草むしり・雑草対策

最強の防草シート「ザバーン」等級・用途・選択方法を徹底解説!\プロも大絶賛/雑草対策

今の時期、雑草がボーボーに生えて来ますよね!

ホームセンターさんにも、入口の特設売り場には防草対策コーナーが設置され防草シートにも素材が種類がいっぱい売ってます!

「さぁ・・・不織布タイプや織物タイプ、素材も多種多様にあって
 どれを選んだらよいかわからない・・・。」

そんな、あなたに、「プロも積極採用している鉄板商品」ザバーンを圧倒的にオススメします!

 

最強の防草シート「ザバーン」の結論を先にいうと・・・

  • とりあえず、敷いてみる場合は「ザバーン240G:普通グレード」を推奨
  • 防草対策をしっかりしたい場合は、「ザバーン350G:高耐久グレード」を推奨
  • 生えている雑草が、尖った草の雑草かわからない、調べるのが面倒なら「ザバーン350G:高耐久グレード」を推奨

以前、紹介した動画は、固まる砂でしたが雑草対策について、防草シートについて特集してほしいとリクエストを多数いただきましたので動画を作成致しました。

参考動画:【雑草対策に固まる砂】これはプロの仕事ではない\DIY向け/

DIYでも実施しやすい商品なので、ぜひご自宅・ご実家に防草対策の参考にしてください。

▼紹介商品

ザバーン350G:高耐久グレード/施設・道路用/約850円・平米
https://amzn.to/2TcXOrl

ザバーン240G:普通グレード/お庭・農地用/約640円・平米
https://amzn.to/362A8uW

ザバーン136G:コスパグレード/砂利下専用/約430円・平米
https://amzn.to/3bD4w00

 

