窓シャッター

台風の強風には定番の窓シャッターがいい【検証実験動画アリ】

この前の台風の強風で怖い思いをした人

「この前の台風で、大きな被害はなかったけど、窓ガラスがかぜでたわんで今にも割れそうなぐらいガタガタ言ってた。養生テープを貼るって言うけど割れてしまったらひとたまりもない。どう対処したらいいのかな??」

←それなら後付けできる窓シャッターがおすすめです。

普段はエクステリア商品を販売してますが家の外にあるものならなんでも取り扱います。

強風で窓ガラスに物が当たる瞬間

窓で有名なykkapさんが衝撃的な動画を紹介していましたので、こんなツイートをしちゃいました。

https://twitter.com/spring_bd/status/1187212727959212032?s=21

恐ろしいのは窓ガラスが割れてしまったら、危険な割れガラスが家の中に散らばり回ることです。

昨今の台風のレベルでは、考えられないような風が吹いて、二階の窓でも飛んできたものでガラスが割れてしまう被害も報告されています。

去年の台風21号の被害は8万5千棟を超える

まだ記憶に新しい去年発生した台風21号の被害は報告・申請があるものだけで85,715棟もありました。

中には屋根が飛んでしまい全壊の建物ももちろん含まれます。

窓ガラスの破損してしまったところも多数見受けられ、雨や風の侵入を防ぐためにも防犯・安全の窓ガラスは急いで修復が必要です。

台風の強風からな窓ガラスを守るにはシャッターが最適

これは動画内の比較実験の様子ですが、3kgの角材・木の枝が飛んできた場合、ガラスはひとたまりもなく割れてしまいます。

しかし、窓シャッターがあればシャッターが多少凹みキズが付くものの、窓ガラスは割れず安全は守られています。

定番の窓シャッターですが、実際に比較検証実験までしているところは見たことがなかったので、すごい説得力がありますよね。

窓シャッターは後からでもリフォームで付けれる

実は窓シャッターは建物が建った後からでも、リフォームで取り付けができます。

腰窓ぐらいのサイズから掃き出し窓であれば、10万円もしないぐらいで取り付けができます。

トイレや浴室の窓ならば、8万円ぐらいで取り付け工事ができる予算感です。

一度つけると壊れることもありませんし、防犯性能も高くなる良い設備投資になりますね。

今の時期はどうしても需要の方が圧倒的に多いので、業者さんも高くても売れるので強気なチラシ価格をよく見ます。

今すぐではなく、個人的には台風シーズンが終わってしまった冬、年明けぐらいがベストタイミングです。

価格交渉するならハイシーズンを避けて依頼するのも良いポイントですよ

家調(イエチョウ)公式サイト

台風・雪・雨・落雷・ヒョウこういった自然災害は突発性の事故と同じで、交通事故と同じで保険料が適用できます。

「屋根・外壁の損傷で火災保険が下りるわけがない」と意識もしない方がほとんどです。

一般の方は知らないだけなんです!

そういったこともいろいろと申請のコツや補修の相談など、御用聞きの推奨先として「家調(イエチョウ)」というサービスを私は推奨します。

>>ホームサポートの家調【いえちょう】火災・地震保険申請のプロサポート

さまざまな損害保険適用・保険適用・保険相談を専門に行っているプロチームです。

保険金の受取完了まで徹底的にサポートしてもらえます。

築年数が古いから、経年劣化とあきらめないでください。

「突発性の事故」か「経年劣化」の判断が難しい部分で、プロの力が発揮される部分になります。

調査することで約8割の家で保険がおり、保険金額は被害箇所の合計で平均100万円~200万円おります。

クリック・タップで公式サイトへ

>>家調(イエチョウ)公式サイトへ

 

申請のプロに台風被害の保険適用をサポートしてもらう【調査無料・火災保険】
申請のプロに台風被害の保険適用をサポートしてもらう【調査無料・火災保険】台風被害に遭ってしまって呆然としている人 「前回の台風15号と今回の19号でまた家に被害が出てしまった。。。生活に困るから補修をす...