エクステリア

エクステリア商社マンが教える相場と優良業者を見つける方法

庭ファン
優良外構業者の3条件、外構工事の検討に必須です!【見分けポイント】はじめまして、私はエクステリア商社の営業マンです 当サイトをご覧いただきましてありがとうございます。 私は、エクステリアや外...

スマホでも簡単入力、すぐわかる/
>>見積相談・資料請求する
※何度でも見積は無料でもらえます

同じ時期に新築引っ越しされたご近所さんがカーポートお庭の工事をされていた。

言われてみればカーポートや目隠しフェンスをつける家が多くなってきて、今の自宅にはかろうじて洗濯を物干し場しかない。

ウッドデッキも欲しいなと引っ越し当時は思っていたけども、あれよとあれよと忘れてしまってた。

この前そういえば、外構工事のチラシが入っていて相場観が検討を進めず、よくわからずにそのままチラシを捨ててしまってた。

エクステリア工事っていまいちよくわからないことが多いですね。

しかも業者さんも、中には悪徳業者さんもいるかもしれなくて、どこに相談したらいいかわからない。

とにかくエクステリア工事カーポート工事を安く済ませたくて、最安値の業者さんを見つけたい!

でも、価格だけではわずかの安かろう悪かろうだけっていうのはちょっと嫌だ安心。

信頼できて、そして安い!わがまま言うけどもそんな業者さんに頼んでみたい。

コレってワガママですかね?

そんなわがまま実現できます。

見積もり金額を下げる裏ワザ!商社マンが教える賢い&安いリフォーム術【相見積もり推奨する3つの理由】エクステリア工事の見積もりを取った人 「新居に引っ越してきて、落ち着いたからそろそろカーポートと駐車場の土間コンクリート工事の見積...

エクステリア商社に勤めて10年。現役の商社マンが伝授する、あなたのお悩みを解決に導きます。

庭ファン

次の3ステップさえ守れば、あなたにマッチした理想の業者さんが見つかります。

一つ目、安く提供で来る構造について勉強すること。

今のインターネットで情報が普及しているこのご時世に訪問営業はコストがかかりナンセンスです。

全てとは言いませんが、訪問営業等で営業に来て、案件をとる手法は粗利率や利益額を営業マンのコストを相当乗せないと会社として成り立ちません。

 

なので、訪問営業業者の言われるまま契約するとほぼ間違いなくぼったくりに近い価格、相場や適性価格から離れた値段です。

 

業界の知識をつけろ、勉強しろと正直言いたいところですが、人生で何回も購入するものではないので、なかなか難しいと思います。

そこで今まで何万という現場の商品を卸して、現場も見てきたわたしから外構工事やカーポート工事などを実施するにあたっての流れや気をつけるべきポイントをご紹介します。

二つ目、要望をまとめることです。

リウッドデッキ 200 FD/リウッドデッキフェンス4型 FD 【戸建住宅・1階専用商品】 :XGSS0255

1番わかりやすい例として、車を何台を必要か、何台様のカーポートが必要かと言うことです。

カーポートのサイズを大きなものをつければ、その分だけ雨風はしのげます。

ですが、必要以上の大きさをかけると予算かかり、欲を言い出すといくらあっても足りません。

必要な大きさと必要な台数を見極めることが大切です。

三つ目、外構&エクステリア工事に使える予算確認

高級なデザインカーポートや高強度カーポートを取り付ければその分見た目や耐久性良くなります。

ですが、こちらも同じく予算はいくらあっても足りなくなってしまいます。

あらかじめ予算を決めて、台数を決めて妥協できる範囲を把握しておくことでその予算内でベストな方法を探すのがカーポートエクステリア工事を安く抑えることです。

 

予算の決め方について

カーポートの必要台数、カーポートのデザイン性、カーポート積雪&強風の強度の3つを基準に考えるのがセオリーです。

次に業者の検討ですね。

お風呂のリフォームやトイレのリフォームも同じで、数十万円から数百万円を超えるリフォームになる工事になることもあります。

多額のお金を支払うので、間違いのないお買い物にするため、2社以上しか比較しないと良し悪しもわかりません。

業者さんに正式発注をするまでに慎重に検討できるかということが、再最安値にたどり着くポイントになります。

特に外構工事においては、ハウスメーカーさんの営業担当から納期を斬られたり、急いでしまうことで、判断基準がずれてしまい、正しく判断ができない(決めさせられる)場合もあります。

