ウッドデッキ

ウッドデッキには良い季節【真夏のことは忘れないで×熱い】

ウッドデッキには良い季節【真夏のことは忘れないで×熱い】

そろそろ秋になり、お外が過ごしやすく気持ちいい季節になりましたね。

15夜など、秋の長夜はウッドデッキの上で過ごすひとときも、ビールを飲む時間も最高です。

人間はすぐ快楽の方に傾くので、真夏の暑さをすぐに忘れてしまいますね。

どれだけ暑かったか、覚えてますか?

今座っているウッドデッキも恐ろしいぐらい熱くなりました。

真夏の直射日光で、ウッドデッキは熱くなる

最近は、メーカーさんの技術革新・製造方法の進化で熱さはだいぶ和らいできたらしいです。

でも忘れないでください。

真夏の直射日光で、ウッドデッキは熱くなります。火傷するぐらい熱いんですよ。

\ウッドデッキの優良業社を検索
>>見積相談・資料請求する
※見積は何度でも無料でもらえます

ウッドデッキが悪者ですが、熱くなるのはウッドデッキだけじゃない

熱くなるのはウッドデッキだけじゃない

よくツイッターでもウッドデッキが熱い・ウッドデッキが熱いと言われますが、そもそも真夏は何もかもが熱いです。

真夏のウッドデッキ/タイルデッキはどんなもんやって思って、今日リクシル行ったついでに裸足で試してみたんだけど、こりゃ危険だわ。
めちゃめちゃ熱い。とてもじゃないけど歩けない。ちょっと足乗せただけで火傷しそうなくらい。
これは、高くても、夏に熱くなりにくいデッキ/タイルにしなきゃだわ。

ウッドデッキに出て洗濯物を取り込もうとしたら。灼熱の太陽のもと、裸足で駆け出すビーチの気分が味わえた←めっちゃ足の裏が熱いww

直射日光が当たるアスファルトや車のボンネット、土間コンクリートやフローリング。

どこもかしこも熱いんですって。

わざわざ裸足であるかないですよ?

ウッドデッキだけが熱いって言いますけど、濡れ衣です。なにもかもが基本夏は熱い。

屋根を付けるよりも映えなマット

熱いウッドデッキには屋根をつけるのが一番よいのですが、費用もかかりますし手軽にできる対策としてはマットが良いです。

最近では、映えるマットも売ってますので、汚れ防止にもなるマットをお勧めします。

 

冬場も寒くない、冷たくないので、年中使えることもお勧めするポイントですね。

天気がいいので、ウッドデッキに養生マットを敷いて息子とピクニック(?)

のんびりした時間を過ごせて幸せ🙂

ウッドデッキにマット敷いたらピーちゃん喜んでゴロゴロww

外構・エクステリアを検討される方必見!

お引越し後や家を建てていている途中に検討することの多い外構工事・エクステリアについて一番の悩みは、

  1. 納得の行くプランと最適な設置方法の提案
  2. 高い工事品質と施工後の安全性
  3. 予算内に費用を抑える、工夫と商品選び

ではないでしょうか?

外構やエクステリアの予算配分で悩んでいる方へ「相見積もり」を活用することで大きく見積金額ダウンも期待できます。プラン比較も相見積もりは非常に有利ですよ。

https://link-a.net/gate.php?guid=on&mcode=x3wjetxg&acode=adpbtcgrbefa&itemid=0

さらに、タウンライフリフォームに相談すれば1社だけでなく、なんと相見積もり先の優良企業さんまで紹介してもらえます。(しかも外構業者さんには内緒で)

もう一つ特筆したいポイントとして、タウンライフリフォームは事前に紹介してもらう業者さんを指定できます。

今から業者探しをしている方は、一石二鳥の無料サービスですので利用しない手はないですね。

>>タウンライフリフォーム解説記事へ

>>タウンライフリフォーム公式サイトへ