新築外構

外構工事を安くする7つのコツを教えます。事実、34.4%も安くなりました。

思ったより外構工事の費用が高くて、安く抑えることができるコツを知りたい人

「「ハウスメーカーさんとの契約が終わって内装やいろいろ決めてるけど、すっかり忘れてた外構の初期プランをもらった。正直びっくりした、何がびっくりしたって見積額の桁が100万円を超えてること。200万円?!?そんな予算準備してないし、そこまでかかるとは思ってなかった。。。どうしよう?外構工事を安く抑えるコツありますか?」」

庭ファン
庭ファン
はい、「外構工事を安く抑えるコツ」をご紹介します。

私は原価を知っている元・エクステリア卸売業者でした

はじめまして、庭ファン(@niwafan1128)と申します。

元・外構エクステリア商社の営業マンでした。

日本全国のありとあらゆる外構資材・エクステリア商品を集め、プロの業者向けに販売している年商100億を超える会社の商社マンでした。

YouTubeでも情報配信し、トータルの再生数は1,665万回を超え、チャンネル登録者数は6.6万人超になりました。

このサイトでは、お得にお庭づくりをするための外構・エクステリア商品情報やコストカットの秘訣などを、無料で配信しています

また、外構プランや商品選定のノウハウを惜しみなく詰め込んだ書籍も出版しました。

≫著書をamazonで立ち読みできます!

外構・エクステリアは、建物の次に高額な買い物です。

絶対に、失敗・後悔してほしくないという私の思いが伝わることを願いながら、お庭づくりで悩んでいるあなたのお役に立てると嬉しいです。

本気で外構について考えたい人は、≫無料メルマガがおすすめです。

私の集大成であるノウハウを【超短期の1週間メルマガ集中講座】に、凝縮してお届けします。

メルマガ登録者限定のプレゼント企画もあります!

≫(無料)登録者プレゼントをもらう!

また、私の詳しい経歴を知りたい方は、≫わたしのプロフィールをご参照ください。

 



※無料で「庭ファン」に直接、外構・エクステリアの相談できます。

「相談してみたい…」「ちょっと困っていることがある」「価格が相場通りか心配…」という方は、下記リンクからお見積り相談を申し込みの上、庭ファンまでご連絡ください。

(無料)優良外構業社を探す
≫(無料)資料請求・プロに相談する
※庭ファンがフォローアップします

その家、その家にあった最適解の外構を、わたしも一緒に考えて、素敵なお庭づくりができるように、知恵と経験を提供します!

外構工事には、予算がたくさんかかりますよね。

建物工事の次にかかる工事とも言っても過言ではない工事ですが、意外と後から言われることもあるので、焦りますよね。

先日、こんなツイートをしました。

外構工事を安く抑えるコツ

✅適切なタイミングで検討する

✅適切な予算配分でプラン作成

✅先適切な相談先に相談する

✅凝ったデザインじゃなくシンプル

✅本当に必要な工事だけの工事に厳選する

✅専門性や安全性を問われない部分はDIY

✅究極の秘術、値引き交渉する

#外構工事は奥が深い

人生で購入経験が少ない外構工事。

初見では攻略が難しい、その外構工事を安く抑えるにはコツがあります。

今、外構のプランや家づくりをしている人にぜひ知っていただきたい!

要点だけをまとめたので、

外構工事は、相場というものが存在せず、

「この家」「あの家」それぞれにフルオーダーメイドで作られるものです。

今日は、安くできる普遍的なポイント、どの家にも当てはまる視点で7つ紹介させていただきます。

私は、あなたの営業担当ではありません。

私は、あなたのプランナーでもありません。

私は、メーカー営業でもありません。

なのであなたに商品を購入・採用してもらおうと、営業する必要もありません。

利害関係があると成績のため提案ということもあります。

ですが、私は、あなたの第3者になります。

成績とは特に関係なく、ニュートラルな立場で、ホンネをぶっちゃけ話せます。

(だからこそ、好きに物事が言える匿名で配信活動をしているのです)

しかも、私は卸売り業者でしたので、いわゆる「外構の原価」を知ってます。

現在は、外構のプランナー・設計を行っています。

今日、紹介する内容はお客様に実際に私が説明している内容になります。

全てというわけではないですが、視点の参考にして下さい。

「行動しないと、安くならない」というのが極論です。

適切なタイミングで相談、まずは行動を起こすこと!

