ウッドデッキ

間違いのないウッドデッキはLIXIL「樹ら楽ステージ」【相場】

人工木ウッドデッキのシェア・人気NO.1はLIXIL

人工木ウッドデッキを施工する費用の相場価格

近年は、ウッドデッキの素材として、人工木のデッキが標準化し、天然木よりを選択する家庭が少なくなってきました。

実際、出荷割合をみても9割が人工木との報告があります。

直近で確認ができる2017年度の出荷統計では、88.6%(212.8億円)を人工木ウッドデッキが占め、11.4%(27.4億円)は天然木が選ばれています。

人工木ウッドデッキ比較、NO.1はどれだ!?【全メーカー総比べ】
人工木ウッドデッキ比較、NO.1はどれだ!?【全メーカー総比べ】どのウッドデッキを選べば良いか迷っている方 「ウッドデッキを家に付けようと思っているけど、何があるかがわからない。人工木?天然木?...

ちょっと前に天然木のウッドデッキにした人が耐久性の問題から次につける人工木のウッドデッキに変更する人が多いですね。メンテナンスが圧倒的に楽だということが挙げられます。

天然木の最大のメリットは、その木質が持つ香りであったり自然の持つ風合いですね。

ですが、天然であるために正しくメンテナンス塗装をしなければ腐ってしまい手間がかかってしまいます。強度が高く、また手入れが不要な人工木へ移行する傾向は特に若い世代や子育て世代に多いです。

\ウッドデッキの優良業社を検索
>>見積相談・資料請求する
※見積は何度でも無料でもらえます

そもそも人工木とは?天然木とどう違う?

そもそも人工木とは?天然木とどう違う?そもそも人工木とは?天然木とどう違う?

木粉とプラスチックなどの樹脂を高温・高圧で作られた工業製品。表面は木目のように加工され、天然木に近い質感の商品も多数販売されています。

ちなみに、食品のように記載に関しては特に規定がないため人工木とひとくちに言っても再生木・樹脂木・擬木などとも言われます。

人工木ウッドデッキの費用と価格の相場

人工木ウッドデッキの費用と価格の相場

私が一番よく販売しているサイズで言うと、2.0間×6尺(3.6m×1.8m)がオーソドックスです。

平米単価で23,000円~28,000円が相場です。

地面がコンクリートの場合の価格ですが、地面が芝生や土の場合は束石が必要になり、

平米単価で28,000円~33,000円が相場です。

エクステリアなどの工業製品の場合、工事費の相場はカタログ価格からおおよその工事費が算出できます。

ウッドデッキの工事費の相場は定価の17%~20%

ウッドデッキを土の上に付ける場合の相場は定価の26%~30%

https://springbd.net/building-cost-formula

私の肌感覚になりますが、上記の価格が相場となりますので大きく前後している場合は、オプションの工事や特殊な加工が入っている場合ですね。

天然木ウリン材を使用したウッドデッキ費用の相場価格

天然木もいろいろ種類がありますが、天然木でお勧めするのはウリン材です。昨今、輸入の規制などで高騰しつつあるウリン材ですが、耐久性や質感などを考えると他の樹種に比べ圧倒的に有利ですね。

天然木は相場というものがあまり存在しない。

工業製品と違いウリン材の中でも、良質のものから粗悪なものまでランクが様々あります。

そのため、相場観がなかなか出しずらいのですが

私が一番よく人工木で販売しているサイズの2.0間×6尺(3.6m×1.8m)で想定する場合、平米単価で26,000円~30,000円が相場です。

地面がコンクリートの場合の価格ですが、地面が芝生や土の場合は束石が必要になり、平米単価で31,000円~35,000円が相場です。

使用する束石は、天然木であろうが、人工木であろうが同じですね。

人工木ウッドデッキのシェア・人気NO.1はLIXIL

人工木ウッドデッキのシェア・人気NO.1はLIXIL

断然おすすめは人工木ウッドデッキ。相場もこなれてきました。

人工木のウッドデッキは天然木に比べると、メンテナンスが楽で、耐久性も優れているということで人気があります。

価格も大量生産が進み、一昨年に比べるとぐっと値段が下がってきました。

人工木ウッドデッキで人気が高いメーカー

LIXIL TOEXの「樹ら楽ステージ」(きららステージ)が圧倒的に市場ではシェアを持っています。質感や施工性が高く、長年エクステリア業界をけん引してきたトップシェア企業が誇る商品ですね。

正直、商社の私にとってもクレームが少なく売りやすい商品の一つです。

ちょっと変化球。高級で高いデザイン性の「彩木」

ちょっと変化球。高級で高いデザイン性の「彩木」

おすすめしたい人工木ウッドデッキ!MINO「彩木」ここでは、MINOの彩木(あやぎ)をご紹介します。

MINOのウッドデッキは人工木のウッドデッキですが、天然木のような風合いと、子供が裸足で遊んだり、ペットが走り回ったりすることができる安全なウッドデッキです。耐久性に優れ、見た目も美しいデザインです。

実際に木板から型を抜いて、木目を作り出しているこだわりの強いウッドデッキです。

質感はめちゃくちゃ堅い発泡スチロールみたいなもので真夏の炎天下でも熱くならず裸足で遊べる優れもの。子供が安心して裸足で遊ぶことができる安全性の高いウッドデッキです。

ウッドデッキひとつとってもめちゃくちゃ種類があるので、おすすめを選ぶのも大変ですが、私としては、LIXIL社の樹ら楽ステージを選んでおけば間違いない。という印象ですね。

だって、クレームが販売量や出荷数のわりに少ないので。

それだけ普及している商品には理由があるんですね。

外構・エクステリアを検討される方必見!

お引越し後や家を建てていている途中に検討することの多い外構工事・エクステリアについて一番の悩みは、

  1. 納得の行くプランと最適な設置方法の提案
  2. 高い工事品質と施工後の安全性
  3. 予算内に費用を抑える、工夫と商品選び

ではないでしょうか?

外構やエクステリアの予算配分で悩んでいる方へ「相見積もり」を活用することで大きく見積金額ダウンも期待できます。プラン比較も相見積もりは非常に有利ですよ。

https://link-a.net/gate.php?guid=on&mcode=x3wjetxg&acode=adpbtcgrbefa&itemid=0

さらに、タウンライフリフォームに相談すれば1社だけでなく、なんと相見積もり先の優良企業さんまで紹介してもらえます。(しかも外構業者さんには内緒で)

もう一つ特筆したいポイントとして、タウンライフリフォームは事前に紹介してもらう業者さんを指定できます。

今から業者探しをしている方は、一石二鳥の無料サービスですので利用しない手はないですね。

>>タウンライフリフォーム解説記事へ

>>タウンライフリフォーム公式サイトへ