防草シートは「ザバーン」が鉄板!一番売れてる

ザバーンとは、デュポン社の製品で日本では、グリーンフィールドさんが専売しています。

ザバーンという防草シートをご存知の方も多いと思います。

(公式WEBサイト)
https://www.gfield.co.jp/product/xavan/

「ザバーン」が鉄板!一番売れてる理由は、その性能にあります。

外構業者さんはお客様のお庭を工事したあとに「せっかくの防草シートなのに、雑草が生えたじゃないか!」と、クレームを言われたくないですよね。

そういったクレームをもらうとほったらかしにはもちろんできないので、解決するために現地に訪問します。

是正の対応や、100%雑草を防ぐことが難しいなどの説明をして今後の対策などをお話するのですが、その時間が無駄です。

追加工事をしたとしても、その工事に追加でお金を払ってもらえる人も少ないだろうし、訪問時間を使ってもお金にならない上に、気分がネガティブになるだけです。

だから、「確実性のある」防草シートを業者を採用します。

防草シートは「ザバーン」のグレードを解説

こちらは、ザバーンのカタログの切り取りです。

こちらでも十分参考になるのですが、良くも悪くもスペックのことしか記載がないので私が思う内容に書き換えてみるとこんな感じです。

ザバーンのグレードは3つです。

ザバーン350G:高耐久グレード/施設・道路用/約850円・平米

最上位グレードの「350G」を嫁にサンプルを見せると、「ほぼ下敷き」と表現されました。

私はメーカーの営業さんや現地の職人さんからいろいろ言葉を聞いているので、その言葉に寄せられてしまってニュートラルな意見にならないので、嫁に聞きました。

ザバーンの350Gは、非常に耐久性の強いものになりまして、メンテナンスに大人数の手が必要なったりします広大な敷地や施設などの防草シートとして最適です。

例えば、高速道路の中央分離帯、道路のあぜ道、広大な敷地などに向けてに開発された耐久性です。

目安の金額は、オプション品として販売されている固定用のピン・端部と止める粘着テープなども含んで算出してます。

ザバーン240G:普通グレード/お庭・農地用/約640円・平米

こちらは、「240G」を普通・標準的なグレードのものです。

嫁曰く、クリアファイル

らしいですが、個人的には薄手のクリアファイルぐらいのイメージです。

一般的なお庭であったり、農地用に最適なグレードです。

ザバーン136G:コスパグレード/砂利下専用/約430円・平米

コストパフォーマンスを優先したタイプ「136G」です。

嫁にサンプルを見せると、「絶対に破れない海苔」と表現されました。

海苔かぁ・・・w

メーカーさんに怒られるかもしれないけども、確かにそこまで分厚くもないです。

こちらは上記に2機種と異なり、単独での使用は不可です。

紫外線での劣化が進むことがあるので上に砂利を5センチぐらい、敷き詰めるようとになりますのでそのままは使えません。

防草シート「ザバーン」のサンプルを取り寄せた!

実際に、メーカーさんからサンプルを取り寄せて色々質感を見てみました。

それぞれの硬さや防草として必要とされる遮光性などを比較してみました。

ザバーンのグレードそれぞれの曲がり具合、硬さをチェック

机の上に貼り付けてみて垂れ下がり具合の固さを見てみてみました。

左から136G、240G、一番右が高級グレード、耐候性の高い350Gですね。

136Gが垂れ下がっているのがわかるかと思うんですけども、少し硬さというのはあまりないものです。

比較して、240Gと350Gに関しては、比較的張っていますが自重での下がりぐらいは、2しゅでそこまで変わりない形なりました。

雑草の主要因は、日光なので、どれだけ遮光するか


・それぞれにiPhoneを下に仕込んで、iPhoneのライトを当てて実証
・比較のためカメラの露出は固定して撮影しています。

350Gの場合は、カメラも2個あるかどうか見えてないぐらい遮光されています。

240Gは、かろうじて2個カメラがあるのがわかると思います。

136Gは、iPhoneの輪郭もわかるほどの遮光具合です。

なかなか・・・わかりにくいかもしれませんが、上位2グレード遮光性が非常に高くほとんど雑草は生えてこないです。

耐久性は非常に高く、私のYouTubeの動画に寄せられたザバーンの実例の耐久性も高く9年前に設置したものでも、ほとんど劣化は進んでいないそうです。

さすが、業界でもっとも採用されている防草シートだけあって、有用性・耐久性はピカイチですね。

各グレードのザバーンは、どこに何を使えば良いのか

では、実際ザバーンはどこに使えば良いのか。

グレード別に、推奨・非推奨の一覧表を作成してみました。

主に、雑草対策が必要とされる以下の表で紹介します。


広い面積は、どの防草シートでも対応は可能なのですが、砂利かぶせが必要なコスパモデルは非推奨です。

砂利を広い面積敷くのは結構重労働で、またもし駐車場などに転用しようとするときに砂利の処分に困ることもあります。

犬走・隙間などにも防草シートは有用ですが、歩く場所はピンポイントで摩耗が進むことが多く、砂利などをカバーのため敷くことをお勧めします。

ウッドデッキの下は、どのグレードでも大丈夫ですが、350Gを敷く場合はオーバースペックとなり少し割高になります。

とはいえ、デッキ下だけ別のグレードを注文するなどする方が不経済なのでまとめてできるのであれば、高いグレードにまとめてもらえればOKです。

斜面には、高耐久の350G一択かと思います。240Gでも問題はないのですが、敷き込みの作業が意外と大変で、やり直しを極力少なくなるようにすべき箇所です。

費用面でも大きく変わらないので、高耐久グレードをお勧めします!

