保険適用

台風被害を受けたベランダは保険適用が効いて負担ゼロで修理する

台風被害を受けたベランダは保険適用が効いて負担ゼロで修理する

台風の突風で、ベランダ屋根がなくなってしまった人

「突風で飛んだ屋根材、どうしよう。。。ベランダが使えなくなっちゃった。幸い窓ガラスは割れて無いし、外壁にヒビとかもなさそう。屋根の透明なパネルだけ戻せば大丈夫?な気がするんだけど、高い場所にあってよく見えない。大丈夫なのかな?」

保険適用で無償修理に持って行く方法がありますよ

保険の補修は時間との勝負、急いで見積もり相談が先決

お金は保険適用でなんとかなりますが、補修業者さんが捕まりません

>>今すぐベランダを保険で直すために見積もり相談をする

保険適用するにも見積書が必要なので、今すぐ見積もり相談がおすすめです。

先に業者さんを押さえておいて保険適用を進めれば超スムーズですよ。

保険適用には被害状況がわかる写真と、補修にかかる費用がわかる見積もりが必要なんです。その二つを早く揃えた人から工事に取り掛かれるので、今です!スタートダッシュ!

>>今すぐベランダを保険で直すために見積もり相談をする

 

普段は、エクステリア専門商社の営業マンをしています

あ、申し遅れました。

普段の私はテラス屋根やバルコニー屋根、カーポートなどのテラス工事にかかわる資材やエクステリア商品を卸している商社マンをしています。

このエクステリア業界に入って早10年。異常気象と呼ばれる台風・災害が頻発している昨今でよく話があるのが補修にかかる費用・保険適用についての相談。

「保険を適用して負担ゼロで修理する」というよくあるパターンで、台風で飛んでしまった屋根材を保険適用して補修するにはどのような対応が必要か。

概算の相場と保険適用についての一般論をご紹介します。

申請のプロに台風被害の保険適用をサポートしてもらう【調査無料・火災保険】
申請のプロに台風被害の保険適用をサポートしてもらう【調査無料・火災保険】台風被害に遭ってしまって呆然としている人 「前回の台風15号と今回の19号でまた家に被害が出てしまった。。。生活に困るから補修をす...

台風災害を受けた屋根はいっそのこと取り替えてしまったほうがお得

台風災害を受けた屋根はいっそのこと取り替えてしまったほうがお得

バルコニーの屋根か台風被害を受けてしまった場合わ火災保険の適用内で全取り替えの費用が全額補填される場合があります。

皆さん、打ち合わせのときに保険適用するから言って・・・

「保険適用するから定価で見積もり出して」

「火災保険適用のために、値引きなしで見積もりちょうだい。」

というのが、業界のあるあるです。

業者さんがモラルがあり、しっかりとた企業さんであれば、保険金詐欺の幇助になるのでそういった依頼は本来お断りするはずです。

当たり前ですが、台風被害の修理費用を出す保険会社の審査員も補修にかかる市場価格を調査します。

妥当性があるかどうか、価格のうわ乗せしていないかどうか。

そういったことがわかってしまうと心象が悪くなると受けられなくなるリスクもあります。

台風災害をうけたままではいけないので保険適用するしないに関係なく修繕する見積が必要です。

壊れたままというのもいけないので、いずれは補修の見積もりを取ると思います。

修理の見積もりを依頼する時は、

  • 必要箇所だけ取り替える見積もり 
  • 悪くないところも含めて全部取り替える見積もり

2段構えで見積もりをとると身銭を切らなくてよくなる可能性が高いです。

なぜなら、保険会社さんによっては「損害額が20万円以下の場合は、補償しません」という規約になっていると免責制度を採用している会社が多いからです。

ちなみに損害額の定義は、「台風被害を受けるまえの状態に戻すために必要な経費」を一般的言います。

屋根材が飛んで行ってしまった場合は、新しく屋根材を取り付けるためにかかる材料代金と職人さんにお支払いする工事代金の合計費用が損害額となります。

決して「全部取り替える費用=損害額」という算定ではないこと重要なので覚えておいて下さい。

台風災害を正しく保険適用するためには、補修ができるかどうかがポイント

台風災害を正しく保険適用するためには、補修ができるかどうかがポイント

先ほど申し上げた通り、損害額までは補償します。というスタンスです。

なので保険会社さんは「焼け太り」を嫌います。

「焼け太り」とは

火事に遭って、かえって以前よりも生活が豊かに(事業が大きく)なること。転じて、台風などの自然災害の時に保険を適用して既存のものよりも良いもの、グレードの高いものへの便乗して修繕・交換工事を行うこと。

