新築外構 ※記事内に広告が含まれる場合があります

外構工事の費用相場はいくら?50万円で理想のお庭まわりに近づける方法を解説

諦めよう!外構工事の費用50万では無理、最低限からの計画的リフォームを

外構工事の費用、50万円で理想に近づける方法

外構工事の費用はわかりにくい…。打ち合わせ一回目で必要最低限のプランの見積もりをもらって、その後いろいろ要望を伝えてみたら、あっという間に金額が倍くらいUPしました。う〜ん、正直高くてびっくりです。

お悩みワンコ
お悩みワンコ
外構工事の予算は50万円くらいで考えてます…無理ですか?

庭ファン
庭ファン
厳しいけど、方法はあります!

自分が想定している予算で、理想のお庭まわりを実現できるかわからなくて悩んでいませんか?

正直、外構工事費用の相場は敷地面積や工事内容によって大きく変わります。

ざっくり50万円くらいで考えていたものの、いざ打ち合わせを始めたら想像以上に高くて驚いた方も多いはず。

「いまさら予算を増やせないし…」と諦めるのはまだ早い!

低予算でも、満足できる外構にする方法を教えます。

費用50万円でも理想のお庭まわりに近づけるための方法論、大公開です!

ざっくり3行でまとめると

  • 予算が50万円以下の場合は、新築の外構工事は絶望的
  • 理想に近づけるポイントは、優先順位決め
  • 業者の施工能力・提案力を測れる逆にチャンス

エクステリアの専門家!外構工事の費用について解説

庭ファンの自己紹介・経歴

はじめまして、庭ファンと申します。元・外構エクステリア販売の商社マンでした。

日本全国のありとあらゆる外構資材・エクステリア商品を集め、プロの業者様向けにも卸売販売の経験があります。その年商100億を超える会社で、資材調達の責任者をやっていました。

総SNSフォロワーは21万人超※1からフォローいただける内容を配信していると自負しています。

※1
YouTubeチャンネル登録者数は11.7万人、総再生数は3,708万回 Instagramフォロワー数も7.9万人、その他:2024年2月現在

このサイトでは、お得にお庭づくりをするための外構・エクステリア商品情報やコストカットの秘訣などを、すべて無料で配信しています

外構・エクステリアは、建物の次に高額な買い物です。

絶対に、失敗・後悔してほしくないという私の思いが伝わることを願いながら、お庭づくりで悩んでいるあなたのお役に立てると嬉しいです。

本気で外構について考えたい人は、≫無料メルマガがおすすめです。

また、私の詳しい経歴を知りたい方は、≫わたしのプロフィールをご参照ください。



※無料で「庭ファン」に直接、外構・エクステリアの相談できます。

「最安値で外構を作りたい!」「相場価格か調べたい…」「相談したいことがある!」という方は、下記リンクからお見積り相談を申し込みの上、庭ファンまでご連絡ください。

(無料)優良外構業社を探す
≫(無料)資料請求・プロに相談する
※庭ファンがフォローアップします

その家、その家にあった最適解の外構を、わたしも一緒に考えて、素敵なお庭づくりができるように、知恵と経験を提供します!

新築の外構工事、予算50万円以下では絶望的

予算が50万円以下の場合は、新築の外構工事は絶望的

大変言いにくいのですが、正直に申し上げて…

予算が50万円以下の場合は、新築の外構工事は絶望的です。

部分に絞った外構リフォームであれば問題ありませんが、新規で外構工事をする場合、50万円ではかな~り厳しいです。

お悩みワンコ
お悩みワンコ
え、恥ずかしい、お金がない人みたいに見える…

庭ファン
庭ファン
全くそんなことありません。安心してください。

外構工事の予算感なんて一般の人は知りません。

そもそも外構工事や、家を複数回購入する経験がなければ、相場がわかるようにはなりません。

だいたい皆さんそんなもんです。

外構工事費用50万円に、銀行ローンを追加

予算が足りないとはいえ、いまさら追加で銀行のローンを組むのは難しいと思います。

銀行さんに打合せに行く時間があれば良いと思いますが、着工中の場合は納期的にも難しいですよね。

ですので、予算内で最大限の内容をプランしていくのが先決です。

家の中の冷蔵庫やカーテンが無かったら生活に困りますが、外構は無くても最悪生活できますので!

