照明

お庭の照明にはハズせないポイントがあります!テクニック5選を大公開!

お悩みワンコ
お悩みワンコ
お庭を明るく照らしたい!

お悩みワンコ
お悩みワンコ
おしゃれに見せられたらいいなぁ!

お庭のライティングには照明テクニックが必要!

おしゃれなお庭に良く採用されているのが照明。

ただ、単純に照明を設置したらいいというわけではありません!

この記事では、照明に外せないポイントを紹介します。

まず、ライティングテクニックが数種類あることを知ってますか?

お庭を魅せる照明テクニック5選

  1. シンボルライティング
  2. ウォールライティング
  3. シルエットライティング
  4. シャドウライティング
  5. リズムライティング

これらをうまくつかって、対象となるシンボルを照らすのがおしゃれなお庭の照明テクニック。

具体的な方法を外構の専門家が解説します!

あなたのおうちも一気におしゃれに!

元・エクステリア商社営業マン、外構の専門家です

元・エクステリア商社営業マン、外構の専門家です

はじめまして、庭ファン(@niwafan1128)と申します。

元・外構エクステリア商社の営業マン。日本全国のありとあらゆる外構・エクステリア商品を集め、プロの業者向けに販売している年商100億を超える会社の商社マンでした。

その後、2020年2月よりYouTubeでも情報配信しており、143万回以上再生されている動画もあり、トータルの再生数は1,000万回を超え、チャンネル登録者数は4.8万人超になりました。

このページでは、お得にお庭づくりをするための外構・エクステリア商品情報やコストカットの秘訣などを、無料で配信しています

また、外構プランや商品選定のノウハウを惜しみなく詰め込んだ書籍も出版しました。

≫著書をamazonで読んでみる

外構・エクステリアは、建物の次に高額な買い物です。

絶対に、失敗・後悔してほしくないという私の思いが伝わることを願いながら、お庭づくりで悩んでいるあなたのお役に立てると嬉しいです。

より私の詳しい経歴・自己紹介については≫わたしのプロフィールをご参照ください。

お庭の照明テクニック1:シンボルライティング

シンボルライティングは、スポットライトのように照らす手法。

スポットライティングとも呼ばれます。

  • 植栽
  • 表札
  • 車など

より映えるようにライティングをするのです。

夜は真っ暗になってしまう外構。

キレイに施工してたお庭は、ライティングで夜もキレイに見せられます。

といっても、注意点もあり!

注意点

照明は設置して終わりではありません。

  • 必要な時にライトアップ
  • 必要ない時には消す
  • 光りを別場所に移動
多少のメンテナンスが必要になることもあり!

お庭の照明テクニック2:ウォールライティング

お庭の照明テクニック2:ウォールライティング

ウォールライティングとは、照明を当てて壁面を大きく映し出すテクニック。

昼間はシンプルな外壁も、夜はライトで照らすことでシンボリックになります。

昼と夜の差がドラマティック!

  • 面積が大きいので目立つ
  • 高級感が出る

照明を2,3個入れることで対応が出来るので費用対効果も高いです。

注意点

計画のタイミングから「ウォールライトをする!」と決めておく必要があります。

  • 雨樋
  • 換気口
  • 電気配線

これらが照らしたい壁にあると台無しになるからです。

また、壁の色が暗いと照明が映えないので、明るい白やクリーム色にしておく必要があります。

事前の計画が大事!

グランドアートウォールという照明が映える塀があるのをご存じですか?

詳しくは「グランドアートウォールで理想の塀を手に入れよう!【自由発想×デザイン×安心】」の記事で!

やっと出会えた、理想の塀。それは、グランドアートウォール【自由発想×デザイン×安心】この記事では、グランドアートウォールについて解説します。 外構の塀でよく採用されるのは、これら。 生け垣 ブロック塀 ...

お庭の照明テクニック3:シルエットライティング

お庭の照明テクニック3:シルエットライティング

先ほどのウォールライティングの小規模版がシルエットライティング。

シンボルのシルエットを見せるために、まず壁に照明を当てます。

壁に光を当てることで前にある植栽のシルエットをキレイに見せるテクニックです。

注意点

裏側に実はスペースが必要になるので、シルエットライティングが出来ない場所もあります。

お庭の照明テクニック4:シャドウライティング

お庭の照明テクニック4:シャドウライティング

シャドウライティングは壁面などにシンボルを映し出す手法。

まるで影絵のようでとても美しい!

植栽が揺れると影も揺れ、幻想的な風景を作り出します。

私が一番好きなライティングテクニックです!

