カーポート

初見殺し!初めてのカーポート選びは、ほぼ無理ゲーです

初見殺し!初めてのカーポート選びは、ほぼ無理ゲーです

今日は、カーポートにまつわるメリットデメリットについてご紹介したいと思います。

この内容を動画で見たいという方はこちらをどうぞ!

・家にカーポートを取り付けしようかどうか

・外構工事で悩んでいる方

・家族会議でカーポートについて議題の上がっている方

ぜひ読んでいただきたい内容です。

そもそもカーポートでどういったメリットが得られるのか?

カーポートを取り付けることによってどういったデメリットがあるのか?

その両方をこのブログでは紹介します。

そして、後半ではカーポートのデメリットを商品選択で解決する方法をご紹介しています。

私は、カーポートを卸し売りする商社の営業マンです

 

まずは私の自己紹介から!

どうも、はじめまして、庭ファン(@spring_bd)と申します。

自己紹介を致しますと、本業は現役エクステリア商社マンです。なので、外構の商流や商慣習などにはカナリ詳しいです。このブログではお得にお庭づくりをするための秘訣やコストカット術などを配信しています

また、2020年2月からYouTubeでも情報発信していまして、ニッチなお庭という専門ジャンルながら、チャンネル登録者数は2.0万人を超えました!

私の詳しい経歴・自己紹介についてはわたしのプロフィールをご参照ください。

私はカーポート等のエクステリア商品を卸売り販売をしている商社に勤めています。

なので、カーポート等のエクステリア商品を専門業者に卸売する専門家なので、プロ中のプロと自負をして日々仕事に励んでおります。

ではまず、カーポートのメリットうんぬんの話をする前に

カーポートっていうのは本当に必要ですか?というお話です。

そもそも、カーポートを建てる目的って何ですか?

そもそもカーポートが必要かどうかと言うことに関してあまり皆さん考慮せずカーポートが欲しい金が欲しいなどと言うことがあります。

カーポートを手に入れることで得られるメリットとそれに引き換える発生するデメリット、さらにかかるコスト。

この3つのバランスを保ちながら購入する購入するのが賢いカーポート購入の仕方です。

カーポートは2回目・3回目と買うことがないので初見殺し

正直、カーポートと言うのは初見殺しの商品ですわー。

ほぼ初見さんしか買わないと言う性質のある商品なので、数あるカーポートの中から最適なしょうひんを選ぶと言うのはなかなか至難の技です。

普通の人は、カーポートはハウスメーカーや外構業者さんが初めから図面に入っていたのをそのまま注文したり、とりあえず無難なものと言うので注文したりと言うことが、まぁまぁ多い商品です。

頻繁に買い換えるものでもありませんし、そもそもカーポートにたくさんの種類があることも知らずに見積もりを取ったりすることが多いので、情弱には厳しい(キリ

ぜひ、そんなカーポートのアレコレを知ってもらいながらカボード選んでもらえると幸いです。

そもそもカーポートのメリットってなんだろう

カーポートのメリット5つ私の方からご紹介させていただきます。

  1. 雨の日に濡れずに乗り降りが可能
  2. 鳥の糞・突然の雹から車を守る
  3. 雨や日光から守り、洗車頻度が激減する
  4. 日光直射をカット!車内温度上昇を抑制
  5. 霜が降りなくなり、朝の雪下ろしから解放

この5つです。

カーポートで、雨の日に濡れずに乗り降りできるようになる

メリット1つ目!言わずもがな雨に濡れずに乗り降りが可能と言うところです。

私も子供を保育園に送り迎えする関係で、子供をラグビーボールのように抱えながら、お昼寝用の布団を持って、自分は仕事の道具を持って、荷物が鈴なりになるような形で出勤をしています。

これはよくあるパターンだと思うんですけども、これに傘があったとなると・・・まぁしんど。

さらに子供は大人の足に比べて遅くなりますし、濡れるんですよね。

雨降ってる時、地下道を通ったり屋根のあるところ通りません?

雨降ってる時地下道を通ったり、屋根のあるところを取ろうとしませんか?

横断歩道を待つ時屋根があるとその下で待ったり傘をさすのをできるだけ少なくしようとしたりしませんか?

それと一緒ですね!家に屋根があるとそういうのが日常になるので、ほんとあの生活が楽になりますこれはもうカーポートをつける上の醍醐味というのがいうのが間ほんとにすばらしい。

カーポートが代わりに鳥の糞・突然の雹を受け止めてくれる

さぁ次はメリットの鳥のフンです。

カーポートが身代わり地蔵です。

落ちてきてもカーポートが代わりに受け止めてくれます。

家の前の道路に電柱と電線ないですかね?