また、費用だけが全てはありませんが使うカーポートの種類やその会社の施工実績またはアフターフォローなど総合的に判断して比較して信頼できる業者さんに決めましょう。

カーポートの耐用年数は10年から20年

カーポートの撤去費用の相場

カーポートは一般的に歳を重ねるにつれ劣化する事はありません。

太陽光や紫外線雨風などに年中さらされていますが、素材として劣化する事はほぼありません。

ですので、カーポートが古くなったからといって機能が失い失われるわけではありません。

ただ見た目の問題でもう古くなったカーポートを取り替えると言う事はあります。

あとの心配は台風や積雪によって破損したタイミングです。

「古いから危険です、買い換えましょう!」訪問営業が来ても無視しておくのがベターでしょう。

もう既に台風や積雪で破損してしまっているカーポートをそのままに放っておくと少しの風や雪で屋根材が落ちてしまったりして、車に傷をつけてしまうということもあります。

カーポートはそう簡単には壊れない
カーポートはそう簡単には壊れない。長く使えるかどうかは耐用年数を知ろう。カーポートの耐用年数について調べている人 「カーポートを設置しようと思っているけど思いのほか、高い!一度設置すると何年つかえるのだ...

万が一、カーポートに不具合が確認できてる場合は、早め早めに専門業者に確認して下さい。

もしくは、取り替えリフォームの検討をしてみてください。

上記にも書きましたが事を急いては最安値から遠ざかります。

緊急を要する場合、判断基準がぶれてしまいお得ではない業者さんと契約する羽目になってしまうかもしれません。

 

ちなみに外構工事カーポートの工事に適切な時期とは

一般的にカーポートを設置するには適切な時期やシーズンなどが特にはありません。

できればですが、台風の時期は気候が不安定であるためできれば避けておきおく方が良いでしょう。

また新生活がスタートする3月や4月は春になって一般的に庭で活動することが多くなりす。

この時期に依頼をすると繁忙期となりしこがなかなか決まらないと言うデメリットもあります。

また職人さんが非常に工事で忙しくなるため、値引きしてまで仕事を取る、受注を取ると言う営業活動をしづらくなるので、交渉のしやすさとすれば避けてもらえるほうが良いです。

可能であれば、8月と1月2月エクステリア業界全体として売り上げが低くなる月になります。

仕事が多少薄くなる時期は工事を埋めるために多少値引きしてでも仕事を取ることが多いので、この辺が値引き交渉もしやすい時期ですね。

またお盆前や年末年始前やゴールデンウィーク前などは、需要と供給のバランスが崩れ、材料費や職人さんの人件費も比較的高くなる傾向になります。

工事を依頼する場合は大型連休前までに必ず終わらせてください、と言うふうなオーダーは費用を高くなる一因となります。

特段の急ぐ事情がなければ、平日に調整するなどするか、上記の8月、1月〜2月などの閑散期に依頼するのがベターです。

>>見積相談・資料請求する

8月、1月〜2月が値引き交渉がしやすい時期です。

素材で変わるフェンスの耐用年数【長く使うためフェンス選びのコツ】

エクステリア工事は、先ほども申し上げた通り繁忙期を避けた8月、1月〜2月が値引き交渉がしやすい時期です。

同じ工事内容なのに、材料費や人件費を理由に高くなるのはちょっと損した気分になりますね。

でも同じ見積もり金額でも時期によって値引きしやすいシーズンと、そうでないシーズンがあります。

職人さんは毎日工事をしないと給料が発生しないのでできるだけ遊んでしまう日を少なくしようとします。

そのため工事が多い時は値引きをせず、受注し工事が少ない時は値引きしてでも受注しようとする傾向にあります。

需要と供給の自然なバランスが、変動する原理ですね。

なので、何度も言ってしまいますが、特に急ぎの工事でない場合は、繁忙期を避けると工事も早くなりさらに安く仕上がると言うメリットがあります。

エクステリア・外構工事値引き交渉テクニック
お得にエクステリアを購入する一つの方法と3つの値引きテクニック【業者は嫌がる】エクステリアの見積もりを見てゾッとした人 「なにこれ?めっちゃくちゃ高い!相場かどうかも分からないし、どうなのかな?値引きしてもら...