予算内で「良い外構」をつくるためのポイントは、こちらの記事で解説しています。

外構工事とは?さらにプロがズバリ解説!良い外構にするたった3つの条件とは?【保存版・外構の教科書】「外構」とは、家の外に設置する全てのもののことです。カーポートや玄関アプローチ、物置、目隠しのフェンスや植栽など、家の外に設置するものを総じて「外構」と呼びます。そして、私が良いと思うたった3つ外構工事のポイントを紹介します。まずは、コレだけ守ってもらえれば外構工事で失敗することはないはずです!...

外構工事とは?さらにプロがズバリ解説!良い外構にするたった3つの条件とは?【保存版・外構の教科書】

外構工事は後からでもOK!家は逃げません

外構のことを知っておけば有利に交渉ができる

安心してください。家は逃げません。

新築の完成に合わせる必要はないので、お家が完成してから外構工事を始めても大丈夫です。

ずっと住む家なので、ここは一旦落ち着いて、愛着をもって外構に手をつけていきましょう。

最初のうちはちょっとだけ不便に思うこともあるかもしれません。

しかし、実際に住んでみて、全体を見ながら必要な外構を検討していくことで失敗が少なくなります。

庭ファン
庭ファン
全部いっぺんに完成させなくてもOK!

失敗の少ない外構工事になるのでラッキー

このページをご覧いただく前はきっと50万円の費用で外構工事をしよう!」と、考えていたと思います。

そこへ「予算をもっと取りましょう」という議論は、建設的ではありませんよね。

じゃぁ、どうすれば予算50万円で理想のお庭まわりに近づけられるのか?

私の意見と知識を持って提案します。

このページでお話しするのは新築外構工事の内容です。

今あるお庭を「50万円の予算でリフォームをするという場合は、こちらの記事を参考にしてください。

予算は50万円。賢くお庭のリフォームするポイントは?【劇的変化×大満足】
予算は50万円。賢くお庭のリフォームするポイントは?【劇的変化×大満足】満足度の高いエクステリアの法則 それは「毎日使うもの」です 【満足度TOP3】 全天候型洗濯物干しスペース「テラス囲い」/ 子育て・時短・愛車の味方「カーポート」/ 3視線をカット、心をオープン「目隠しフェンス」...

予算は50万円。賢くお庭のリフォームするポイントは?【劇的変化×大満足】

50万円の外構工事費用で、満足するには

予算50万円でも理想のお庭まわりに近づけるためのポイントがあります。

それは絶対的に必要なもの、生活に密着した外構から着手する方法です。

着手すべき優先順位が高い外構を、ランキング形式で1〜5位までご紹介します。

優先順位第1位:表札、ポスト、インターフォン

優先順位第1位:表札、ポスト、インターフォン 
  • 表札
  • ポスト
  • インターフォン

この3点セットは最優先してほしい機能です。

理由は、これが無ければ配達の荷物はがきなどの書面が受け取れないから。

費用を抑えるなら、3つすべての機能を備えた「機能門柱・ファンクションユニット」がおすすめです。

最小の構成で、工事費用も材料費もスペースも取りません。

シンプルな機能門柱なら、設置費用と商品代を合わせても10万円前後で設置可能です。

優先順位第2位:道路から玄関までのアプローチ

優先順位第2位:道路から玄関までのアプローチ

家や玄関に泥を入れないために、玄関アプローチは必須です。

玄関アプローチに使われる素材には、さまざまな種類があります。

  • 土間コンクリート
  • 砂利
  • タイル
  • 人工芝

土間コンクリートでシンプルな通路を作るだけでも、見栄え良く仕上げることができます。

あとから色付けしたり(エクランと呼ばれる色付け商品など)、樹脂舗装などでドレスアップすることも可能です。

玄関まわりに緑が欲しい方は、空いているスペースに芝生を植えたり、花壇や植栽をDIYすると良いですよ。

庭ファン
庭ファン
玄関アプローチの最適な幅は、家族構成によって変わる!