その上に鳥が止まっていることが多くあると間分が落ちてきたりとか言うことあると思います。

ちなみに、電力会社さんに言えばその電柱や電線に鳥がたまらないようにイガイガのアレを付けてもらえる場合があります。(ちなみに無料です)

鳥のフンだけが問題であれば、カーポートを買わなくてもその回避方法もありますので、ぜひカーポートじゃない解決方法もあるかと知っておいてもらえると幸いです。

普通、頭上に鳥が止まっていたりとかピーチクパーチク言ってたら、その下通りたくないですよね。

せっかくの洋服やスーツとかフンとか嫌ですねー

それと一緒です。車は逃げれないのでもう受け止めるしかないんですけど、身代わり地蔵はカーポートです。

カーポートは、新車を買った時に一緒に検討中する人が多い

私の経験上、新車を買った時に一緒に検討中する人が多いです。

カーポートは新車を購入された方購入したばかりという人が検討される方が多いです。

新車を買ったので汚したくなかったり綺麗なまま乗ったりということで、検討・購入を勧めるかたが多いです。

夏場に効果を発揮、日光直射をカット!車内温度上昇を抑制

次のメリットとして直射日光をカット出来て車内の温度上昇を抑制することができる点です。

冬の時期だとどうしても、日光の強さってあまり感じることないと思います。

しかし、真夏になるとめっちゃくっちゃ太陽の日光で暑いですよね。

人間は、喉元を通り過ぎるとすぐ忘れてしまうんです。

あの炎天下の中、車を停めていると本当に冷房が効くまでまで運転したくなかったり、本当にもハンドルが持てなくなるほど熱くなってしまったり、経験がありません?

あとシートベルトを留める金具音がめちゃくちゃ熱くなって危険です。

子供が触って火傷してしまった・・・というレベルではないんですけど、そういう経験もあるので直射日光とできるってのは素晴らしいなと思います。

お買い物に行って駐車場を探す時、「できれば・・・影のある所に・・・」って日陰を探したりしません?

私よくやっちゃうんですけど、それと同じで家に日陰ができるって本当にいいことです。

霜が下りないので、フロントガラスの霜取りから完全開放

 

最後のメリットですね。

これは、あの霜が本当になくなります。

冬場のフロントガラスがガチガチ凍ってこまったことないですか?

子供を保育園に送る時に、車に乗って送り迎えするんですけれどもその時に本当に朝イチバン、ガチガチに凍ってしまってワイパーも動かないスプレーをかけ度も取れないガリガリしても取れないということもあります。

できればこれがいないと朝の本当の1分・2分から解放されるんですが、なくちゃありがたいんですよね。

さて、ここまではあの本当にいろんなブログであったりとか販売店さんのサイトで紹介されてるんですけども、私の場合はここからデメリットについてもお話ししたいと思います。

デメリットとは、お金がかかる(これは仕方ない)

本当にカーポートっていうものは高級な商品で、1台用のカーポートでも安くて10万円ぐらい。

二台用になると25万円から30万円ぐらいが、世の中のネットショップであったりホームセンターさんで売っているコスパの良いモデルの価格帯になります。

3台よりなるとグッと値段が上がって50万円か60万円ぐらいですが相場になります。

本当に夏か冬のボーナスがポーンと飛んでしまう価格になるんです。

先ほどのメリットがこの先少なくとも20年続くと思えば、安いと感じますか?

カーポートは結構耐用年数が長いのでこの対費用効果をどう考えるかはちょっと一度家族会議で出してみてもらえるといいかなと思います。

カーポートで屋根ができると圧迫感ができる

次のデメリットは屋根があると圧迫感ができてしまうということですね。

特に玄関前などやリビングの掃き出し窓前に屋根を設置する場合です。

まぁ、屋根があるだけで圧迫感はどうしても出てきてしまいます。

柱の高さはおおよそ2mから2.5mぐらいのものが標準ぐらいの高さになります。

特に理由がなければ必要以上に高くする必要はありませんので、そのままで良いんですけども。。。

どうしても通り道なれる場所などには柱の高さを高くすれば圧迫感も少なくなります。

屋根材はブルー系のものであったりブラウン系のものであったり選べるのですが、圧迫感を持ったも感じにくくするにはすりガラス調の屋根材を選ぶと最も感じにくい組み合わせになります。

ちょうど↑の画像のような組み合わせですね。

カーポートのデメリット柱が邪魔ァ!

