宅配ボックス

空席率の上昇が止まらない?!導入した90%のオーナーは利益を実感済み

空室率や収益性に悩む賃貸アパート・賃貸マンションのオーナー様

「効果が出る空室対策をしたい」

「物件検索サイトのアクセス数を上げたい」

「だけども、導入コストは押さえたい」

誰しもが悩むポイントですね。

少ない費用で導入が可能な今話題の宅配ボックスをお勧めしています。

今、設置がどんどん進んできているため正直、来年の入居シーズンでは遅いかもしれません。

 

見たい場所へジャンプ

空室率が下がった、内覧の申し込みが増えたという声を集めました。

オーナー様の悩みを、宅配ボックスが解決

アパート・マンションの賃貸オーナー様はお悩み様々なお悩みを抱えていますよね。

  • 効果が出る空室対策がしたい
  • 導入コストを抑えたい
  • 維持管理が面倒
  • エントランスをきれいにしたい
  • そもそも、所有物件に設置できそうは場所がない
  • 屋外設置でも大丈夫?
  • 入居者の満足度をアップしたい

この記事では、空室率が下がった・物件検索サイトのアクセス数が増えたというオーナー様からの声を集めてご紹介しています。

空室率や収益性に悩む賃貸アパート・賃貸マンションのオーナー様にとって非常に有益な情報に間違いなしです。

私は宅配ボックスも販売している商社で働いています

私は、普段からエクステリア商社に勤める営業マンです。その中で、集合住宅やマンションの改修工事の現場にも入ることがあります。

マンションや集合住宅は、ただのメンテナンスだけではなく、改修工事後の空室率改善や収益性向上につなげなければ勿体ない。

特に周辺設備として宅配ボックスの取り付けを私は強くお勧めしています。

正直、宅配ボックスは私の営業成績にも好影響を与えてくれ、助かっています。

今、超売れている宅配ボックスを導入される方が増えれば、まわりまわって私の本業の実績に寄与してくださると思い、今回、オーナー様向けのお得情報を情報発信しています。

マンション・アパート戸建ての不動産の外構投資の営業も実績アリ

実際、メーカーさんも躍起になって営業に回ってますし、販売実績も増えています。年度末になれば節税対策や予算消化で宅配ボックスを取り付ける方が経験上、増えると思います。

そうすると差別化が難しく、先行者メリットを感じられなくなります。引越・新居探しのハイシーズンになる前に取り付けが重要です。

外構業界には、詳しい自負があります。過去の私のブログをご覧いただければきっとわかっていただけると思います。 

導入が進まないのは費用対効果が分かりにくいから

導入にあたってやはり購入費用が掛かかります。また、取り付けたからと言って必ず入居率が上がる保証もなく、先行投資的な意味合いもあります。

耐用年数も長く10年~15年は通常利用であれば問題なく利用できますね。

今ついているポストや看板などと同じぐらいの耐用年数を考慮いただけるとイメージが着きやすいと思います。

現在の宅配ボックスの普及状況から見ても悪くない設備投資であると思います。

30万円未満であれば経費として計上、節税対策にもなる

宅配ボックスで節税対策をしながら、資産価値の向上が期待できる

10万円以上30万円未満であれば少額減価償却資産として全額経費処理も可能です。

もし、年末までの期間である程度利益が確定している場合は、節税対策として宅配ボックスを設置するという選択がベストです。

「器具及び備品」として、取得金額が30万円未満であれば、少額減価償却資産として費用計上が可能な判断が多いです。※詳しくは顧問の税理士さんにご相談の上、設置を検討下さい。

「個数を調整して30万円未満にする」「2年に分けて設置する」など上手に設置されるオーナー様もいらっしゃいます。

設置例1:軒下に設置できる(節税対策で宅配ボックス)

  • 設置場所:屋外
  • 設置商品:nasta プチ宅高さ60cm×2台
  • 世帯数:10世帯

参考価格:¥203,040.-(工事費込み・税込み予想価格)

大きな宅配ボックスも受け取れる大型のタイプを設置しました。

[明細]

プチ宅捺印付き(KS-TLP360LB-S600N)\90,000.-×1台

プチ宅捺印無し(KS-TLP360LB-S600)\60,000.-×1台

幅木(KS-TLP360-SH100)\20,000.-×2台

参考価格:商品代30%OFF+工事費48,000円+諸経費+税

設置例2:ポスト下にも設置できる(節税対策で宅配ボックス)

  • 設置場所:エントランス
  • 設置商品:nasta プチ宅高さ40cm×3台、プチ宅高さ 20cm×2台
  • 世帯数:16世帯

参考価格:¥242,864.-(工事費込み・税込み予想価格)

既存ポストはそのまま、同じ奥行きのプチ宅をポスト下のデッドスペースに設置しました。

[明細]

プチ宅捺印付き(KS-TLP360B-S200N)\62,000.-×1台

プチ宅捺印無し(KS-TLP360B-S200)\42,000.-×1台

プチ宅捺印無し(KS-TLP360B-S400)\50,000.-×3台

参考価格:商品代30%OFF+工事費48,000円+諸経費+税

設置例3:階段下に設置できる(節税対策で宅配ボックス)