駐車場の下は、摩耗が進みやすく破れ、剥がれにつながるので砕石を敷くことを推奨されています。

墓地も砕石を敷いている場合と、そうでない場合があります。できれば、頻繁に出入りしない場所なので、できればハイグレードの350Gをお勧めします。

生えてる草がわからない、というときはアプリに頼る

それぞれ、メーカーさんのカタログに対応した雑草種について記載があります。

ザバーン350G:高耐久グレードを推奨する雑草

主に、葉っぱが尖った雑草(スギナ・チガヤ・ヨシ・アシ・ササ・ドクダミ)

ザバーン240G:普通グレードを推奨する雑草

主に、葉っぱが丸めな雑草(オオバコ・タンポポヨモギ・ハコベ)

 

・・・・とまあ、正直、草を見ても、種類がよくわからない。

という場合、あると思います。

(私もそうです、雑草種見ても名前がわかりません・・・)

今は携帯のアプリで「ハナノナ」と調べてもらうとカメラで映った植物の種類が人工知能によって判別してもらえます。

花を調べるアプリですが、意外と雑草の種類も当ててくれますw

ですが、生えている雑草が、尖った草の雑草かわからない、調べるのが面倒なら「ザバーン350G:高耐久グレード」を選んでもらったら間違いないです。

防草シートは失敗してもなにか危険があるわけでもないですし、ザバーンは特に耐久性が非常に高いので、失敗した部分だけ一度敷きなおしてしまうなど、再利用も(ある程度は)可能です。

DIYでも実施しやすい商品なので、ぜひご自宅・ご実家に防草対策の参考にしてください。

最強防草シート「ザバーン」結論です

  • とりあえず、敷いてみる場合は「ザバーン240G:普通グレード」を推奨
  • 防草対策をしっかりしたい場合は、「ザバーン350G:高耐久グレード」を推奨
  • 生えている雑草が、尖った草の雑草かわからない、調べるのが面倒なら「ザバーン350G:高耐久グレード」を推奨

▼紹介商品

ザバーン350G:高耐久グレード/施設・道路用/約850円・平米
https://amzn.to/2TcXOrl

ザバーン240G:普通グレード/お庭・農地用/約640円・平米
https://amzn.to/362A8uW

ザバーン136G:コスパグレード/砂利下専用/約430円・平米
https://amzn.to/3bD4w00

一番大変なのは、敷く作業ではなくて「整地作業」

防草シートの一番大変なのは、敷く作業じゃなくて「整地作業です。

防草シートを敷く前に、地面の雑草を抜いておき

さらに、シートを敷いたときに凸凹にならないように地面を慣らしておいて

さらに、必要に応じて転圧と呼ばれる地面を踏み固めておく作業が必要にあります。

そういった専門の知識が無い場合や、シートをしっかりと敷くことに自信がない場合は、業者さんにその整地作業もお任せしてみる物一つのポイントです。

タダで効率的に、見積もり金額を下げるテクニック

外構・エクステリア商品は人生でも購入することも、普段意識することもないので、急に言われても相場価格・費用感がわからないですよね。

そんなあなたに最強のテクニックをご紹介します。(乱用厳禁です。

実は、テクニックは簡単です。


≫ほしい商品/したい工事が決まっている場合

「「○○(商品名)は何%OFFで購入できますか?」」
「「○○(工事名)の過去実績はありますか?」」


≫ほしい商品/したい工事が決まってない場合

「「○○(カーポートなど)で一番安くできる商品は、いくらぐらいで、何%OFFですか?」」
「「○○(工事個所・手法など)の普段対応されていますか?」」


と、業者さんに問い合わせてください。

この質問が≪最も効率的に、最安値に近づける最適解≫と思っています。

いやらしい話、メーカーさんから出荷された商品はどこで買っても品質は同じです。

ですが、不思議と業者さんによって、同じ商品でも50%OFFの業者さん55%OFFの業者さんが存在します。

そして、工事内容については、外構と一口に言っても、土間工事が得意・ブロック積みが得意・タイルが得意などなど、外構業者さんの中でも得意・不得意が分かれています。

ワリと、複雑な業界構造・商慣習があり、このような状態になっています。

意外と複雑なんです。外構って。。。

そんないくつも業者さんを探して、つどつど問い合わせるのも面倒だという方は、無料で優良業者さんを簡単に検索できるサービスがありますので、ぜひご利用ください。

 