まず最初に外構工事を抑える安く抑えるコツとして適切なタイミングで外構工事を相談/見積依頼をするということです。

特にハウスメーカーさんや工務店さんで、打ち合わせをしている場合は建物の方がメインです。

お悩みワンコ
お悩みワンコ
そうそう、建物メインの話ばっかりで、外構の話は全く出てこなかったよ…

悪く言うと、本体の建物の方が儲かるので、予算も、ローンもできるだけ建物本体にかけてもらおうと必然的に働きかけます。

その結果、外構工事の打ち合わせの優先度は極端に下がります。

庭ファン
庭ファン
だから、外構は適切なタイミングで早めにスタートするのが成功の秘訣です!

そして、家が建ち始めると、こからから加速度的に決めないといけなくなる事項が増えます。

正直、時間的・精神的・体力的に余裕がなくなる人が、ほとんどです。

このタイミングで外構業者さんの選定や複数社の見積もり比較をしておくと、カナリ時間的な余裕ができるようになります。

そうすると、「プラン内容の良し悪しの精査」や「見積価格交渉」の時間的な余裕もできます。

適切なタイミングで相談することが、外構工事を安く抑えるコツの一つです。

少なくとも、建物本体の工事が決定し、地鎮祭・上棟式のタイミングには、どの業者さんにするのか正式な発注まではしなくてよいですが、ある程度確定、目星を付ける準備が必要です。

こだわりたいなら、集中して予算と時間をかける

次にお伝えしたいのは、こだわって良いポイントとそうでないポイントです。

土間コンクリートなど、どこに頼んでもだいたい土間コンクリートになります。

カーポートはどこに頼んでも、安定した品質のカーポートができあがります。

どこで頼んでも同じ物はあまりこだわりすぎない方が良いと私は思います。

特に、金属や樹脂などの素材で出来ている外構・エクステリア商品は工業製品なので、どこで買っても品質は同じ。

庭ファン
庭ファン
どこで買っても、メーカー保証付き&品質は安定。究極に安いところを探すのがベスト

「施主支給」という言葉があるように外構工事を安く済ませるためには、「適材適所こだわるところには予算をかけて、こだわらないところには予算をかけずにプランを作成する」低コストで外構の見積もりを作成するコツになります。

時間とコストのかけるポイント、メリハリをつける、ということです。

外構を安くするための適切な相談先を知っていますか?

外構工事はどこに依頼すべきなのか?

外構工事はハウスメーカーさんから紹介してもらった工事屋さんやホームセンターさんまた造園などを押している業者さんに依頼することになります。

それぞれメリットとデメリットがあります。

ホームセンターさんに外構工事の相談するのと安くなるのか?

ホームセンターさんに相談するメリットとしては、比較的近くに窓口があるため気軽に訪れることができますね。

ゼロから外構業者さんを省く手間が省けるのが良い点です。

ですがですが、ホームセンターさんのもっとも得意としているのは店舗で日用品の販売です。

外構工事はその店舗専属のエクステリア専門業者さんに仕事を振る関係で、中間マージンが発生します。

ハウスメーカーさんに外構工事を相談するのが良いのか?

