わたしのプロフィール

庭ファンは、外構・エクステリアの専門家です。

エクステリアを卸売り販売している外構のプロです

どうも、庭ファン(@niwafan1128)と申します。

現在33歳、エクステリア専門の商社に11年務めてました、元・商社マンです。

現在は、設計プランニング・書籍執筆・YouTubeなどの情報配信活動、メーカーさんと新商品開発やマーケティングのコンサルティング事業をメインとしています。

職業がら、エクステリア・外構を購入する一般のお客様からハウスメーカーの設計士、外構工事専門業社さんや資材を作っているメーカーさんとお取引させて頂いています。

エクステリア・外構業界で長く営業経験を積みかさねきました。

いままで培ってきた経験と失敗談からお庭づくりを成功させるため、より良いお庭作りに有益な情報を配信するサイトを目指して運営しています。

エクステリアの小技から、商品選びのコツ・業者選びのコツなど。

それから価格交渉を有利に進める賢い方法を伝授します。

見積もり金額を下げる裏ワザ!商社マンが教える賢い&安いリフォーム術【相見積もり推奨する3つの理由】エクステリア工事の見積もりを取った人 「新居に引っ越してきて、落ち着いたからそろそろカーポートと駐車場の土間コンクリート工事の見積...

≫見積もり金額を下げる裏ワザ!商社マンが教える賢い&安いリフォーム術

そして、私も経験が長くなればなるほど、業界の闇に気がついてしまいました。。。

これからの将来、住宅の着工は人口減とともにが落ち込むことが確実とされています。

外構のみならず今後の人口減においては、どの業界も致命的な市場縮小になります。

同じ業者の数で、小さくなる市場の場合は、競争が激化する方向にありますが、その中で外構業界は専門業者と一般人の知識差がありすぎます。

知識の差が大きければ大きいほど、業者のカモにされてる方が多く、泣き寝入りしていると思います。

しかし、この差が業者の利益になるので無くすと困る。

けども、知識差・情報差があり過ぎるとボッタクリ・詐欺が横行してしまいます。

「冠婚葬祭」の業界も例に出されますね。

情報発信するけども、業界の利益は守る。

究極の矛盾の中に、私の存在価値がある状態です。(問屋だから仕方ない!)

それでも、外構業界・エクステリア業界の健全化のため頑張ります。

庭ファンはカタログが大好物、金属はアルミが大好き

庭ファンの管理人は、三度の飯よりカタログが大好きです。

漫画の新刊が出たとのと同じぐらい、新しいカタログを読むのが楽しくて仕方ない性分です。

そして、私のスタイルは、実益主義・ミニマリスト的な思考です。

仕事業務でも、プロダクトでも、無駄の無いスタイリッシュなデザインが好きです。

昔は、竹などの木材や生垣をお庭まわりの素材として使用してきました。

ですが、明治・大正と時代は移り変わり、いまはアルミ金属素材のエクステリア商品が主流です。

エクステリアは、安定したその品質とデザイン性・実用的な機能があって問屋にとっても、メーカーにとって、一般消費者にとっても利益がある有能な素材です。

だから、金属のなかで一番アルミが好き。

私の生い立ち、ネットゲーム廃人からの脱却

急に外構に詳しくなったり、パソコンに詳しくなったりしたわけじゃなくて過去の自分の経験の点と点がようやく社会人になって線としてつながってきたような気がします。

最初のパソコンとの出会いは、中学生の頃に親に買ってもらったノートパソコンでした。

当時は、パソコンよりもお家で飼っていたゴールデンレトリーバーと遊ぶことが多く、あまりネットにどっぷりということはなかったですね。

ですが、家族用のパソコンで、ダイヤルアップという環境でしたがゲーム攻略や裏技などがネット検索ができ、学校ではゲーム情報に異常に詳しいキャラとしてヒーローでした。

今、ドラクエモンスターズの配合表とか、ポケモンの努力値とか(当時の自分にとって)最高峰の情報がインターネット経由で手に入りました。

今思えば、情報を知っていることで優越感を覚え、もっと知りたい・もっと調べたいという思いがあったのを鮮明に覚えています。

私の探究心のきかっけはココだったのかもしれません。

その後、高校時代はオンラインボンバーマンにはまり、大学時代はラグナロクオンライン。

まだパソコンが学校の授業で、導入される前にブラインドタッチは当たり前状態でしたね。

リアルタイムで攻防がつづくネットゲームの世界ではコンマ秒の猶予すら許されないバトルです。

一瞬の隙に、相方に指示を出したり、片手でもタイピングができるならないと難しい状態だったので、自然と訓練されてました。

ヒトコトで言うと、絵にかいたような廃人でした。

(が、そこでITのスキルが磨かれたと思えば・・・良かったかな?)

