豆知識

省エネ外構の条件とは?日光に勝る暖房なし!【お庭・エクステリア術】

今日のテーマはこちら!

「エコに暮らすお庭・エクステリア・外構術」について!

「電気を使わずに快適に、過ごせる省エネエクステリア」は、どういった設備だと思いますか?

合言葉は4つ。

  1. 遮熱
  2. 採光
  3. 採風
  4. 再利用

この4つをテーマにお話しします。

結論として、「自分で身銭を切って買うには、コレ!」もご紹介!

元・エクステリア商社営業マン、外構の専門家です

元・エクステリア商社営業マン、外構の専門家です

はじめまして、庭ファン(@niwafan1128)と申します。

元・外構エクステリア商社の営業マン。日本全国のありとあらゆる外構・エクステリア商品を集め、プロの業者向けに販売している年商100億を超える会社の商社マンでした。

その後、2020年2月よりYouTubeでも情報配信しており、137万回以上再生されている動画もあり、トータルの再生数は800万回を超え、チャンネル登録者数は4.0万人超になりました。

このページでは、お得にお庭づくりをするための外構・エクステリア商品情報やコストカットの秘訣などを、無料で配信しています

また、外構プランや商品選定のノウハウを惜しみなく詰め込んだ書籍も出版しました。

≫著書をamazonで読んでみる

外構・エクステリアは、建物の次に高額な買い物です。

絶対に、失敗・後悔してほしくないという私の思いが伝わることを願いながら、お庭づくりで悩んでいるあなたのお役に立てると嬉しいです。

より私の詳しい経歴・自己紹介については≫わたしのプロフィールをご参照ください。

あまり情報がでてなかったので、エコ・省エネの外構について私の視点を紹介します。

エコ外構・省エネな「エクステリア」

エコ外構・省エネな「エクステリア」

ここでいう「省エネの定義」は「電気を使わずに快適に過ごせる」ということ。

そのためには、4点押さえてはいけないといけないポイントがあります。

  1. 遮熱
  2. 採光
  3. 採風
  4. 再利用

この4つが、最低限押さえておくべきポイントです。

1.遮熱 外から入ってくる熱を遮断して省エネ

1.遮熱

特に夏場は、外から入ってくる熱を遮断しておくというのが非常に重要。

今年の夏のこと思い出してください。

そういえば記録的な猛暑でした。

非常に暑い、酷暑となりましたのでクーラーを多用された方も多いでしょう。

外から入ってくる熱を遮断することで、クーラーの電気代を節約でき、熱中症予防につながります。

太陽光とうまくお付き合いが、省エネを実現するに非常に重要!

2.採光 屋外の光を存分に取り入れて省エネ

2.採光

家の中を明るくするためには採光が必要。

住居とするためには、建築基準法で床面積の1/7以上窓にする必要があります。

窓があると明るくなり、照明・電気が不要に。

ですが、窓が大きすると暑いし、寒いという風な諸刃の剣…。

窓ともうまくお付き合いすることが必要です。

新築であれば調整ができますが、住んでからの調整はなかなか難しい…。

そこで、外構・エクステリアで(外から)改善する、リフォームするのが良い!

3.通風 風を味方につけて省エネする

3.通風

意外に盲点になりがちな通風。

通風性を確保することで湿気対策になり、暑くなりにくい家になります。

外構のデザインの選択肢の一つに分けていただきたい!

4.再利用 大地のめぐみを貯めて、使いたいときに使う

4.再利用この最たる例が、太陽光発電。

天から降ってくる日光や雨を使って家庭菜園などをします。

  • 自然の恵みを貯めて
  • 自然の恩恵を受ける
エコに生きていくためには必須!