家の建築を頼んだハウスメーカーさん/工務店さんへ依頼する外構工事も依頼することもあると思います。

ハウスメーカーや工務店さんに依頼するメリットは、信頼ができるポイントと住宅ローン建物の住宅ローンに外構工事も含めて全部入れることができるポイントです。

※タイミングによっては外部の外構業者さんでもローンに組み入れることも可能です。

外構工事の費用を後から捻出するのが難しいタイミングではローンに組み込めるというのは非常に大きなポイントになります。

しかし、過去のブログでも紹介させていただいた通り建物の専門である工務店さん/ハウスメーカーさんなので、外構工事は下請けの専門外注外構業者さんに仕事を振ってしまいます。

そして、下請けに出す過程で元請けであるハウスメーカーさん/工務店さんもタダでは渡しません。

紹介料という形で見積もり金額に対して一定数のパーセントをもらっています。

私が知っている範囲では、約40%が最高で、10%~20%が一般的です。

業者さんから「仲介手数料はもらっていない。」って言われたり

見積書を見ても「仲介料とは書いてない」ということもあると思います。

経験上、絶対そんなことはないです。

内包する形で必ず入ってます。

そんな無料奉仕のような慈善事業ではやっていないです。

高額の金額が動く工事には、現場管理責任が伴います。

ハウスメーカーさん・工務店さんも営利企業ですから。

業界の構造について、外構工事の費用を安くするためには知ってもらいたい仕組みです。

一例ですが、実際に相談頂いた内容を私が精査してみると

ハウスメーカーの仲介手数料例

商品選定・依頼先を変更することで約35%のコストカットに施工している事例です。

庭ファン
庭ファン
実は、知らず知らず、仲介手数料が見積もりに入っていることがほとんどです。

安くするためには、外構工事を外構専門業社に相談する

このことから、外構専門の業者さんに依頼するのが一番良いことは明白です。

ハウスメーカーさんではなかなかできないデザインや、デザインコンテストの受賞歴や施工実績のある業者さん指定で依頼することができて、デザイン性も期待できます。

また、ローン関係などは、信販会社さんと連携をして低金利のローンを組むことができるところもあります。

中間マージンなどの心配もなく、最も外構工事を安くできる見積もりの相談先になります。

デメリットとしては、自分で業者さんを探して、さらに良し悪しも判断しないといけないという点です。

このあたりの判断基準については、このページの後半でも話しますね。

\まずは、無料優良外構業社を探す
≫(無料)資料請求・プロに相談する
※見積は何度でも無料です。

デザインはシンプルに、過度な装飾は高くなる原因

さてさて、次に業者さん相談する業者さんが決まれば、デザインやプランの検討時期になります。

デザインは複雑になればなるほど材料費がかさみます。

工事にも手間と時間がかかります。

デザインにも人の手が加わるのでデザイン経費が発生します。

それが、諸経費として、工事費として、商品代金として、費用が内包される構図になります。

外構工事を安く抑えたいという場合には、なるべくシンプルなデザインを選択することをお勧めしますね。

また複数の素材を組み合わせるものなどを使用せず、出来るだけ単一な素材で&メーカーで仕上げることがお勧めです。

「装飾が多くなれば、材料が多くなる、材料が多くなれば、工事も高くなる」

至極当たり前ですが、図面上で考えていると抜けがちな視点ですよ!


ふぅ、、、ようやく、7つのうち4つまで紹介しました!

大丈夫ですか??情報量が多すぎてパンクしてませんか・・・?

休み休みでも良いですよ!


安くすませるには本当に必要な外構工事だけに厳選する

次に、工事の内容について。

外構工事は、道路から見える部分、お庭、駐車場、裏庭、収納箇所、洗濯物干し、ポスト、照明など、いっぱい工事する箇所がありますね。

特に、打ち合わせで図面上であれこれ検討していると意外と隙間が空いてると埋めたくなってしまいません?

