物置

物置を比較検討しているなら「エスモ」がおすすめ

「物置ならなんでもいいや」という人へ、壁に沿って設置するならヨドコウのエスモ

比較検討しているけど、だんだんめんどくさくなって物置ならなんでもいいやと思ってる人

「ホームセンターでも色々見たけど、違いが全く分からない。値段も同じぐらいだった。もう、めんどくさいからなんでもいいや~。とりあえず、車のスタッドレスタイヤと工具関係が収納できればオッケー。カタログ見たけど、あんまり違いがわからなんし、どれも一緒でしょ?」

←いいえ、細かい点が違います。なんでもいいじゃなくて、同じ値段なら少しでもメリットがある物置を一緒に選びましょう!

物置を卸販売してる商社の営業マンです

どうも、はじめまして、庭ファン(@niwafan1128)と申します。

本業は現役エクステリア商社マンをしています。

そのため、外構・エクステリア商品、商慣習などには詳しいです。

YouTubeでも情報配信しており、100万回近く再生されている動画もあり、トータルの再生数は510万回を超え、チャンネル登録者数は約3万人になりました。(ありがとうござます!)

このブログでは、お得にお庭づくりをするための外構・エクステリア商品情報を秘訣やコストカット術などを、無料で配信しています

外構・エクステリアは、建物の次に高額な買い物であるにもかかわらず、こういったプランや商品選定のノウハウは、ほとんど書籍では販売されてません。

なので、このブログの情報でお庭づくりで悩んでいるあなたのお役に立てるはずです!

私の詳しい経歴・自己紹介については≫わたしのプロフィールをご参照ください。

物置を検討しているんだけど、違いが判らなさ過ぎてどれを選んでいいかわからない。

結局、「物置ならなんでもいいや」とおもっている人。

価格面は比較検討しても、正直あまり変わらないので、設置場所によって適した機種があるので細かすぎますが「ソコ」を紹介したいとおもいます。

物置を家の外壁ギリギリに設置して敷地を有効活用したいなら

物置を家の外壁ギリギリに設置して敷地を有効活用したいなら

家の外壁ギリギリに設置して敷地を有効活用したいなら、ヨドコウのエスモシリーズが最適です。

機種としてはこんな感じです。

その中でも注目はエスモ!

雨水の流れる方向がエスモだけ逆です。

壁ギリギリまで設置すると物置の屋根に降った雨が外壁と物置の隙間に入ってしまい湿気がたまりやすくなります。

そうすると最悪の場合、外壁にカビが生えてしまったり、コケなどの汚れが発生することもあります。

細かいようですが、同じ選ぶならメリットがある方が良いですよね。

屋根の勾配が手前側についてるので、後ろや横に流れず外壁の湿気対策に強い

ヨドコウ エスモヨドコウ エスモ

ヨドコウさんのエスモは屋根の勾配が手前側についているので後ろに流れず、外壁ギリギリに設置した場合、他の物置メーカーさんに比べて湿気対策に有利です。

イナバ物置、タクボ物置は後ろ側左右に流れます

イナバ シンプリーイナバ シンプリー
タクボ グランプレステージジャンプタクボ グランプレステージジャンプ

写真ではアングルの関係で勾配がわかりにくいかもしれませんが、イナバさんとタクボさんの屋根の後ろ側にへこみがあると思います。

勾配を後ろにつけて、後ろ側に雨を集めてあのヘコミから左右に振り分けています。

どれも一長一短ありますが、外壁保護の観点からは前が正解と私は考えています。

そんなの雨の日に物を出し入れするとき濡れるから嫌だ

そんなの雨の日に物を出し入れするとき濡れるから嫌だ

たしかに仰る通りですね。

でも雨の日に屋外にある物置の中身を出し入れするシュチュエーションってどれぐらいありますか?

雨の日に使うことはないと前提で、どちらにせよ雨が降っていれば、濡れるのを覚悟です。

また隣地への雨水の流出も防いでくれるので狭小エリアや狭い場所には最適です。

物置ひとつでも微妙な違いがあります。

知っていれば同じお金を出しててもお得に設置できる方法がありますよ。

どうせ買うなら良いものを買いたいですよね。

物置を買おう!と検討中の人にお得な情報です!

今から、物置の購入先を探そうとしているあなたに。

朗報です!

そんな方は、工事付きで物置を購入できるサイトがありますので、ぜひご利用ください。

実は、「LIXIL公式サイト」で、物置がお得!

物置買うならLIXILオンライン物置買うならLIXILオンライン

 

お悩みワンコ
お悩みワンコ
なんでLIXILが物置やねーん! 

