外構工事

諦めよう!外構工事の費用50万では無理、最低限からの計画的リフォームを

諦めよう!外構工事の費用50万では無理、最低限からの計画的リフォームを

外構工事の予算はわかりにくいし、そもともローンに予算取ってなかった!

外構工事高いですよね…
フェンスを標準装備から好きなのに
変えたかったのですが
見積もりが高くて諦めました。
家の外観をカントリー調にしたので
フェンスも合わせたかったのですが予算オーバーでした💦💦💦

最後の詰めの時に言うのか…!
というか、奥さんの顔見てるのか…
値段交渉みたいな駆け引き苦手だから出来るかな…😭
予算的にローコストメーカーにお願いする事になるから元々グレードも高く無いし、どこまで引いてもらえるかなぁ💦
外構を建てた後にやる!もいけるのか…。

ツイッターの界隈でも外構の予算について嘆いている人が検索してみると、たくさんいました。低予算でも満足できる外構にするためにはどうしたら良いか

費用50万円でも理想に近づけるための方法論、大公開です!

予算が50万円以下の場合は、新築の外構工事は絶望的

予算が50万円以下の場合は、新築の外構工事は絶望的予算が50万円以下の場合は、新築の外構工事は絶望的

正直に申し上げて・・・大変いいにくいのですが・・・

予算が50万円以下の場合は、新築の外構工事は絶望的です。

部分に絞った外構リフォームであれば大丈夫です。

新規で外構工事をする場合、50万円ではかな~り厳しいです。

「え、恥ずかしい、お金がない人みたいに見える・・・」

ですが、全くそんなことありません。大丈夫です、安心してください。

外構工事の予算感なんて一般の人は知りません、、、そもそも外構や家を複数回購入する経験がないので普通の人知りません。

だいたい皆さんそんなもんです。

いまから銀行ローンを追加して、50万円の費用にプラス・・・

外構ですが、いまさら追加で銀行のローンを組んだりするのも難しいと思います。

銀行さんに打合せ行く時間の猶予があれば良いと思いますが、新築の着工中の場合は納期的にも難しいですね。

ですので、予算内で最大限の内容をプランしていくのが先決です。

家の中の冷蔵庫やカーテンは無かったら生活は困りますが、外構は無くても最悪生活は出来ますので!

安心してください。家は逃げません。

外構のことを知っておけば有利に交渉ができる

安心してください。家は逃げません。

ずっと住む家なので、ここは一旦落ち着いて、愛着をもって外構に手をつけていきましょう。

家財道具や新築と違って、全部いっぺんに完成させなくてもちょっとずつの工事でも外構はOK。

最初の内はちょっとだけ不便に思うこともあるかもしれませんが、実際住んでみて必要な部分や機能などを検討していくと失敗の少ない外構になりますのでむしろラッキーかもです。

失敗の少ない外構計画になるので、むしろラッキー

このページをご覧いただく前はきっと「50万円の費用で外構工事をしよう!」と、考えていたと思います。

そもそも予算をもっと取りましょう、という議論は今は建設的な話ではないので、どうすれば理想のお庭に近づけられるかを私の意見と知識を持って提案します。

このページで、お話しするのは新築外構工事の内容です。

今あるお庭をリフォームをするという場合は、昔に掲載した記事が参考になると思うので、こちらをご覧ください。

予算は50万円。賢くお庭のリフォームするポイントは?【劇的変化×大満足】
予算は50万円。賢くお庭のリフォームするポイントは?【劇的変化×大満足】50万円の予算で施工できる庭のリフォームは多く、1か所に予算を集中させて工事するのか、小規模の工事を複数個所行うなどリフォームを組み合わ...

予算50万円の費用で満足できるお庭に近づけるポイント

最初は、予算50万円からでも満足できるお庭に近づけるポイントがあります。

それは絶対的に必要なもの、生活に密着した必要なものから着手するのがセオリーです。

これから、私が思う1位~5位までをご紹介します。

優先順位第1位:表札、ポスト、インターフォン 

優先順位第1位:表札、ポスト、インターフォン 

絶対に「表札とポストとインターフォン」の3点セットは最優先機能です。

理由は、これが無ければ配達の荷物を受け取れない。はがきなどの書面も受け取れないからです。

具体例としては、コンパクトにひとまとめになった機能門柱・ファンクションユニットと呼ばれる商品も販売されているのでこちらの利用を推奨しますします。

ミニマムで工事費用も材料費もスペースも取らない優れものです。

想定費用としてはホントシンプルなもので設置費用と商品代で10万円前後で設置可能です。

優先順位第2位:道路から玄関までのアプローチ

優先順位第2位:道路から玄関までのアプローチ

これも、家、玄関に泥を上げないためにも必須の通路です。

具体例としては、土間コンクリートで通路を作るだけでも見栄えが良く、シンプルに仕上げていくものありです。

あとから色付けしたり(エクランなど)、樹脂舗装などでドレスアップも可能です。

土間コンクリートで舗装することが多いのですが幅は人が歩く幅は70cm、親子二人で歩く幅は1.2m。

車いすなどを考慮しても1mもあれば十分です。3~4mの長さを幅1mで施工した場合、7万円~10万円の小規模工事になる見込みです。

優先順位第3位:洗濯物干し屋根

優先順位第3位:洗濯物干し屋根

ここは、意見が分かれるかもしれませんし、家の中にランドリースペースがあれば別かもしれません。

理由は、雨の日などの洗濯物干し場に困り、せっかくの新居が狭い!ということにもなり、せっかくの新居が楽しめないことにあります。

部屋干しを極力避けるための設備としては私は重要度は高いと考えます。

具体例としては、1.8m×1mぐらいの小さいサイズの屋根は工事込みで7万円~8万円で販売されてます。出来れば大きめの3m×1.5mぐらいのサイズが吹込みが少なく、10万円~12万円前後とお勧めです。