登録されている業者さんは約300社以上と、正直私から見て非常に多いと思います。

>>タウンライフリフォーム公式サイトを見る

一生のうちに外構やエクステリアをリフォームをすることは2回・3回と経験するもではないですよね。

だからこそ後悔しないように、価格を安くするだけではなく、失敗しないリフォームをするためにも、リフォーム会社選びは慎重になりつつ、1社ではなく複数業者に依頼を私は強くオススメしています。

複数業者さんに相談すると、何度も打ち合わせするのは確かに面倒です。

ですが、そのたびに見聞きすること、プロと会話をすることで知らず知らずに経験値が手に入り、多角的に検討ができるようになり、実は、リフォームの失敗する可能性がドンドン低くなります。

庭ファン
庭ファン
情報をしっかり調べているあなたなら大丈夫です!安心してください!

先ほど紹介したタウンライフリフォームさんは業者さんの登録審査が厳しく、悪徳業者は完全に排除されます。

その反面、登録業者数が少ない地域がありますが…精鋭部隊なので安心してください。

リストを見ていただけるとわかると思いますが、大手ハウスメーカーから地元の工務店まで網羅し、ガーデンリフォームを検討している方も安心してご利用いただけます。

それに、どこの業者さんに依頼するかは自分で決めることができます。

>>実際に表示のサンプルで見てみる(神奈川県横浜市緑区の例)

お悩みワンコ
お悩みワンコ
えーーー。いちいち、めんどくさいなぁ。近くの業者に頼んだらいいじゃん

庭ファン
庭ファン
自分で、店舗に訪問して相談したり、ネットで自力で探し出して、毎回住所を入力するよりはるかにラクチンですよ!

入力は必要最小限の項目だけでたった3分で終わります。

エンジンをかけて、車に乗って、外構業者さんの店舗に出かける必要もありません。

業者さん探しの手間が省けます!

それに、本来一番重要である商品の検討&プランの検討に時間を使えるようになるので、本質的に、正しく検討ができるようになりますよ。

そうすることで成功に近づき、リフォームで失敗する可能性が低くなります。

よく聞く話ですが、業者さん探しに億劫になってしまって、商品選びに疲れてしまって・・・結局、何をしたかったか見失ったりしませんか?

お悩みワンコ
お悩みワンコ
でも、いきなり電話がかかってくるのが嫌。どこのだれかわからないのは不安なの

庭ファン
庭ファン
確かに、急に電話がかかってくると不安ですよね!

要望・内容のところに、「電話ではなく、メールで相談希望」と入力すれば、最初のアクションはメールで連絡があります。(↑の文言はコピペしてもらってOKです)

事前に要望を出すことで、その不安は解消できますね。

そして、何と言っても相見積もりを取ることの最大のメリットは前述の通り「価格が安くなることが多い」ことです。

業者さんによって、エクステリア商品・工事費用に大きな差があります。

実際の訪問までの相見積もりは2社ほどでも問題ないのですが、価格や割引率の事前確認は、できるだけ多くの業者さんに相談してみるのをお勧めします。

お悩みワンコ
お悩みワンコ
50%OFFでお得!と思っていても、実は別の業者さんでは55%OFFで販売されていた!

お悩みワンコ
お悩みワンコ
え?!チラシを見ると買った商品よりも5%も安い・・・知らない間に5%も損していた・・・

庭ファン
庭ファン
やっぱりそうですよね…、相見積もりを取ることではじめてわかることもあります!

特にカーポートやフェンスなどは価格が大きくなることが多く、5%の差でも金額にすると2万円~3万円変わってきます。

1時間~2時間の打ち合わせで、この先10年~20年使うお庭が変わるので、ここを手を抜いてしまうともったいない!