大人だけなら幅70cm、親子二人で歩くことが多ければ1.2mを目安にしてください。

車いすなどを考慮しても、幅1mあれば十分です。

3〜4mの長さの玄関アプローチを幅1mで施工した場合、7万~10万円が相場になります。

優先順位第3位:洗濯物干し屋根

優先順位第3位:洗濯物干し屋根

洗濯物干し用の屋根がないと、雨の日の洗濯物干し場に困ります。

部屋干しすると居住空間が狭くなり、「せっかくの新居を楽しめない…」なんてことも。

部屋干しを極力避けるための設備として、洗濯物干し屋根の重要度は高いと私は考えます。

  • 家の中に洗濯物を干すスペースがある
  • ランドリースペースを住宅の設計に折り込んでいる

といった場合は優先順位が下がるかもしれません。

ただ、ウッドデッキと合わせて屋根を設置すれば、お子さんの遊び場や家族団欒のスペースとしても活用できますよ。

優先順位第3位:洗濯物干し屋根

洗濯物干し屋根はサイズによって価格が異なります。

「1.8×1m」ぐらいの小さいサイズの屋根なら、工事込みで7万~8万円で販売されています。

3m×1.5m」くらいの大きめサイズは10万~12万円と少しお高めですが、吹込みが少なくておすすめです。

庭ファン
庭ファン
グレードアップする価値はあります!

優先順位第4位:境界フェンス・目隠しフェンス

優先順第4位:境界フェンス。

防犯やプライバシー保護のために、お隣の家との境界にフェンスを設置することをおすすめします。

境界にすでにブロック塀がある場合、安いメッシュフェンスであれば1mあたり7,0008,000で設置可能です。

ブロックから積む必要がある場合は、1mあたり2万~3万円と値段が跳ね上がるので優先度を再考いただく必要があります。

「フェンスAA」シックで高級感のあるメタル色に注目(LIXIL)

写真のような目隠しフェンスや、木調フェンスなどの機能フェンスを希望する場合、1mあたり1.5万~3万円ぐらいが相場です。

敷地サイズ、メーター数によっても価格が高くなるので、予算ができたタイミングまで設置を後ろ倒しするのも一手です。(それまでカーテンなどを閉めて辛抱ですね!)

エクステリアの問屋で働ている私が、あなたの代わりにお勧めの「外構フェンス」をピックアップしました。

日本で販売されているフェンスで、コストパフォーマンスが最高のフェンスの一覧です。

予算に近づけるために、ぜひこちらの記事を参考にしてください。

おすすめフェンス超まとめ!外構歴15年のプロが教える商品選び・設置・コストカットの秘訣
おすすめフェンス超まとめ!外構歴15年のプロが教える商品選び・設置・コストカットの秘訣フェンスのすべてをここに置いてきた!コストカットの方法や、ベストな設置方法、最適な高さ、選ぶべき基準。すべてを網羅したのでこのページを見てもわからなければ、お問い合わせください。お答えします!...

おすすめフェンス超まとめ!外構歴15年のプロが教える商品選び・設置・コストカットの秘訣

優先順位第5位:屋外収納・物置/駐車場・カーポート

優先順位5位:物置/カーポート

余裕が出てきたたら、駐車場や収納スペースまで手を伸ばしてみると良いですね。

駐車場をつくるために土間コンクリートを敷くと、かなり費用がかかります。

1平米あたり平均1万円程度を覚悟しておいてください。

目安としては、20万円の費用なら駐車場1台分、30万円なら駐車場2台分くらいの面積をコンクリート敷きにできます。

土間コンクリートの工事にかかる費用については、こちらの記事で詳しく解説しています。

パッと自動計算¥土間コン価格シミュレーターできた!【土間コンの平米単価計算が一瞬】外構で使う土間コンクリート費用が高くてびっくりしてる人は見てください。 ←一目でコンクリート費用の相場がわかるシミュレーター作りました! 【もくじ】 1.外構コンクリート費用がわかるシミュレーター 2.土間コンクリート工事の項目がわからないときは 3.相場よりも高い見積もりだったときの解決方法...

パッと自動計算¥土間コン価格シミュレーターできた!【土間コンの平米単価計算が一瞬】

外構の土間コンクリートにかかる費用を徹底調査、値下げポイントが分かる【相場】
みんな大好き土間コンクリートにかかる費用を徹底調査、値下げポイントが分かる【外構×相場】土間コンがわからない。相場がわからない・ぼったくられてない?不安に思うならこのページを読んでから! 【このページのまとめ】 1.土間コンクリートの費用・相場がわかる 2.土間コンクリートの工事費の値引きポイントがわかる 3.そして、その値引き交渉術も大公開...

