価格交渉術

見積もり金額を下げる裏ワザ!商社マンが教える賢い&安いリフォーム術【相見積もり推奨する3つの理由】

エクステリア工事の見積もりを取った人

「新居に引っ越してきて、落ち着いたからそろそろカーポートと駐車場の土間コンクリート工事の見積もりを取ろうか。何社も話するのがめんどくさいから、近くの外構屋さんかチラシが入ってるところにやってもらおう」

←ちょっと待って!それでいいの?工事費を見比べないと損するかもよ!

見たい場所へジャンプ

外構工事を絶対的に値引きできる魔術「相見積もり」

このページのテーマはコチラです。

外構工事を絶対的に値引きできる魔術「相見積もり」

というテーマでお話ししたいと思います。

できるだけ外構の費用を抑えたい人向けの情報です

    「「一戸建て新築、マイホームを建築中の人」」

「「外構工事が初めてで、予算感もよくわからず情報収集中の人」」

新築で外構をしないといけなくて、できるだけ外構の費用を抑えたい人向けのページです。

失敗を減らし、絶対的に外構費用の値下げができる方法がわかるようになり

このページでは、

外構の失敗してしまう確立をぐんと減らして、絶対的に見積金額を安くできる方法 

を紹介します。

普段は、エクステリア専門商社の営業マンをしています

どうも、庭ファン(@spring_bd)と申します。

私はカーポートやウッドデッキ・最近話題のブロック・宅配ボックスなどのエクステリア専門店に商品を卸す商社で10年以上の実務経験があります。

プロに商品を卸すプロとして商品の提案や、設計なども携わり現場にも経験し、メーカーの商品開発も一部携わったことがあり、商品についてカナリ詳しいと思います。

今日は、「何社も話するのがめんどくさい、相見積もりはしない」という人に、エクステリア工事の見積もり値下げする秘伝の技を伝授します。

もくじ:外構工事を絶対的に値引きできる魔術「相見積もり」

(前半)相見積もりが非常に有効である3つ

(後半)業者側の心理、相見積もりを取られたときの対応

 

値下げ交渉するには相見積もりを取る方が絶対有利な3つの理由

エクステリアリフォームは相見積もりを取る方が絶対有利な3つの理由

エクステリアリフォームは相見積もりを取る方が絶対有利です。

その3つの理由は、先日ツイートしました。

エクステリアリフォームは相見積もりを取る方が絶対有利な理由✨

✅得意な工事・得意なメーカーが違う
✅業者さんによって、持っている工具・機材が違う
✅拠点としている場所が違うから経費が違う

外構工事は意外と複雑建築

だから相見積もりをした方が、得意な業者さんに当たる可能性が高い

このツイートを、深掘りしながらそれぞれの理由について説明します。

業者さん探しもなかなか大変ではありますが、特に工事費用が50万円・100万円と大きくなる外構工事は相見積もりのメリットも大きくなります。

たとえば、商品代金ひとつにしても5%割引率が変わるだけで10万円前後も得することもあります。

きっとその理由もこのブログを読んでいただければ納得してもらえるはずです。

\外構・エクステリアの優良業社を検索
>>見積相談・資料請求する
※見積は何度でも無料でもらえます

理由その1:得意な工事・得意なメーカーが違う

日本にはエクステリア製造メーカーが複数社います。

大手から5社を抽出すると、LIXIL、YKKAP、三協アルミ、四国化成、タカショーです。

それぞれ特色が違いますが、おおよそ同じような商品ラインナップです。ほぼ日本の一般家庭の外構に使われているエクステリアは上記の5社が販売するもので90%占めている言っても過言でないぐらい実はニッチな産業です。

エクステリア業者さんはだいたい懇意にしているメーカーさんがあります。

得意としているメーカーがない場合は、もしかするとコネクションがないのか、実績が少ないからかも知れません。そういう業者さんは何か他にキラリと光るポイントがなければ避けた方がよいかもしれません。

