サイクルポート

駐輪場と言えば?実はみんなイメージするものが違う【どストレートから変化球まで】

駐輪場と言えば?実はみんなイメージするものが違う【どストレートから変化球まで】

バイク・自転車用に屋根を検討している人

「子供も大きくなって、自転車を買ってあげたけど雨ざらしっていうものちょっと心配。旦那が使ってるバイクもあるし、そろそろバイクと自転車用に屋根を付けようかと検討中。街中を見てみるといろんな置き方があるみたいで、どんな方法があるのか見てみて参考にしてみたい。」

←どストレートから変化球まで、駐輪場のアレコレ紹介します!

エクステリア商品の卸販売をする問屋で働いてます

私はカーポート・エクステリアが大好き

私は、普段エクステリアの専門商社で商品をホームセンターさん向け、エクステリア業者さん向けなどに卸販売をしている業者(商社)の営業マンをしています。

先日、エクステリアの検討には設置例が見れる街並み見学をお勧めと言いました。

街はエクステリアのショールーム、目線を変えれば宝の山
街はエクステリアのショールーム、目線を変えれば宝の山私は、エクステリアの専門商社で働く営業マンです 私は、普段エクステリアの専門商社で商品を外構業者さん・ハウスメーカーさん・造園業者さん...

外構工事・エクステリアの設置を検討している人は、特に家が建ち始めて2~3年たった新興住宅街の街並みを見てもらうのも良いのですが、駐輪場の設置方法をピンポイントで今日は紹介します。

意外と紹介している人もいなかったので、どストレートの設置方法から変化球を入れた商品を使った設置まで参考にしてみてください。

オーソドックスにサイクルポートを駐輪場屋根に

オーソドックスにサイクルポートを駐輪場屋根に

どストレート、オーソドックスにサイクルポートを自転車置き場に利用する何の疑問も持たないパターンです。

片屋根式の独立タイプが一番よく選択されています。サイクルポートはカーポートと全く同じ構造で、単純に小さくしただけです。

強度面ももちろん、コストパフォーマンスも高い商品です。

囲いがないため左右からの吹込みを完全に防げませんが、霜やサドルの濡れなどを防ぐ機能性に優れています。

勝手口囲いを駐輪場の屋根にするフルガードタイプ

勝手口囲いを駐輪場の屋根にするフルガードタイプ

勝手口用囲い付き屋根のストックヤードが駐車スペースには最強ですね。

標準で正面の囲いや側面の囲いがついているため雨除け・目隠し・防風と三拍子そろっています。

壁付けのため設置場所を選びますが、上記の独立タイプのサイクルポートに比べ価格面も抑えた形での商品がおおいです。

生活動線や収納スペースに応じて駐輪スペースにストックヤードをどうぞ!

物置と屋根が一緒になった変わり種の駐輪場屋根

物置と屋根が一緒になった変わり種の駐輪場屋根

変わり種の物置です。オープンスペースとクローズスペースが同居したタイプの物置です。

ゴミの一時保管や農機具の保管などにも活用できるスペースを、駐輪場として活用。地面は土間や土のまま設置工事できるので段差はありません。

壁面が防風効果もあるので、倒れて傷が入ってしまったりるすことが少ないタイプです。

収納スペースと駐輪スペースを両方ご検討の方にぴったりな物置サイクルポートです。

テラス屋根を駐輪場の屋根にするコスパ優秀

テラス屋根を駐輪場の屋根にするコスパ優秀

提案としてはセオリーに近いテラス屋根です。

壁面があれば独立のサイクルポートを取り付けるよりも安価に仕上がります。

柱位置も動かせるため自転車を収納するときに邪魔にならないよう調整調ができます。

その点が、ほかのストックヤードやサイクルポート違う点です。

外構・エクステリアを検討される方必見!

お引越し後や家を建てていている途中に検討することの多い外構工事・エクステリアについて一番の悩みは、

  1. 納得の行くプランと最適な設置方法の提案
  2. 高い工事品質と施工後の安全性
  3. 予算内に費用を抑える、工夫と商品選び

ではないでしょうか?

外構やエクステリアの予算配分で悩んでいる方へ「相見積もり」を活用することで大きく見積金額ダウンも期待できます。プラン比較も相見積もりは非常に有利ですよ。

https://link-a.net/gate.php?guid=on&mcode=x3wjetxg&acode=adpbtcgrbefa&itemid=0

さらに、タウンライフリフォームに相談すれば1社だけでなく、なんと相見積もり先の優良企業さんまで紹介してもらえます。(しかも外構業者さんには内緒で)

もう一つ特筆したいポイントとして、タウンライフリフォームは事前に紹介してもらう業者さんを指定できます。

今から業者探しをしている方は、一石二鳥の無料サービスですので利用しない手はないですね。

>>タウンライフリフォーム解説記事へ

>>タウンライフリフォーム公式サイトへ