エネルギー消費は、冷暖房が圧倒的に多い

エネルギー消費

ここまで4つ紹介させていただきました。

紹介してる順番は、私が思っている優先順位です。

ここでいう省エネというのは、電気・ガスをかけずに快適に過ごせるということ。

省エネというのは、電気代・ガス代のコストカットができる順番

と、考えて頂ければと思います。

上記の資料は、エネルギー省から発表されている資料で、一般家庭のエネルギーはどこに使われているのかを示しています。

やはり暖房に多く使われている!

エクステリアから給湯の部分を触るというのは難しいので、

  • 暖房
  • 冷房
  • 照明

ここに絞ってお話をしますね。

照明は、比較的にLED化が進んでいて、外の光を入れることで省エネの恩恵を得るというのがなかなか難しいです。

やはりメインは暖房・冷房!

今回紹介するのは実益主義のタイプで、残念ながら「地球に良いという順番」ではありません。

節約しながら生活するよりも、ラクをして生活を良くしたい目線で紹介させていただきます。

遮熱して、エコに暮らす

遮熱

「遮熱」してエコで快適に過ごす。

この遮熱に関して、屋外で日光を遮熱・遮断が最も効果的と言われています。

その効果は、「冷房費を2/3カットできる」という研究結果もあり。

※日本オーニング協会が実験をして算出した結果

実際のところは、屋外にオーニングなくても影が作れれば何でも良いです。

よく出されるのが、これら。

  • オーニング
  • シェード
  • テラス屋根
  • 木陰など
屋外にオーニングなくても影が作れれば何でも良い
比較的、手軽に付けられるシェードなどが人気!

グリーンカーテンなどを使って、屋外にカーテンを付け遮光できるものが、エコで非常に良いかなと思っています。

逆に、年中カットしてしまうと冬場困ってしまいます。

オーニング・シェードは、取り外し&収納が可能なので良いのですが、テラス屋根になると、ずっと屋根がある状態。

冬場、逆に困ってしまうというデメリットがあります。

変更ができない部分は、シェードやオーニングなどで対応するのがいいでしょう。

あとからのリフォームは、コストも非常に安く手軽に進められる遮熱・遮光を考慮に入れていただきたいです。

採光して、家を明るく過ごす

採光

ここでまず主張したいのは、「日光に勝る暖房は無し」という言葉。

エネルギー省のデータからも、やはり暖房にかなりのエネルギーを使っているということがわかります。

エネルギー消費
日光は明かりを取り入れるだけではなく、熱も入ってきます。

熱を冬場は存分に部屋に取り切る必要があるのです。

取り入れるためには、大きな窓が必要になります。

窓があればあるほど、寒くなってしまうデメリットも。

光を取り入れるに最も良いという方法は、屋根はない状態!

光を取り入れるに最も良いという方法は、屋根はない状態
遮蔽物がない状態で日光存分に浴びるのが、最適な状態です。

ですが、

  • 外から丸見えになってしまったり
  • 雨で汚れてしまったり

ということがあるので、付ける屋根もできるだけ明るい屋根材を使いましょう。

もしくは、床の照り返しを得ましょう。

比較的明るめのタイルデッキなどを敷くことで、部屋の中に日光と熱を取り入れることができるようになります。

夏場と冬場で、陰の大きさや入射角が変わってきます。

このあたりは、実際に家に住まわれてから決めて頂くのも良いですよ!

「日光に勝る暖房はありません」

採光をどうやって取り入れていいか、考慮しながら家づくりであったり外構設計をしていただけると良いですね!

採風で、家中快適に過ごす工夫

採風

風の通り道があると、お庭の湿気対策・コケ対策になります。

立地条件・方角もあるので、あとからの変更点難しい点。

ですが、エクステリア・外構を設置して風の流れを断ち切ってしまうと変な風だまりができてしまったりします。

採風は見落としがちですが、一つ考慮に入れていただきたい!

もし家に採風用の窓がある場合、そこをエクステリアなどで囲ってしまうと、せっかくの窓が活きてきません。

  • 設計のタイミング
  • 家の窓の形状
両方合わせて検討していただきたいです!

