新築外構

そう!それ!しっくりくる外構のアプローチはこれだった!【理論×要素】

そう!それ!しっくりくる外構のアプローチはこれだった!【理論×要素】

外構のアプローチに必要な「要素」と「理論」

はじめまして、庭ファン(@niwafan1128)と申します。

元・外構エクステリア商社の営業マン。日本全国のありとあらゆる外構・エクステリア商品を集め、プロの業者向けに販売している年商100億を超える会社の商社マンでした。

その後、2020年2月よりYouTubeでも情報配信しており、143万回以上再生されている動画もあり、トータルの再生数は1,000万回を超え、チャンネル登録者数は4.8万人超になりました。

このページでは、お得にお庭づくりをするための外構・エクステリア商品情報やコストカットの秘訣などを、無料で配信しています

また、外構プランや商品選定のノウハウを惜しみなく詰め込んだ書籍も出版しました。

≫著書をamazonで読んでみる

外構・エクステリアは、建物の次に高額な買い物です。

絶対に、失敗・後悔してほしくないという私の思いが伝わることを願いながら、お庭づくりで悩んでいるあなたのお役に立てると嬉しいです。

より私の詳しい経歴・自己紹介については≫わたしのプロフィールをご参照ください。

このページで紹介しているのは私が思うアプローチの理想形と、それを元にタブーのプランを紹介します。

アプローチの施工例・デザイン・パターンなどを調べたいなら他のサイト・ページを見て下さい。(残念ながらこのページでは紹介してません。。。)

「うーん?このアプローチしっくりこないなぁ」

思う感覚、あると思います。

たかがアプローチ、されどアプローチ。外構工事のアプローチにはは正解がありません。

エクステリア商品のように組み立てれば終わりでもない、レンガやブロック・タイルなど様々組み合わせてデザインを作って、そこから業者さんの施工力が試される・プラン力が試されるポイントです。

どういうのが正解か。理想の外構アプローチを紹介

どういうのが正解か。理想の外構アプローチを紹介

外構業者さんのスキルをプランを出されたときに、私ならアプローチのデザインを一番最初にみます。

一番目立つ部分ですしね。

ここを見る理由は、ちゃんとした設計士・プランナーが入っているかどうかが一番わかるポイントです。

毎日使う通路なので、使い勝手は最重要ポイントです。

このページでは失敗しない・正しいアプローチと呼ばれる法則を要素と理論で、私が今まで立ち会ってきた現場をテキストにまとめました。

「まず、お前誰だ!」という方へ自己紹介

申し遅れました。

私はエクステリア専門商社で働く営業マンです。

外構工事に使われれるブロックやタイルや門扉などを現場に納品・販売をしています。

普段は、外構工事のプランと敷地図面をもらって必要なタイル枚数を計算したり、発注いただいたブロックを現場に持っていく仕事もしています。

なので、アプローチに使うタイルや素材の見積もりから、納品まで見てます。

さらにいうと、工事工程の終わりのほうではよく使うエクステリア商品(フェンスやウッドデッキなど)を納入するときにアプローチが出来上がっていることが多く、図面から出来上がりもよく見てます

正直「アチャー・・・、」と思う現場もたまにありますが声に出さず、、、

ふむふむと自分のノウハウとして蓄積させてたのですが、今回ブログという形で放出することができますので筆を持った次第でございます。

さてさて、前置きが長くなりました、本題のアプローチのお話ですね。

まず、外構アプローチに必要とされる要素

まず、外構アプローチに必要とされる要素

外構のアプローチに必要とされる要素として、3つと考えています。

外構アプローチのポイント要素:1.安全性

外構で唯一メイン通路として使われる部分で、家の中の廊下・階段や道路と同じように安全性を問います。

理由としては、遊びに来たご両親・祖父母、小さなお子様も老若男女誰もしもが使う場所です。

階段の場合は、一段あたりの高さはもちろん、アプローチの幅と勾配はそういった視点からも設計が必要です。

外構アプローチのポイント要素:2.デザイン性

次に重要視しているのは、デザイン性です。

毎日使うものだから、気に入ったデザインではないと家全体の満足度が変わります。

家からも外からも美しいアプローチがあるとお出かけも楽しくなること間違いなし!かなりここは感情面がおおきいですが、不恰好なものを毎日みるとそれだけで凹みますよ?