影を映し出す場所は壁面に限らず、

  • ウッドデッキの床面
  • 天井

こういった場所にも採用可能。

縦フェンスとの相性も良く、フェンス裏に照明を仕込むことで縦ラインのスリットが映えます。

コストも低く設置できるので、グッと引き締まった外構に!

注意点

この画像では、

  • 映しているもの
  • 使っている照明器具

実は同じものを使っています。

どの方向から照らすかでライティングの表現技法が変わるのです。

ライトを設置してみて、「ちょっと違った」という場合など、表現技法を変えて対応できます。

固定式でない照明器具は、色々な場所に置き換えることも可能。

季節によって気分を変えることもできますよ!

お庭の照明テクニック5:リズムライティング

お庭の照明テクニック5:リズムライティング

リズムライティングとは、リズミカルに照明を配置する表現技法。

  • 施設
  • ホテル
  • 旅館など

アプローチや通路に最適です。

旗竿地など、歩行距離が長い場合には特におすすめ!

まるでレッドカーペットのように高級感を演出!

注意点

デメリットは配線距離が長くなること。

  • 配置の手間
  • 工事費用がかさむ

お庭の照明の選び方

お庭の照明の選び方

まず注意点。

電気配線は、電気工事士の国家資格を所有する人しか工事できないと法律で決まっています。

そのため、この記事で紹介するのは工事不要なコンセント式の商品のみ!

そのコンセント式の商品で特におすすめなのがこの2つ。

  1. 置くだけタイプ
  2. スパイクタイプ

置くだけタイプ

その名の通り、置くだけで簡単に使えます。

  • ベランダ
  • ウッドデッキ
  • アプローチ

置くだけタイプ 拡散照明

置くだけタイプ 下方拡散照明

スパイクタイプ

スパイクタイプは土に刺すだけ!

樹形が変わっても移動ができ、照明の角度の修正もききます。

スパイクタイプ 集光照明

デメリット

工事不要なコンセント式の照明は、コンセントがないと設置できません。

近くにコンセントがない場合は、ホームセンターなどで市販されている防水の延長コードで対応可能。

\まずは、無料優良外構業社を探す
≫資料請求・プロに相談する(無料)
※見積は何度でも無料です。

お庭の照明の明るさ基準

お庭の照明の明るさ基準

照明の明るさのひとつの基準は30lx(ルクス)以上。

ものが照らされていると認識できるのは30lxからです。

照度図の実例

照度図の実例

照明商品には必ず、照度図がついています。

照度図をみて30lxの確認をとるのです。

照明は精密機器。

ごくまれに照度図がない商品がありますが、採用しないようにしましょう。

照度図がないということは、品質が安定していない可能性も。

パナソニック製品なら質も良く間違いなし!

距離の2乗に反比例して、照度は下がっていきます。

距離が2倍になれば、2の2乗の1/4。

3倍になれば、3の3条の1/9になるのです。

具体的に見てみましょう!

こちらのライトは、光源から直線距離2mの位置だと、直径約80cmを100lxで照らせます。

実際の光りのイメージはこちら。

照度図に光り具合を差し込みました。

  • 集光・スポットライト
  • 広角・拡散ライト

種類が変われば、光りの拡散具合も変わります。

オリーブの木をはめ込んだイメージはこちら。

集光タイプであれば、シュッとした樹形の植栽に適しています。

ですが、広角タイプになるとせっかくの樹形が生かせない光りの届き方になってしまい不向きです…。

反対に、広がりのある樹形だとどうでしょう。

集光タイプは葉先まで照らすことができず、樹形がわかりづらくて不向きに…。

広角タイプだと葉先まできれいに照らせますね。

樹形や植栽の背の高さに合わせてライトを選定しましょう!

  • 照らしたいシンボルの形
  • 光りの量
  • 光りの角度

植栽全体が30lx以上になるよう、配当するのがベストです。

お庭の照明にはハズせないポイントがあります!テクニック5選を大公開!【まとめ】

お庭の照明にはハズせないポイントがあります!テクニック5選を大公開!【まとめ】

お庭を魅せる照明テクニック5選

  1. シンボルライティング
  2. ウォールライティング
  3. シルエットライティング
  4. シャドウライティング
  5. リズムライティング

照らしたいシンボルを決めたあとに、光量と広角を30lx以上確保できるよう設定しましょう。

最低限、失敗しない為の照明の選び方ですよ!

