カーポート

カーポートの建築面積の取り扱いの基準書があります【詳しくは役所で】

カーポートの建築面積について答えが欲しい人

「カーポートの屋根が全部が全部建築面積に入らないって聞いた。緩和されるケースがあるって聞いたけど、どこを調べても載ってないし、よくわからない。基準もバラバラのような感じで、何を調べたら良いかわからない。詳しい人、教えて!」

←はい。カーポートは、外壁後退などの特例を受けて建築面積の緩和があります。

私は、エクステリア専門店に商品を卸す商社マンです

はじめまして、庭ファン(@niwafan1128)と申します。

元・外構エクステリア商社の営業マンでした。

日本全国のありとあらゆる外構資材・エクステリア商品を集め、プロの業者向けに販売している年商100億を超える会社の商社マンでした。

YouTubeでも情報配信し、トータルの再生数は1,400万回を超え、チャンネル登録者数は5.9万人超になりました。

このサイトでは、お得にお庭づくりをするための外構・エクステリア商品情報やコストカットの秘訣などを、無料で配信しています

また、外構プランや商品選定のノウハウを惜しみなく詰め込んだ書籍も出版しました。

≫著書をamazonで読んでみる

外構・エクステリアは、建物の次に高額な買い物です。

絶対に、失敗・後悔してほしくないという私の思いが伝わることを願いながら、お庭づくりで悩んでいるあなたのお役に立てると嬉しいです。

サクッと画像で見たいと言う人はInstagramも参考にして下さいね!

より私の詳しい経歴・自己紹介については≫わたしのプロフィールをご参照ください。



※無料で「庭ファン」に直接、外構・エクステリアの相談できます。

「相談してみたい…」「ちょっと困っていることがある」「価格が相場通りか心配…」という方は、下記リンクからお見積り相談を申し込みの上、庭ファンまでご連絡ください。

(無料)優良外構業社を探す
≫(無料)資料請求・プロに相談する
※庭ファンがフォローアップします

その家、その家にあった最適解の外構を、わたしも一緒に考えて、素敵なお庭づくりができるように、知恵と経験を提供します!

普段は商品を卸すのみなのですが、確認申請などで強度計算書や申請資料の用意を依頼されることがあり、いわゆる4号申請の対応補助の経験は多数あります。(実際の申請は、建築士でもないので対応できませんが。。。)

今日は「カーポートの建築面積でどう計算するの?」という質問をよくいただくので、私なりの見解を元に解説とその理由もお伝えします。

「カーポートの建築面積」について調べている方へ、結論は

「役所により解釈が異なるため、明確に提示できない」

が正解になります。ですが、それだとよくわからないので、解釈を公表されている自治体の紹介と、自分のエリアの場合はどうすれば良いかをご紹介します。

事例1:福岡県北九州市のカーポートの建築面積の取り扱い

事例1:福岡県北九州市のカーポートの建築面積の取り扱い

『北九州市建築基準法関係の解説及び運用等』

第5一般構造 13.第 1・2 種低層住居専用地域内における外壁後退の取り扱いについて(P.78)(1)カーポートの取り扱い

https://www.city.kitakyushu.lg.jp/files/000833781.pdf

事例2:兵庫県神戸市のカーポート建築面積の取り扱い

事例2:兵庫県神戸市のカーポート建築面積の取り扱い

建築面積とは

庇や軒などが、柱や壁に支えられずに1メートル以上はね出している場合、その先端から1メートルの範囲は建築面積に含まれません。近年増加している戸建住宅用カーポートも、同様に建築面積の算定対象に含まれます。

神戸市 建築住宅局 建築指導部 建築安全課
http://www.city.kobe.lg.jp/life/town/house/chishiki/1-4-1.html

各区役所などの方が基準となっている書物があります

各区役所などの方が基準となっている書物があります

https://www2.icba.or.jp/products/detail.php?product_id=431

全ての自治体がこの本に倣って解釈しているわけではないのですが、私が知るいくつかの自治体はこの本の解釈を基準に判断されていることが確認できています。

ややこしいのが、市区町村別で独自で決めていること

こちらの解釈については、全国統一解釈ではなく、各市町村別で決められています。というか、担当者ごとに解釈が異なることもあるので、都度確認がどうしても必要になります。

文書化されていない、公表されていないという理由の一つです。

(amazon、Yahoo、楽天に置いていないのが残念!!!!)

カーポートの建築面積については地元の業者さんが最も詳しい

カーポートの建築面積については地元の業者さんに聞くのが一番良いですね。

なぜなら申請実績や算出実績があるからです。

カーポートを年間に何台も立てている場合や、公共工事や病院・幼稚園などの施設の工事をしている場合、申請には慣れている方が多いです。

相談先はネットショップでなく、地元に根付いて営業されている工事店さんが最適です。

地元のエクステリア専門店はネットで検索ができます

https://townlife-aff.com/link.php?i=5af26089db0f3&m=5d1ca5c339596外構・リフォーム相場を見るだけでもOK

そのお住まいの土地でカーポートの建築面積の算出基準・計算式については地元のエクステリア専門店が一番詳しいです。

なぜなら普段から、普段から申請業務を行っているからです。

もしお知り合いや地元のエクステリア専門店をご存知でない場合は、是非下記のリンクから工事店さんの検索が可能です。

≫(無料)資料請求・プロに相談する

お住まいの市区町村を入力するだけで、カーポート・コンクリートをはじめとする外構やお庭の相談も可能です。

外構費用の比較やデザインが比較も行えるので、ひとつの業者さんで見積もりを依頼するよりも適切なアドバイスやアイディアが複数業者さんからもらえるので失敗するリスクも軽減が可能です。

業者さんによっておすすめする内容が異なるかもしれませんが、提案内容に正解はありません。

私は、損をしないエクステリア見積もりを取るためにも、複数の専門業者さんにアドバイスを受けることをお勧めします。

外構・エクステリアを検討される方必見ですよ!

外構工事・エクステリアは、家を建てていている途中、お引越し後の超忙しいときに、検討することの多いです。

あなたの一番の悩みは、

  1. 納得の行くプランと最適な設置方法の提案
  2. 高い工事品質と施工後の安全性
  3. 予算内に費用を抑える、工夫と商品選び

 

では、ないでしょうか?

外構やエクステリアの予算配分で悩んでいる方へ「相見積もり」を活用することで大きく見積金額ダウンも期待できます。プラン比較も相見積もりは非常に有利ですよ。

さらに、に相談すれば1社だけでなく、なんと相見積もり先の優良企業さんまで紹介してもらえます。(しかも外構業者さんには内緒で)

また、注文をするにはリスクは伴いますが、見積もりまではノーリスクですよ。

しっかりと下調べする人が失敗しないので今から業者探しをしている方は、一石二鳥の無料サービスですので利用しないというのはもったいないですね!

≫(無料)タウンライフリフォームさん公式サイトを見る

≫外構を安くするためのテクニック7選を見る