外構アプローチのポイント要素:3.耐久性

次は、アプローチに使う素材には耐久性が必要です。1とかぶりますが、毎日複数人が使うところはココしかないです。

普段生活の中で、表のお庭に出ない日ぐらいためにあるでしょう?勝手口から出ない日もあるでしょうね。でもアプローチを使わない日はないと思います。

今はまだ、マンションに住んでいる人も、マンションの廊下を使わない日はないと思います。それぐらいアプローチは生活に密着している外構なのです。

具体的には、ストーン系のアプローチにする場合、砂岩NGです。

毎日使うことで散らばったり、枯れたりしてしまいますので砂利NG、芝生NGです。

上記の3つ理論を元に、外構アプローチの「タブー」

凍る!すべる!めっちゃ危険!枕木は使わない

「枕木は立てても、敷かない。」

まず、耐久性がほかの石材に比べて圧倒的に低い。さらに、水分を含んで凍るとすべる、危険。

一時、流行りった時期あったので使われる・採用されることがあったのですが、今はほとんどありませんね。

メーカーの施工例、コンテストをみても採用されている現場はゼロ。

安全性・耐久性をみると提案する業者はNG。

擬木・擬石と呼ばれる木目っぽく見せたのタイルなどで代替提案するのが業界のセオリーです。

とっても滑るよ、ツルツルタイル。使わない、危ない。

外構アプローチにタイルを使っても良いのですが、光沢のあるような大判タイルは絶対ダメ。

雨の日に、駅のホームとか、コンビニとかですべった経験ありません?

それが家にあったら大変です。こどもを抱っこしていて足元がみえないときなどは大変です。

あれはマジデ無理です。危険です。

使うのであれば、ちょっと素地のようにざらざらしたタイルを採用するのがプロです。

直線はNG!玄関は隠す、道路に面させない

一直線はNG!玄関は隠す、道路に面させない。

敷地上致し方ない場合でも、玄関を道路から直視できる位置にはおきません。

どうしても道路に面する場合は、枕木やスリットスクリーンなどを立てて目隠しを作ります。

アプローチ工事内で目隠し提案がなければちょっとセンスがない業者さんですね。

理由は、目隠し・風通しがメインです。たまに風水?とか聞くのですが、玄関は目隠しするのが普通です。

お子さんのいる家庭では、直線的にしないことで、子供の飛び出し抑止にもなります。

お子さんが居るのに一直線のデザインを出す業者は、私ならお断りしちゃいますね。

\まずは、無料優良外構業社を探す
≫資料請求・プロに相談する(無料)
※見積は何度でも無料です。

コンテスト受賞作の外構アプローチを見てください

ここで2018年のLIXILさんのファサード部門・門周りのコンテスト受賞作品を見てみてください。

どれも、アプローチ部分の素材や目隠しなどはしっかり理論通りされてます。(もちろん予算を掛けて、敷地がある事が前提ですが・・・)

LIXIL施工例コンテスト 2018年 ファサード部門 銅賞 アプローチLIXIL施工例コンテスト 2018年 ファサード部門 銅賞 アプローチ
LIXIL施工例コンテスト 2018年 ファサード部門  銀賞 アプローチLIXIL施工例コンテスト 2018年 ファサード部門 銀賞 アプローチ
LIXIL施工例コンテスト2018年 ファサード部門  入選賞 アプローチLIXIL施工例コンテスト2018年 ファサード部門 入選賞 アプローチ

上記の3つポイントが体現されてますね。

外構のアプローチは高級なタイルを使用しない限りは、面積当たりの施工費・材料費はあまり変わりません。正直、プランナーさんのプランセンスによるところが大きいです。

アプローチのプランが微妙、ちょっとしっくりこない

いまあるプランが微妙、なんかちょっとしっくりこないなら業者を変えてみるのもポイント
正解がないので、センスや感覚でプランが作成されます。

自分の感覚とマッチしない場合は、思い切って業者さんの切り替えをしてみるのもアプローチ工事をうまく乗り切るポイントです。

もし、業者さんを探されている、変更した方が良いかな?と思ったらぜっったいに比較プランを取った方が良いです。同じ価格帯でもデザインが使うと満足度が大きく違います。

毎日通るたびに思い出して、

「あぁ、こんな感じでと良かったのかな?」

と後悔しますよ!まだ作っていない今の段階だから検討ができるので慎重に!