みんな大好き土間コンクリートにかかる費用を徹底調査、値下げポイントが分かる【外構×相場】

駐車場に屋根を付けたい場合は、カーポート・ガレージを設置する必要があり、さらに費用がかかります。

駐車場や収納スペースを検討するのは後からでも問題ないので、まずは生活してみて不便に感じるところがないか確認してみてください。

理想のお庭の完成を夢見ながら、時間をかけて計画的に外構を完成させると失敗が少ないです。

フェンスと同じく、カーポートもどの商品を買えばよいのか、1台用から3台用まで網羅的にまとめました。

2024年版【買ってはいけない】v.s.【ガチでおすすめ】カーポート5選をプロが解説高額なカーポートで失敗したくない!という方へ、プロが選んではいけないカーポートやおすすめのカーポートを紹介します。選んではいけないカーポートと、おすすめできるカーポートを明らかにします。カーポート選びのポイントや選定基準が理解でき、自分に合ったカーポートを選ぶ際の参考になるはずです。さらに最安の施工業者選びや耐用年数、デザインに関する悩みも解決できます。...

2023年版【買ってはいけない】v.s.【ガチでおすすめ】カーポート5選をプロが解説

逆にチャンス!外構工事業者さんの力をお試し

逆にチャンス!外構工事業者さんの力をお試し

外構工事の費用を抑えるのは、デメリットではなくて逆にチャンスです!

なぜなら、業者さんの施工力・提案力をお試しできる唯一の方法だから。

実際、新築外構一式となると200~300万円を超えるのも当たり前です。

ですが、技術のある会社さんなのかどうなのかはやってみないとわからないですし、後から期待と違うとなってもキャンセルはできません。

そういった側面からも外構を1社に全額発注するより、少しづつ外構を完成させていく方式の方がリスクは圧倒的に低いです。(なんだか積み立て投資みたいな話ですが・・・)

庭ファン
庭ファン
せっかくのマイホーム、リスクは最小限に抑えたい!

依頼した業者さんが良ければ、次回も絶対リピート!

50万円の費用で依頼した業者の対応・施工が良ければ、次回もリピートで相談すれば良いですね。

残念ながら期待どおりで無ければ、また予算50万円で新しい外構業者さんを探してみましょう。

外構工事をハウスメーカーや工務店経由で行うと、仲介手数料が発生します。

外構業者さんに直接依頼するだけで、予算を2~3割削減できる可能性がありますよ。

外構工事が予算オーバーしてしまう理由については、こちらの記事でも解説しています。

外構工事が予算より200万円オーバー!?高くなる2つの理由を解説毎日、このような相談が届きます。外構の費用が想定よりも150万円オーバーしている!予算の2倍の見積もりが出てきた!どうしよう!この記事では、予算についての考え方やポイントについて紹介します。...

外構工事が予算より200万円オーバー!?高くなる2つの理由を解説

外構工事を分けても、トータルでは損しない

200万円×1回と50万円×4回の外構ではトータルでは損しない。
  • 200万円×1回
  • 50万円×4回

の外構工事では、どちらを選んでもトータルでは損しません。

工事をまとめたほうが安いということは、実はあまりないんです

それぞれの工事で毎回しっかり値段交渉をしてOK!

ある程度信頼関係が出来た状態の会社さんであれば良くしてくれたり、サービス工事も期待して良いと思います。(ここは厚かましく行きましょう!)

\まずは、無料優良外構業社を探す
≫(無料)資料請求・プロに相談する
※見積は何度でも無料です。

外構工事は中途半端に手をつけない

外構工事は中途半端に手をつけない

注意してほしいのが、中途半端に手をつけてしまうことです。

中途半端に工事をしてしまうと、再度工事をするときに一部撤去したり、修正を加えたりする必要があるので追加工事費用がかかる場合があります。

業者さんには「全体的にはこうしたいけれど、今回の工事では、ここまでを、この予算でやりたい。と伝えてください。

そうすると専門家の目線から全体最適の工事方法を提案してもらえます。

庭ファン
庭ファン
プロにお任せするのが◎

外構工事費用の予算が50万円でも安心して

外構費用の予算50万円でも、安心してください。

外構工事の費用相場や、優先順位について私が思うことや、知識を大公開させていただきました。

どうですか?

