草むしり・雑草対策

人工芝はこれが一番!失敗しない!耐久×質感×価格がベストバランスの「リアリーターフ」

お隣の青々と茂った芝生、羨ましい!

ホームセンターさんにも、この時期は人工芝やベランダ・バルコニー緑化に人工芝などのサンプルが広げられ、特設売り場ができますよね。

「ほんものそっくり?耐久性は?何が違うの?どれを選んだらよいかわからない・・・。」

そんな、あなたに、「外構のプロも積極採用している鉄板商品」であるリアリーターフをオススメしたいと思います。

以前、紹介した、固まる砂・防草シート特集では、人工芝のリクエストも多くいただきました。

そこで、今回は人工芝について私のおすすめ商品をピックアップさせていただきました。

人工芝は、DIYでも実施しやすい商品なので、ぜひご自宅・ご実家に参考にご覧ください。

おすすめの人工芝「リアリーターフ」とは?

私は、人工芝なら「リアリーターフ」を一番のオススメします。

(公式WEBサイト)
https://www.gfield.co.jp/product/rearie-turf/

「リアリーターフ」は、グリーンフィールド社が販売する人工芝商品です。

意外と知られていないのですが、人工芝はポリプロピレン・ポリエチレンなどの樹脂でできているため、静電気が発生しやすいです。

芝の上で遊んだり、ゴロゴロすると毛が逆立つぐらい静電気が発生することもあります。

その静電気を抑制機能が付いてるのがリアリーターフです。

他には、抗菌機能、防カビ機能で衛生的、防臭機能も付いている多機能な人工芝です。

公共施設やカフェ・ドックランなどにも採用される耐久性と実用性を兼ね備えた商品です。

さらに、デザイン面では、芝生の1本1本に艶消し加工が施されており、高級感・本物感が感じられます。

また良くある人工芝で芝1本1本を立たせるために、V折り加工がされているものもありますが、角がありチクチクと痛いのが難点です。リアリーターフはV折り加工ではなく、Cの字型のカーブ加工で痛くない手触りの商品です。

また、一般戸建てにはあまり関係がありませんが、公益社団法人日本防炎協会の認定品の防炎機能を備えています。

バーべーキューの飛び火・タバコなどでも燃える危険性がなく安全性も高く、どこにでもお勧めできる万能な人工芝です。

人工芝で「リアリーターフ」をおすすめする理由は、質感・耐久性・価格のバランスが良い

私が人工芝で「リアリーターフ」をおすすめする理由は、質感・耐久性・価格のバランスが良いというポイントです。

上を見ればきりがありませんが、リアリーターフの1平米当たりの実売価格は、5000円前後です。

「人工芝」というくくりの中で、中級グレードでそこまで高くはないです。

さらに、耐用年数は、約10年前後。永続ではなく張替えは必要にはなりますが、他の人工芝でも同じです。

今、幼稚園・保育園に通っているお子さんがいる場合、10年も使えれば十分です。

10年後は、中学校・高校生になるので、お庭の使い方を再考するタイミングですね。

その時は、剥がしてしまって捨てても良いですし、防草シートを引きなおすこともできます。

コンクリートやブロックではこういったリフォームをするのはカナリ費用がかかるので、変更コストも低いのが人工芝の魅力の一つです。

実は、この人工芝は、最強の防草シートとして「ザバーン」を紹介しました。そこのメーカーさんと同じです。

やっぱり、敷きもの造りのメーカーは、敷きものに強いです。

人工芝は種類が多く、雑多で粗悪品もあるのが現実、お金をもらってプロが工事するなら失敗は許されない。

だから、プロが選ぶ「リアリーターフ」には定評高く、オススメしています!