\まずは、無料優良外構業社を探す
≫資料請求・プロに相談する(無料)
※見積は何度でも無料です。

タダで効率的に、見積もり金額を下げるテクニック

外構・エクステリア商品は人生でも購入することも、普段意識することもないので、急に言われても相場価格・費用感がわからないですよね。

そんなあなたに最強のテクニックをご紹介します。(乱用厳禁です。

実は、テクニックは簡単です。


≫ほしい商品/したい工事が決まっている場合

「「○○(商品名)は何%OFFで購入できますか?」」
「「○○(工事名)の過去実績はありますか?」」


≫ほしい商品/したい工事が決まってない場合

「「○○(カーポートなど)で一番安くできる商品は、いくらぐらいで、何%OFFですか?」」
「「○○(工事個所・手法など)の普段対応されていますか?」」


と、業者さんに問い合わせてください。

この質問が≪最も効率的に、最安値に近づける最適解≫と思っています。

いやらしい話、メーカーさんから出荷された商品はどこで買っても品質は同じです。

ですが、不思議と業者さんによって、同じ商品でも50%OFFの業者さん55%OFFの業者さんが存在します。

そして、工事内容については、外構と一口に言っても、土間工事が得意・ブロック積みが得意・タイルが得意などなど、外構業者さんの中でも得意・不得意が分かれています。

ワリと、複雑な業界構造・商慣習があり、このような状態になっています。

意外と複雑なんです。外構って。。。

そんないくつも業者さんを探して、つどつど問い合わせるのも面倒だという方は、無料で優良業者さんを簡単に検索できるサービスがありますので、ぜひご利用ください。

≫リショップナビ公式サイトを見る

一生のうちに外構やエクステリアをリフォームをすることは2回・3回と経験するもではないですよね。

だからこそ後悔しないように、価格を安くするだけではなく、失敗しないリフォームをするためにも、リフォーム会社選びは慎重になりつつ、1社ではなく複数業者に依頼を私は強くオススメしています。

複数業者さんに相談すると、何度も打ち合わせするのは確かに面倒です。

ですが、そのたびに見聞きすること、プロと会話をすることで知らず知らずに経験値が手に入り、多角的に検討ができるようになり、実は、リフォームの失敗する可能性がドンドン低くなります。

庭ファン
庭ファン
情報をしっかり調べているあなたなら大丈夫です!安心してください!

先ほど紹介したリショップナビさんは業者さんの登録審査が厳しく、悪徳業者は完全に排除されます。

定期的に見直しが図られているので、登録業者数が少ない地域がありますが…精鋭部隊なので安心してください。

サイトを見ていただけるとわかると思いますが、大手ハウスメーカーから地元の工務店まで網羅し、ガーデンリフォームを検討している方も安心してご利用いただけます。

それに、専門コンシェルジュがついて、優良業者さんを紹介してもらえます

お悩みワンコ
お悩みワンコ
えーーー。いちいち、めんどくさいなぁ。近くの業者に頼んだらいいじゃん

庭ファン
庭ファン
自分で、店舗に訪問して相談したり、ネットで自力で探し出して、毎回住所を入力するよりはるかにラクチンですよ!

入力は必要最小限の項目だけでたった1分で終わります。

エンジンをかけて、車に乗って、外構業者さんの店舗に出かける必要もありません。

業者さん探しの手間が省けます!

それに、本来一番重要である商品の検討&プランの検討に時間を使えるようになるので、本質的に、正しく検討ができるようになりますよ。

そうすることで成功に近づき、リフォームで失敗する可能性が低くなります。

よく聞く話ですが、業者さん探しに億劫になってしまって、商品選びに疲れてしまって・・・結局、何をしたかったか見失ったりしませんか?

お悩みワンコ
お悩みワンコ
でも、まだリフォームするかどうかも決めてないのに、相談していいの?

庭ファン
庭ファン
大丈夫です。安心してください、実際見積もりがないと判断ができないですし、見積り依頼したら注文しないといけないわけではないですよ。

不安があるなら、コンシェルジュに、「注文できるかどうか、まだわからなくて・・・」と言ってもらえれば大丈夫です。懇切丁寧に相談に乗ってもらえます。

また事前に要望を出すことで、その工事を得意な業者さんを紹介してもらえます。

そして、何と言っても相見積もりを取ることの最大のメリットは前述の通り「価格が安くなることが多い」ことです。

業者さんによって、エクステリア商品・工事費用に大きな差があります。

実際の訪問までの相見積もりは2社ほどでも問題ないのですが、価格や割引率の事前確認は、できるだけ多くの業者さんに相談してみるのをお勧めします。

お悩みワンコ
お悩みワンコ
50%OFFでお得!と思っていても、実は別の業者さんでは55%OFFで販売されていた!

