外構工事

私なら絶対買う!外構設備・エクステリアの厳選5品\生活が楽になる&超オススメ/

私なら絶対買う!外構設備・エクステリアの厳選5品\生活が楽になる&超オススメ/
外構そろそろ考えないといけないんだけど、何をどう選んだらいいかわからないわ

そんな方に今日のテーマは、「私が絶対に買う外構設備5品」です。

現在進行形で、外構のプランや家づくりをしている人には、ぜひ知っていただきたい。

ハウスメーカーの担当者さんや、外構のプランナーさん・営業担当者は(全部がそういうわけじゃないですが)極論を言うと、自分の成績のため提案しています!
ですが、このブログを見ているあなたと私の関係は、いわゆる第3者になります。

あなたの営業担当でもなければ、私は商品を売っているメーカーの営業マンでもない「ニュートラルな立場」に居ますので、ホンネでぶっちゃけ話します。

今回の、給付金で生活を豊かにするもヨシ!リフォームを検討するもヨシ!

個人的な意見ので「私のお財布のお金で買うなら!」という切り口でお話します。

人生で、2回・3回と外構・エクステリアを購入する機会が無いと思うのでぜひ、参考にしてもらえると幸いです。

過去、今回のテーマと真逆で絶対に買わないシリーズはコチラのブログで紹介しています。

外構のプロが語る「私なら自宅の外構で、採用しないもの」5選外構のプロが語る「私なら自宅の外構で、採用しないもの」5選 このページは、 「新築の外構を検討している人」 「外構で失敗したく...

合わせてみていただけるとNG例とOK例の両方がわかり、失敗が少なくなると思います!

私のポリシー・意思決定基準について

私のポリシー・意思決定基準について

商品を紹介する前に私の意思決定基準について前提を置いておきます!

「実益主義/シンプルisベスト」

私が好きな考え方は、これです。

シンプルで、かっこよく見えて、お金もかからなくて、メンテナンスもしなくていい

外構にかかわらず、仕事の仕方やデザイン・家具のチョイスについても、極論「シンプルで、かっこよく見えて、お金もかからなくて、メンテナンスもしなくていい」というモノです。

この、考え方が合わない方は、これから紹介する内容にも合わないのでそっとページを閉じてください。。。

自分の財布で買うなら、外構設備5つ厳選

自分の財布で買うなら、外構設備5つ厳選

前置きが長くなりましたが、ではでは、実際に商品紹介をします!

10万円の給付金が話題になっていますが、使い道を旅行や美味しいものなど消えていくものではなくて、外構・リフォームという形に残りこれからの生活を良くしていくものに、ぜひ投資していただきたい!と強く願っています。(露骨な営業です!

外構・エクステリア設備を5つその理由についても紹介しますので、これからが外構・エクステリアリフォームを検討されている方は参考にしてみてください。

「ステンカラー・ベージュ系色」の設備

「ステンカラー・ベージュ系色」の設備

さっそく、チョイスするのは「」のおはなし。

わたしは、できれば、エクステリア・設備の色はステンカラー系・ベージュ系を選びます。

理由は単純で「汚れが目立ちにくい」&「明るめの色」だからです。

ちなみに、ブラック系やホワイト系などの、色違いでも、すべて同じ値段です。

木調タイプになると値段は上がりますが、↑の金属系の色は同じです。

自動車も同じで、グレー系・シルバー系の汚れ目立ちにくく、良く選ばれる色になってますよね。それと同じです!

各メーカーにも同じようなカラー設定がある

各エクステリアメーカーさんにも、ステンカラー系があるので、それをオススメしてます。

各メーカーにも同じようなカラー設定がある

色系統:LIXIL社名/YKKAP社名/三協アルミ社名 の順

  • シルバー系:ナチュラルシルバー/ピュアシルバー/サンシルバー
  • ステンカラー系:シャイングレー/プラチナステン/アーバングレー
  • ブラック系:ブラック/カームブラック/ブラック
  • ホワイト系:ホワイト/ホワイト/ホワイト
  • ブラウン系:オータムブラウン/ブラウン/ダークブロンズ

ちなみに、ステンカラー系の採用率は50%~60%と大多数の方が、コレを選んでます。

まぁ、無難な色ですよね!

ウッドデッキも同じ、濃すぎる色・白すぎる色は汚れが目立つ

ウッドデッキも同じ、濃すぎる色・白すぎる色は汚れが目立つ

同じ考え方で、ウッドデッキやタイルも選びます。

タイルも、ウッドデッキもベージュ系がオススメ。

家の雰囲気や外観のデザインによって、良し悪しがあるかと思いますが、色の選び方の一つ規準として覚えておいてもらえると良いと思います!