カーポートの積雪の違いについて

カーポートの積雪仕様はおおよそ20センチ、50センチ、100センチ、150センチ、200センチの5グレードにわかれます。

見た目の違いもありますが大きな違いとして柱本数が増えますね。

柱が増えると作業量が増え、穴を掘る本数が増えるため単純に工事費も増えます。

柱が増える分材料も増えるので商品代も高くなります。

エクステリア工事を安く済ませるためにDIYをする

最近よくDIYが流行っていますが、カーポートの家エクステリア工事は比較的DIYに向いている商材だと思います。

最近では、工事費がほぼ無料のキャンペンをしているショップさんが居るのでわざわざ自分でしなくても良いかもしれません。

また、カーポートの工事のために必要な工具が足りない場合、脚立を購入したり専門工具をレンタルしたりなど意外とコストがかかってしまうことがありますよ。

工事の保証も付くので、プロの業者さんに任せてしまうのも良いかもしれません。

追加費用が発生しない見込みであれば自分でやってしまうのもありです。

エクステリア工事はできれば専門業者に依頼をしましょう

カーポートやエクステリア工事を依頼する場合どこに頼もうかと悩むと思います。

この記事を見ていただいたと言う事はインターネットで工事の相場や安く仕上げる方法を検索されたかと思います。

皆さんが候補にあげるのがハウスメーカーさんやリフォーム工事、エクステリアの専門業者さんまたホームセンターさんだと思います。

前日のブログでハウスメーカーさんは構造上値段が高くなりがちと説明させて頂きました。

ですので、お勧めはしないと言いましたが、施工品質と言う面では間保証料が入っているので安心といえば安心です。

ですが、この記事を見られたと言う事はできるだけ価格を抑えたいと言うことだと思いますのでエクステリアの専門業者さんに頼むべきだと思います。

オフレコですがホームセンターさんに依頼するとその周辺のエクステリア専門業者さんが工事に来ます。ホームセンター本体では工事や見積もりをせず、エクステリア・外構部門は外注がほとんどです。自分で探した先と、ホームセンター経由で来た業者さんが同じ人というのは業界ではアルアルです。

ほぼ同じ工事内容、同じ業者さんが来ることもあるのでホームセンターさんの販売手数料(フィー)が乗らない専門業者さんがお勧めです。

また家を建ててもらったと言う付き合いからエクステリア工事やカーポート工事もハウスメーカーにお願いすると言う方も多いと思います。

家の外壁と完全に離れた場所に設置するカーポート場合、建物の保証関係や防水などの関係がありませんので独立系の別会社さんに頼むのも1つのポイントです。

見積もり金額を下げる裏ワザ!商社マンが教える賢い&安いリフォーム術【相見積もり推奨する3つの理由】エクステリア工事の見積もりを取った人 「新居に引っ越してきて、落ち着いたからそろそろカーポートと駐車場の土間コンクリート工事の見積...

地域の最安値に近いエクステリア業者さんを見つける方法

じゃぁ一体どうやって地元のエクステリア専門業者さんを探せばいいんだ?

そんな大通りとか道路面に面したところで大きな看板とか見たことない!

じゃぁお隣さんを工事した業者さんを紹介してもらうのもどうかな?

それは結構危険です。

紹介されたと言うことを口実に高い見積もりを断りづらくさせてくるかもしれませんよ。

ほどの交渉力に自信がある場合や相場感に自信があれば良いですがなかなかそうはいかないケースもあります

インターネットで検索しまくるのもありですがどの口コミを評価を基準に選べばいいか大変ですし最近では桜の書き込みも多くその真偽を確認するのもまま面倒です

そんなときにおすすめなのが業者紹介サービスです。

https://townlife-aff.com/link.php?i=5af26089db0f3&m=5d1ca5c339596外構・リフォーム相場を見るだけでもOK

カーポート工事やフェンス工事はリフォームしたい内容が具体的でなくても大丈夫です。

>>タウンライフリフォーム公式サイト

現地訪問・打ち合わせ&提案は無料なので、相談だけでもしてみる価値はあると思います。

現場打合せの時には、必ずメーカーのカタログをお持ちいただけるので相談した内容を解決する商品を紹介してもらえたり、勉強にもなりますよ。

 

紹介サイトってどうよ
リフォーム業者紹介サイトとは?え?大丈夫?リフォーム業者紹介サイトに疑心暗鬼の人? リフォーム業者紹介サイトとは何なのか、ご存じないかたもいらっしゃると思います。 ...

 

外構・エクステリアを検討される方必見!

お引越し後や家を建てていている途中に検討することの多い外構工事・エクステリアについて一番の悩みは、

  1. 納得の行くプランと最適な設置方法の提案
  2. 高い工事品質と施工後の安全性
  3. 予算内に費用を抑える、工夫と商品選び

ではないでしょうか?

外構やエクステリアの予算配分で悩んでいる方へ「相見積もり」を活用することで大きく見積金額ダウンも期待できます。プラン比較も相見積もりは非常に有利ですよ。

https://link-a.net/gate.php?guid=on&mcode=x3wjetxg&acode=adpbtcgrbefa&itemid=0

さらに、タウンライフリフォームに相談すれば1社だけでなく、なんと相見積もり先の優良企業さんまで紹介してもらえます。(しかも外構業者さんには内緒で)

もう一つ特筆したいポイントとして、タウンライフリフォームは事前に紹介してもらう業者さんを指定できます。

今から業者探しをしている方は、一石二鳥の無料サービスですので利用しない手はないですね。

>>タウンライフリフォーム解説記事へ

>>タウンライフリフォーム公式サイトへ