お悩みワンコ
お悩みワンコ
え?!チラシを見ると買った商品よりも5%も安い・・・知らない間に5%も損していた・・・

庭ファン
庭ファン
やっぱりそうですよね…、相見積もりを取ることではじめてわかることもあります!

特にカーポートやフェンスなどは価格が大きくなることが多く、5%の差でも金額にすると2万円~3万円変わってきます。

1時間~2時間の打ち合わせで、この先10年~20年使うお庭が変わるので、ここを手を抜いてしまうともったいない!

割と、ちょっと行動するだけでウン万円が安くなることがあります。

実際、Twitterや掲示板で相談いただく方のほとんどは、見積もり精査をすることでお得に工事できてるんですよね。

少しの手間、打ち合わせの時間を取るだけで、数万円安くなります。

残業代で稼ぐよりかは圧倒的に効率が良い訳で…。ぜひこの機会にお試しあれ〜。

※参考に4メートル幅の目隠しフェンスを設置するお見積りで、私も間に入って交渉をして、16.2万円の見積もりを11.0万円まで、5万円強も下げることもできた事例もあります。

業者さんによってオススメする内容・プランが異なるかもしれませんが、外構工事やリフォーム工事には正解はありません。

私は、見積もりを値下げするためにも、損しないためにも「業者さん探し」に力をいれてみるのをオススメしています。

庭ファン
庭ファン
じゃぁ、自分とマッチしてそうな必要な2社だけに最初は依頼してみよう!

という風な形でコンシェルジュに相談ができるので非常に良心的な会社だと思います。

これからも長い生活を送る住まい・環境をより快適なものにするために、優良業者さんと出会うことは不可欠です。

≫リショップナビ公式サイトを見る

しかも、いまなら≫リショップナビさんに最大で30,000円分のamazonギフト券がもれなくもらえるキャンペーン中です。

無料で使えるサービスを利用して、お得に工事して、さらにamazonギフト券がもらえるのはお得すぎますね!

≪無料≫失敗しないため「庭ファン」がフォローします

最後に、期間限定&庭ファン限定のお得情報の告知をさせていただきます!

※このサイト経由で、リショップナビさんに申し込んでいただいた方限定です。

私は、メーカー・工事業者の原価を知っている立場にいます。

そんな私が、あなたの外構・エクステリアリフォームのお手伝いをします!

Twitterやメールでお問合せいただいた方のプランを一緒に考えたり、商品選定のアドバイスや相場価格チェック、価格交渉のポイントなど、過去たくさんの値引き交渉をお手伝いしています。

そこで!

このサイト経由で、≫リショップナビさんに見積もり依頼を申し込んでいただいた方に限り、≪無料で外構プランや価格交渉・相場チェック≫のフォローアップをします!

特にお金を頂いたりもしません。匿名でも、まったく問題ありません。

ぜひ、浮いた予算で家の中の家電製品をグレードを上げたり、また予算を変えずにプランや商品のグレードをアップさせることもできますよ!

ただ、あまりにもたくさん依頼があると私も手が回らなくなるので・・・毎月先着30名様限定にさせていただいています。

※毎日たくさん申し込みがあるので、検討中の方は急いでいただきたいです。

また依頼数が大変多く、翌月以降も実施できるか確約ができませんので(スミマセン…。)、検討をされている方はお早めに!

≫無料でフォローサービスを受けつつ、優良業者さんを探す!

※無料のフォローアップはこのサイト経由で、リショップナビさんに申し込んでいただいた方限定です。

最後までご覧いただきまして有難うございました!

外構・エクステリアを検討される方必見ですよ!

お引越し後や家を建てていている途中に検討することの多い外構工事・エクステリア

あなたの一番の悩みは、

  1. 納得の行くプランと最適な設置方法の提案
  2. 高い工事品質と施工後の安全性
  3. 予算内に費用を抑える、工夫と商品選び

 

では、ないでしょうか?

外構やエクステリアの予算配分で悩んでいる方へ「相見積もり」を活用することで大きく見積金額ダウンも期待できます。プラン比較も相見積もりは非常に有利ですよ。

さらに、リショップナビに相談すれば1社だけでなく、なんと相見積もり先の優良企業さんまで紹介してもらえます。(しかも外構業者さんには内緒で)

もう一つ特筆したいポイントとして、≫リショップナビさんは専門のコンシェルジュがついて、要望に合わせた最適な優良業者さんを紹介してもらえます。

今から業者探しをしている方は、一石二鳥の無料サービスですので利用しない手はないですね。

≫リショップナビ公式ページを見る

≫外構を安くするためのテクニック7選を見る