庭ファン
庭ファン
ツッコミどころがありますがしっかりと、しっかりとした運営会社、レビューもあります。

LIXILが物置やねーんとツッコミどころがありますね。

しかし、しっかりとお客様もレビュー公開され、施工実績も多数あります。

▼LIXIL 公式オンラインショップ 物置 お客様の声/実例紹介
https://www.lixil-online.com/garden-diy/storage/customer-voice/

ちなみに、LIXILさんは、業界シェアNo.1の住宅設備最大手企業ですよ。

自宅のお風呂・トイレ・キッチン・洗面台・玄関ドア・サッシ・フェンスなどなど。。。LIXILなしでは家が建てれないレベルです。

その中のエクステリア商品の業界シェアもNo.1で、エクステリア工事業者さんとのお付き合い・つながりも深いため、物置商品を販売していても、全くおかしくは有りません。

上場している最大手のメーカーのLIXIL社が運営しているため安心感が違いますね。

ホームセンターで買うとの何が違うの?

おいてある物置は、ネットも店舗も同じ商品ですおいてある物置は、ネットも店舗も同じ商品です
お悩みワンコ
お悩みワンコ
でも、ホームセンターで物置を買うのと何が違うの?

庭ファン
庭ファン
大きくは変わりませんが、微妙にネットのほうが安いんですw 

最近は、ネットショップでも物置が全国工事付きで買えるようになりました。

物置の値段は全国どこでもほぼ統一価格で、ホームセンターでも街の外構屋さんに頼んでも、そこまで変わりません。

端数計算が切り捨て処理をされていることもあり、税計算や細かな計算をしていくと微妙にネットのほうが安いです。

現物を見れないデメリットもあります

ネットで工事付きで物置は買えます。

物置は、ホームセンターさんでも展示販売されてますね。

残念ながらネットショップの弱点は、「現物が見れないこと」です。

しかし、ホームセンターの店員さんはパートやアルバイトで専門知識を持った方がいないこともありますし、パンフレットしかくれなかったり、商品の説明をできない人もチラホラ。

逆に、ネットの方がレビューや商品ラインナップも、扉の部分のサイズや、内寸のサイズ情報も充実してるケースも多いです。

LIXIL公式オンラインショップでは、全メーカー商品&細かなオプションも選べて便利で、スマホ一つで通勤中でも手軽に確認ができます。

ホームセンターでは敷地の問題で展示に限りがあり見たい商品が無かったりしますが、ネットショップでは敷地に限りはなく全商品から選べます。

お悩みワンコ
お悩みワンコ
店舗では、詳しい情報は載ってないし、オプションがあるのも知らなかった 

庭ファン
庭ファン
服選びも、ネットでモデルさんが着ている姿を見る方が、イメージしやすいですしね!

またオプションとして、「追加の棚」や「明かり取りの小窓」などののオプションも選べるので、ネットショップのほうが親切&便利ですね。

DIYで物置を購入する時もネット経由のほうがラク

物置をDIYで組み立てる場合も、ネットで買えば家まで材料を運んでくれますよ。

物置工事の半日は資材運びで終わってしまうこともあるぐらい、物置は重力物で重いのですよ。(普段から納品している身としては、そのつらさはよくわかります)

物置を検討している方へ、業者選びが面倒で大変だと思います。

小型の収納庫や物置はホームセンターでも売ってますが少し大きめのサイズとなるとなかなかDIYは難しいもの。

基礎工事が必要な場合はなおさらで、プロにお任せするのも一つの手段です。

そして、物置を全国展開しているリフォーム会社は住宅設備メーカー最大手のLIXIL社が運営するLIXILオンラインが便利です。

>>LIXIL公式ショップ「LIXILオンライン」

お悩みワンコ
お悩みワンコ
ホームセンターで満足な接客を受けれなかったり、欲しいぴったりサイズや商品が置いてなかった人には便利! 

庭ファン
庭ファン
安心してください。受付スタッフも業界に精通したプロです。

すべて無料で価格確認&比較検討ができるサイトなので、ぜひご利用ください。

また、中央一括管理のため、展示場の運営費などのコストもカットされ、正直、ネットで物置を販売するのはとても合理的な販売方法です。

住宅設備・エクステリアを知り尽くしたLIXIL社が販売しているため、安心感が違います。

基本、メール・電話でのやり取りになりますが、例えば「棚板一枚オマケしてほしい」「転倒防止工事をサービスしてほしい」など交渉の余地はありますね。

一生のうちに物置の設置やお庭のリフォームをすることは2回・3回と経験するもではありません。

後悔しない、失敗しない物置を設置するために、依頼先は賢く選んでこっそり得をしましょ。

 

物置買うならLIXILオンライン

>>LIXIL公式ショップ「LIXILオンライン」

「LIXIL公式サイト」で、物置がお得!

端数計算が切り捨て処理をされていることもあり、税計算や細かな計算をしていくとネットのほうが安いです。

物置かうならLIXILオンライン物置かうならLIXILオンライン

レビューや商品ラインナップも、扉の部分のサイズや、内寸のサイズ情報も充実し、比較検討には最適なサイトです。

スマホ・PCの画面で、いつでも、どこでも非対面で、その場でパッと無料で確認できます。

上場している最大手のメーカーのLIXIL社が運営しているため安心感が違います。

>>物置を工事付きでネットで買うならLIXILオンラインへ