\まずは、無料優良外構業社を探す
≫資料請求・プロに相談する(無料)
※見積は何度でも無料です。

タダで効率的に、見積もり金額を下げるテクニック

外構・エクステリア商品は人生でも購入することも、普段意識することもないので、急に言われても相場価格・費用感がわからないですよね。

そんなあなたに最強のテクニックをご紹介します。(乱用厳禁です。

実は、テクニックは簡単です。


≫ほしい商品/したい工事が決まっている場合

「「○○(商品名)は何%OFFで購入できますか?」」
「「○○(工事名)の過去実績はありますか?」」


≫ほしい商品/したい工事が決まってない場合

「「○○(カーポートなど)で一番安くできる商品は、いくらぐらいで、何%OFFですか?」」
「「○○(工事個所・手法など)の普段対応されていますか?」」


と、業者さんに問い合わせてください。

この質問が≪最も効率的に、最安値に近づける最適解≫と思っています。

いやらしい話、メーカーさんから出荷された商品はどこで買っても品質は同じです。

ですが、不思議と業者さんによって、同じ商品でも50%OFFの業者さん55%OFFの業者さんが存在します。

そして、工事内容については、外構と一口に言っても、土間工事が得意・ブロック積みが得意・タイルが得意などなど、外構業者さんの中でも得意・不得意が分かれています。

ワリと、複雑な業界構造・商慣習があり、このような状態になっています。

意外と複雑なんです。外構って。。。

そんないくつも業者さんを探して、つどつど問い合わせるのも面倒だという方は、無料で優良業者さんを簡単に検索できるサービスがありますので、ぜひご利用ください。

≫リショップナビ公式サイトを見る

一生のうちに外構やエクステリアをリフォームをすることは2回・3回と経験するもではないですよね。

だからこそ後悔しないように、価格を安くするだけではなく、失敗しないリフォームをするためにも、リフォーム会社選びは慎重になりつつ、1社ではなく複数業者に依頼を私は強くオススメしています。

複数業者さんに相談すると、何度も打ち合わせするのは確かに面倒です。

ですが、そのたびに見聞きすること、プロと会話をすることで知らず知らずに経験値が手に入り、多角的に検討ができるようになり、実は、リフォームの失敗する可能性がドンドン低くなります。

庭ファン
庭ファン
情報をしっかり調べているあなたなら大丈夫です!安心してください!

先ほど紹介したリショップナビさんは業者さんの登録審査が厳しく、悪徳業者は完全に排除されます。

定期的に見直しが図られているので、登録業者数が少ない地域がありますが…精鋭部隊なので安心してください。

サイトを見ていただけるとわかると思いますが、大手ハウスメーカーから地元の工務店まで網羅し、ガーデンリフォームを検討している方も安心してご利用いただけます。

それに、専門コンシェルジュがついて、優良業者さんを紹介してもらえます

お悩みワンコ
お悩みワンコ
えーーー。いちいち、めんどくさいなぁ。近くの業者に頼んだらいいじゃん

庭ファン
庭ファン
自分で、店舗に訪問して相談したり、ネットで自力で探し出して、毎回住所を入力するよりはるかにラクチンですよ!

入力は必要最小限の項目だけでたった1分で終わります。

エンジンをかけて、車に乗って、外構業者さんの店舗に出かける必要もありません。

業者さん探しの手間が省けます!

それに、本来一番重要である商品の検討&プランの検討に時間を使えるようになるので、本質的に、正しく検討ができるようになりますよ。

そうすることで成功に近づき、リフォームで失敗する可能性が低くなります。

よく聞く話ですが、業者さん探しに億劫になってしまって、商品選びに疲れてしまって・・・結局、何をしたかったか見失ったりしませんか?

お悩みワンコ
お悩みワンコ
でも、まだリフォームするかどうかも決めてないのに、相談していいの?

庭ファン
庭ファン
大丈夫です。安心してください、実際見積もりがないと判断ができないですし、見積り依頼したら注文しないといけないわけではないですよ。

不安があるなら、コンシェルジュに、「注文できるかどうか、まだわからなくて・・・」と言ってもらえれば大丈夫です。懇切丁寧に相談に乗ってもらえます。

また事前に要望を出すことで、その工事を得意な業者さんを紹介してもらえます。

そして、何と言っても相見積もりを取ることの最大のメリットは前述の通り「価格が安くなることが多い」ことです。

業者さんによって、エクステリア商品・工事費用に大きな差があります。

実際の訪問までの相見積もりは2社ほどでも問題ないのですが、価格や割引率の事前確認は、できるだけ多くの業者さんに相談してみるのをお勧めします。

お悩みワンコ
お悩みワンコ
50%OFFでお得!と思っていても、実は別の業者さんでは55%OFFで販売されていた!