動線が劇的に良くなる「勝手口の屋根」

動線が劇的に良くなる「勝手口の屋根」

次にオススメしたいのは、動線改善になる商品たちです。

特に勝手口に屋根があると劇的に生活の導線が変わります。

洗濯機の場所によりますが、2階まで濡れた重い洗濯物を持って上がるのは大変ですよね。

加齢により、今後もそういったことができなくなるかもしれません。

毎日の導線はよく考えておいた方が良いと「洗濯→干す→しまう」この動きを極力少なくする方が、生活がラクになります

でも、家の保証が…という方、安心してください。

でも、家の保証が…という方、安心してください。

外壁に固定しない「独立タイプ」というものがあり、メーカー保証を活かしたまま設置が可能です。

よく見ると外壁とテラスの隙間が空いていて、黒いゴムみたいなものでふさがれているのがわかりませんか?

壁には付けず、隙間はゴムで雨のしたたりをふさいでいるんですよね。

独立テラスの代表商品

独立テラスの代表商品には、こういった商品があります。

(代表商品)
 LIXIL社/フーゴF テラスタイプ
 三協アルミ社/レボリューD

まだ、諦めるには早いですね。こういった方法もあることを知っておくのも外構・リフォームで失敗しないポイントです!

共働き世帯には必須の「ガーデンルーム」

共働き世帯には必須の「ガーデンルーム」

エクテリアの中でも高価な商品の一つですが、ガーデンルーム・テラス囲いをおすすめします!

共働き世帯だと洗濯物干しは結構大変な作業。

明日の天気を気にしながら、干しても、急な雨、強風、花粉、PM2.5・・・洗濯物脅威はたくさんあります。

そういったものから洗濯物を完全に守るガーデンルーム・テラス囲いがあればスペースの問題や心配から解放されます!

下着ドロボーの防犯面、お隣さんからの視線カット、その他収納スペースにも!

結構有能なんですよね。

洗濯物干し場として研究し尽された、年中快適スペース

・換気や使い方で年中快適スペース

外壁から飛び出していることもあり、換気や通風には部屋の中よりも有利です。

洗濯物干し用に研究されているので、使い方で年中快適スペースとなり、ガーデンルーム・テラス囲いには、断熱、保温効果があります。

真夏は蒸し風呂になって、真冬は寒いといわれていますが、窓の開け閉めをうまく行うことで、室内の温度調整機能にも役立ちます!

「透明ガラス」「不透明ガラス」どっちも価格は同じ

「透明ガラス」「不透明ガラス」どちらを選んでも価格は同じ

実は、透明ガラスも不透明なガラスもお値段は同じです。

例えば、

「右側面だけお隣さんから見えるので、不透明なガラスする」

「正面だけ道路から見えるので不透明ガラスにする」

という、使い分けもできます!

まだこれからどうなるわからないという場合は、ひとまず透明ガラスにしておいて、あとから必要に応じてホームセンターさんなどで販売している目隠しフィルムを張るのもアリですね。

でも、家の保証が…という方、安心してください。

・でも、家の保証が…という方、安心してください。

ガーデンルーム・テラス囲いにも、外壁に固定しない「独立タイプ」というものがあります。

ハウスメーカーさんの外壁保証・メーカー保証を活かしたまま設置が可能です。

少しコストアップにはなってしまいますが、諦めるにはまだ早い!

箱になっている「安い宅配ボックス」

箱になっている「安い宅配ボックス」

次は、何かと話題になっている宅配ボックスです。

箱になっている」というのが、私個人的にミソでして、トートバックタイプ&ソフトケースタイプが、安価で扱いやすいです。

が、防水面であったり、防犯面が心配になります。

有名なのは、Yper社 OKIPPAという商品(過去無料配布とかも有りましたね。

ここで紹介したいのは、宅配ボックスの先駆者 Panasonic社から販売されているボックスタイプ樹脂ケースで強固&安全なタイプです。

Panasonic社 後付け用宅配ボックスコンボライト 

コスト感/防犯性/耐久性でもっともバランスが良い。

完成品で届くので置くだけポン!で オッケー

盗難防止用に固定かワイヤーでつなげて置けば即稼働です。

これが、荷物置き台として便利なんですよねー。

(参考商品)
Panasonic社 後付け用宅配ボックスコンボライト 
https://amzn.to/2A1gNye

ホームセンターオリジナルの「安い物置」

ホームセンターオリジナルの「安い物置」

最後に、紹介するのは屋外収納の大定番、「物置」です。

私は個人的に、屋外収納には、そこまで強度は必要が無いと考えています。

使い勝手も、週1回空けるかどうかなので、コスパ優先でOK!

