外構工事

外構の土間コンクリート費用がわかる【土間コン相場シミュレーター】

外構コンクリート費用がわかる【土間コン相場シミュレーター】

外構で使う土間コンクリート費用が高くてびっくりしてる人

「え?駐車場の土間コンクリートってこんなに高いの?外構工事の1/3ぐらいを占めてるし、もうちょっと安くなれば全体の費用も抑えられる。よくわからない項目がいっぱい続いているけど、これって正しいのかな。。。ぼったくられてないかな?相場がわかると嬉しいんだけど、どうやって調べたらいいの?」

←一目でコンクリート費用の相場がわかるシミュレーター作りました!

外構の土間コンクリート費用がわかるシミュレーター

外構コンクリート費用がわかるシミュレーター

設置したい土間コンクリートの面積を入力するだけで各項目の明細と金額がパッとでます。

それぞれの単価は比較的土間コンクリートの工事を得意としている価格帯を算出基準としています。

いわば値引きの目標金額と言える価格帯です。

それでは、今手元にある見積書と項目を比べてみてください。

意外と無くて、だれに聞いたら良いかわからない外構の土間コンクリート費用・相場がわかるシミュレーターです。

土間コンクリート費用の比較がしやすいように、項目ごとに明細も出して算出してみましたのでぜひご活用下さい。

↓↓↓

 

平米で計算できるように単価を平米に合わせています。

本来は土間コンクリート・残土ガラ処分は立米での掲載になりますが、おおよそ平米換算できるように変換して計算でしています。

また単価については一都四県の場合は、残土処分費がもう少し高い(1,200円/平米)や、近畿地方では土間コンクリートの単価がもう少し高い(7,000円/平米)になる見込みです。

逆に静岡県ではもう少し土間コンクリートの費用が安く(6,000円/平米)なることもあります。

細かくは下記ブログでも解説していますのでご覧ください。

外構の土間コンクリートにかかる費用を徹底調査、値下げポイントが分かる【相場】
みんな大好き土間コンクリートにかかる費用を徹底調査、値下げポイントが分かる【外構×相場】「コンクリート 費用」と検索している人は 「コンクリート 費用」と検索している人は 「駐車場の土間コンクリートで出さ...

土間コンクリート工事の項目がわからないときは

「Googleで検索する」か、「私までお問合せ」で解決できます。

お問合せフォーム本ブログに対するご意見、執筆のご依頼に関しては、こちらの問い合わせフォームよりお知らせください。 また、このブログでも私がエクステリア...

お答えできる範囲で回答しますし、比較的ニュートラルな立場でアドバイスができると思います。

土間コンクリート

土間コンクリート

別名:打設費

一般的に生コンクリートの材料代と生コンクリートを流し込んで行く作業費用が含まれます。

どうしてもこの作業は雨天時にはできないので、数日晴れたの日が続くことが見込まれる日に実施が必須です。

形式上、シミュレーターには土間コンクリートの材料費と金ゴテ仕上げ費をここに含んでます。

転圧・砕石敷き込み

別名:クラッシャー・敷き込み

沈み込みや水の染み上がりを防ぐために砕石と呼ばれる石ころを敷き詰めます。

車が乗る部分はコンクリートを強固にする必要があるので、砕石を10cm~15cmの厚みで敷いて、次に10cmほどの厚みに生コンクリートを流し込みます。意外と駐車場の下は20cmから30cmぐらいの厚みで彫り込んである構造なんです。

残土運搬処分

発生した残土ガラの処分費と処分場への運搬費用です。

先程、掘り込むと言いましたが尋常じゃないぐらいの土やガラがでます。

一般ゴミとして廃棄が出来ないので、専門の処分業者・処分施設まで運搬する必要があります。

型枠

別名:型枠設置解体/スリット枠組み とも呼びます。

生コンクリートは、液状なので流出しないように枠を作ります。木でフレームを作ってるのを見たことがあると思います。写真のように現場ごとに組み上げるので設置の手間がどうしても発生します。