リアリーターフの初見ではわかりにくい人工芝のグレード紹介

商品ごとにざっくり説明すると

  • リアリーターフ ショート(16mm)
  • リアリーターフ ミドル(25mm)
  • リアリーターフ ロング(40mm)
  • リアリーターフ ヨーロピアンロング(40mm)

の4タイプが販売されています。

→実は全部、同じ価格で同じグレードなんです。

じゃぁ、長い方がお得!みたいに思うかもしれませんが、一長一短あります。

それぞれのタイプのリアリーターフをサンプルで紹介

実際にメーカーさんからサンプルを取り寄せてみて、それぞれの表面のアップと沈み込み具合を紹介します。

さらに、人工芝の質感がわかるように少しアップ目に撮影しています。

リアリーターフ ヨーロピアンロング(40mm)の実例

40mmはだいぶ分厚いです。

ムートンのふわふわの絨毯のような印象です。

期待通り、クッション性は最高です!

リアリーターフ ロング(40mm)の実例

こちらも同じく、実寸で行くと寝ている芝目もあるので立てると50mmぐらいは有りそうです。

リアリーターフ ミドル(25mm)の実例

ほんとの芝生に近い感覚です。パーマをかけた枯草などもうまく配合されていて、触った感じも、ほんとに天然芝に近いです。

リアリーターフ ショート(16mm)の実例

どちらかというと、パター用・フットサル用の短いガリガリした印象の人工芝です。

ちょっと硬めの絨毯のような印象です。

とはいえ、質感も触り心地も良いですね。

リアリーターフそれぞれの断面図を紹介

それぞれの断面です。

あまり見比べることが無いのですが、これがプロが工事でも積極的に採用する、中級グレードの防草シートの質感だと思ってください。

上には上がまだまだありますが、一般戸建てにはちょっとオーバースペックな部分もありますね。

リアリーターフは、防草効果も期待できる

裏面は、結構硬いシートになっています。

これだけで防草できるんじゃない?と思うのですが、水抜き穴や縫い穴などが多少あるのでこれだけでは不十分です。

ホームセンターさんで売っているコスパ最優先タイプはこの縫い穴が開きっぱなしでここの隙間から雑草が生えてきます。

リアリーターフはぎっちりとその穴も融着するような形でふさいでいるので、芝そのものの抜けも少なく、防草効果も期待できます。

これだけ単体での使用は、防草効果が不十分なのでオススメしませんヨ。

最後に、ロングの2種類について並べてみた

左側が「ロング」、右側が「ヨーロピアンロング」です。

触った質感もそこまで差があるようには思えませんでした。

色味が違うので、シックなイメージのほうが良いのか、明るめの印象のほうが良いのかを比べて選んでみてもらえると良いかと思います。

それぞれの人工芝のタイプはどこに何を使えば良いのか

長い芝と短い芝にはそれぞれ長所/短所があります。

同じ値段ならが長い方がお得!と私も思ってましたが、そうじゃないですw

ロング40mmタイプは、肌触りが良く、熱くなりにくい。

ロングタイプは、ふっくらとした質感と肌触りがよく、最高の絨毯になります。

長い芝のため空気層がある分、熱くなりにくい。

しかし、一方で、保水してしまう性質があり乾きにくく、落ち葉などが絡まりやすく掃除が大変です。

さらに、ドックランには向きません。おしっこやウンチをしてしまった場合、長い芝目に絡みついてしまって処理が大変です><;

南向きのお庭には良いですが、陽当たりの悪居場所には不向きです。

ショート16mmは、掃除がしやすく、歩きやすい。

逆にショートタイプは、掃除がしやすく、歩きやすいのが特徴です。

ワンちゃんの爪なども引っ掛かりしにくく、ドックラン・パターの練習、実用性に長けたタイプですね。

一方で、芝目が短いので芝生感が失われるのと、手触りは硬いのでゴロゴロはできないですね。

ミドル25mmは、適度に厚く、クッション性が良い

両者のハイブリットタイプなのがミドルの25mmタイプで、最も選ばれています。

無難なタイプとも言えますが、適度にクッション性もあり、掃除も対応できるこのタイプがメンテナンスフリーのお庭には最適です。

オススメは同社の「ザバーン240G&ミドル25mm」

今回、紹介した人工芝の「リアリーターフ」はある程度、防草機能あるものの、下処理必須です。

雑草が生えてしまうと処理が大変なので、前回紹介した最強の防草シートザバーンの240Gというグレードのものと、今回のリアリーターフミドル(25mm)が最強の組み合わせだと思います。

 

DIYでやってしまえば、平米当たりの費用も、抑えれるし!