保険適用は正当な理由がなければ、現状復帰の補修を優先します。

ですが、商品の販売位終了や補修部品の生産がなくなった場合は、補修部材がないので補修できませんよね。

その場合は正当な補修手段として「全部新品に取り替える」という手立てが有効です。

その可能性を利用して、2段構えでの見積もりをとることは非常に有用だといえますよね。

さらに、エクステリア商品は定期的に商品の改良のためモデルチェンジをしています。

今ついているテラスやバルコニーの屋根の場合商品が、4年後〜5年後に手配できなることは多々あります。

そう行ったことを調べておくのも正しくうまく、保険適用をする方法です。

写真を送って貰えれば、廃盤になってるかは調べれますよ。

ちなみに朗報として、4年以上前につけたテラスであれば、どのメーカーさんもモデルチェンジをしているため、補修部材の手配が難しい状況下にあります。

  • 2015年10月 LIXIL社 テラス商品フルモデルチェンジ
  • 2017年 3月 三協アルミ社 テラス商品フルモデルチェンジ
  • 2019年 1月 YKKAP社 テラス商品フルモデルチェンジ

悪用するわけではありませんが、1つの全取り替えができる目安にはなりますよね。

スマホでも簡単入力、すぐわかる/
>>見積相談・資料請求する
※何度でも見積は無料でもらえます

台風で破損した屋根の修理費を保険適用するには見積が必要

お住まいの市区町村を入力するだけで、フェンスやカーポート・波板など修理が必要なエクステリア商品相談も可能です。

火災保険適用は業界では常にある案件なので業者さんは申請などや対応に慣れていることが多いです。

保険適用するためにエクステリア見積もりは、早め早めに専門業者さんにアドバイスを受けることが必要と思います。

特に、台風や地震などの広範囲の被害発生する事案については先手必勝です。動いた者勝ちなので、お早めに。

まだ工事する業者さんが知り合いにいない場合や、今から探すという場合は、

技術を持った、安心できる業者さんを見分けられる自信ありますか?

もし、即答で「はい!自信あります!」と答えられない場合は、全国の優良業者ばかりをあつめたタウンライフリフォームサイトが便利です。

こちらは、地元の優良企業を集めたサービスでリフォーム部門では3冠を達成した由緒あるサービスです。

そもそも悪徳業者はこう言った紹介サービスで紹介してもらえず、優良企業のみがサイト上でフィルタリングされている状態です。

スマホでも簡単入力、すぐわかる/
>>見積相談・資料請求する
※何度でも見積は無料でもらえます

だからタウンライフリフォームさんを私はオススメしてます。

さらに、保険申請を自分でするのは不安という方は保険金申請のプロ集団に相談するということもできます。

災害時などにスムーズに保険金申請ができるよう、もれなく申請するコーディネーターの役割をする専門業者さんもいます。

以下のブログで、詳しく紹介していますので合わせてチェックしておくと損しないですよ!

申請のプロに台風被害の保険適用をサポートしてもらう【調査無料・火災保険】
申請のプロに台風被害の保険適用をサポートしてもらう【調査無料・火災保険】台風被害に遭ってしまって呆然としている人 「前回の台風15号と今回の19号でまた家に被害が出てしまった。。。生活に困るから補修をす...
家調(イエチョウ)公式サイト

台風・雪・雨・落雷・ヒョウこういった自然災害は突発性の事故と同じで、交通事故と同じで保険料が適用できます。

「屋根・外壁の損傷で火災保険が下りるわけがない」と意識もしない方がほとんどです。

一般の方は知らないだけなんです!

そういったこともいろいろと申請のコツや補修の相談など、御用聞きの推奨先として「家調(イエチョウ)」というサービスを私は推奨します。

>>ホームサポートの家調【いえちょう】火災・地震保険申請のプロサポート

さまざまな損害保険適用・保険適用・保険相談を専門に行っているプロチームです。

保険金の受取完了まで徹底的にサポートしてもらえます。

築年数が古いから、経年劣化とあきらめないでください。

「突発性の事故」か「経年劣化」の判断が難しい部分で、プロの力が発揮される部分になります。

調査することで約8割の家で保険がおり、保険金額は被害箇所の合計で平均100万円~200万円おります。

クリック・タップで公式サイトへ

>>家調(イエチョウ)公式サイトへ

 

申請のプロに台風被害の保険適用をサポートしてもらう【調査無料・火災保険】
申請のプロに台風被害の保険適用をサポートしてもらう【調査無料・火災保険】台風被害に遭ってしまって呆然としている人 「前回の台風15号と今回の19号でまた家に被害が出てしまった。。。生活に困るから補修をす...