いつも工事しているメーカーの方が施工ミスが少なく、さらに取り扱い量も多いことから値交渉にも有利なはずです。

卸売販売している私が言うのだから間違いないです。

そして、面倒ですが複数の相見積もりも取ることで、自分の希望メーカーを得意としている業者さんに当たる可能性が高くなります。

探すときにも得意・懇意にしているメーカーを事前に聞いてフィルターを通して業者選定をするとスムーズです。

正直、メーカーが違うことで強度面や性能面では変わりはありません

だから相見積もりをした方が、希望工事を安くできる業者さんに当たる可能性が高いのです。

そうすることで同じ構成の外構見積もりでも値下げができる勝算が高いのです。

理由その2:業者さんによって、持っている工具・機材が違う

カーポートとほぼ土間工事でも土間コンクリートのような左官職人が所属している会社とそうでないと会社とで仕上がりも、価格も違います。

価格が安いからといっても安いわけでも、高いからといって良いわけでもありません。

業者さんの見極め力が必要なんです。

たとえば「フェンス工事」でも、、、コア抜き工事。

(どんな工事をするかは↓のブログで紹介してます)

コア抜き工事ってなんだ?なんでこんなに高いんだ?【フェンス・ブロック塀】
コア抜き工事ってなんだ?なんでこんなに高いんだ?【フェンス・ブロック塀】フェンスの見積もりが高くて明細を思わず確認してしまった人 「引越しもある程度終わって、道路から丸見えだからフェンスを設置して目隠し...

できるかどうか、ブロック積み工事が得意かどうかによって大きな金額差になります。

「土間工事」する場合の重機など、自社でできない、スキルのない工事が外構工事の見積もりに含む場合は、協力業者にヘルプ・外注します

また機材や工具がない場合は、レンタルして工事をします。レンタルにかかる費用もちゃっかり見積もり額に原価としてかかるので反映されます。

職人も工具もどちらかが、自社で完結せずに外注になると工事単価があがり見積もり額が高くなる傾向があります。

自社で多能工で対応できるほうがノウハウも溜まり、効率的な工事が出来ます。

ホームページや外観からでは希望している工事内容が得意かどうかはわからないですよね。

施工品質も気になるところ、打ち合わせの業者さんにぜひ、過去の施工例写真を見せてもらうようにしましょう。

技術のある業者さんかどうかすぐわかりますね。

また、自分の目利きや判断に自信がなければ、第3社からの評価を受けている業者さんを推奨します

私は、いつも推奨するサイトはタウンライフリフォームというサイトで、この検索できる業者さんは国家資格に合格した優良工事店ばかりです。

しかも、紹介料は無料なのでどこに頼んでいいかわからない場合は利用するメリットが高いサービスですね。

\外構・エクステリアの優良業社を検索
>>見積相談・資料請求する
※見積は何度でも無料でもらえます

理由その3:拠点としている場所が違うから経費が違う

エクステリア工事は、ブロック資材やセメントや砂、工事車両など商品以外に必要なものがほかの業種に比べて、多いです。

倉庫も必要だし、車両の駐車場も必要だし、ブロックの保管場所も必要

だから、地産地消の要素が強く、amazonのように全国統一価格が難しいんです。

統一しようとすると高いところに合わせざるをえなく、結局高い相場になりがち。

その業者さんの拠点と工事する自宅が離れていれば、移動にも時間がかかり、交通費もガソリン代も多めにかかります。

1日で終わる工事であれば、そこまで気にしなくて良いのですが、2人で5日かかる工事の場合、搬入資材の関係で車両が別々に入る場合、往復の交通費×10回分かかります。

1回の訪問で2,000円かかったとしたら、それだけで2万円かかります。

近い業者さんを選ぶと0円にはならないですが、交通費は材料グレードにも反映されませんし、消費するだけ

なので、出来るだけ少ないほうが得です。

だから、地産地消の要素が強いエクステリア・ガーデンリフォームは地元の近い業者さんを探すにはメリットが高いのです。

デメリット→手間はかかるし、時間はかかる

でも一度設置するとほぼ一生変えることのない外構はその手間をかける価値はある。

1社だけじゃできない。比較ができる・優劣ができる

理由は、複数の目から同じ現場・同じ内容を話したとしても提案される内容は違います。

自分の直感大事にしてくださいね。

業者側の心理、相見積もりを取られたときの対応

 

相見積もりで嫌な気分にはなりません

別に相見積もりを取られたからといって嫌な気分にはなりません

むしろ、本気で検討している・どこかでは絶対購入するという意思表示になります。

冷やかしではないんだなと思います。

これだけ大きな買い物になるので比較検討するのは当たり前です

気負いせず、安心してください。

 

外構業者さんも注文をもらおうと必死になります

業者さんも訪問したからには!