外構業者さんのハウスメーカーの営業さんのプランに、とりあえず納得したので「はい」と言ってしまいプラン・見積もりにしれっと入ることもあります。

本当が必要かどうかというのをちゃんと考えずに見積もり工事をしてしまうことが散見されます。

いや、ほんとに。注意してください。

庭ファン
庭ファン
これは、マジでハメられますよ

今、見積書・図面があれば、ぜひ見直してください。

発注してしまうと余計なコストがかかります。

普段あまり使いもしないところに、屋根の取り付け工事をしてしまったりしてしまう事がありますので注意が必要です。

庭ファン
庭ファン
私の持論としては、住んでから決める。

お悩みワンコ
お悩みワンコ
それじゃぁ、生活に困らない…?

多少は不便を感じるかも知れません。

しかし、作ったものが全く役に立たない・使えない・邪魔になる。

そんな、悪夢みたいなこと想像できますか?

一度、最低限の内容で外構工事を仕上げて、実際住んでみてから必要不要を判断して後付でも全く問題ないです。

専門性や安全性を問われない外構はDIYして安くする

次に、外構工事を安くするコツです。

私は、専門性や安全性の問われない部分に関しては自分でやってしまう「部分DIY式」を推奨してます。

花壇や植栽または表札の取り付けやポストの取り付けなど簡単な工具や道具があればできる工事はDIYでやってしまうのもアリです。

安全性や専門性を問われない工事は器用な方であればちょっとやってのけることができます。

たとえば、物置の組み立てであったり・・・

外構業者さんに工事を依頼した場合、工事費だけではなくて運搬費用やその他の工事諸経費も含まれるので、DIYで自分でやってしまうと手間はかかりますがコストを抑えることができます。

花壇よとか植栽や表札、ポストであれば、自分でもDIYで作ることができると思いませんか?

外構工事に依頼した場合、材料費だけでなく人件費など諸々の費用が入ってきますが、自分でDIYすると費用を抑えることができるのでお得です。

腰からの作業で自分ができるものを探してみるものポイントです。

\まずは、無料優良外構業社を探す
≫(無料)資料請求・プロに相談する
※見積は何度でも無料です。

最後は究極の秘術です。「値引き交渉する」

最終の外構工事を安くするポイントとして、値引き交渉をすることです。

絶対に、自動的に値引きされることはないです。

交渉しないと値段は下がりません。

かっこ悪い・・・と思ってしまうなら仕方ないですが、注文後はアレコレ言えません。

注文前が値引き交渉の最後のチャンスです。

なかなか値引き交渉を面と向かってするのは難しいと思う方もいらっしゃるかもしれませんが、ここが最も有効なコスト削減ポイントになります。

私は過去にも紹介させてもらっているのですが、見積もり交渉値引き交渉をする場合武器がないまま挑んでしまうと返り討ちにされてしまうことがあります。

ここで言う武器というのは、同じプラン内容で他の業者さんに見積もりをとってもらう方式いわゆる「相見積もり」です。

庭ファン
庭ファン
相見積もりという武器なくして戦いに挑むのは無謀ですよ

相見積もり武器に、

「ここをこういう風に値引きして欲しい」

「トータルで費用をここまで下げてくれたら発注します。そうでなければ、ここに注文をします」

など、比較対象をする値引きの商談を方法です。

他社さんに見積もりを取るということは、それだけ購入に本気になっていることが表に出ている証拠。

なので、業者さんにとっても手間が少なくできればご注文をもらいたいと考えているはずです。

ただ単に安くしてよ!と値引き交渉されるよりも有効な方法だと方法になります。

相談をいただければ、商品の精査や価格交渉ポイントをアドバイスさせて頂いています。

庭ファン
庭ファン
行動を起こさないと変わりません!

