
 家が建つ前は、舗装されずに地中に透水されていた
 砂利の駐車場だった/家が建てれる地質であれば問題ない

Q:数tある乗用車が乗り続けても大丈夫な強度はあるのか?

A→通常土間コンクリート18N~21Nの強度。ドライテックは27Nの強度を有し、駐車場には必要十分

Q:泥やゴミなどで目詰まりを起こして排水性は失われないか?

A→高圧洗浄機で洗浄すれば押し出されて透水性が戻る。

Q:経年変化で、ポロポロと剥がれて来ないのか?

A→剥がれは、ゼロではない。「100平米あたりの(大きさ5mm以上)が300粒を超えない」
※モノタロウの注釈より無機質素材、ガラスの仲間なため経年の変化は起きない剥がれ続けるということは少ない。

経年で変化はしない素材なので、ポロポロと剥がれ続けることはなさそうです。

Q:ゴツゴツして歩きにくそう、タイヤが削れそう

A→意外と表面は円滑、プールサイドにあるスノコみたいなイメージ

6.「ドライテックvs土間コン」気になる価格差

ドライティックとドライテックの皆さん気になる価格差ですね。

コンクリートの価格については、過去に土間コンシミュレーターの方を作成してまして、こちらの方をベースにお話させていただきます。

パッと自動計算¥土間コン価格シミュレーターできた!外構で使う土間コンクリート費用が高くてびっくりしてる人 「え?駐車場の土間コンクリートってこんなに高いの?外構工事の1/3ぐらいを...

ちょっとは安くなる期待はできる

土間コンクリートを打設する時に必要な作業はほとんどドライテックでも必要になる。

なので安くなる部分はちょっとだけ。。。期待した人ごめんなさい。

安くなるのは、排水設備代・メッシュ筋代・金鏝仕上げ手間代ぐらい

削減できるメッシュ筋は、下がる金額でいうと1平米当たり400円~500円くらいなります。

あとは金ゴテ仕上げをする時の左官職人さんの費用です、これが少し安くなるぐらいになりますね。

結論的に言うと、通常の土間コンに比べて1割ぐらい安くなることもあります。

ですが、エリアやその工事業者さんの得意・不得意により変わってくるので通常の土間コンクリートと透水性コンクリート(ドライテック)で比較見積もりを取ってもらうのが良いかと思います。

「ドライテック」はどこで購入できるのか?

ドライテックはどこで購入できるのか?

今から3つ紹介させていただいてそれぞれ、リンクを載せていますのでぜひ参照ください。

「庭コン」でドライテックを購入する

http://www.nr-mix.co.jp/niwakon/subcontractor_list.html

長岡生コンさんが直接運営している、「庭コン」というサイトです。

直接施工業者さんへ直接見積もり依頼ができるサービスになっています。

「施工業者リスト」というところですねクリックすると施工対応が可能な業者さんのリストが出てきます。

自分の住んでいるエリアの一番近い業者さんにあの相談ができるような形になっています。

トップのロゴの部分にも「お庭作りはゼロへマッチング」と書いてあるんですけども、こちらのサイトで依頼する場合、マッチング手数料などは一切掛からず、0円でできます。

なので、探す場合は、まずこちらから見ていただくと良いですね。

「モノタロウ」でドライテックを購入する

https://www.monotaro.com/g/04477965/

言わずと知れた、B2Bのプラットフォームです。

モノタロウでもドライテックが購入が可能です。

「透水性コンクリートドライテック施工サービス」という名前で販売されています。

必要な平米数の商品をカゴに入れて、注文をすれば、指定の日に届けてもらうという風な形になります。

一般の方でなかなかモノタロウさんを利用する方は少ないかとおもいますので、一般の方も利用しやすいのが↓↓↓こちらですね。

「エクスショップ」でドライテックを購入する

https://www.ex-shop.net/index.php?action=public_item_order_drytech_input

エクステリアを工事付きでネット販売をされているエクスショップさんです。

エクスショップさんでもドライテックが購入可能です。

こちらは工事込みで相談が可能なので、DIY動画を見て「あーーー無理!」と思った方は、工事もまとめてプロにお願いしてみると良いかと思います。

あなたの外構・エクステリアの業者さんを探すお手伝い!

今から、外構・エクステリア業者さんを探そうとしているあなたに。

朗報です!

そんな方は、ぜひ簡単に無料で優良業者さんを簡単に検索できるサービスがありますので、ぜひご利用ください。

>>タウンライフリフォーム公式サイトを見る

大手ハウスメーカーから地元の工務店まで網羅し、ガーデンリフォームを検討している方も安心してご利用いただけます。

一生のうちに外構やエクステリアをリフォームをすることは2回・3回と経験するもではありません。

ぜひ後悔しない、失敗しないリフォームをするためにも、リフォーム会社選びは慎重に複数業者に依頼をしましょう。

お悩みワンコ
お悩みワンコ
え。。。でも、個人情報の流出とか、怖くないの?

庭ファン
庭ファン
大丈夫です!安心してください!

すべて、プライバシーマークや厳しい審査をクリアした優良企業ばかりです。

それに、どこの業者さんに依頼するかは自分で決めることができますよ。

>>サンプルで見てみる(埼玉県熊谷市の例)

お悩みワンコ
お悩みワンコ
えーーー。いちいち、めんどくさいなぁ

庭ファン
庭ファン
自分で、店舗に訪問して相談したり、ネットで自力で探しだして毎回住所を入力するよりはるかにラクチン!

