ウッドデッキ

失敗した!ウッドデッキの目隠しは後付けができない?【コスパ優先】

ウッドデッキフェンスの後付けはコスト増

ウッドデッキに目隠しフェンスが欲しいなと思っている人

「ウッドデッキと同じ木目調の同じ材質の目隠しが欲しいな!それがあるとお庭がお隣から見えないし、なにより使い勝手が良くなったかもしれない。でも予算が限られてるから後からでもいけるの?」

→ウッドデッキの手すり/フェンスは後から設置は難しいですぞ。

ウッドデッキの目隠しフェンスは後付けが難しい

ウッドデッキフェンスの後付けはコスト増

ウッドデッキをご検討中の方へ、フェンスも一緒に付けてしまったほうが、後々後悔しなくてよいですよ。

ウッドデッキにフェンスを建てるときには柱をあらかじめ補強しておく必要があります。

固定するために補強部材を後から付けるとなると、ウッドデッキのの床に板を全部(もしくは一部)めくって補強材を入れてからフェンスの柱を立てる必要があります。

なのではじめからつける時よりも、後からつけるほうが工数がかかり、より時間がかかるので、施工費もあり傾向にあります。

要点まとめ

フェンスの柱を立てるための補強が必要。

後からつけると一部解体が必要などで、手間がかかるので工事費が割高。

\まずは、ウッドデッキの優良業社を検索から
≫見積相談・資料請求に進む
※見積は何度でも無料です。

ウッドデッキと一度に工事すれば安かったのだけど。。。

ウッドデッキの後から加工

一度に工事すれば良かったなと思いますが、予算の関係でオプション商品を見送ったということもあるかと思います。

運送業者さんも人手不足ですが、エクステリアの職人さんも人手不足。

人手不足になれば工事費は高騰しがちになります。

ちょっとした軽微な工事でも1日分の出張費/工事費用がかかることがあります。

私の業界経験としても、ここ数年は東京オリンピックなどの公共事業で土木建築の方が手がどんどん公共工事の方に行き人手不足に拍車をかけています。

また、消費税の増税などでハウスメーカーさんの着工が集中し、職人さんがどんどん取られています。人手の確保が難しくなってきているので、設置するならいっぺんにやってしまうことをお勧めします。

要点まとめ

エクステリア職人も深刻な人手不足、工事費も高騰中

ちょっとだけの工事でも、一日分の工事費用

 

ウッドデッキを見積もりするなら専門業者がおすすめ

ウッドデッキライフを楽しむためには使い勝手やサイズなどを提案してもらおう。

優良専門業者さんをどこに頼めばいいかわからない場合は、下記のサイトがおススメです。

≫見積相談・資料請求に進む

ご状況に合わせたお住まいのお近くのプロの業者さんを厳選して複数社ご紹介いただけます。

 

全国の優良施工店網があり、得意な工事やプロのアドバイスを無料で受けられます。

正式なご発注までは費用は一切かかりません、見積・プランをしっかり比べて、じっくり比較検討してから決めてみて下さい。

本ページの要点

  1. ウッドデッキの目隠しフェンスは後付けが難しい
  2. 一度に工事すれば安かったのだけど。。。
  3. ウッドデッキを見積もりするなら専門業者がおすすめ
外構・エクステリアを検討される方必見!

お引越し後や家を建てていている途中に検討することの多い外構工事・エクステリアについて一番の悩みは、

  1. 納得の行くプランと最適な設置方法の提案
  2. 高い工事品質と施工後の安全性
  3. 予算内に費用を抑える、工夫と商品選び

ではないでしょうか?

外構やエクステリアの予算配分で悩んでいる方へ「相見積もり」を活用することで大きく見積金額ダウンも期待できます。プラン比較も相見積もりは非常に有利ですよ。

https://link-a.net/gate.php?guid=on&mcode=x3wjetxg&acode=adpbtcgrbefa&itemid=0

さらに、タウンライフリフォームに相談すれば1社だけでなく、なんと相見積もり先の優良企業さんまで紹介してもらえます。(しかも外構業者さんには内緒で)

もう一つ特筆したいポイントとして、タウンライフリフォームは事前に紹介してもらう業者さんを指定できます。

今から業者探しをしている方は、一石二鳥の無料サービスですので利用しない手はないですね。

≫タウンライフリフォーム公式サイトを見る

≫外構を安くするためのテクニック7選を見る