割と、ちょっと行動するだけでウン万円が安くなることがあります。

実際、Twitterや掲示板で相談いただく方のほとんどは、見積もり精査をすることでお得に工事できてるんですよね。

少しの手間、打ち合わせの時間を取るだけで、数万円安くなります。

残業代で稼ぐよりかは圧倒的に効率が良い訳で…。ぜひこの機会にお試しあれ〜。

※参考に4メートル幅の目隠しフェンスを設置するお見積りで、私も間に入って交渉をして、16.2万円の見積もりを11.0万円まで、5万円強も下げることもできた事例もあります。

業者さんによってオススメする内容・プランが異なるかもしれませんが、外構工事やリフォーム工事には正解はありません。

私は、見積もりを値下げするためにも、損しないためにも「業者さん探し」に力をいれてみるのをオススメしています。

庭ファン
庭ファン
じゃぁ、自分とマッチしてそうな必要な2社だけに最初は依頼してみよう!

という風なカスタマイズができるので非常に良心的な会社だと思います。

これからも長い生活を送る住まい・環境をより快適なものにするために、優良業者さんと出会うことは不可欠です。

>>タウンライフリフォーム公式サイトを見る

しかも、いまならタウンライフリフォームさんで工事を依頼すると1000円分のクオカードがもれなくもらえるキャンペーン中です。

無料で使えるサービスを利用して、お得に工事して、さらにクオカードがもらえるのはお得すぎますね!

≪無料≫失敗しないため「庭ファン」がフォローします

最後に、期間限定&庭ファン限定のお得情報の告知をさせていただきます!

※このサイト経由で、タウンライフリフォームさんに申し込んでいただいた方限定です。

私は、メーカー・工事業者の原価を知っている立場にいます。

そんな私が、あなたの外構・エクステリアリフォームのお手伝いをします!

Twitterやメールでお問合せいただいた方のプランを一緒に考えたり、商品選定のアドバイスや相場価格チェック、価格交渉のポイントなど、過去たくさんの値引き交渉をお手伝いしています。

そこで、このサイト経由で、タウンライフリフォームさんに2社以上見積もり依頼を申し込んでいただいた方に限り、≪無料で外構プランや価格交渉・相場チェック≫のフォローアップをします!

特にお金を頂いたりもしません。匿名でも、まったく問題ありません。

ぜひ、浮いた予算で家の中の家電製品をグレードを上げたり、また予算を変えずにプランや商品のグレードをアップさせることもできますよ!

ただ、あまりにもたくさん依頼があると私も手が回らなくなるので・・・毎月先着30名様限定にさせていただいています。

※毎日たくさん申し込みがあるので、検討中の方は急いでいただきたいです。

また依頼数が大変多く、翌月以降も実施できるか確約ができませんので(スミマセン…。)、検討をされている方はお早めに!

≫無料でフォローサービスを受けつつ、優良業者さんを探す!

※無料のフォローアップはこのサイト経由で、タウンライフリフォームさんに申し込んでいただいた方限定です。

最後までご覧いただきまして有難うございました!

 

外構・エクステリアを検討される方必見!

お引越し後や家を建てていている途中に検討することの多い外構工事・エクステリアについて一番の悩みは、

  1. 納得の行くプランと最適な設置方法の提案
  2. 高い工事品質と施工後の安全性
  3. 予算内に費用を抑える、工夫と商品選び

ではないでしょうか?

外構やエクステリアの予算配分で悩んでいる方へ「相見積もり」を活用することで大きく見積金額ダウンも期待できます。プラン比較も相見積もりは非常に有利ですよ。

https://link-a.net/gate.php?guid=on&mcode=x3wjetxg&acode=adpbtcgrbefa&itemid=0

さらに、タウンライフリフォームに相談すれば1社だけでなく、なんと相見積もり先の優良企業さんまで紹介してもらえます。(しかも外構業者さんには内緒で)

もう一つ特筆したいポイントとして、タウンライフリフォームは事前に紹介してもらう業者さんを指定できます。

今から業者探しをしている方は、一石二鳥の無料サービスですので利用しない手はないですね。

>>タウンライフリフォーム解説記事へ

>>タウンライフリフォーム公式サイトへ