具体的な商品

具体的な商品

具体的な商品は、

  • 通風ブロック
  • ルーバーフェンス
  • エスパリアフェンスなど

個人的には、遮熱や採光に比べて通風性というのは非常に実感がしづらい…。

重要度としては、そこまでまで高くない・・・と、思っています。

再利用できる環境を整える

再利用

天から降ってくる太陽や雨。

この恵みは貯めておかないと失い、そのまま流れていってしまいます。

溜め込む設備というのが必要!

具体的な商品名

具体的な商品名

商品名は、

  • 太陽光のカーポート
  • 雨水タンク
  • 花壇など

先ほどの通風性と同じで、費用対効果としてはちょっと低い傾向にあり。

水道代・電気代に比べるとコストパフォーマンスが悪く、設備の投資にも費用がかかります。

家庭菜園など「食育」という観点もあります。

すべてコストパフォーマンスで判断するわけではありませんが、「遮熱」「採光」
に比べると費用対効果は低くなります。

\まずは、無料優良外構業社を検索する
≫資料請求・プロに相談する(無料)
※見積は何度でも無料です。

私が身銭を切って、設置するなら

身銭を切って、設置するなら

ここまで4つ解説しましたが、「私が自分で買うならどれを設置するか」というお話をします。

外構のプロである私が、自分ならコレ!というポイントです。

設置するのは、テラス屋根!

やっぱり一番明るい屋根材のテラスです。

やっぱり一番明るい屋根材のテラスです。

大きさは、壁から約4尺~5尺。

120cm~150cmぐらいまでの比較的小さいサイズ。

  • 洗濯物干し
  • 作業スペースなど

ちょうど良いサイズで、窓も雨で汚れることもありません。

見た目も良いサイズ感ですよ。

今の私の生活スタイルでは、屋根は欲しい!

その中で、屋根材をどれを選ぶのかというところですが、遮熱タイプで明るいというものが最近は人気です。

新発売ということもあって採用率が高い!

ですが、私が選ぶのは、通常グレードの採光率の高いタイプ。

各メーカーさんから、ポリカーボネートと呼ばれる屋根材のグレードが2種類あります。

  1. 普通のグレード
  2. ハイグレード

熱線吸収・熱線遮断といったものではなく、普通のポリカーボネートを採用します。

そうすると、若干ですが採光率が高い!

光の取り入れる割合が若干高いので、暗くなりにくく、日光・熱も取り入れやすい性質があります。

夏場はシェードで遮光

夏場はシェードで遮光

ポリカーボネートのテラス屋根は、夏場に熱くなってしまいます。

そこで、夏場に採用するのはシェード!

本当は、メーカーさんが用意している純正品のシェードをオプションで採用したいのですが、このシェードが高額!

ウッドデッキをつけるときと同じぐらい費用が高いんです。

非常に高額になるので、私はホームセンターさんで売っている布のシェードを買ってきて取り付けます。

垂木と呼ばれる縦桟の裏側からヒートピンをねじ込んで、それにフックに引っ掛けて取り付け。

垂木(縦桟)のところは、洗濯物の物干し竿をかけたりするために、加工しても良いような
設計になっています。

そういった場所を利用して、ヒートピンでシェードを引っ掛けます(自己責任)。

冬場は要らないので、

  • 壁側に寄せておく
  • 物置の中にしまっておく
このような対策を取ります。

断熱では圧倒的に内窓

断熱では圧倒的に内窓

家の中の話になりますが、断熱するには圧倒的に「内窓」がいいです。

特に冬場は、「家の中の熱を外に逃がさない」というのが非常に重要。

内窓ほどコスパが良くて、断熱効果が高いっていう商品は世の中にありません!

しかも今回、エコポイント制度も復活しました!