 

次に、柱が邪魔になってしまうということです。

カーポートというものは必ず柱があります。

屋根をつける構造上どうしても柱が立ちます。

その柱位置が駐車の車に乗り降り生活の動線の邪魔になってしまう場所にあるとデメリットの方が大きくなることがよくあります。

一般的なカーポートはこの写真のような柱2柱が立ちます。

この柱位置によっては場所では家までの通行の邪魔になってしまったり、車の入港出港の邪魔になる場合はちょっと特殊なタイプのカーポートを選ぶ必要が出てきます

邪魔なカーポートの柱位置を動かす解決策1

カーポートの梁と呼ばれる部分をみよーーーんと伸ばす方法です。

一部のフラット系のカーポートは梁延長とよばれるオプションで柱位置を変更できます。

邪魔なカーポートの柱位置を動かす解決策2

 

外構業者さんのプランで一般的な代替策としては後方支柱タイプ(後ろ柱タイプ)のカーポートを提案する、もしくは梁を延長できるタイプのこの二種類のいずれかになるかと思います。

こうすることでどうしても動線上に柱をたってしまう柱を動かせたり

場合は商品の選定によって回避するというのが定石手法・模範解答になってますね。

通常のカーポートとちがい少しちょっと値段が高めになってしまうのは、仕方ないですね。

これらの商品以外では日本で市販されていないのでもうこれが無理なら、オーダーのカーポートを作ってもらうしかないですね。

カーポートは風に弱い、台風の時に対策が必要です

次に台風による対策が必要になるというところです。

カーポートの屋根材は許容以上の影響を受けると飛ぶようになっています。

これは本体の骨組みごと飛ばされてしまわないように防御機能として設計されている機能になりますなので、沿岸部であったり風の通り道になりやすい場所にカーポートを設置する場合は台風の時には対策が必要になります。

一般的には、サポート柱など屋根の補強材などを使用するのが一般的です。

最も強度の高いカーポートは折板カーポートと呼ばれる鋼鉄の屋根材を使ったカーポートです。

このタイプのカーポートで台風で破損したという例は私は聞いたことがありません。

かなり強いカーポートですので、そのぶん値段が少し高くなってしまったりば鋼鉄の屋根材を使っている関係上、屋根の下はちょっと暗くなるので先ほどの圧迫感があるというデメリットも正直ありますね。

というのがおおよそのカーポートのデメリットになります

このデメリットに関しては多分業者さんは説明しないと思います。

説明すると購買力を下げてしまうことになるのであまりこうネガティブな情報は話ししないようにすると思います。(私も接客する場合はそうしますね)

事前にこういう風な情報を知っていることで商品の選定を変えておいたり、あとは柱位置の想定をあらかじめすることができるので、やはり事前に情報を教えとっては非常に重要なことになります。

また同じ質問になりますそもそもカーポート建物的目的は何でしょうか

まあ私はエクステリアの販売する商社に勤めていますのでカーポートがが売れることに越したことはないんです。

ほんとにあたな営業マン?と突っ込まれることがありますが、せっかく高いカーポートという買い物するので、満足した買い物をしていただきたいなという風に思います。

特にカーポートって経験本当に少ないので、失敗してしまうこともあるんです。

このブログを見てくださってる方々にはこういった後悔ないように、商品情報をこれからも発信していきます。

あえて言っちゃうのですが、、、カーポートなくても生活できる贅沢品になります。

生活の質を上げるには、自動掃除機や食洗機など時短家電などの購入の方がよかったりするかもしれません。まぁ、その辺りを考慮しながら、ぜひお庭まりのことを検討いただけると幸いですw

またこう言った感じで私のブログ・YouTubeでは情報を発信していきます。

また良かったらTwitterのフォロー・YouTubeの高評価ボタンやチャンネル登録をしていただけると幸いです。

最後までご覧いただきましてありがとうございました。

外構・エクステリアを検討される方必見!

お引越し後や家を建てていている途中に検討することの多い外構工事・エクステリアについて一番の悩みは、

  1. 納得の行くプランと最適な設置方法の提案
  2. 高い工事品質と施工後の安全性
  3. 予算内に費用を抑える、工夫と商品選び

ではないでしょうか?

外構やエクステリアの予算配分で悩んでいる方へ「相見積もり」を活用することで大きく見積金額ダウンも期待できます。プラン比較も相見積もりは非常に有利ですよ。

https://link-a.net/gate.php?guid=on&mcode=x3wjetxg&acode=adpbtcgrbefa&itemid=0

さらに、タウンライフリフォームに相談すれば1社だけでなく、なんと相見積もり先の優良企業さんまで紹介してもらえます。(しかも外構業者さんには内緒で)

もう一つ特筆したいポイントとして、タウンライフリフォームは事前に紹介してもらう業者さんを指定できます。

今から業者探しをしている方は、一石二鳥の無料サービスですので利用しない手はないですね。

>>タウンライフリフォーム解説記事へ

>>タウンライフリフォーム公式サイトへ