フェンス

コア抜き工事ってなんだ?なんでこんなに高いんだ?【フェンス・ブロック塀】

コア抜き工事ってなんだ?なんでこんなに高いんだ?【フェンス・ブロック塀】

フェンスの見積もりが高くて明細を思わず確認してしまった人

「引越しもある程度終わって、道路から丸見えだからフェンスを設置して目隠しをしようと思った。見積もりを取ってみたんだけど、工事費が思いっきり想定外の金額だった。明細を確認すると“コア抜き工事”が高くなっている原因みたいなんだけど、コア?ってなに?抜くの?どうして必要なの?詳しい人教えて!」

←はい、コア抜き工事とはフェンスを立てる柱の穴を空ける工事です。

普段はエクステリアの卸し販売をしている業者の人間です

どうも、はじめまして、庭ファン(@spring_bd)と申します。

自己紹介を致しますと、本業は現役エクステリア商社マンです。なので、外構の商流や商慣習などにはカナリ詳しいです。このブログではお得にお庭づくりをするための秘訣やコストカット術などを配信しています

さらに私の詳しい自己紹介についてはわたしのプロフィールをご参照ください。

ふだんは、エクステリアの専門業社さん向け、ハウスメーカーさん・ホームセンターさん向けに販売をしていますが、一般の方と業者さんの情報格差が大きい業界でクレーム産業とどうしても呼ばれてしまってます。

なので、いろいろな情報を発信しながら、知識格差をできるだけ少なくし、業界の健全化と発展を願っています。

そうすれば、私の取り扱っている商品の販売量も増えて評価も上がってハッピーという算段です。

さて、話が逸れてしまいましたが、本題の「コア抜き工事」についてです。

百聞は一見にしかず、最近はYouTubeで様々な動画があがっていますので実際のコア抜き工事の様子をみていただきましょう。

フェンスのコア抜き工事はこういうことをします

ガーーーっとかなりの音が出る作業です。

フェンスを設置するために柱をブロックの上にたてるのですが、ブロックに穴がないと柱を立てれませんので、その時にコア抜き工事をします。

ブロックは積んであるけども、フェンスを立てるための穴がない状態、ブロック塀の柱の穴とフェンスの柱の間隔が合致しないなどの場合、ブロック塀に柱の穴を開ける作業が必要になります。

その工事のことコア抜き工事と言います。

フェンスを立てる前提でブロックから積む場合

フェンスを立てる前提でブロックから積む場合フェンスを立てる前提でブロックから積む場合

ブロック積み工事とフェンス工事を一緒に工事する場合、フェンスを立てるときにフェンス用の穴を開けた状態で工事をするので、このコア抜き工事は必要なくなります。

ブロック塀でも予めから穴が空いていればそこのところに柱を立てて入れていけばオッケーです。

コア抜き工事費はめちゃくちゃ高いです

コア抜き工事費はめちゃくちゃ高いです、その高い理由はいくつかあります。

コア抜き工事に使う機械工具がそもそも高い。

コア抜きの工事には、ガイドがついた固定式と、手持ちで対応するハンディタイプがあります。

ハンディタイプは、手軽な反面手振れ補正がついていないので技術が必要なのと、精度が甘いので専門職・プロとしての工事には向いていないので私の現場では推奨はしてません。

ハンディタイプはメーカーや機種によりますが、3万円~で売られています。

反面ガイドタイプのものは、固定されるので精度が安定し、綺麗なコアが抜けます。

その分機材も大きく、値が張りますね。(動画のものは固定タイプです。)

固定式もメーカーや機種によりますが、8万円~で売られています。

 

コア抜き工事に使うときのドリル刃が高いです。

次の要因としては、コア抜き工事をするときの刃が高いことです。

フェンスのコア抜きする場合は、60mm前後の刃を使いますが、コンクリートのブロックをガリガリ削るので、刃のチビり方がハンパないです。

経験上10本抜けば、もう使えなくなるぐらいチビります。

ブロックの中には、鉄筋が入っているのでそれも斬って刃を入れていくので負担はさすがに大きいようですね。

物によりますが、フェンス柱用のサイズであれば、1枚(1本)で1万円前後が相場です。

 

フェンスは2メートルごとに柱1本(=1穴必要)

フェンスは2メートルごとに柱1本(=1穴必要)フェンスは2メートルごとに柱1本(=1穴必要)

フェンスは大体2メートル間隔で柱を立てるので2メートル間隔で穴が開いていれば問題ないのです。

ブロックの穴の位置が多少ずれたとしても最近のフェンスはその辺も吸収できるな仕組みになっているのであまり気にしなくていいです要は1直線になっていれば大体大丈夫ですが、どうしてもコーナーの部分や端部にで柱位置がうまくいかずコアを抜くことがあります。

既存のフェンスを活かして、目隠しをする場合

コア抜き工事が見積もりに入っているということは
「ブロック塀を再利用してフェンスを立てる」
「既存のフェンスを取り替えて新しいフェンスを立てる」
のどちらかかと思います。

設置手法は異なりますが、既存のフェンスを活かしたまま高さを変更することもできます。
方法は以下の記事でも紹介いているので合わせて参考にしてみてください。

以上、コア抜き工事についてでした。

今あるフェンスの高さを延長したいという人【目隠しフェンス】
今あるフェンスの高さを延長したいという人【目隠しフェンス】今あるフェンスの高さを延長したいという人 「今あるフェンスの柱を利用して、もっと背の高い目隠しフェンスを付けられますか?いまあるフ...

 

外構・エクステリアを検討される方必見!

お引越し後や家を建てていている途中に検討することの多い外構工事・エクステリアについて一番の悩みは、

  1. 納得の行くプランと最適な設置方法の提案
  2. 高い工事品質と施工後の安全性
  3. 予算内に費用を抑える、工夫と商品選び

ではないでしょうか?

外構やエクステリアの予算配分で悩んでいる方へ「相見積もり」を活用することで大きく見積金額ダウンも期待できます。プラン比較も相見積もりは非常に有利ですよ。

https://link-a.net/gate.php?guid=on&mcode=x3wjetxg&acode=adpbtcgrbefa&itemid=0

さらに、タウンライフリフォームに相談すれば1社だけでなく、なんと相見積もり先の優良企業さんまで紹介してもらえます。(しかも外構業者さんには内緒で)

もう一つ特筆したいポイントとして、タウンライフリフォームは事前に紹介してもらう業者さんを指定できます。

今から業者探しをしている方は、一石二鳥の無料サービスですので利用しない手はないですね。

>>タウンライフリフォーム解説記事へ

>>タウンライフリフォーム公式サイトへ