外構費用の予算50万円でも、なんだか行けそうな気がしてきましたよね!

次は業者さんを決めて、部分見積もりをしてみると、より50万円でできる外構工事と予算感が具体的になると思いますよ。

\まずは、無料優良外構業社を探す
≫(無料)資料請求・プロに相談する
※見積は何度でも無料です。

無料かつ効率的に、見積もり金額を下げるテクニック

外構・エクステリア商品は人生でも、購入することもほとんどありません。

しかも、普段意識することもないので、急に言われても相場価格・費用感がわからないですよね。

そんなあなたに最強のテクニックをご紹介します。(乱用厳禁です。

実は、テクニックは簡単です。


≫ほしい商品/したい工事が決まっている場合

「「○○(商品名)は何%OFFで購入できますか?」」
「「○○(工事名)の過去実績はありますか?」」


≫ほしい商品/したい工事が決まってない場合

「「○○(カーポートなど)で一番安くできる商品は、いくらぐらいで、何%OFFですか?」」
「「○○(工事個所・手法など)の普段対応されていますか?」」


と、複数の業者さんに問い合わせてください。

この質問を投げかけて比較見積もりをすることが≪最も効率的に、最安値に近づける最適解≫と思っています。

いやらしい話、メーカーさんから出荷された商品はどこで買っても、品質は同じです。

そんないくつも業者さんを探して、つどつど問い合わせるのも面倒だという方は、無料で優良業者さんを簡単に検索できるサービスがありますので、ぜひご利用ください。

≫(無料)外構相談比較ランキングを見て優良業者さんを紹介してもらう

一生のうちに外構やエクステリアを購入することは2回・3回と経験するもではないですよね。

だからこそ、後悔してしまわないように、価格を安くするだけではなく、失敗しない外構にするためにも、依頼する会社選びは慎重になりつつ、1社ではなく複数業者に依頼を私は強くオススメしています。

先ほど紹介した外構相談比較ランキングのサイトは、業者さんの登録審査が厳しく、悪徳業者は完全に排除されます。

定期的に見直しが図られているので、登録業者数が少ない地域がありますが…精鋭部隊なので安心してください。

サイトを見ていただけるとわかると思いますが、大手ハウスメーカーから地元の工務店まで網羅し、今まさに家づくりをしている方の「新築外構」にも対応しています。

お悩みワンコ
お悩みワンコ
えーーー。いちいち、めんどくさいなぁ。近くの業者に頼んだらいいじゃん

庭ファン
庭ファン
自分で、店舗に訪問して相談したり、ネットで自力で探し出して、毎回住所を入力するよりはるかにラクチンですよ!

入力は必要最小限の項目だけでたった1分で終わります。

エンジンをかけて、車に乗って、外構業者さんの店舗に出かける必要もありません。

業者さん探しの手間が省けます!

それに、本来一番重要である商品の検討&プランの検討に時間を使えるようになるので、本質的に、正しく検討ができるようになりますよ。

そうすることで成功に近づき、外構で失敗する可能性が低くなります。

よく聞く話ですが、業者さん探しに億劫になってしまって、商品選びに疲れてしまって・・・結局、何をしたかったか見失ったりしませんか?

お悩みワンコ
お悩みワンコ
でも、まだ依頼するかどうかも決めてないのに、相談していいの?

庭ファン
庭ファン
大丈夫です。安心してください、実際見積もりがないと判断ができないですし、見積り依頼したら注文しないといけないわけではないですよ。

「注文できるかどうか、まだわからなくて・・・」と言ってもらえれば大丈夫です。懇切丁寧に相談に乗ってもらえます。

また事前に要望を出すことで、その工事を得意な業者さんを紹介してもらえます。

庭ファン
庭ファン
新築は、備考欄に「新築外構」と入れてもらえればOKです!