お悩みワンコ
お悩みワンコ
え?!チラシを見ると買った商品よりも5%も安い・・・知らない間に5%も損していた・・・

庭ファン
庭ファン
やっぱりそうですよね…、相見積もりを取ることではじめてわかることもあります!

特にカーポートやフェンスなどは価格が大きくなることが多く、5%の差でも金額にすると2万円~3万円変わってきます。

1時間~2時間の打ち合わせで、この先10年~20年使うお庭が変わるので、ここを手を抜いてしまうともったいない!

割と、ちょっと行動するだけでウン万円が安くなることがあります。

実際、Twitterや掲示板で相談いただく方のほとんどは、見積もり精査をすることでお得に工事できてるんですよね。

少しの手間、打ち合わせの時間を取るだけで、数万円安くなります。

残業代で稼ぐよりかは圧倒的に効率が良い訳で…。ぜひこの機会にお試しあれ〜。

※参考に4メートル幅の目隠しフェンスを設置するお見積りで、私も間に入って交渉をして、16.2万円の見積もりを11.0万円まで、5万円強も下げることもできた事例もあります。

業者さんによってオススメする内容・プランが異なるかもしれませんが、外構工事やリフォーム工事には正解はありません。

私は、見積もりを値下げするためにも、損しないためにも「業者さん探し」に力をいれてみるのをオススメしています。

庭ファン
庭ファン
じゃぁ、自分とマッチしてそうな必要な2社だけに最初は依頼してみよう!

という風な形でコンシェルジュに相談ができるので非常に良心的な会社だと思います。

これからも長い生活を送る住まい・環境をより快適なものにするために、優良業者さんと出会うことは不可欠です。

≫リショップナビ公式サイトを見る

しかも、いまなら≫リショップナビさんに最大で30,000円分のamazonギフト券がもれなくもらえるキャンペーン中です。

無料で使えるサービスを利用して、お得に工事して、さらにamazonギフト券がもらえるのはお得すぎますね!

≪無料≫失敗しないため「庭ファン」がフォローします

最後に、期間限定&庭ファン限定のお得情報の告知をさせていただきます!

※このサイト経由で、リショップナビさんに申し込んでいただいた方限定です。

私は、メーカー・工事業者の原価を知っている立場にいます。

そんな私が、あなたの外構・エクステリアリフォームのお手伝いをします!

Twitterやメールでお問合せいただいた方のプランを一緒に考えたり、商品選定のアドバイスや相場価格チェック、価格交渉のポイントなど、過去たくさんの値引き交渉をお手伝いしています。

そこで!

このサイト経由で、≫リショップナビさんに見積もり依頼を申し込んでいただいた方に限り、≪無料で外構プランや価格交渉・相場チェック≫のフォローアップをします!

特にお金を頂いたりもしません。匿名でも、まったく問題ありません。

ぜひ、浮いた予算で家の中の家電製品をグレードを上げたり、また予算を変えずにプランや商品のグレードをアップさせることもできますよ!

ただ、あまりにもたくさん依頼があると私も手が回らなくなるので・・・毎月先着30名様限定にさせていただいています。

※毎日たくさん申し込みがあるので、検討中の方は急いでいただきたいです。

また依頼数が大変多く、翌月以降も実施できるか確約ができませんので(スミマセン…。)、検討をされている方はお早めに!

≫無料でフォローサービスを受けつつ、優良業者さんを探す!

※無料のフォローアップはこのサイト経由で、リショップナビさんに申し込んでいただいた方限定です。

最後までご覧いただきまして有難うございました!

外構・エクステリアを検討される方必見ですよ!

お引越し後や家を建てていている途中に検討することの多い外構工事・エクステリア

あなたの一番の悩みは、

  1. 納得の行くプランと最適な設置方法の提案
  2. 高い工事品質と施工後の安全性
  3. 予算内に費用を抑える、工夫と商品選び

 

では、ないでしょうか?

外構やエクステリアの予算配分で悩んでいる方へ「相見積もり」を活用することで大きく見積金額ダウンも期待できます。プラン比較も相見積もりは非常に有利ですよ。

さらに、リショップナビに相談すれば1社だけでなく、なんと相見積もり先の優良企業さんまで紹介してもらえます。(しかも外構業者さんには内緒で)

もう一つ特筆したいポイントとして、≫リショップナビさんは専門のコンシェルジュがついて、要望に合わせた最適な優良業者さんを紹介してもらえます。

今から業者探しをしている方は、一石二鳥の無料サービスですので利用しない手はないですね。

≫リショップナビ公式ページを見る

≫外構を安くするためのテクニック7選を見る