外構工事の注文にはリスクを伴います。

ですが、相見積もりや相談にはリスクはありません。

ぜひ、このページを閉じる前に、

  • 見積書のプランに不要なところがないかチェックする
  • 本当に必要な工事だけになっているか
  • 相見積もりを取る

行動を起こして下さい。

\まずは、無料優良外構業社を探す
≫(無料)資料請求・プロに相談する
※見積は何度でも無料です。

以上、外構工事を安くするためのコツ7つです

紹介した順番は、特にハウスメーカーさん・工務店さんなどで家を建てるときに検討すべき内容の時系列順です。

検討すべき内容が多すぎて大変かもしれません。

ここにあげた中でもいくつか実践するだけでも、外構工事の費用を削減することができますぜひ一度参考に業者さんとご相談してみてください。

外構工事を安くするコツ:番外編、補助金を適用する

あまり外構工事に適用できる補助金制度は少ないのですが、最近で言うと

  • 生垣にする、軽量アルミフェンスを設置する
  • 宅配ボックスを設置する
  • 駐車場を緑地帯(芝生など)にする

などが、補助金の対象になることがあります。

ぜひ、「自分の住んでいる市区町村+補助金」などで調べてみてください。

意外とあるかもしれません。

調べると調べないではうん万円変わってきますので、行動せずに安くなる術はありません。

ぜひ相見積もりでも値引き交渉でもどんどん行動していきましょう。

専門知識もなく、プロ相手に交渉をするのはちょっと不安という方に、お得なのお知らせです。

\まずは、無料優良外構業社を探す
≫(無料)資料請求・プロに相談する
※見積は何度でも無料です。

無料かつ効率的に、見積もり金額を下げるテクニック

外構・エクステリア商品は人生でも、購入することもほとんどありません。

しかも、普段意識することもないので、急に言われても相場価格・費用感がわからないですよね。

そんなあなたに最強のテクニックをご紹介します。(乱用厳禁です。

実は、テクニックは簡単です。


≫ほしい商品/したい工事が決まっている場合

「「○○(商品名)は何%OFFで購入できますか?」」
「「○○(工事名)の過去実績はありますか?」」


≫ほしい商品/したい工事が決まってない場合

「「○○(カーポートなど)で一番安くできる商品は、いくらぐらいで、何%OFFですか?」」
「「○○(工事個所・手法など)の普段対応されていますか?」」


と、複数の業者さんに問い合わせてください。

この質問を投げかけて比較見積もりをすることが≪最も効率的に、最安値に近づける最適解≫と思っています。

いやらしい話、メーカーさんから出荷された商品はどこで買っても、品質は同じです。

そんないくつも業者さんを探して、つどつど問い合わせるのも面倒だという方は、無料で優良業者さんを簡単に検索できるサービスがありますので、ぜひご利用ください。

≫(無料)外構相談比較ランキングを見て優良業者さんを紹介してもらう

一生のうちに外構やエクステリアを購入することは2回・3回と経験するもではないですよね。

だからこそ、後悔してしまわないように、価格を安くするだけではなく、失敗しない外構にするためにも、依頼する会社選びは慎重になりつつ、1社ではなく複数業者に依頼を私は強くオススメしています。

先ほど紹介した外構相談比較ランキングのサイトは、業者さんの登録審査が厳しく、悪徳業者は完全に排除されます。

定期的に見直しが図られているので、登録業者数が少ない地域がありますが…精鋭部隊なので安心してください。

サイトを見ていただけるとわかると思いますが、大手ハウスメーカーから地元の工務店まで網羅し、今まさに家づくりをしている方の「新築外構」にも対応しています。

お悩みワンコ
お悩みワンコ
えーーー。いちいち、めんどくさいなぁ。近くの業者に頼んだらいいじゃん

庭ファン
庭ファン
自分で、店舗に訪問して相談したり、ネットで自力で探し出して、毎回住所を入力するよりはるかにラクチンですよ!

入力は必要最小限の項目だけでたった1分で終わります。

エンジンをかけて、車に乗って、外構業者さんの店舗に出かける必要もありません。

業者さん探しの手間が省けます!