家の中のことなので、私の専門外になってしまいますが、機密性を上げることもできる内窓は是非検討していただきたいと思います。

採風・再利用は、ごめんなさい。

採風・再利用は採用しない

通風・再利用を紹介しましたが…ごめんなさい、今回は採用しません。

この2つに関しては、コスパが悪いです。

ぶっちゃけたところ、断熱と採光の2つを取り入れることで、リビングや居室の快適性かなり上がります。

私は断熱と採光の2つに投資をしたいと思います!

\まずは、無料優良外構業社を検索する
≫資料請求・プロに相談する(無料)
※見積は何度でも無料です。

省エネ外構の条件とは?日光に勝る暖房なし!【まとめ】

省エネ外構の条件とは?日光に勝る暖房なし!【まとめ】外構という視点で、「電気を使わずに快適に過ごせる、お庭・エクステリア術」を紹介させていただきました。

対策のポイントとしては、4つ。

  1. 遮熱
  2. 採光
  3. 採風
  4. 再利用

特に夏場入ってくる熱をオーニング・シェードで日光の熱をカット。

クーラーの光熱費がカットできます。

シェードであれば、ホームセンターなどで3千円ぐらいで安く販売されています。

これを併用していただくのが、コスパ最強です。

そして家の中に入ってくる「光」

存分に取り入れるために、できれば「屋根をつけない」という選択肢をとって頂きたい。

そうは行かない場合、遮熱タイプのものではなく、ノーマルグレードのものを採用してください。

もう一度、言いますけども「日光に勝る暖房はありません」

できるだけ日光を取り入れるような窓の位置であったり、使い方をしましょう。

採風の窓がある場合は、湿気対策・コケ対策にも重要になります。

この辺り、意図せず風のとおり道を遮ってしまわないように考えていただきたいと思います。

自然の恵みを貯めて再利用するためには、ソーラーや雨水タンクなどが重要に。

ただ、経済的な部分でいくと重要度は低いです。

最後におすすめしたい手法として「テラス屋根に明るい屋根材・シェードをつけて内窓をつける」

これらは、非常に耐用年数も長くて効果も得やすいです。

セコセコ節約するよりも、「こういったものを投資して楽して生活を良くしたい」という目線で選択する。

自分の財布からお金出して買うならば、断熱と採光の2つに投資!

\まずは、無料優良外構業社を検索する
≫資料請求・プロに相談する(無料)
※見積は何度でも無料です。

タダで効率的に、見積もり金額を下げるテクニック

外構・エクステリア商品は人生でも購入することも、普段意識することもないので、急に言われても相場価格・費用感がわからないですよね。

そんなあなたに最強のテクニックをご紹介します。(乱用厳禁です。

実は、テクニックは簡単です。


≫ほしい商品/したい工事が決まっている場合

「「○○(商品名)は何%OFFで購入できますか?」」
「「○○(工事名)の過去実績はありますか?」」


≫ほしい商品/したい工事が決まってない場合

「「○○(カーポートなど)で一番安くできる商品は、いくらぐらいで、何%OFFですか?」」
「「○○(工事個所・手法など)の普段対応されていますか?」」


と、業者さんに問い合わせてください。

この質問が≪最も効率的に、最安値に近づける最適解≫と思っています。

いやらしい話、メーカーさんから出荷された商品はどこで買っても品質は同じです。

ですが、不思議と業者さんによって、同じ商品でも50%OFFの業者さん55%OFFの業者さんが存在します。

そして、工事内容については、外構と一口に言っても、土間工事が得意・ブロック積みが得意・タイルが得意などなど、外構業者さんの中でも得意・不得意が分かれています。

ワリと、複雑な業界構造・商慣習があり、このような状態になっています。

意外と複雑なんです。外構って。。。

そんないくつも業者さんを探して、つどつど問い合わせるのも面倒だという方は、無料で優良業者さんを簡単に検索できるサービスがありますので、ぜひご利用ください。

 