優先順第4位:境界フェンス。

優先順第4位:境界フェンス。

境界にすでにブロックがある場合は、安いメッシュフェンスなどは1m当たり7000円~8000円で設置ができます。

ブロックから積む必要がある場合は、1m当たり2万円~3万円と跳ね上がるので優先度を再考いただく必要があります。

目隠しフェンスや木調フェンスなど機能フェンスを希望する場合、1m当たり1.5万円~3万円ぐらいが相場です。

敷地サイズ、メーター数により金額が大きくなるので無理につけず、予算が出来たタイミングまで後ろ倒しするのも一手です。(それまでカーテンなどを締めて辛抱ですね!)

優先順位5位:物置/カーポート

優先順位5位:物置/カーポート

余裕が出てきたたら、駐車スペースや収納スペースまで手を伸ばしてみると良いですね。

土間コンクリートはかなり費用が掛かります。1平米あたり1万円を覚悟しておいてくださいね。

外構の土間コンクリートにかかる費用を徹底調査、値下げポイントが分かる【相場】
みんな大好き土間コンクリートにかかる費用を徹底調査、値下げポイントが分かる【外構×相場】「コンクリート 費用」と検索している人は 「コンクリート 費用」と検索している人は 「駐車場の土間コンクリートで出さ...

優先的には後からでも問題はないかと思うので、まずは生活してみて不便に感じる順でOKです。

理想のお庭の完成を夢見ながら、時間をかけて計画的に外構を完成させると失敗が少ないですね。

逆にチャンス!業者さんを施工力・提案力をお試し

省費用で外構工事を行うのは、デメリットではなくて逆にチャンスです!

業者さんを施工力・提案力をお試しできる唯一の方法です。

実際、新築外構一式となると200万円~300万円も超えるのも当たり前です。

ですが、技術のある会社さんなのかどうなのかはやってみないとわからないですし、後から期待と違うとなってもキャンセルはききません。

そういった側面からも外構を1社に全額発注するよりか少しづつ外構を完成させていく方式の方がリスクは圧倒的に低いです。(なんだか積み立て投資みたいな話ですが・・・)

依頼した業者さんが良ければ、次回も絶対リピート!

まずは、50万円の費用で依頼した業者の対応・施工が良ければ、次回もリピートで相談すれば良いですね。

残念ながら期待どおりで無ければ、また予算50万円で新しい外構業者さんを探してみましょう。

>>費用50万円でも満足できる外構業者を探す【外構の利用者満足No.1

200万円×1回と50万円×4回の外構ではトータルでは損しない。

200万円×1回と50万円×4回の外構ではトータルでは損しない。

200万円×1回と50万円×4回の外構ではトータルでは損しないですね。

まとめたほうが安いというのは、実はあまりないんです

それぞれで毎回毎回値交渉をしっかりして、ある程度信頼関係が出来た状態の会社さんであれば良くしてくれたり、サービス工事も期待して良いと思います。(ここは厚かましく行きましょう!)

注意:中途半場にやるぐらいなら手をつけない

注意してほしいのが、中途半場にやるぐらいなら手をつけない。

中途半端工事をしてしまうと、次回工事するときに一部撤去したり、修正を加えたりする必要があるので追加工事費用がかかる場合があります。

業者さんには全体的にはこうしたいけども、

「今回の工事では、ここまでを、この予算でやりたい。」

と伝えておいてください。そうすると専門家の目線から全体最適の工事方法を提案してもらえますので、プロにお任せしましょう!

外構費用の予算50万円でも、安心してください。

外構費用の予算50万円でも、安心してください。

いろいろと分割部分や優先順位について私が思うことと、知識について大公開させていただきました。

どうですか?

外構費用の予算50万円でも、安心してください。

なんだか行けそうな気がしてきましたよね!

次は業者さんを決めて、部分見積もりをしてみるとより50万円でできる外構工事と予算が具体的になると思いますよ。

>>費用50万円でも満足できる外構業者を探す【外構の利用者満足No.1

外構・エクステリアを検討される方必見!

お引越し後や家を建てていている途中に検討することの多い外構工事・エクステリアについて一番の悩みは、

  1. 納得の行くプランと最適な設置方法の提案
  2. 高い工事品質と施工後の安全性
  3. 予算内に費用を抑える、工夫と商品選び

ではないでしょうか?

外構やエクステリアの予算配分で悩んでいる方へ「相見積もり」を活用することで大きく見積金額ダウンも期待できます。プラン比較も相見積もりは非常に有利ですよ。

https://link-a.net/gate.php?guid=on&mcode=x3wjetxg&acode=adpbtcgrbefa&itemid=0

さらに、タウンライフリフォームに相談すれば1社だけでなく、なんと相見積もり先の優良企業さんまで紹介してもらえます。(しかも外構業者さんには内緒で)

もう一つ特筆したいポイントとして、タウンライフリフォームは事前に紹介してもらう業者さんを指定できます。

今から業者探しをしている方は、一石二鳥の無料サービスですので利用しない手はないですね。

>>タウンライフリフォーム解説記事へ

>>タウンライフリフォーム公式サイトへ