見積もりを作ったからには!

せっかく時間と労力を使ったのでその手間・コストを回収しようと心理が働きます。

私は、ぜひこの心理を逆手に取って値引き交渉に活かしてもらいたいですね。

面白い心理学のポイント「コンコルド効果」

ちょっと脱線しますw

私は府に落ちた内容だったので共有です。

正式名称は、「埋没費用効果 (sunk cost effect)」

ある対象への金銭的・精神的・時間的投資をしつづけることが損失につながるとわかっているにもかかわらず、それまでの投資を惜しみ、投資がやめられない状態を指す。

(超音速旅客機コンコルドの商業的失敗を由来とする)

・今まで費やした課金額を無駄にしたくなくて、ネトゲやソシャゲがやめようにもやめられない

 

・ガチャガチャで、5つのうち4つまで揃ったのに最後の1つが揃えられず、何としてもゲットしたくて回し続ける

 

・見に行った映画が思いのほかつまらないけど、支払ったお金が勿体無くて、途中退出の勇気もなくて、結局最後まで見る

こんなことありません?

外構工事の見積もりもまったく同じです。

外構工事の見積もりもまったく同じです。

 

訪問までに日程を調整して、ガソリン代高速代を支払って現場まで訪問して、 時間を使って打ち合わせをして、 手間暇かけて採寸をして、 プランナーさんに外構のプランや見積もりを作ってもらって関さんまでをして ようやく見積書として出来上がるここまでに単純計算でおそらくに3万円ぐらいのコストが掛かっています

 

そうやってできた見積もりを無駄にしたくないという思いもありますし今まで使った時間を何とか取り返そうとして見積もりに値引きをしても受注を取ろうという風に心理が働きます

 

多少、値引きをしてでも注文をもらいたい心理

それは私もよくわかります

 

業者さんと少し私の立場が違うんですけども例えば資材の値引き交渉を受けた場合ですね

 

私も値引きを言われたときに、一緒に採寸した現場とそうでない現場では値引きのしやすさが異なる

 

私も実際自分が訪問して時間を使って採寸をしては見積もりを出した資材の拾い出しをして提出した金額現場に対しては値引きはちょっとしやすいってのが正直なところですね

 

それにプラスしてこれは社内事情になるんですけども訪問した現場で注文を頂けないとまあ成約率ですね何のための動向なんだと言われかねないので多少無理してでも値引きしてでも注文をしてもらう協力をするってのがあります

 

これがもう営業担当という佐賀ではあるんですけども

こういった背景も実は相見積もりに効果があるひとつの理由にもなります 

 

だから、値引きしてでも注文を取りに行くのは営業の性です。

相見積もりが、最強の値引き交渉術

そこに相乗効果として武器となるのが他社さんでもらった見積書というものです

この見積書という武器を元にこれまで下げてもらえれば注文しますようというふうにちらつかせるわけですよねそうなると

コンコルド効果ですねで多少値引きしてでも注文をいただこうという風に動きます

A 社 B 社 C 社あった場合に医者が不明な場合新車トビー車で一度相見積もり同士で値引きをしてもらってそれで最低価格を出してもらった状態でさらに傾斜に計上するという風な形をとれば弊社もなかなかそのまま引き下がるわけにはいかないですし

値引きをしてでも注文を取りに行こうという風な動きになります

これが相見積もりを取ることの値引き交渉が最高の技術であるという理由になります

 

これことを言うと業者さんに嫌われてしまうかもしれないですけどもこれは 自由競争ののこの世の中ではもう当たり前のことになります。

 