  • 設置場所:屋外
  • 設置商品:nasta プチ宅高さ40cm×4台
  • 世帯数:8世帯

参考価格:¥293,760.-(工事費込み・税込み予想価格)

設置可能なスペースが限られており、そのなかでも動線・雨の当たりにくいデッドスペースの階段下にユニット枠付きで設置しました。

[明細]

プチ宅捺印有り(KS-TLP360LB-S400N)\70,000.-×1台

プチ宅捺印無し(KS-TLP360LB-S400)\50,000.-×3台

宅配ユニット枠(KS-TLP360LB-U-H08-2-4)\100,000.-×1台

参考価格:商品代30%OFF+工事費48,000円+諸経費+税

なぜ、いまさら宅配ボックスを推しなのか?

本当に宅配ボックスで空室率対策に効果があるのかどうか?

賃貸住宅検索サイト最大手の「スーモ」の場合、住宅設備の検索チェック項目に「宅配ボックス」があります。

ほかにもちろん駐輪場やオートロックなど同じ設備投資をするのであれば、効果が高いほうが良いと思います。

特に宅配ボックスは2~3年で普及が進んだため、築年数が浅い建物には標準でついていますが、それ以外の物件にはついていないことが多いです。

オートロックとなると導入のハードルが高く、駐輪場は既にあったり・・・宅配ボックスが他の不動産と比べ差別化がしやすいポイントです。

実際のアンケートの結果でも、下記の通りデータがあります。

多少家賃が上がっても欲しいサービスに宅配ボックスが2位

多少家賃が上がっても欲しいサービス・設備
1位:24時間ごみ出し可能(41・1%)2位:宅配ボックス(28・4%)3位:防犯カメラ(24・3%)

リクルート住まいカンパニー 第6回首都圏賃貸住宅市場における入居者ニーズと意識調査調べ

宅配ボックスメーカーさんも味を占めて、営業に躍起になってる

実績からみると集合ポストメーカー最大手のNastaさんの営業担当者さん曰く、

全体の15%ぐらいしかまだ宅配ボックスが導入されてないですよ。15%の内訳は、分譲マンション・築浅賃貸マンションばかりで築5年以上のマンション・アパートにはほとんどついてない、1%もない。だから、営業も回るがまだまだついていないマンション・アパートがほとんどです。

先につけたところに、(別棟にも付けてもらうために営業という名の)ヒアリングすると90%は空席率の改善や内見の申し込みが増えたとさっそく利益実感しているそうです。

宅配ボックス導入で「利益」はありましたか?という質問に対して

90%のオーナー様が実感!!

  • 物件検索サイトアクセス数アップ
  • 家賃アップにつながった
  • 入居率があがった
  • 内見希望者が増えた
  • 入居者からの評判が良い

※株式会社ナスタ 大阪支店調べ(2019年7月)

という声が上がっているそうです。だからこそ、今でも遅くなく導入するべきなんでしょうね。

新築住宅では標準装備になってきた

アパート経営や賃貸マンション経営で入居率を高めるためには、周辺の競合物件との差別化が重要です。

宅配ボックスは設置コストが安価な設備であるにもかかわらず、普及率が未だに低いですね。

特に若年世代には重要な設備のため、宅配ボックスの有無を条件に物件を探したりします。

築年数の古い賃貸物件であれば、競合する物件との差別化を図るためにも、宅配ボックスを導入がポイントになります。

今なら1個につき、1万ポイント。20個で20万ポイントもらえる

国交省より消費税の増税に伴う需要減を底上げするための施策が実施されます。

次世代住宅ポイントが1個につき1万ポイント、最大20万ポイント得られる。

▼次世代住宅ポイント(国交省)
https://www.jisedai-points.jp/

費用は経費で落として、ポイントはマルマルもらえる設備投資するためには絶好のチャンスです。

工事請負契約は今からでもOKです。引き渡しが10月以降で消費税を10%分支払う必要がありますが、それでも1個につき1万ポイントのポイントがもらえ、そのポイントはオーナー様が受領することが可能です。

※申請には諸条件がありますので、施工業者様に申請対応していただく内容も含まれます。詳しくは施工業者様にお問合せ下さい。

宅配ボックスのよくある質問(今回紹介したnasta プチ宅について)

Q1:電源は必要ですか?
A1:メカ式のため、電源不要・電気工事不要でご利用いただけます。電気トラブルも発生せず、ノーメンテナンスで長く利用いただけるつくりになっています。

Q2:雨にかかると所に設置できますか?
A2:防滴構造になっているので設置可能です。雨水が侵入しずらく、侵入しても漏れにくい構造をしています。完全の防水構造ではありませんので、強風雨や諸条件によっては荷物が濡れる場合もゼロではないです。

Q3:住戸数に対して何台設置したら良いの?
A3:宅配ボックスの目安は、住戸数の約30%です。再配達が社会問題となっている現在では設置スペース次第で、1世帯1ボックスで設置されることをおすすめします。

