カーポート

【大雪警報】緊急!カーポートの積雪対策方法

【大雪警報】緊急!カーポートの積雪対策方法

今日、仕事から帰ってきて大雪警報を見た人

「え?今晩、大雪?やばいの?どうなの??カーポートというか、ウチの車大丈夫かな?対策しようにも、どうしたらいいの?サポート柱もついてないし、なにかやったほうがいいことある?今はもう夜だから対策しようにもホームセンターもしまっているし、助けて!!」

←とりあえず、最悪の事態に備えて被害を最小限に抑える対策を!

片流れのカーポートの天敵は大雪

どうも、はじめまして、庭ファン(@spring_bd)と申します。

自己紹介を致しますと、本業は現役エクステリア商社マンです。なので、外構の商流や商慣習などにはカナリ詳しいです。このブログではお得にお庭づくりをするための秘訣やコストカット術などを配信しています

さらに私の詳しい自己紹介についてはわたしのプロフィールをご参照ください。

両足タイプのカーポートは、積雪荷重には比較的強いです。両足なので、荷重が分散します。

カーポートと建ぺい率

ですが、写真のような片足・片流れのカーポートは対策してもらう方が安全です。

まだ記憶にあたらしいですが、東京では普段では雪がほとんど降らないエリアでも積雪が60cmも70cmも降り注いだそうです。

普通、カーポートは積雪20cmぐらいまでは対応できるようになっていますので、ちゃっとやそこらの積もり具合ではへっちゃらです。

そもそも積雪3cmでも都会は大騒ぎするのですが、カーポートなら20cmでも大丈夫です。

木材でも、脚立でもいい。とりあえずつっかえ棒を

木材でも、脚立でもいい。とりあえずつっかえ棒をニュースで大雪警報と出るぐらいの大雪予報は、相当マズイ状態だと思います。

そのときは、なんでもいいので雪の重みでカーポートが潰れてしまわないようにつっかえ棒をして下さい。

木材があれば一番いいのですが、なければ脚立でも、物干し竿でもなんでもいいです。

倒れてこないようにつっかえ棒を用意しておいてください。

これは緊急対策なので、風などで飛ぶ危険がある場合は、ガムテープなどで一時的に固定が必須です。

両足タイプのカーポート、左右両足で支えているので対策は不要です。(というか出来ない)

雪下ろしが一番良い選択肢になります。

カーポート掃除専用のモップが販売された。

夜中中カーポートの雪下ろし番のために起きておくわけにはいきませんが、今積もってしまっているなら雪下ろしが一番良い対策です。

長いデッキブラシや放棄などで代用可能です。

専用品の紹介も過去に実施しましたが、デッキブラシで十分です。

カーポート掃除専用のモップが販売されました【お手入れ】
カーポート掃除専用のモップが販売されました【お手入れ】カーポートの汚れが気になってる人 「長年の雨雪から車を守ってくれたカーポートだけど、よく見てみると汚い。コケも生えてるし、屋根材も...

絶対に、水はかけるな!かけるなよ!

絶対に、水はかけるな!かけるなよ!

絶対に水をかけて溶かそうとしてはダメです。絶対にだぞ!

スポンジのように雪が水を含んでしまい、さらに倒壊の危険性を高めます。なので、これはフリでもなんでもなく、警告です。

大事なことなのでもう一度言います。

雪はホースなどで水をかけて溶かそうとしてはダメです。スポンジのように水を吸って重さが倍増、倒壊の危険性が高くなるだけです。

雪下ろしの作業が夜間なると、手元足元が見えにくく、また凍結などで滑りやすく危険ですので十分ご注意ください。

カーポートの倒壊に備え、車にダンボール・毛布を1枚

カーポートの倒壊に備え、車にダンボール・毛布を1枚

万が一のカーポートが倒壊してしまっては、車への影響が心配。

落下の時の衝撃に備えて、何かあれば被害が少なくなりますよ。

カーポートが大雪では破損してしまったときのために車の屋根やフロントガラスにダンボールやいらない毛布の一枚を置くだけでだいぶ変わります。

夏場にフロントガラス用シェードなども流用可能です。

当たり前ですが、、、雪は溶けて水になります。

最悪の場合、凹んでしまった部分から、車内への漏水・シートの汚れにも影響します。

傷防止だけではなく、破損を防ぐのにはダンボール一枚でも大きくかわります。

今お話しした内容は、応急対応のためできれば事前にサポート柱を用意いただくことをお勧めします。

積雪対策にサポート柱は結構強いですよ。

【台風対策】サポート柱

採用率が高いカーポートのオプションでもあります。雪や台風に備えて後からでもつけられるので、つけて見るのも良いと思います。

サポート柱の後付けの相談は下記サイトから地元の優良業者さんの検索ができます。

>>見積相談・資料請求する

雪に備え用意しておくのも良いと思いますよ。

この記事の更新日が真夏前の微妙なタイミングですが、雪の季節に検索順位に上がってもらえるように大事なことなので季節外れな時期でも更新しています!

外構・エクステリアを検討される方必見!

お引越し後や家を建てていている途中に検討することの多い外構工事・エクステリアについて一番の悩みは、

  1. 納得の行くプランと最適な設置方法の提案
  2. 高い工事品質と施工後の安全性
  3. 予算内に費用を抑える、工夫と商品選び

ではないでしょうか?

外構やエクステリアの予算配分で悩んでいる方へ「相見積もり」を活用することで大きく見積金額ダウンも期待できます。プラン比較も相見積もりは非常に有利ですよ。

https://link-a.net/gate.php?guid=on&mcode=x3wjetxg&acode=adpbtcgrbefa&itemid=0

さらに、タウンライフリフォームに相談すれば1社だけでなく、なんと相見積もり先の優良企業さんまで紹介してもらえます。(しかも外構業者さんには内緒で)

もう一つ特筆したいポイントとして、タウンライフリフォームは事前に紹介してもらう業者さんを指定できます。

今から業者探しをしている方は、一石二鳥の無料サービスですので利用しない手はないですね。

>>タウンライフリフォーム解説記事へ

>>タウンライフリフォーム公式サイトへ