土間コンクリート

費用20万円で土間コンクリートどれくらいの面積ができるのか?【予算別】

費用20万円で土間コンクリートどれくらいの面積ができるのか?【予算別】

コンクリートに関してはいろいろな質問や不安の話を聞きます。

「お隣さんの駐車場は土間になっているけど、どれぐらい費用をかけたんだろう?気になる。」

「知人から聞いていた土間コンクリートと平米単価が全然違うことに気がついた」

「外構工事が高くて、なんとか値引きできないか値引き策を調べている人」

「内容がわからなくて、手元にある見積書が適正価格なのか、ぼったくられているかどうか知りたい・調べたい人」

←予算別に、どれれぐらいの面積の土間コンクリートが工事ができるか比較してみました。

駐車場舗装の絶対的王者「コンクリート」の費用について

土間コンクリートといえば、駐車場の舗装方法として絶対的な位置づけです。

車が乗っても変形しない、年月が経っても変質しない。

その強度と耐久性に定評高く、広く一般的に採用されている素材です。

しかしながら、費用がどれぐらいかかるのかがよくわかっていないケースがほとんどで、多くの方が出てきた見積もりに対して「高いなぁ」「こんなものなのかな?」と疑問を持ちながらも費用を支払っているケースが多いと思います。

そこで、今日は「費用をここまでかければ、これぐらいの面積が工事できる」という目安をご紹介します。そうすれば高いのか安いのか費用についての目安ができるので費用の失敗が少なくなりますね。

逆に土間コンクリートの施工面積から費用を算出できるシミュレーターも作っているのでそちらもみてもらえるとおおよその相場感が掴めるハズです。

少しでも疑問を解決して、お庭ライフを楽しんでもらえれると幸いです。

https://springbd.net/concrete-simulator

さっそく、費用別の土間コンクリート工事ができる面積を見たいと思います。

10万円の費用で土間コンクリートの工事ができる面積

10万円の費用で土間コンクリートの工事ができる面積10万円の費用で土間コンクリートの工事ができる面積

10万円で工事できる土間コンクリートの量は、7平米前後が主流です。

車1台用のスペースに満たない土間コンクリート工事費用の平米単価は1.4万円〜1.5万円と少し割高になります。

できれば、もう少し広い範囲の土間コンクリート工事の方が費用面では有利です。

費用10万円の場合、2人で作業すると人件費が高くなるので1人で対応することが多いですね。

手作業での掘削、手作業での打設でなんとかなる範囲の面積で、デザインを入れるにはちょっと難しい面積です。

そのため、本当に土間を打つだけなので、ちょっとした駐車場の隙間や駐輪場・物置の下、ウッドデッキの床下などの面積がこれぐらいになります。

20万円の費用で土間コンクリートの工事ができる面積

20万円の費用で土間コンクリートの工事ができる面積20万円の費用で土間コンクリートの工事ができる面積

20万円で工事できる土間コンクリートの量は、15m2〜19m2が多くなります。

車一台分がおおよそ横幅3m×奥行5mの15平米を目安にするのが外構の設計においてセオリーのサイズになります。

なので、駐車場1台分ぐらいの広さを土間コンクリートにする費用の目安が20万円になります。

この広さになると人の手での作業が難しくなるので重機を持ち込んで掘削作業などをします。

土間コンクリート工事だけだでは若干割高になりますが、カーポートやウッドデッキ・テラス屋根など他の工事と抱き合わせにすることで、値段を下げることができるようになりますね。

30万円の費用で土間コンクリートの工事ができる面積

30万円の費用で土間コンクリートの工事ができる面積30万円の費用で土間コンクリートの工事ができる面積

30万円で工事できる土間コンクリートの量は、25m2〜31m2が目安です。

 

20平米でも30平米の工事でも、ショベルカー・ユンボなどを倉庫から運搬する費用は変わらないので、平米が広くなれば広くなるほど1平米当たりの費用が下がってきます。この辺りのラインから1平米1万円を切ることができるラインです。