登録されている業者さんは約300社以上と、正直私から見て非常に多いと思います。

≫タウンライフリフォーム公式サイトを見る

一生のうちに外構やエクステリアをリフォームをすることは2回・3回と経験するもではないですよね。

だからこそ後悔しないように、価格を安くするだけではなく、失敗しないリフォームをするためにも、リフォーム会社選びは慎重になりつつ、1社ではなく複数業者に依頼を私は強くオススメしています。

複数業者さんに相談すると、何度も打ち合わせするのは確かに面倒です。

ですが、そのたびに見聞きすること、プロと会話をすることで知らず知らずに経験値が手に入り、多角的に検討ができるようになり、実は、リフォームの失敗する可能性がドンドン低くなります。

庭ファン
庭ファン
情報をしっかり調べているあなたなら大丈夫です!安心してください!

先ほど紹介したタウンライフリフォームさんは業者さんの登録審査が厳しく、悪徳業者は完全に排除されます。

その反面、登録業者数が少ない地域がありますが…精鋭部隊なので安心してください。

リストを見ていただけるとわかると思いますが、大手ハウスメーカーから地元の工務店まで網羅し、ガーデンリフォームを検討している方も安心してご利用いただけます。

それに、どこの業者さんに依頼するかは自分で決めることができます。

≫実際に表示のサンプルで見てみる(神奈川県横浜市緑区の例)

お悩みワンコ
お悩みワンコ
えーーー。いちいち、めんどくさいなぁ。近くの業者に頼んだらいいじゃん

庭ファン
庭ファン
自分で、店舗に訪問して相談したり、ネットで自力で探し出して、毎回住所を入力するよりはるかにラクチンですよ!

入力は必要最小限の項目だけでたった3分で終わります。

エンジンをかけて、車に乗って、外構業者さんの店舗に出かける必要もありません。

業者さん探しの手間が省けます!

それに、本来一番重要である商品の検討&プランの検討に時間を使えるようになるので、本質的に、正しく検討ができるようになりますよ。

そうすることで成功に近づき、リフォームで失敗する可能性が低くなります。

よく聞く話ですが、業者さん探しに億劫になってしまって、商品選びに疲れてしまって・・・結局、何をしたかったか見失ったりしませんか?

お悩みワンコ
お悩みワンコ
でも、いきなり電話がかかってくるのが嫌。どこのだれかわからないのは不安なの

庭ファン
庭ファン
確かに、急に電話がかかってくると不安ですよね!

要望・内容のところに、「電話ではなく、メールで相談希望」と入力すれば、最初のアクションはメールで連絡があります。(↑の文言はコピペしてもらってOKです)

事前に要望を出すことで、その不安は解消できますね。

そして、何と言っても相見積もりを取ることの最大のメリットは前述の通り「価格が安くなることが多い」ことです。

業者さんによって、エクステリア商品・工事費用に大きな差があります。

実際の訪問までの相見積もりは2社ほどでも問題ないのですが、価格や割引率の事前確認は、できるだけ多くの業者さんに相談してみるのをお勧めします。

お悩みワンコ
お悩みワンコ
50%OFFでお得!と思っていても、実は別の業者さんでは55%OFFで販売されていた!

お悩みワンコ
お悩みワンコ
え?!チラシを見ると買った商品よりも5%も安い・・・知らない間に5%も損していた・・・

庭ファン
庭ファン
やっぱりそうですよね…、相見積もりを取ることではじめてわかることもあります!

特にカーポートやフェンスなどは価格が大きくなることが多く、5%の差でも金額にすると2万円~3万円変わってきます。

1時間~2時間の打ち合わせで、この先10年~20年使うお庭が変わるので、ここを手を抜いてしまうともったいない!