多少、地面がデコボコしてしまっても、人工芝でごまかしがきく!

DIYでも実施しやすい商品なので、ぜひご自宅・ご実家に防草対策の参考にしてください。

一番大変なのは、敷く作業ではなくて「整地作業」

人工芝を設置するのに、一番大変なのは、敷く作業じゃなくて「整地作業」です。

人工芝を敷く前に、防草シートを敷いておき、さらにその前には地面の雑草を抜いてく必要があります。

凸凹にならないように地面を慣らしておいて、さらに、必要に応じて転圧と呼ばれる地面を踏み固めておく作業が必要にあります。

そういった専門の知識が無い場合や、人工芝をしっかりと固定、継ぎ目をうまく隠しながら敷く自信がない場合は、業者さんにその整地作業もお任せしてみる物一つのポイントです。

あなたの外構・エクステリアの業者さんを探すお手伝い!

今から、外構・エクステリア業者さんを探そうとしているあなたに。

朗報です!

そんな方は、ぜひ簡単に無料で優良業者さんを簡単に検索できるサービスがありますので、ぜひご利用ください。

>>タウンライフリフォーム公式サイトを見る

大手ハウスメーカーから地元の工務店まで網羅し、ガーデンリフォームを検討している方も安心してご利用いただけます。

一生のうちに外構やエクステリアをリフォームをすることは2回・3回と経験するもではありません。

ぜひ後悔しない、失敗しないリフォームをするためにも、リフォーム会社選びは慎重に複数業者に依頼をしましょう。

お悩みワンコ
お悩みワンコ
え。。。でも、個人情報の流出とか、怖くないの?

庭ファン
庭ファン
大丈夫です!安心してください!

すべて、プライバシーマークや厳しい審査をクリアした優良企業ばかりです。

それに、どこの業者さんに依頼するかは自分で決めることができますよ。

>>サンプルで見てみる(埼玉県熊谷市の例)

お悩みワンコ
お悩みワンコ
えーーー。いちいち、めんどくさいなぁ

庭ファン
庭ファン
自分で、店舗に訪問して相談したり、ネットで自力で探しだして毎回住所を入力するよりはるかにラクチン!

入力は必要最小限の項目だけでたった3分で終わります。

エンジンをかけて、車に乗って、外構業者さんの店舗に出かける必要もありません。

業者さん探しの手間が省けます!

それに、一番重要である商品の検討やプランの検討に時間を使えるようになるので、正しく検討ができるようになりますよ。

成功するリフォームに近づき、失敗する可能性が低くなります。

よく聞く話ですが、業者さん探しに億劫になってしまって、商品選びに疲れてしまって・・・結局、何をしたかったか見失ったりしませんか?

お悩みワンコ
お悩みワンコ
でも、いきなり電話がかかってくるのが嫌。どこのだれかわからないのは不安なの

庭ファン
庭ファン
確かに、急に電話がかかってくると不安ですよね!

要望・内容のところに、「電話ではなく、メールで相談希望」と入力すれば、最初のアクションはメールで連絡があります。(コピペしてもらってOKです)

事前に要望を出すことで、その不安は解消できますね。

そして、何と言っても相見積もりを取ることの最大のメリットは「価格が安くなることが多い」ことです。

業者さんによって、エクステリア商品・工事費用に大きな差があります。

お悩みワンコ
お悩みワンコ
50%OFFでお得!と思っていても、実は別の業者さんでは55%OFFで販売されていた!

お悩みワンコ
お悩みワンコ
チラシを見ると購入した商品よりも5%も安かった!知らない間に5%も損していた・・・

庭ファン
庭ファン
複数業者さんに見積もりを取ることで初めてわかることもありますよ!