Q4:配達されたことを知るには?
A4:荷物が宅配ボックスに配達された際、ポストに投函されている不在連絡表をご確認下さい。

Q5:宅配業者の方は操作方法を知っていますか?
A5:ほとんどの宅配業者は操作方法をご存知です。また、操作手順がボックスに記載されていますので、初めてというかたでも簡単に操作が可能です。

Q6:セキュリティ(盗難対策)は大丈夫ですか?
A6:配達ごとに暗証番号を設定し、荷物を受け取るとリセットされる仕組みの特殊錠を使用しています。共有利用においても安心して利用いただける構造です。

宅配ボックスの設置相談・ポイントの申請はネットからできます

自分が住んでいる地域でエクステリアや改修工事・リフォームを得意としている会社を知りたい場合は、リフォーム会社紹介サービスを使うと良いですよ。

「宅配ボックスの設置について管理会社に相談してみたが、めんどくさそうでよくわかってなさそう。」

「自分で設置業者を探してみたが、信頼ができる業者か、トラブルがない業者かどうかわからない。」

「ホームセンターに展示品を見に行ったけども、補助金の対象かどうかわからなかったし店員に聞いてもわからず、満足いく商品紹介や接客を受けられなかった。。。」

そんな方は、ぜひ簡単に無料で比較見積もりが可能なサービスがありますので、ぜひご利用ください。

>>タウンライフリフォーム公式サイト

大手ハウスメーカーから地場の工務店まで網羅し、ガーデンリフォームを検討している方も安心してご利用いただけます。

一生のうちにカーポートの設置やカースペースのリフォームをすることは2回・3回と経験するもではありません。

ぜひ後悔しない、失敗しないリフォームをするためにも、リフォーム会社選びは慎重に複数業者に依頼をしましょう。

技術を持った、安心できる業者さんを見分けられる自信ありますか?

もし、即答で「はい!自信あります!」と答えられない場合は、全国の優良業者ばかりをあつめたタウンライフリフォームサイトが便利です。

こちらは、地元の優良企業を集めたサービスでリフォーム部門では3冠を達成した由緒あるサービスです。

そもそも悪徳業者はこう言った紹介サービスで紹介してもらえず、優良企業のみがサイト上でフィルタリングされている状態です。

>>タウンライフリフォーム公式サイト

だからタウンライフリフォームさんを私はオススメしてます。

業者さんによっておすすめする内容が異なるかもしれませんが、外構工事やリフォーム工事には正解はありません。

さらにいまなら、毎月先着99名様に「成功するリフォーム7つの法則」の冊子資料がもらえます。

私は、見積もりを値下げするためにも、損しないためにも「業者さん探し」に力をいれてみるのをオススメしています。

しかもタウンライフリフォームに相談すれば相談したい会社1社だけでなく、なんと相見積もり先の優良企業さんまで(外構業者さんには内緒で)紹介してもらえます

一度で二度と美味しいサービスなので、今から業者探しをしている方は、利用しない手はないですね。

>>タウンライフリフォーム公式サイト

依頼先の会社名は匿名ではなくちゃんと社名が出る

しかも、タウンライフリフォームでは外構・エクステリアが対応できる会社名は匿名ではなく、ちゃんと出ます。

よくあるマッチングサイトでは一括依頼で複数社にまとめて情報が行く仕組みになっており、依頼者はどこに依頼したかわからいこともあります。

気がつけば、着信が数十件残っている経験ありませんか?

私は、車の下取りでやられました。。。

仕事終わったあと携帯を見ると複数番号から着信が数十件あり、どこの会社からか、何のないようなのか留守電もなく、その後もしつこく着信がありつづけて恐ろしい思いもしました。

そういった意味ではタウンライフリフォームでは事前に依頼先を自分で選定できるので、そういった心配もありません。

事前にその会社のPR文もあるので事前にサーチも可能ですね。

自分とマッチしてそうな必要な2社だけに最初は依頼してみる。

という風なカスタマイズができるので非常に良心的な会社だと思います。

>>タウンライフリフォーム公式サイト

外構・エクステリアを検討される方必見!

お引越し後や家を建てていている途中に検討することの多い外構工事・エクステリアについて一番の悩みは、

  1. 納得の行くプランと最適な設置方法の提案
  2. 高い工事品質と施工後の安全性
  3. 予算内に費用を抑える、工夫と商品選び

ではないでしょうか?

外構やエクステリアの予算配分で悩んでいる方へ「相見積もり」を活用することで大きく見積金額ダウンも期待できます。プラン比較も相見積もりは非常に有利ですよ。

https://link-a.net/gate.php?guid=on&mcode=x3wjetxg&acode=adpbtcgrbefa&itemid=0

さらに、タウンライフリフォームに相談すれば1社だけでなく、なんと相見積もり先の優良企業さんまで紹介してもらえます。(しかも外構業者さんには内緒で)

もう一つ特筆したいポイントとして、タウンライフリフォームは事前に紹介してもらう業者さんを指定できます。

今から業者探しをしている方は、一石二鳥の無料サービスですので利用しない手はないですね。

>>タウンライフリフォーム解説記事へ

>>タウンライフリフォーム公式サイトへ