そして、何と言っても相見積もりを取ることの最大のメリットは前述の通り「プランの精度が高くなる」「価格が安くなる」ことです。

業者さんによって、エクステリア商品・工事費用に大きな差があります。

実際の訪問までの相見積もりは2社ほどでも問題ないのですが、価格や割引率の事前確認は、できるだけ多くの業者さんに相談してみるのをお勧めします。

お悩みワンコ
お悩みワンコ
50%OFFでお得!と思っていても、実は別の業者さんでは55%OFFで販売されていた!

お悩みワンコ
お悩みワンコ
え?!チラシを見ると買った商品よりも5%も安い・・・知らない間に5%も損していた・・・

庭ファン
庭ファン
やっぱりそうですよね…、相見積もりを取ることではじめてわかることもあります!

特にカーポートやフェンスなどは価格が大きくなることが多く、5%の差でも金額にすると2万円~3万円変わってきます。

1時間~2時間の打ち合わせで、この先10年~20年使うお庭が変わるので、ここを手を抜いてしまうともったいない!

≫(無料)外構相談比較ランキングを見て優良業者さんを紹介してもらう

もちろん、新築の外構もバッチリ対応しているので、新築外構の方も気軽に申し込んで下さいね。

ささっと、今、外構についての要望が頭に残っているうちに、一緒にやっておくと楽に終わります!

 

 

追伸です。

外構相談比較ランキングのページの最後に、お得なフォローアップキャンペーンについて紹介しています。

カンタンな条件を満たしていただければ、私が、「価格のチェック」&「プランの精査」をいたします。

外構の値段を下げる自信はありますし、値段を下げなかったケースはほとんどありませんので、有料級のサービスかと思います。

最後までご覧いただいた、あなたへお礼のプレゼントです。

詳細は、コチラの≫外構相談比較ランキングの下部を参照してみてください。

最後までご覧いただきまして有難うございました!

 

「参考になった」と好評の記事

「この記事に出会えてよかった、価格交渉ができました」「注文する前に確認すべきポイントがわかって助かった」という声を頂いています。事前に知識を仕入れておくとコスト削減にもつながり失敗も少なくなりますよ!

外構工事を安くする7つのコツを教えます。事実、34.4%も安くなりました。
外構工事を安くする7つのコツを教えます。事実、34.4%も安くなりました。原価を知っているエクステリア業者から教える7つのポイント。価格を引き下げる、交渉するにはこれがすべて。勝手に安くなる魔法なんてありません。値引きのお手伝いさせていただいています!...

≫外構工事を安くする7つのコツ

ハウスメーカーの外構から満足度を変えず、10%以上の値下げする方法
ハウスメーカーの外構から満足度を変えず、10%以上の値下げする方法ありえない!最初は、外構は100万円ぐらいと言われてたんだけど、実際蓋を開けてみると200万超。しかも、完成イメージ図はちょっとイマイチ、ピンとこない感じ、、、当初、言われた金額・イメージと違って落胆している。けども、もう後戻りはできないので外構費用を抑えつつオシャレにしたい。どうにかならない??...

≫満足度を変えず、10%以上の値下げする方法

見積もり金額を下げる裏ワザ!商社マンが教える賢い&安いリフォーム術【相見積もり推奨する3つの理由】
見積もり金額を下げる裏ワザ!商社マンが教える賢い&安いリフォーム術【相見積もり推奨する3つの理由】「何社も話するのがめんどくさいから、近くの外構屋さんかチラシが入ってるところにやってもらおう」←ちょっと待って!それでいいの、工事費を見比べないと損するかもよ!【理由】得意な工事・得意なメーカーが違う/業者さんによって、持っている工具・機材が違う/拠点としている場所が違うから経費が違う...

≫見積もり金額を下げる裏ワザ!

その外構で、お家は好きになれますか?

「普通の外構では、ちょっと物足りない!満足できない!」

「建物と完全に調和させた、使いやすいお庭の提案がほしい!」

「家族には、ちょっと贅沢な空間をプレゼントしたい!」

最高の外構を目指すなら、308事例も載った外構事例集をゲットしてください。

今なら無料でもらえます。(通常3,780円で販売中)

比較ランキングから見積もり依頼をして、事例集で理想を固めて、庭ファンからのフォローアップがあれば最強です!

≫施工事例集の無料お取り寄せこちら!