バルコニー

バルコニーに縦格子か隙間なしタイプしかない【建基法で決まってます】

バルコニーに縦格子か隙間なしタイプしかない【建基法で決まってます】

バルコニーのデザインが決まらない人

「なんだかなぁー、家を建ててるんだけど、バルコニーのデザインが似たり寄ったりでピンとこない。なにかおしゃれなバルコニーにしたいんだけど、デザインがなんでどれも同じ感じなの?」

←日本のベランダ・マンションなどのバルコニーには縦格子のバルコニーしかありませんよー。

バルコニーに縦格子か隙間なしタイプしかない

日本の住宅に付いているベランダやマンションのバルコニーは似たり寄ったりのデザインしかありません。

その理由は、建築基準法で決められているからです。

安全のため足がかりがないデザインが必須であることが法律の条文にあり、それを実現するためには足がかりがないデザインにしないと販売できないからです。

これも安全のため

子供が足をかけて登ってしまって、転落する恐れがあるからです。

2階以上の高層階転落してしまうと、ただの怪我では済まないのでそういった制限が加えられています。

足をかけれないほど隙間がなかったり、1枚のガラスたパネルのデザインであったり、横板のタイプでも対応可能です。

横板の板格子タイプは足をかけて登れてしまうので日本の法律では許されていません。

そういったデザインはありません。

ちょっとしたことですが、日本の工業製品のデザインは法律によって色々規制をされて設計されています。

バルコニーに物置や椅子を置くのも危険

↑集合住宅向けバルコニー用 リウッドデッキ 200 横張り FD_FDホワイトブラウン_XGSS0340

よく物置や椅子テーブルをバルコニーにおいている人がいますが、視点を変えれば危険なので覚えておいてください。

子供が椅子を足台にして、身を乗り出して外の友達に手を振ってる

なんて、めちゃめちゃ怖いですよね。

バルコニー・ベランダには足場になるような大きな鉢などは置かないことをお勧めします。

もしくは、子供を一人で遊ばせないようにするかですね。

このブログではこのような形でエクステリアや住まいの外の知っていてほしい情報などを毎日2回更新しています。

もし興味があるからはツイッターをフォローしてもらえると嬉しいです。

最後までご覧いただきましてありがとうございました。

外構・エクステリアを検討される方必見!

お引越し後や家を建てていている途中に検討することの多い外構工事・エクステリアについて一番の悩みは、

  1. 納得の行くプランと最適な設置方法の提案
  2. 高い工事品質と施工後の安全性
  3. 予算内に費用を抑える、工夫と商品選び

ではないでしょうか?

外構やエクステリアの予算配分で悩んでいる方へ「相見積もり」を活用することで大きく見積金額ダウンも期待できます。プラン比較も相見積もりは非常に有利ですよ。

https://link-a.net/gate.php?guid=on&mcode=x3wjetxg&acode=adpbtcgrbefa&itemid=0

さらに、タウンライフリフォームに相談すれば1社だけでなく、なんと相見積もり先の優良企業さんまで紹介してもらえます。(しかも外構業者さんには内緒で)

もう一つ特筆したいポイントとして、タウンライフリフォームは事前に紹介してもらう業者さんを指定できます。

今から業者探しをしている方は、一石二鳥の無料サービスですので利用しない手はないですね。

>>タウンライフリフォーム解説記事へ

>>タウンライフリフォーム公式サイトへ