【私が屋外収納に求める性能】

  1. 外に出して、家の中を広くしたい
  2. 外の物を家の中に入れたくない
  3. 防虫、防カビ、雨風からちゃんと荷物を持ってくれる

ちなみに、物置のメーカーさんラインアップ

ちなみに、物置のメーカーさんラインアップ

小型物置(横幅:~2m)

  • イナバ物置:シンプリー
  • ヨド物置:エスモ
  • タクボ物置:グランプレステージジャンプ

大型物置(横幅:2m~)

  • イナバ物置:ネクスタ
  • ヨド物置:エルモ
  • タクボ物置:ストックマンダンディ

が、一般的です。

ですが、ホームセンターさんでも展示のあるこちらの一流メーカーさんの商品は、私にとってオーバースペックです。

結論:私の要求を満たす最適な物置は、

結論:私の要求を満たす最適な物置は、
私が選ぶ物置は、「ホームセンターオリジナル物置」です。

だって、安いもん!

ホームセンターオリジナル物置でも十分な強度と実用性があり、それでいて20%から30%安いです。

その差額でアクリルボックスや収納袋などを買う方が、長持ちします。

他のメーカーさんもカタログに明記がありますが、「紙&衣類」はカビ・湿気に弱く痛みが進むことがありますので保存しないことをお勧めします。

扇風機やストーブなどの季節品については、大きなビニール袋に入れて密閉し、段ボールに入れて保存をしておけば、湿気やカビなどから守ることができますのでオススメです。

できればクローゼットを1個作るよりも屋外に収納を逃がした方、家自体を広くすることができるので、結構コスパの良い買い物になります。

生活動線などを考慮しながら決めてみてください!

まとめ:自分の財布で買うなら、外構設備5つ厳選

まとめ:自分の財布で買うなら、外構設備5つ厳選

さて、いかがでしたでしょうか。

  • 「ステンカラー・ベージュ系色」の設備
  • 動線が劇的に良くなる「勝手口の屋根」
  • 共働き世帯には必須の「ガーデンルーム」
  • 箱になっている「安い宅配ボックス」
  • ホームセンターオリジナルの「安い物置」

です。

それぞれに理由を紹介していますので、共感できる部分とそうでない部分があるとは思います。

外構は、家族構成や立地条件、生活スタイルなどにより最適解が人によって異なります。

オーダーメイドで作り上げるものなので、コレが万人受けする!というものがありませんので、いろいろな施工例や商品や工夫を見て、良いとこ取りでつく上げていってくださいね!

あなたの外構・エクステリアの業者さんを探すお手伝い!

今から、外構・エクステリア業者さんを探そうとしているあなたに。

朗報です!

そんな方は、ぜひ簡単に無料で優良業者さんを簡単に検索できるサービスがありますので、ぜひご利用ください。

>>タウンライフリフォーム公式サイトを見る

大手ハウスメーカーから地元の工務店まで網羅し、ガーデンリフォームを検討している方も安心してご利用いただけます。

一生のうちに外構やエクステリアをリフォームをすることは2回・3回と経験するもではありません。

ぜひ後悔しない、失敗しないリフォームをするためにも、リフォーム会社選びは慎重に複数業者に依頼をしましょう。

お悩みワンコ
お悩みワンコ
え。。。でも、個人情報の流出とか、怖くないの?

庭ファン
庭ファン
大丈夫です!安心してください!

すべて、プライバシーマークや厳しい審査をクリアした優良企業ばかりです。

それに、どこの業者さんに依頼するかは自分で決めることができますよ。

>>サンプルで見てみる(埼玉県熊谷市の例)

お悩みワンコ
お悩みワンコ
えーーー。いちいち、めんどくさいなぁ

庭ファン
庭ファン
自分で、店舗に訪問して相談したり、ネットで自力で探しだして毎回住所を入力するよりはるかにラクチン!

入力は必要最小限の項目だけでたった3分で終わります。

エンジンをかけて、車に乗って、外構業者さんの店舗に出かける必要もありません。

業者さん探しの手間が省けます!

それに、一番重要である商品の検討やプランの検討に時間を使えるようになるので、正しく検討ができるようになりますよ。

成功するリフォームに近づき、失敗する可能性が低くなります。

よく聞く話ですが、業者さん探しに億劫になってしまって、商品選びに疲れてしまって・・・結局、何をしたかったか見失ったりしませんか?

お悩みワンコ
お悩みワンコ
でも、いきなり電話がかかってくるのが嫌。どこのだれかわからないのは不安なの

庭ファン
庭ファン
確かに、急に電話がかかってくると不安ですよね!