それに、本来一番重要である商品の検討&プランの検討に時間を使えるようになるので、本質的に、正しく検討ができるようになりますよ。

そうすることで成功に近づき、外構で失敗する可能性が低くなります。

よく聞く話ですが、業者さん探しに億劫になってしまって、商品選びに疲れてしまって・・・結局、何をしたかったか見失ったりしませんか?

お悩みワンコ
お悩みワンコ
でも、まだ依頼するかどうかも決めてないのに、相談していいの?

庭ファン
庭ファン
大丈夫です。安心してください、実際見積もりがないと判断ができないですし、見積り依頼したら注文しないといけないわけではないですよ。

「注文できるかどうか、まだわからなくて・・・」と言ってもらえれば大丈夫です。懇切丁寧に相談に乗ってもらえます。

また事前に要望を出すことで、その工事を得意な業者さんを紹介してもらえます。

庭ファン
庭ファン
新築は、備考欄に「新築外構」と入れてもらえればOKです!

そして、何と言っても相見積もりを取ることの最大のメリットは前述の通り「プランの精度が高くなる」「価格が安くなる」ことです。

業者さんによって、エクステリア商品・工事費用に大きな差があります。

実際の訪問までの相見積もりは2社ほどでも問題ないのですが、価格や割引率の事前確認は、できるだけ多くの業者さんに相談してみるのをお勧めします。

お悩みワンコ
お悩みワンコ
50%OFFでお得!と思っていても、実は別の業者さんでは55%OFFで販売されていた!

お悩みワンコ
お悩みワンコ
え?!チラシを見ると買った商品よりも5%も安い・・・知らない間に5%も損していた・・・

庭ファン
庭ファン
やっぱりそうですよね…、相見積もりを取ることではじめてわかることもあります!

特にカーポートやフェンスなどは価格が大きくなることが多く、5%の差でも金額にすると2万円~3万円変わってきます。

1時間~2時間の打ち合わせで、この先10年~20年使うお庭が変わるので、ここを手を抜いてしまうともったいない!

≫(無料)外構相談比較ランキングを見て優良業者さんを紹介してもらう

もちろん、新築の外構もバッチリ対応しているので、新築外構の方も気軽に申し込んで下さいね。

ささっと、今、外構についての要望が頭に残っているうちに、一緒にやっておくと楽に終わります!

 

 

追伸です。

外構相談比較ランキングのページの最後に、お得なフォローアップキャンペーンについて紹介しています。

カンタンな条件を満たしていただければ、私が、「価格のチェック」&「プランの精査」をいたします。

外構の値段を下げる自信はありますし、値段を下げなかったケースはほとんどありませんので、有料級のサービスかと思います。

最後までご覧いただいた、あなたへお礼のプレゼントです。

詳細は、コチラの≫外構相談比較ランキングの下部を参照してみてください。

最後までご覧いただきまして有難うございました!

 

外構・エクステリアを検討される方必見ですよ!

外構工事・エクステリアは、家を建てていている途中、お引越し後の超忙しいときに、検討することの多いです。

あなたの一番の悩みは、

  1. 納得の行くプランと最適な設置方法の提案
  2. 高い工事品質と施工後の安全性
  3. 予算内に費用を抑える、工夫と商品選び

 

では、ないでしょうか?

外構やエクステリアの予算配分で悩んでいる方へ「相見積もり」を活用することで大きく見積金額ダウンも期待できます。プラン比較も相見積もりは非常に有利ですよ。

 

さらに、に相談すれば1社だけでなく、なんと相見積もり先の優良企業さんまで紹介してもらえます。(しかも外構業者さんには内緒で)

また、注文をするにはリスクは伴いますが、見積もりまではノーリスクですよ。

しっかりと下調べする人が失敗しないので今から業者探しをしている方は、一石二鳥の無料サービスですので利用しないというのはもったいないですね!

≫(無料)外構相談比較ランキングを見て優良業者さんを紹介してもらう