一般的に土間工事は1平米・1万円と言われることが多いのですよね。

2台分の駐車場は5m×5mの25平米を設計基準にすることが多いので、おおよそ1平米1万円で工事できる平米になります。

最近では駐車場は2台分確保するのが普通になって来ていますので2台分の平米数換算で回答するのが主流ですね。

50万円の費用で土間コンクリートの工事ができる面積

50万円の費用で土間コンクリートの工事ができる面積50万円の費用で土間コンクリートの工事ができる面積

50万円で工事できる土間コンクリートの量は、40m2〜55m2が目安です。

 

この辺りになると土間工事の単価は1万円を切ることが多いですが、40平米になっているのは、あまり土間工事が得意じゃない業者さんの単価、もしくはハウスメーカーさんや工務店さん経由で依頼する工事の場合です。

 

シンプル・スタンダードな駐車場が最も費用が掛かりにくく、安い

今回想定している土間デザインはほぼ無しで、長方形や正方形になるような単純な形状を想定しています。

色をつけたり、化粧仕上げをする場合はその分だけプラスで費用がかかります。

土間コンクリートは実はエリアによって相場が変わります

土間コンクリートを敷き詰める費用の中で多くの割合を占めるのが生コンクリートです。

生コンクリートはいわゆる生コンプラントと呼ばれるところで作られミキサー車で自宅まで運んできます。運ぶ距離により運送費用も代わりますし、生コンの注文量が多ければ送料も無料になるプラントさんもあります。

次にコンクリートの費用を占める工事費について

土間コンクリートを流し込んだり、水平に均したりする作業員の日当に当たります。

土間コンクリート工事だけなら、それだけのための日当になりますが、サイクルポートや物置工事などを予定していると、両工事にまるまるかかるわけじゃなく、幾分か按分され単価を下げることができます。

国土交通省発布の公共工事設計労働単価 平成31年度 によると土間コンクリート工事を行う左官工の標準日当の価格は関東地方でおおよそ25,000円でした。

4人で土間コンクリート工事を1日かけて作業した場合、費用は25,000円×4人の100,000円と計算できます。

あくまで原価なのでそれ以外の保険代や法定福利費、その他諸経費は別途加算の必要があります。

もっと土間コンクリートの費用を抑えたいという場合

施工費を抑えられる「ドライテック」という特殊コンクリート施工費を抑えられる「ドライテック」という特殊コンクリート

施工費を抑えられる「ドライテック」という特殊コンクリート

通常の土間コンクリートとは違い、透水性能があるコンクリートで排水溝などの設置が不要になったり、仕上げの手間が少ないため土間コンクリートよりも工事費が安価に仕上げられることが魅力です。

まだ取り扱いの工事店さんが少ないようなのですが、これから期待ができる新素材です。

>>「ドライテック」という特殊コンクリート

土間コンは、土間コンの得意な業者さんへ相談すべし

私が土間コンクリートを安く工事するための最大のポイントは、「土間コンクリート工事が得意な業者さんに相談すること」だと思っています。

効率良く土間コンクリート工事の得意な外構・エクステリア業者さんを見つける手段として、私は「タウンライフリフォーム」を活用するという方法がおすすめしています。

タウンライフリフォームは、リフォームに特化した業者さんを検索できるサイトで、アイディア&アドバイス、費用・お見積り、外構・お庭のプランニング無料で作ってもらえます。

例えばですが、

予算30万円で2台用駐車場の土間コンクリート工事検討している場合

外構業者さんの中からプランを提案してもらい、“最も良い・安い金額を提案してくれた外構業者さんに相談を持ち掛ける”という方法です。

そうすれば、毎週末外構業者さんに相談に出向く手間も省けますし、同一条件、同一工事を依頼しているので各社の費用・プランを比較しやすくなります。

何よりもまず、土間コンクリート工事・平米単価を提案してくれた外構業者さんへの相談ができるので、土間コンクリート工事に対応できない業者さんに相談して時間を無駄にしてしまったりする心配もありません。

