物置

物置のDIY検討しているならアジャスター式床タイプがおすすめ【何かと楽チン】

物置のDIY検討しているならアジャスター式床タイプがおすすめ【何かと楽チン】

物置のDIY検討しているけど、組み立てにあまり自身がない人

「子供も大きくなってきて自転車や遊び道具、バーベキューセットとかいろいろ荷物が増えてきたなぁ。。。お庭に物置でも置いて収納できるようにしたい。設置をお願いすると値段も高くなるし暇な時にDIYで頑張ってみたいけど、うまく組み立てできるか自身がない。DIYに向いているも物置、DIYに向いていない物置ってありますか?」

←自身が無い人は、床がアジャスター式になっている物置がおすすめです。

エクステリアの卸し売り・販売業者をしている庭ファンです

私は外構・エクステリアを専門されている工事業者さんにウッドデッキを含めたエクステリア商品を卸す商社で働いています。

どうも、はじめまして、庭ファン(@spring_bd)と申します。

自己紹介を致しますと、本業は現役エクステリア商社マンです。なので、外構の商流や商慣習などにはカナリ詳しいです。このブログではお得にお庭づくりをするための秘訣やコストカット術などを配信しています

さらに私の詳しい自己紹介についてはわたしのプロフィールをご参照ください。

普段は、エクステリア・外構専門の業者さんに商品を卸したり、ハウスメーカーさんやホームセンターさんに商品を卸しています。

その中で物置も卸し売りをすることが多いのですが、その物置でDIYに向いている機種がありますのでその紹介です。

春に向けて物置が良く売れる季節になりますが、カーポートやテラスなどに比べてDIYしやすい商品になるので工事費を浮かすために取り組む方も多いです。

その中で、商品選びの助力になればと思い一部機種のグッドポイントを紹介します。

物置をDIYするならアジャスター式床物置がベター

昨夜、こんなツイートをしました。

物置をDIYするならアジャスター式床物置がベター

なぜなら、基礎ブロックが沈んで歪んだときは物置を解体せずにアジャスターの調整だけで済むから

きっちり工事できる自信があれば大丈夫だけど、初めて組み立てるならアジャスター式推奨

どうせ選ぶなら便利なヤツ選んだほうが得です

私も過去、物置を自分で組み立てたことがありますが、DIYするならアジャスター式床物置がベターです。

物置の中には、床部分がアジャスター付きで車のジャッキアップのように水平を調整する機能が付いているものがあります。

写真は、イナバ 物置「シンプリー」写真は、イナバ 物置「シンプリー」

ここをグリグリ回すと、アジャスターになっていて多少基礎のブロックが水平でなくても、床部分がジャッキアップされ、30mmぐらいまでは調整が効きます。

設置する時じゃなくて、設置後も有能なアジャスター機能

設置する時じゃなくて、設置後も有能なアジャスター機能設置する時じゃなくて、設置後も有能なアジャスター機能

物置の基礎部分ブロックは、雨でぬかるんでしまったり。長年使っていくと沈んできてしまうこともあります。

沈んでしまうと物置が傾いてしまって、いろいろな不具合が発生します。

扉の立て付けが悪くなり、扉の一部に隙間が空いてしまって、雨が侵入して、ギャーーという事態になったり、物置自身の寿命を短くしてしまいます。

設置した時はよくても、5年10年したときに地面が下がってきたりして傾きが出てしまうとちょっとまずいです。

そんな時はアジャスター付の物置を選択しておくと、設置してから数年後後でもアジャスターで調整ができます。

いちいち物置を解体したりして調整する必要がないので、DIYや自分の施工技術品質に自信がのない場合はこういった物置を採用しておくと万一の時に重宝します。

具体的にアジャスター付きの物置商品は?

すべてがアジャスター付きになっているわけじゃないのですが、大手物置メーカーさんから販売されている小型の物置はほとんどアジャスター付きになってます。

ちなみに、アジャスター式になっている物置は横幅2メートル以下の小型の物置だけです

具体的な商品名で言うと

イナバ物置 アイビーストッカー・タイヤストッカー・シンプリー

ヨド物置 エスモ

タクボ物置 グランプレステージジャンプ

です

#物置 #DIY #DIYを楽にするテク

横幅2m以下というサイズのみになりますが、DIYで物置を購入する時には一つ参考にしてみてください。

検討している物置が横幅2mを超える場合は、資材の搬入や基礎の調整がさらに難易度が上がるのでプロにお任せしたほうが良いかと思います。

(個人的にはDIYのレベルを超えていると思ってます)

アジャスター付きの物置の推奨購入先

物置は、ネットでも購入が可能ですし、タクボ物置さんは全国送料無料で購入できます。

ホームセンサーさんで展示品がありますが、すべてのサイズ・すべての色が展示されているわけでじゃなく、意外と物置はサイズバリエーションが多くて敷地にピッタリのものが見つかります。

住宅設備最大手LIXIL社が運営する安心のネットショップのLIXILオンラインで、一部商品はホームセンターさんより安い価格で購入が可能です。

設置思った以上の商品ラインナップがあると思いますので、見てみると物置選びの参考になるはずです。

見てみて、あ。。。やっぱり自分では難しそうだなと思う場合は、組み立て工事もお願いができますよ。

さぁ、春に向けて、家の中をスッキリさせるために外に荷物を出していきましょう!

物置の購入はコチラから↓

>>LIXIL公式オンラインショップ「リクシルオンライン」

外構・エクステリアを検討される方必見!

お引越し後や家を建てていている途中に検討することの多い外構工事・エクステリアについて一番の悩みは、

  1. 納得の行くプランと最適な設置方法の提案
  2. 高い工事品質と施工後の安全性
  3. 予算内に費用を抑える、工夫と商品選び

ではないでしょうか?

外構やエクステリアの予算配分で悩んでいる方へ「相見積もり」を活用することで大きく見積金額ダウンも期待できます。プラン比較も相見積もりは非常に有利ですよ。

https://link-a.net/gate.php?guid=on&mcode=x3wjetxg&acode=adpbtcgrbefa&itemid=0

さらに、タウンライフリフォームに相談すれば1社だけでなく、なんと相見積もり先の優良企業さんまで紹介してもらえます。(しかも外構業者さんには内緒で)

もう一つ特筆したいポイントとして、タウンライフリフォームは事前に紹介してもらう業者さんを指定できます。

今から業者探しをしている方は、一石二鳥の無料サービスですので利用しない手はないですね。

>>タウンライフリフォーム解説記事へ

>>タウンライフリフォーム公式サイトへ