エクステリア

なんでハウスメーカーの外構工事が高いのか?【業界の構造】

ハウスメーカーの外構工事が高額になる理由

ハウスメーカーの外構の見積もりを手にした人

「え??300万円?なにこれ、桁の間違い?駐車場を作って、フェンスを立てるだけなのにこんなに高いの?なんでそんなに高くなるの?しかも、再来週までに結論を出さないといけないとか言われるし、どうしたら良いの??そんな予算準備してないし、、、カーテンもまだ買ってない!タスケテ!!」

←ハウスメーカーの見積もりはそもそも高額になる構造です。

外構・エクステリアの業者選びが成功のための最重要事項【成功する法則】
外構・エクステリアの業者選びが成功のための最重要事項【成功する法則】はじめに、私の自己紹介 私は、エクステリア卸し業で働いている商社マンです 当サイトをご覧いただきましてありがとうございま...

スマホでも簡単入力、すぐわかる/
>>見積相談・依頼をする
※何度でも見積は無料でもらえます

外構工事を請け負う、ビジネスモデルの問題

ハウスメーカーの外構工事が高額になる理由

ハウスメーカーさんの外構の見積もりが恐ろしく高くなるのはビジネスモデル・構造の問題です。

ハウスメーカーは外構工事を自社ではしません。(一部しているところがありますが・・・レアケースです)

下請けに外注という形で出して、上がってきた見積額に対して、15%〜20%現場管理料として利益を乗せて、消費者に提示するからです。

ハウスメーカーはハコ(建物)を作れば儲かる

なぜ、ハウスメーカーは外構工事を下請けに任せるのか。その理由は、ハウスメーカーは、家・建物を作ることに特化したのでハウスメーカーになりました。

一番儲かる場所つまり家・ハコの建築に特化に投資して、ハウスメーカーになったんです。

なので、建物以外の場所は業界的に専門外で、外構は外注になることが多いです。

エクステリアリフォームは相見積もりを取る方が絶対有利な3つの理由
見積もり金額を下げる裏ワザ!商社マンが教える賢い&安いリフォーム術【相見積もり推奨する3つの理由】エクステリア工事の見積もりを取った人 「新居に引っ越してきて、落ち着いたからそろそろカーポートと駐車場の土間コンクリート工事の見積...

ノウハウが薄い、手間がかかる”外構”は外注

外構工事は、建物の建築とは違う工具を使ったり、重い石をどけるために重機が必要になるなど、ハウスメーカーから見ると手間がとてもかかります。

とはいえ、お庭がないと生活できないので、協力工事会社へ下請け・外注に出すことで対応してきました。

そうすると結果的に、ハウスメーカーの車内にノウハウが社内にたまりにくく、より収益性の高い建物により資本を投下・集中するようになります。

このような構図が外注化に拍車をかけ、現在の「ハウスメーカーの外交工事代は高い」というような構図が出来上がっています。

外注になると管理費として手数料が加算される

もちろん、外注になると売り上げをそのまま業者に渡すわけにはいかないので、現場管理手数料としてハウスメーカーの見積もりの中に手数料が加算されます。

なんでハウスメーカーの外構工事が高いのか?【業界の構造】なんでハウスメーカーの外構工事が高いのか?【業界の構造】※クリック/タップで拡大

 

上記のイメージですね。

だから、ハウスメーカーの外構の見積もりは高くなる傾向にあります。

でも、ハウスメーカーだから保証がしっかりしてる!

と、反論される方がいると思いますが残念ながら違います。

結局、外構の不具合があった場合は、本体のハウスメーカーの担当者が対応するわけではなく、外注先の外構業者の担当者が来ます。

なぜなら、ハウスメーカー側にはノウハウが薄く、また自社で対応した内容/作業ではないからです。

なので、外構は外構専門業者に相談する方が安くて安心なのです。

それでも、ハウスメーカー経由で工事が多い理由は?

結論、外構専門業者をそもそも知らないから。

外構業者ってテレビCMもしなければ、大体的な広告もあまりしません。

地産地消の要素が強く、隣県などへはなかなか行ったりはしません。

外構業者さんを探すだけでも大変なのに、その企業さんの良し悪しまではなかなか判別するのは難しい。

業界は狭いもので、業者を探してみるとハウスメーカーさんの下請けとしてくる業者さんと自分で探した業者さんが同じであることもしばしばあります。

そうすると完全に同じ作業内容でも、ハウスメーカーの利益がのっていないので、10%%〜20%引きの価格でも同じ工事サービスを受けることができるのです。

それでも安く見積もりを済ますためには?

でもそんな、外構業者さんとかしらないよ?

普通そうだと思います。あまり外構業者さんは表でバンバン宣伝はしていないので見つけるのは難しいかもしれませんが、私が便利だと思うのは外構業者さんの紹介サービスです。

https://townlife-aff.com/link.php?i=5af26089db0f3&m=5d1ca5c339596外構・リフォーム相場を見るだけでもOK

依頼をすれば、その地域に根付いた優良企業を2〜3社紹介してもらえます。

費用は掛からず、無料で実施してもらえるので、合わないと思えば、お断りするだけでOKです。

>>タウンライフリフォーム公式サイト

ここで冒頭にもあった通り、すぐ見積もりと内容を決めないといけなくて納期がカツカツ場合は、自分で探す時間も削減になり、複数社紹介してもらえるので、どこかが対応してもらえる可能性がより高くなります。

餅屋は餅屋で、一口に家を立てるといっても、建物の専門や、お庭の線もnなど専門性がさまざまあります。

専門性が高い方が、安くて工事品質も安定しているので、業界に携わって10年になりますが、経験値としてお伝えしたい内容です。

ハウスメーカーさんがいないと家が立たないので、我々の外構・エクステリアが業界も仕事がないので決して私はアンチハウスメーカーというわけではないです。

>>タウンライフリフォーム公式サイト

ですが、コストを抑える方法として、業界の構造を知っておいて、損はないですよね。

こんな感じで、このブログでは消費者にとってお得なコスト削減方法や商品選定のコツ、業者の選び方までご紹介していきます。

ツイッターにも最新業界情報を発信していますので、フォローしてもらえると嬉しいです。

ハウスメーカーの外構見積もりが高くなる構図まとめ

  1. 外構工事を請け負う、ビジネスモデルの問題
  2. ノウハウが薄い、手間がかかる”外構”は外注
  3. それでも、ハウスメーカー経由で工事が多い理由は?
  4. それでも安く見積もりを済ますためには?

 

外構・エクステリアを検討される方必見!

お引越し後や家を建てていている途中に検討することの多い外構工事・エクステリアについて一番の悩みは、

  1. 納得の行くプランと最適な設置方法の提案
  2. 高い工事品質と施工後の安全性
  3. 予算内に費用を抑える、工夫と商品選び

ではないでしょうか?

外構やエクステリアの予算配分で悩んでいる方へ「相見積もり」を活用することで大きく見積金額ダウンも期待できます。プラン比較も相見積もりは非常に有利ですよ。

https://link-a.net/gate.php?guid=on&mcode=x3wjetxg&acode=adpbtcgrbefa&itemid=0

さらに、タウンライフリフォームに相談すれば1社だけでなく、なんと相見積もり先の優良企業さんまで紹介してもらえます。(しかも外構業者さんには内緒で)

もう一つ特筆したいポイントとして、タウンライフリフォームは事前に紹介してもらう業者さんを指定できます。

今から業者探しをしている方は、一石二鳥の無料サービスですので利用しない手はないですね。

>>タウンライフリフォーム解説記事へ

>>タウンライフリフォーム公式サイトへ