水盛・やり方

別名:仮設工事/水盛り(みずもり)/遣り方(やりかた)/墨出し(すみだし)

いわゆる測量です。

どの部分まで土間コンクリートを打設するかだけでなく、その時の雨水排水の経路・勾配までも緻密な計算が必要です。

重機回送費

別名:車両代・車割増・機械損料

掘削する重機を運んでくるときにかかる運送料です。また生コンクリートを運ぶミキサー車のチャーター費も含んでいます。

現場により使う重機が異なりますが、シミュレーターではユンボ1台とミキサー車1台分を想定しています。

相場よりも高い見積もりだったときの解決方法

相場よりも高い見積もりだったときは・・・

もしあなたがシミュレーター価格より高い値段の見積もり、相場より高い見積もりを持っている場合、相見積もりを取った方が良いかもしれません。

またハウスメーカーさん経由で見積もりを取っている場合、紹介料が内包さていることがあるので、別業者さんを自分で探すことを強くお勧めします。

知り合いに外構業者さんや土間コンクリートのできる業者がいなくて、どこに頼んだらいい悩んでいる・探している場合は、「タウンライフリフォーム」サイトが便利です。

>>タウンライフリフォーム公式サイト

地域の優良外構業者さんを検索できるサイトで、厳しい審査を経て掲載されています。

もちろん、悪徳なリフォーム業者さんや質の悪い業者さんは一切登録されていません

市区町村までの住所を入力して、住まいのタイプを戸建て・マンション・事務所のいずれかをチェックするだけずらりと業者さんの一覧が確認できます。

無料の見積相談をしてみて、ハウスメーカーさんの見積もりと専門業者さんに大差がなければ、ハウスメーカーさんで進めて相談した専門業者に依頼しなければよいですし、見積だけは無料なので確認だけでもおすすめです。

依頼先の会社名は匿名ではなくちゃんと社名が出る

依頼先の会社名は匿名ではなくちゃんと社名が出る

しかも、タウンライフリフォームでは外構・エクステリアが対応できる会社名は匿名ではなく、ちゃんと出ます。

よくあるマッチングサイトでは一括依頼で複数社にまとめて情報が行く仕組みになっており、依頼者はどこに依頼したかわからいこともあります。

気がつけば、着信が数十件残っている経験ありませんか?

私は、車の下取りでやられました。。。

仕事終わったあと携帯を見ると複数番号から着信が数十件あり、どこの会社からか、その後もしつこく着信がありつづけて恐ろしい思いもしました。

そういった意味ではタウンライフリフォームでは事前に依頼先を自分で選定できるので、そういった心配もありません。

事前にその会社のPR文もあるので事前にサーチも可能ですね。

自分とマッチしてそうな必要な2社だけに最初は依頼してみる。

という風なカスタマイズができるので非常に良心的な会社だと思います。

>>タウンライフリフォーム公式サイト

外構・エクステリアを検討される方必見!

お引越し後や家を建てていている途中に検討することの多い外構工事・エクステリアについて一番の悩みは、

  1. 納得の行くプランと最適な設置方法の提案
  2. 高い工事品質と施工後の安全性
  3. 予算内に費用を抑える、工夫と商品選び

ではないでしょうか?

外構やエクステリアの予算配分で悩んでいる方へ「相見積もり」を活用することで大きく見積金額ダウンも期待できます。プラン比較も相見積もりは非常に有利ですよ。

https://link-a.net/gate.php?guid=on&mcode=x3wjetxg&acode=adpbtcgrbefa&itemid=0

さらに、タウンライフリフォームに相談すれば1社だけでなく、なんと相見積もり先の優良企業さんまで紹介してもらえます。(しかも外構業者さんには内緒で)

もう一つ特筆したいポイントとして、タウンライフリフォームは事前に紹介してもらう業者さんを指定できます。

今から業者探しをしている方は、一石二鳥の無料サービスですので利用しない手はないですね。

>>タウンライフリフォーム解説記事へ

>>タウンライフリフォーム公式サイトへ