RMtなどにも興味を持ち、文鎮マクロ、オフ会、などなどいろんな意味で揉まれた学生時代でした。

その後、建築関係とは無縁の状態でした。

大学卒業時にIT関連の企業へ就職を希望しましたが、全落ち。

ちょうど内定をくださったエクステリア専門問屋として外構業界に入りました。

もともとレゴなどの組み立てるものや工作などが好きだったので、建築関係を仕事にできている今の環境にも満足しています。

社会人になり結婚をし、子供が生まれてからは、徐々にゲームから足を洗って。。。w

健全な生活を続けていました。

突如、WEBツールの「ブログ」にハマる

そして、仕事柄営業でたまたま※独立系の外構業者さんに訪問したとき、WEBサイト・ブログや情報発信をして、集客が上手くいっていること教えてもらいました。

※メーカー所属・ハウスメーカー所属の下請けじゃない外構業社さん

もともと、mixiなどでゲーム情報などを更新していた、ネットゲームのギルドコミュニティーがあったのでブログに関しては、まったく知識ゼロではなかった私は、見様見真似で試しにやってみました。

ところがどっこい、みごとにブログに大ハマり。

YouTubeとかで勉強したSEOを実践してみる、記事を書いてみてどれぐらいの人にどの記事が見てもらえたのか効果の測定ができる、そしてはっきりと「数字で成果」が見える、資産としてコツコツ積み上げられる。

その魅力に取り憑かれ、いまでは毎日更新。

2019年2月から外構ブロガーとして本格参戦!

会社でバリバリ仕事して収入を増やしていきたいと・・・思っていたのですが「収入を増やすには責任者になれ」と会社で昇進してやってきました。

一時期、責任者として陣頭指揮を取っていたものの、数字責任の重圧・部下の急な退社・子供との時間、家族との時間のなさ・・・さまざまに消耗した結果、「責任者を辞めるという結論に」なりました。

そのころイケハヤさんに出会い、「まだ消耗してるの?」に感化され、突如、ブロガーとして毎日更新を目下とし、本格参入。

継続こそ力なり。辞めなければ負けない。

外構やエクステリア関係のブログを更新されている方があまりいなかったので、競合がすくない今がチャンスと更新を続けることにしました。

前述の通り、私の礎はエクステリア問屋の「営業マン」です。

ですが、まだまだ一般消費者と専門業者との間で知識差がひどく、クレーム産業・悪徳商売などのレッテルは貼られたままです。

私が、得た知識で一般消費者でも有益になる。さらに、外構業社さんにとっても有益な情報を発信していきます。

ここで発信することで、私の本業である問屋業の流通にも寄与できることを願い、今日も筆を取る次第す。

https://twitter.com/blog_no_owari/statuses/1176299319973908480?s=20

https://twitter.com/toyo_kuma/statuses/1212732078615252992?s=20

こういったお言葉を頂けるととてもうれしいです。

これからも有益と思う情報を発信していきますし、エクステリアを検討している方は、私のブログを読まないで検討するのと、読んで検討するのではぜったい得をさせる自信があります

新しい挑戦を続けること。2020年2月YouTubeに動画を投稿

2020年2月からYouTubeでも情報発信していまして、ニッチなお庭という専門ジャンルながら、チャンネル登録者数は3.2万人を超えました!

テキストは電車の中などでみやすく、SEOなどの効果が計測しやすいので肌感覚に合っていたのですが、ここで動画というコンテンツに参入しました。

まだまだひよっこですが、頑張って更新していきます。

業界の発展、正しいお庭作り・賢い買い物のために情報を発信していき、少なくともこのブログ・動画を見てくださった方は、悪徳業者さんを捕まらないようにしていきたいです。

こんな拙いブログですが、必要な情報を仕入れて勉強してもらえると幸いです。

 

庭ファンのプロフィールまとめ

  • 元・エクステリア商社マン
  • オタク気質、探求心高め
  • ITガジェット・ブログが好き
  • 犬好き
  • セミミニマリスト(効率厨です

ブログの代行執筆依頼やお仕事の依頼は問い合わせフォームかツイッター経由でよろしくお願いします。

お問合せフォーム本ブログに対するご意見、執筆のご依頼に関しては、こちらの問い合わせフォームよりお知らせください。 このブログでも私がエクステリア業界で...

ツイッターでも情報発信を行っていますので、よかったら見てもらってフォローしていただけると幸いです。