カーポートやフェンスなどは商品価格が高くなり、5%の差でも金額にすると2万円~3万円変わってきます。

エクステリア商品は、耐用年数が長く10年~20年と使える商品です。

1時間~2時間の打ち合わせで、このさき10年~20年使う商品が変わるので、ここを手を抜いてしまうともったいない!

せっかくこういった、情報収集をしているあなたにはぜひリフォームを正しく・お得に実施していただきたいと切に願っています。

タウンライフリフォームは、地元の優良企業を集めたサービスでリフォーム部門では3冠を達成した由緒あるサービスです。

登録されている業者さんは約300社以上と、正直私から見て非常に多いと思います。

イチオシしたいポイントとしては、タウンライフリフォームの利用は無料なんです。

そもそも悪徳業者はこう言った紹介サービスで紹介してもらえず、優良企業のみが表示される仕組みになっているので、いわば、タウンライフリフォームによってえりすぐられている状態です。

>>タウンライフリフォーム公式サイトを見る

だから、私は、タウンライフリフォームさんをオススメしてます。

業者さんによってオススメする内容・プランが異なるかもしれませんが、外構工事やリフォーム工事には正解はありません。

私は、見積もりを値下げするためにも、損しないためにも「業者さん探し」に力をいれてみるのをオススメしています。

さらにいまなら、毎月先着99名様に「成功するリフォーム7つの法則」の冊子資料がもらえますね!

しかもタウンライフリフォームに相談すれば相談したい会社1社だけでなく、なんと相見積もり先の優良企業さんまで(外構業者さんには内緒で)紹介してもらえます

一度で二度と美味しいサービスなので、今から業者探しをしている方は、利用しない手はないですね。

庭ファン
庭ファン
じゃぁ、自分とマッチしてそうな必要な2社だけに最初は依頼してみよう!

という風なカスタマイズができるので非常に良心的な会社だと思います。

気になる方は、ぜひ、↓↓↓のリンクから見てみてください。

>>タウンライフリフォーム公式サイトを見る

【手順紹介】かんたん3ステップで探せる!個人情報の入力は不要です

>>タウンライフリフォーム公式サイト

↑にアクセスして、市区町村までの住所を入力して、住まいのタイプ(たぶん、戸建てですよね)チェックします。※この時点では個人情報の入力は不要です

希望する工事内容のところの「外構・エクステリア」だけにチェックを入れます。

そのあと、個人情報を入力箇所があるのですがスルーして、そのさらに下にスクロールして出てくる優良専門業者さんリストを確認してください

 

そうすると、こんな感じでリストが見れます。 

 

いかがですか?

大手ハウスメーカーさんも入っていて、安心感がありますね!

もしまだ業者さんに相談していないという場合は、予算もどれぐらいかかるか知りたいという方は、現地の採寸・現地確認を無料でしてもらえるので、気軽に相談してみてください。

>満足できる優良業者を探す【外構の利用者満足No.1

 

外構・エクステリアを検討される方必見!

お引越し後や家を建てていている途中に検討することの多い外構工事・エクステリアについて一番の悩みは、

  1. 納得の行くプランと最適な設置方法の提案
  2. 高い工事品質と施工後の安全性
  3. 予算内に費用を抑える、工夫と商品選び

ではないでしょうか?

外構やエクステリアの予算配分で悩んでいる方へ「相見積もり」を活用することで大きく見積金額ダウンも期待できます。プラン比較も相見積もりは非常に有利ですよ。

https://link-a.net/gate.php?guid=on&mcode=x3wjetxg&acode=adpbtcgrbefa&itemid=0

さらに、タウンライフリフォームに相談すれば1社だけでなく、なんと相見積もり先の優良企業さんまで紹介してもらえます。(しかも外構業者さんには内緒で)

もう一つ特筆したいポイントとして、タウンライフリフォームは事前に紹介してもらう業者さんを指定できます。

今から業者探しをしている方は、一石二鳥の無料サービスですので利用しない手はないですね。

>>タウンライフリフォーム解説記事へ

>>タウンライフリフォーム公式サイトへ