割と、ちょっと行動するだけでウン万円が安くなることがあります。

実際、Twitterや掲示板で相談いただく方のほとんどは、見積もり精査をすることでお得に工事できてるんですよね。

少しの手間、打ち合わせの時間を取るだけで、数万円安くなります。

残業代で稼ぐよりかは圧倒的に効率が良い訳で…。ぜひこの機会にお試しあれ〜。

※参考に4メートル幅の目隠しフェンスを設置するお見積りで、私も間に入って交渉をして、16.2万円の見積もりを11.0万円まで、5万円強も下げることもできた事例もあります。

業者さんによってオススメする内容・プランが異なるかもしれませんが、外構工事やリフォーム工事には正解はありません。

私は、見積もりを値下げするためにも、損しないためにも「業者さん探し」に力をいれてみるのをオススメしています。

庭ファン
庭ファン
じゃぁ、自分とマッチしてそうな必要な2社だけに最初は依頼してみよう!

という風なカスタマイズができるので非常に良心的な会社だと思います。

これからも長い生活を送る住まい・環境をより快適なものにするために、優良業者さんと出会うことは不可欠です。

≫タウンライフリフォーム公式サイトを見る

しかも、いまならタウンライフリフォームさんで工事を依頼すると1000円分のクオカードがもれなくもらえるキャンペーン中です。

無料で使えるサービスを利用して、お得に工事して、さらにクオカードがもらえるのはお得すぎますね!

≪無料≫失敗しないため「庭ファン」がフォローします

最後に、期間限定&庭ファン限定のお得情報の告知をさせていただきます!

※このサイト経由で、タウンライフリフォームさんに申し込んでいただいた方限定です。

私は、メーカー・工事業者の原価を知っている立場にいます。

そんな私が、あなたの外構・エクステリアリフォームのお手伝いをします!

Twitterやメールでお問合せいただいた方のプランを一緒に考えたり、商品選定のアドバイスや相場価格チェック、価格交渉のポイントなど、過去たくさんの値引き交渉をお手伝いしています。

そこで、このサイト経由で、タウンライフリフォームさんに2社以上見積もり依頼を申し込んでいただいた方に限り、≪無料で外構プランや価格交渉・相場チェック≫のフォローアップをします!

特にお金を頂いたりもしません。匿名でも、まったく問題ありません。

ぜひ、浮いた予算で家の中の家電製品をグレードを上げたり、また予算を変えずにプランや商品のグレードをアップさせることもできますよ!

ただ、あまりにもたくさん依頼があると私も手が回らなくなるので・・・毎月先着30名様限定にさせていただいています。

※毎日たくさん申し込みがあるので、検討中の方は急いでいただきたいです。

また依頼数が大変多く、翌月以降も実施できるか確約ができませんので(スミマセン…。)、検討をされている方はお早めに!

≫無料でフォローサービスを受けつつ、優良業者さんを探す!

※無料のフォローアップはこのサイト経由で、タウンライフリフォームさんに申し込んでいただいた方限定です。

最後までご覧いただきまして有難うございました!

外構・エクステリアを検討される方必見!

お引越し後や家を建てていている途中に検討することの多い外構工事・エクステリアについて一番の悩みは、

  1. 納得の行くプランと最適な設置方法の提案
  2. 高い工事品質と施工後の安全性
  3. 予算内に費用を抑える、工夫と商品選び

ではないでしょうか?

外構やエクステリアの予算配分で悩んでいる方へ「相見積もり」を活用することで大きく見積金額ダウンも期待できます。プラン比較も相見積もりは非常に有利ですよ。

https://link-a.net/gate.php?guid=on&mcode=x3wjetxg&acode=adpbtcgrbefa&itemid=0

さらに、タウンライフリフォームに相談すれば1社だけでなく、なんと相見積もり先の優良企業さんまで紹介してもらえます。(しかも外構業者さんには内緒で)

もう一つ特筆したいポイントとして、タウンライフリフォームは事前に紹介してもらう業者さんを指定できます。

今から業者探しをしている方は、一石二鳥の無料サービスですので利用しない手はないですね。

≫タウンライフリフォーム公式サイトを見る

≫外構を安くするためのテクニック7選を見る