入力は必要最小限の項目だけでたった3分で終わります。

エンジンをかけて、車に乗って、外構業者さんの店舗に出かける必要もありません。

業者さん探しの手間が省けます!

それに、一番重要である商品の検討やプランの検討に時間を使えるようになるので、正しく検討ができるようになりますよ。

成功するリフォームに近づき、失敗する可能性が低くなります。

よく聞く話ですが、業者さん探しに億劫になってしまって、商品選びに疲れてしまって・・・結局、何をしたかったか見失ったりしませんか?

お悩みワンコ
お悩みワンコ
でも、いきなり電話がかかってくるのが嫌。どこのだれかわからないのは不安なの

庭ファン
庭ファン
確かに、急に電話がかかってくると不安ですよね!

要望・内容のところに、「電話ではなく、メールで相談希望」と入力すれば、最初のアクションはメールで連絡があります。(コピペしてもらってOKです)

事前に要望を出すことで、その不安は解消できますね。

そして、何と言っても相見積もりを取ることの最大のメリットは「価格が安くなることが多い」ことです。

業者さんによって、エクステリア商品・工事費用に大きな差があります。

お悩みワンコ
お悩みワンコ
50%OFFでお得!と思っていても、実は別の業者さんでは55%OFFで販売されていた!

お悩みワンコ
お悩みワンコ
チラシを見ると購入した商品よりも5%も安かった!知らない間に5%も損していた・・・

庭ファン
庭ファン
複数業者さんに見積もりを取ることで初めてわかることもありますよ!

カーポートやフェンスなどは商品価格が高くなり、5%の差でも金額にすると2万円~3万円変わってきます。

エクステリア商品は、耐用年数が長く10年~20年と使える商品です。

1時間~2時間の打ち合わせで、このさき10年~20年使う商品が変わるので、ここを手を抜いてしまうともったいない!

せっかくこういった、情報収集をしているあなたにはぜひリフォームを正しく・お得に実施していただきたいと切に願っています。

タウンライフリフォームは、地元の優良企業を集めたサービスでリフォーム部門では3冠を達成した由緒あるサービスです。

登録されている業者さんは約300社以上と、正直私から見て非常に多いと思います。

イチオシしたいポイントとしては、タウンライフリフォームの利用は無料なんです。

そもそも悪徳業者はこう言った紹介サービスで紹介してもらえず、優良企業のみが表示される仕組みになっているので、いわば、タウンライフリフォームによってえりすぐられている状態です。

>>タウンライフリフォーム公式サイトを見る

だから、私は、タウンライフリフォームさんをオススメしてます。

業者さんによってオススメする内容・プランが異なるかもしれませんが、外構工事やリフォーム工事には正解はありません。

私は、見積もりを値下げするためにも、損しないためにも「業者さん探し」に力をいれてみるのをオススメしています。

さらにいまなら、毎月先着99名様に「成功するリフォーム7つの法則」の冊子資料がもらえますね!

しかもタウンライフリフォームに相談すれば相談したい会社1社だけでなく、なんと相見積もり先の優良企業さんまで(外構業者さんには内緒で)紹介してもらえます

一度で二度と美味しいサービスなので、今から業者探しをしている方は、利用しない手はないですね。

庭ファン
庭ファン
じゃぁ、自分とマッチしてそうな必要な2社だけに最初は依頼してみよう!

という風なカスタマイズができるので非常に良心的な会社だと思います。

気になる方は、ぜひ、↓↓↓のリンクから見てみてください。

>>タウンライフリフォーム公式サイトを見る

【手順紹介】かんたん3ステップで探せる!個人情報の入力は不要です

>>タウンライフリフォーム公式サイト

↑にアクセスして、市区町村までの住所を入力して、住まいのタイプ(たぶん、戸建てですよね)チェックします。※この時点では個人情報の入力は不要です

希望する工事内容のところの「外構・エクステリア」だけにチェックを入れます。

そのあと、個人情報を入力箇所があるのですがスルーして、そのさらに下にスクロールして出てくる優良専門業者さんリストを確認してください

 

そうすると、こんな感じでリストが見れます。 

 

いかがですか?

大手ハウスメーカーさんも入っていて、安心感がありますね!

もしまだ業者さんに相談していないという場合は、予算もどれぐらいかかるか知りたいという方は、現地の採寸・現地確認を無料でしてもらえるので、気軽に相談してみてください。

>満足できる優良業者を探す【外構の利用者満足No.1

外構・エクステリアを検討される方必見!

お引越し後や家を建てていている途中に検討することの多い外構工事・エクステリアについて一番の悩みは、

  1. 納得の行くプランと最適な設置方法の提案
  2. 高い工事品質と施工後の安全性
  3. 予算内に費用を抑える、工夫と商品選び

ではないでしょうか?

外構やエクステリアの予算配分で悩んでいる方へ「相見積もり」を活用することで大きく見積金額ダウンも期待できます。プラン比較も相見積もりは非常に有利ですよ。

https://link-a.net/gate.php?guid=on&mcode=x3wjetxg&acode=adpbtcgrbefa&itemid=0

さらに、タウンライフリフォームに相談すれば1社だけでなく、なんと相見積もり先の優良企業さんまで紹介してもらえます。(しかも外構業者さんには内緒で)

もう一つ特筆したいポイントとして、タウンライフリフォームは事前に紹介してもらう業者さんを指定できます。

今から業者探しをしている方は、一石二鳥の無料サービスですので利用しない手はないですね。

>>タウンライフリフォーム解説記事へ

>>タウンライフリフォーム公式サイトへ