失敗が少なく、かつ同じ内容で、低予算平米単価で土間コンクリートを打設できるのが魅力です。

タウンライフリフォームは、希望工事内容や要望を伝えるだけで、地元の国家基準をクリアした優良企業からプランの提案が受けられるサービスです。

家にいながら提案・相談ができるので、効率良く情報収集しながら、比較検討ができます。

検索で、「(地元の名称) 土間コンクリート」で検索すると業者さんが出てきますが、評判や良し悪しは自分で判断する必要があります。

タウンライフリフォームは第3者機関の厳格な国家基準をクリアした信頼ある優良企業のみが掲載されているので、通常の業者選びに併用することで以下の得られるこのようなメリットが得られます。

  • 外構やお庭のお悩みや要望に合わせたアイデア&アドバイスが複数社からもらえて失敗するリスクを減らせる
  • 外構・お庭工事に発生する費用のお見積りをデザインの比較がオンラインで簡単に作ってもらえる
  • 土地の広さや形に応じた、ちょっとした一工夫や生活スタイルに合った外構・お庭のプランを複数の専門家から提案してもらえる
  • ネットで提案依頼ができるので、ゴリ押しの営業担当が自宅に来ない
  • 実際に見積もり書もらうことができるので、お金のイメージもつきやすい

タウンライフリフォームは、累計112万人もの方々に利用されている、信頼性の高いサービスです。

利用された方々からは、

「複数社からのアドバイスにより心配が解消されました」

「アイディアを頂いたおかげで、想像以上に満足のいくお庭ができました」

「細かい部分まで打ち合わせができ、希望通りリフォームができました」

と、好評をいただいています。※実際の声はこちら

 

地元の優良企業を自分で探すのは苦労しますが、ネットで気軽に検索できるタウンライフリフォームを活用すると効率的に企業探しができます。

低予算で高品質の土間コンクリート工事の見積もりを手に入れるために、あなたも今すぐご利用になられてみてはいかがでしょうか?

無料で気軽に利用できるサービスです。

>>タウンライフリフォームの詳細はコチラ

 あ、でも土間コンクリートの費用だけで業者さんの良し悪しを判断するのは危険ですよ。

カーポートなどのエクステリア商品や全体のデザインプランなども総合的に判断して下さいね!

今なら!成功するリフォーム7つの法則小冊子がもらえます。

時間がなくてもネットで簡単!タウンライフリフォーム外構特集ご利用の流れ!簡単3ステップ!最短3分で依頼完了!

 

外構・エクステリアを検討される方必見!

お引越し後や家を建てていている途中に検討することの多い外構工事・エクステリアについて一番の悩みは、

  1. 納得の行くプランと最適な設置方法の提案
  2. 高い工事品質と施工後の安全性
  3. 予算内に費用を抑える、工夫と商品選び

ではないでしょうか?

外構やエクステリアの予算配分で悩んでいる方へ「相見積もり」を活用することで大きく見積金額ダウンも期待できます。プラン比較も相見積もりは非常に有利ですよ。

https://link-a.net/gate.php?guid=on&mcode=x3wjetxg&acode=adpbtcgrbefa&itemid=0

さらに、タウンライフリフォームに相談すれば1社だけでなく、なんと相見積もり先の優良企業さんまで紹介してもらえます。(しかも外構業者さんには内緒で)

もう一つ特筆したいポイントとして、タウンライフリフォームは事前に紹介してもらう業者さんを指定できます。

今から業者探しをしている方は、一石二鳥の無料サービスですので利用しない手はないですね。

>>タウンライフリフォーム解説記事へ

>>タウンライフリフォーム公式サイトへ