以上が、エクステリア工事を相見積もりを取ると得する理由です。

いかがでしたでしょうか。

損をする人のは、

  • 打ち合わせがめんどくさいと思っておまかせにする人
  • 調べるのが億劫で、言われたプランでそのまま契約する人

です。

たしかに、同じ外構工事や要望の説明を2〜3つのエクステリア業者さんに話すのはめんどくさいです。

打ち合わせの日程調整の手間と、実際打ち合わせに取られる時間などデメリットもあります。

しかし、5%でも見積もり金額がかわれば、2万円〜3万円と簡単に浮いてしまいます。

どうですか?相見積もりを相談するだけで、2万円も3万円もポンと変わります。

打ち合わせといっても1日8時間拘束される分けじゃないので、給料と比べても効率よくないですか?

実は、同じ内容で見積もりを取ればガクンと見積もり金額が業者さんによって違うこともしばしばあります。

エクステリアについてはあまり購入する頻度が高くないので、わからないことがたくさんありますよね。

ぜひ、複数社に見積もりを取って頂き、色味サンプルを確認したり施工後の保証の有無、アフターフォローの内容含めてを比較検討して頂くと良いかと思います。

そうすることで、外構やお庭工事を得意とする専門の業者からのアドバイスやアイデアがもらえるので、失敗するリスクも軽減できます。

あまりそういった業者さん複数社知らない、どこで調べればいいの?という場合には、タウンライフリフォームでは地元の優良業者さんを無料で紹介&見積もりの依頼も完結します。

技術を持った、安心できる業者さんを見分けられる自信ありますか?

もし、即答で「はい!自信あります!」と答えられない場合は、全国の優良業者ばかりをあつめたタウンライフリフォームサイトが便利です。

こちらは、地元の優良企業を集めたサービスでリフォーム部門では3冠を達成した由緒あるサービスです。

そもそも悪徳業者はこう言った紹介サービスで紹介してもらえず、優良企業のみがサイト上でフィルタリングされている状態です。

>>優良外構業者をタウンライフリフォームで探す

だからタウンライフリフォームさんを私はオススメしてます。

業者さんによっておすすめする内容が異なるかもしれませんが、外構工事やリフォーム工事には正解はありません。

さらにいまなら、毎月先着99名様に「成功するリフォーム7つの法則」の冊子資料がもらえます。

私は、見積もりを値下げするためにも、損しないためにも「業者さん探し」に力をいれてみるのをオススメしています。

しかもタウンライフリフォームに相談すれば相談したい会社1社だけでなく、なんと相見積もり先の優良企業さんまで(外構業者さんには内緒で)紹介してもらえます。

一度で二度と美味しいサービスなので、今から業者探しをしている方は、利用しない手はないですね。

\外構・エクステリアの優良業社を検索
>>見積相談・資料請求する
※見積は何度でも無料でもらえます

外構・エクステリアを検討される方必見!

お引越し後や家を建てていている途中に検討することの多い外構工事・エクステリアについて一番の悩みは、

  1. 納得の行くプランと最適な設置方法の提案
  2. 高い工事品質と施工後の安全性
  3. 予算内に費用を抑える、工夫と商品選び

ではないでしょうか?

外構やエクステリアの予算配分で悩んでいる方へ「相見積もり」を活用することで大きく見積金額ダウンも期待できます。プラン比較も相見積もりは非常に有利ですよ。

https://link-a.net/gate.php?guid=on&mcode=x3wjetxg&acode=adpbtcgrbefa&itemid=0

さらに、タウンライフリフォームに相談すれば1社だけでなく、なんと相見積もり先の優良企業さんまで紹介してもらえます。(しかも外構業者さんには内緒で)

もう一つ特筆したいポイントとして、タウンライフリフォームは事前に紹介してもらう業者さんを指定できます。

今から業者探しをしている方は、一石二鳥の無料サービスですので利用しない手はないですね。

>>タウンライフリフォーム解説記事へ

>>タウンライフリフォーム公式サイトへ