エクステリア

エクステリア商品は敷地に合わせて加工ができる【敷地を有効活用】

エクステリア商品は敷地に合わせて加工ができる【敷地を有効活用】

規格のサイズと合わなくて取り付けを諦めている人

「屋根が欲しんだけど、カタログのサイズではうちには小さすぎて中途半端、かといってもう一つ大きのはサイズ的に入らない。中途半端なサイズは意味がないから、、、諦めるしかないのかな?」

←切り詰めというサイズの調整方法がありますよ!

エクステリアの採寸同行をするとよく質問をいただきます

敷地に合わせて斜めに加工できないのかな?敷地に合わせて斜めに加工できないのかな?

普段はエクステリアの商社に勤める営業マンをしています。

複雑な商品や特殊な加工が必要な現場の場合、私も同行することがあります。

その場合は、業者さんと私とお客様の三者で打ち合わせします。おきゃくさまからその時によく「敷地に合わせて加工ができるの?」とお話を頂くことがあります。

はい、エクステリア商品は敷地に合わせて加工ができる設計になっています。

そのことを今日は伝えたくてブログを執筆した次第です。

サイズの大きな商品を手配して、敷地に合わせて加工する

サイズの大きな商品を手配して、敷地に合わせて加工する

屋根がどうしてもつけれない場合は、大きめのサイズを購入して、取り付け工事のタイミングでしきちにあわせて加工することができます。

なので、敷地ギリギリまで屋根を持って来たり、フェンスとつけれたりします。

日本の敷地条件は多種多様で製造側でいろいろ対応しているとコストが高くなってしまって、今の建築業界ではいわゆる「現地加工」が最も効率的と言われています。

どんな敷地にも合わせて加工できるように商品の製造設計の段階から考慮されています。

切り詰め加工しても強度は変わらない

商品を現場で加工すると強度が落ちてしまったりするんじゃないの?

防サビ加工が取れてしまって、腐食してしまうんじゃないの?

とたまに声をいただきますが、そういうわけではないです。

もともと製品の設計や強度試験でも現地加工を前提に製品化されていますので安心してください。

メーカーの施工手順書にも切り詰め加工方法の指示がありますのでその通り行えばOKです。

素材はアルミなので、よっぽどのことがなければ腐食やサビは発生しません。

発生するケースとすれば、もらい錆び・排ガス/化学薬品などが当たりつづける・海水などの塩害ぐらいです。

敷地を有効活用できるが、切り詰め加工は結構非経済的

敷地に合わせて切り詰め加工できるのでバンザーイと思いきや、実は切り詰め加工は非経済的。

値段がちょっと高くなる大きめのサイズを購入して、お金を払って切り詰め工事をしてもらいます。

そのため、仕方ないとはいえ、規格品をぽんっと取り付けよりもコストがかかって小さくするので経済的ではないです。

現地で収まらない場合は

  1. 切り詰め加工をして設置するパターン
  2. 1つ小さい規格サイズのパターン

の2つを取得しておけば比較検討がスムーズですね。

斜めの加工はできる商品とできない商品がある

フラット屋根は斜めに加工できることが多いフラット屋根は斜めに加工できることが多い

切り詰め加工は一般的に垂直・平行で直線に加工することがほとんどです。

どうしても敷地の関係や、雨樋などの影響で斜めに加工をしないと行けない場合は、商品が限られてきます。

斜め加工OKになっている商品は、屋根がまっすぐな商品です。

アールがかかっている屋根はメーカーも認許していない加工ですが、街中で結構やっているテラスなどをよく見ます。(実は、曲がっている部分は3Dに加工が必要で非常に技術の必要な加工です)

異形加工もできる商品とできない商品がある異形加工もできる商品とできない商品がある

あと、特殊なデザインをしているかきのようなカーポートは無理です。メーカー側でイージーオーダー制を取っているので得意な専門業者さんに任せましょう。その方が失敗なく確実です。

斜め加工が必要な場合はフラットのタイプの屋根を選んでもらえるとスムーズですね。

ツイッターでも有益な情報を発信してます

https://twitter.com/spring_bd/status/1154167772433092608?s=21

業界の健全化のため、消費者の利益を守るために有益な情報を発信し続けています

もちろん、ブログでも毎日更新をしていますが、ツイッターでも発信しています。

エクステリアの検討期間中でもフォロー頂けると、コスト削減・賢く購入できるお手伝いができるはずです

外構・エクステリアを検討される方必見!

お引越し後や家を建てていている途中に検討することの多い外構工事・エクステリアについて一番の悩みは、

  1. 納得の行くプランと最適な設置方法の提案
  2. 高い工事品質と施工後の安全性
  3. 予算内に費用を抑える、工夫と商品選び

ではないでしょうか?

外構やエクステリアの予算配分で悩んでいる方へ「相見積もり」を活用することで大きく見積金額ダウンも期待できます。プラン比較も相見積もりは非常に有利ですよ。

https://link-a.net/gate.php?guid=on&mcode=x3wjetxg&acode=adpbtcgrbefa&itemid=0

さらに、タウンライフリフォームに相談すれば1社だけでなく、なんと相見積もり先の優良企業さんまで紹介してもらえます。(しかも外構業者さんには内緒で)

もう一つ特筆したいポイントとして、タウンライフリフォームは事前に紹介してもらう業者さんを指定できます。

今から業者探しをしている方は、一石二鳥の無料サービスですので利用しない手はないですね。

>>タウンライフリフォーム解説記事へ

>>タウンライフリフォーム公式サイトへ