要望・内容のところに、「電話ではなく、メールで相談希望」と入力すれば、最初のアクションはメールで連絡があります。(コピペしてもらってOKです)

事前に要望を出すことで、その不安は解消できますね。

そして、何と言っても相見積もりを取ることの最大のメリットは「価格が安くなることが多い」ことです。

業者さんによって、エクステリア商品・工事費用に大きな差があります。

お悩みワンコ
お悩みワンコ
50%OFFでお得!と思っていても、実は別の業者さんでは55%OFFで販売されていた!

お悩みワンコ
お悩みワンコ
チラシを見ると購入した商品よりも5%も安かった!知らない間に5%も損していた・・・

庭ファン
庭ファン
複数業者さんに見積もりを取ることで初めてわかることもありますよ!

カーポートやフェンスなどは商品価格が高くなり、5%の差でも金額にすると2万円~3万円変わってきます。

エクステリア商品は、耐用年数が長く10年~20年と使える商品です。

1時間~2時間の打ち合わせで、このさき10年~20年使う商品が変わるので、ここを手を抜いてしまうともったいない!

せっかくこういった、情報収集をしているあなたにはぜひリフォームを正しく・お得に実施していただきたいと切に願っています。

タウンライフリフォームは、地元の優良企業を集めたサービスでリフォーム部門では3冠を達成した由緒あるサービスです。

登録されている業者さんは約300社以上と、正直私から見て非常に多いと思います。

イチオシしたいポイントとしては、タウンライフリフォームの利用は無料なんです。

そもそも悪徳業者はこう言った紹介サービスで紹介してもらえず、優良企業のみが表示される仕組みになっているので、いわば、タウンライフリフォームによってえりすぐられている状態です。

>>タウンライフリフォーム公式サイトを見る

だから、私は、タウンライフリフォームさんをオススメしてます。

業者さんによってオススメする内容・プランが異なるかもしれませんが、外構工事やリフォーム工事には正解はありません。

私は、見積もりを値下げするためにも、損しないためにも「業者さん探し」に力をいれてみるのをオススメしています。

さらにいまなら、毎月先着99名様に「成功するリフォーム7つの法則」の冊子資料がもらえますね!

しかもタウンライフリフォームに相談すれば相談したい会社1社だけでなく、なんと相見積もり先の優良企業さんまで(外構業者さんには内緒で)紹介してもらえます

一度で二度と美味しいサービスなので、今から業者探しをしている方は、利用しない手はないですね。

庭ファン
庭ファン
じゃぁ、自分とマッチしてそうな必要な2社だけに最初は依頼してみよう!

という風なカスタマイズができるので非常に良心的な会社だと思います。

気になる方は、ぜひ、↓↓↓のリンクから見てみてください。

>>タウンライフリフォーム公式サイトを見る

【手順紹介】かんたん3ステップで探せる!個人情報の入力は不要です

>>タウンライフリフォーム公式サイト

↑にアクセスして、市区町村までの住所を入力して、住まいのタイプ(たぶん、戸建てですよね)チェックします。※この時点では個人情報の入力は不要です

希望する工事内容のところの「外構・エクステリア」だけにチェックを入れます。

そのあと、個人情報を入力箇所があるのですがスルーして、そのさらに下にスクロールして出てくる優良専門業者さんリストを確認してください

 

そうすると、こんな感じでリストが見れます。 

 

いかがですか?

大手ハウスメーカーさんも入っていて、安心感がありますね!

もしまだ業者さんに相談していないという場合は、予算もどれぐらいかかるか知りたいという方は、現地の採寸・現地確認を無料でしてもらえるので、気軽に相談してみてください。

>満足できる優良業者を探す【外構の利用者満足No.1

外構・エクステリアを検討される方必見!

お引越し後や家を建てていている途中に検討することの多い外構工事・エクステリアについて一番の悩みは、

  1. 納得の行くプランと最適な設置方法の提案
  2. 高い工事品質と施工後の安全性
  3. 予算内に費用を抑える、工夫と商品選び

ではないでしょうか?

外構やエクステリアの予算配分で悩んでいる方へ「相見積もり」を活用することで大きく見積金額ダウンも期待できます。プラン比較も相見積もりは非常に有利ですよ。

https://link-a.net/gate.php?guid=on&mcode=x3wjetxg&acode=adpbtcgrbefa&itemid=0

さらに、タウンライフリフォームに相談すれば1社だけでなく、なんと相見積もり先の優良企業さんまで紹介してもらえます。(しかも外構業者さんには内緒で)

もう一つ特筆したいポイントとして、タウンライフリフォームは事前に紹介してもらう業者さんを指定できます。

今から業者探しをしている方は、一石二鳥の無料サービスですので利用しない手はないですね。

>>タウンライフリフォーム解説記事へ

>>タウンライフリフォーム公式サイトへ