保険適用

台風災害を受けた屋根はいっそのこと取り替えてしまったほうがお得【保険適用】

台風災害を受けた屋根はいっそのこと取り替えてしまったほうがお得【保険適用】

テラスの屋根が台風の災害で飛ばされてしまった人

突風で飛んだ屋根材、どうしよう。。。朝起きたら屋根がない。昨日まであったんだけど、台風の災害で吹き飛ばされた見たい。骨組みも少し歪んじゃってるみたいだけど、まだ取り付けて新しいから部分取り替えでなんとかできないかな?

←台風災害を受けた屋根はいっそのこと取り替えてしまったほうがお得

普段は、エクステリア専門商社の営業マンをしています

普段の私はテラス屋根やブロック、カーポートなどの外構工事にかかわる資材やエクステリア商品を卸している商社マンをしています。

このエクステリア業界に入って早10年。異常気象と呼ばれる台風・災害が頻発している昨今でよく話があるのが補修にかかる費用・保険適用についての相談。

朝起きたら屋根材が飛んでなくなってしまっていたというケース。

台風で飛んでしまった屋根材を補修するにはどれぐらいの費用が掛かるのか。

申請のプロに台風被害の保険適用をサポートしてもらう【調査無料・火災保険】
申請のプロに台風被害の保険適用をサポートしてもらう【調査無料・火災保険】台風被害に遭ってしまって呆然としている人 「前回の台風15号と今回の19号でまた家に被害が出てしまった。。。生活に困るから補修をす...

テラス屋根は火災保険の適用内で全取り替えが補填される場合があります

テラス屋根は火災保険の適用内で全取り替えが補填される場合があります

皆さん、良く言いますね。

台風災害は保険適用ができるって良くいってます。なので、

「保険適用のために、割引なしで出して、定価で見積もり出して」

といいますが、業者さんが正しいモラルがあるところであれば、お断りするはずです。

なぜならば、通常販売価格を意図的に保険金適用のために高く見積もりをすると、保険金詐欺の幇助にあたるので本来はタブーな行為です。

保険会社の審査員も補修にかかる市場価格を調査しますので、そういったことをして心象が悪くなると受けられなくなるリスクもあります。

何とよりも台風災害飛んだ屋根材を修繕する見積が必要

とはいえ、壊れたままと言うわけもいかないので台風災害を受けた場所 は補修する方向で動くと思います。

その時は修理の見積もりを依頼する時は、「必要箇所だけ取り替える見積もり」と「悪くないところも全部取り替える見積もり」の2段構えで見積もりをとると身銭を切らなくてよくなる可能性が高くなりますよ。

えっ?さっき保険金詐欺って、、、

そうなんです。これにはいろいろカラクリがあって、理由は後述します。

なぜなら、保険会社さんによっては「損害額が20万円以下の場合は、補償しません」という規約になっているところが多いからです。

ここでいう損害額とは、「台風被害を受けるまえの状態に戻すために必要な経費」をさします。

屋根材が飛んで行ってしまった場合は、新しく屋根材を取り付けるためにかかる材料代金と職人さんにお支払いする工事代金の合計費用が損害額となります。

申請のプロに台風被害の保険適用をサポートしてもらう【調査無料・火災保険】
申請のプロに台風被害の保険適用をサポートしてもらう【調査無料・火災保険】台風被害に遭ってしまって呆然としている人 「前回の台風15号と今回の19号でまた家に被害が出てしまった。。。生活に困るから補修をす...

台風災害を正しく保険適用するためには、補修ができるかどうかがポイント

台風災害を正しく保険適用するためには、補修ができるかどうかがポイント

先ほど申し上げた通り、保険会社産は「焼け太り」を嫌います。

正当な理由がなければ、現状復帰の補修を優先します。ちゃんと見積り金額も相場と見合っているか、保険会社に蓄積された過去の膨大な台風災害の実績から精査されます。

しかし、商品の販売位終了や補修部品の生産がなくなった場合は、どう頑張っても補修が難しく、晴れて正当な理由として全取り替えが有効になる算段です。

その可能性・事情を利用して、2段構えでの見積もりをとることは非常に有用です。

「焼け太り」とは

火事に遭って、かえって以前よりも生活が豊かに(事業が大きく)なること。転じて、台風などの自然災害の時に保険を適用して既存のものよりも良いもの、グレードの高いものへの便乗して修繕・交換工事を行うこと。

エクステリア商品は定期的に商品の改良のためモデルチェンジをしています

今ついているテラス屋根やバルコニー屋根が、4年後〜5年前に取り付けたものであれば全取り替えが最良の補修方法の可能性が高いです。

当時取り付けた商品が様々な理由で手配できなることは多々あります。

そう行ったことを調べておくのも正しくうまく、台風災害を保険適用する方法です。

台風被害の補修が全部取り替えになるのは四年前設置が目安

台風被害の補修が全部取り替えになる目安は四年前前後になります。

4年以上前につけたテラスであれば、どのメーカーさんもモデルチェンジをしているため、補修部材の手配が難しいことがあり、現行品へのリフォームが有効な解決手段です。

ちなみにモデルチェンジ履歴は以下の通りです。

  • 2015年10月 LIXIL社 テラス商品フルモデルチェンジ
  • 2017年 3月 三協アルミ社 テラス商品フルモデルチェンジ
  • 2019年 1月 YKKAP社 テラス商品フルモデルチェンジ

台風で破損した屋根の修理費を保険適用するには見積が必要

台風災害の補修費用を保険適用するためには、まず専門業者による見積り書が必要です。

保険会社さんもその見積りで被害金額など算定をします。

火災保険適用は業界では常にある案件なので業者さんは申請などや対応に慣れていることが多いです。

保険適用するためにエクステリア見積もりは、早め早めに専門業者さんにアドバイスを受けることが必要と思います。

特に、台風や地震などの広範囲の被害発生する事案については先手必勝です。動いた者勝ちなので、お早めに。

さらに、保険申請を自分でするのは不安という方は保険金申請のプロ集団に相談するということもできます。

災害時などにスムーズに保険金申請ができるよう、もれなく申請するコーディネーターの役割をする専門業者さんもいます。

以下のブログで、詳しく紹介していますので合わせてチェックしておくと損しないですよ!

申請のプロに台風被害の保険適用をサポートしてもらう【調査無料・火災保険】
申請のプロに台風被害の保険適用をサポートしてもらう【調査無料・火災保険】台風被害に遭ってしまって呆然としている人 「前回の台風15号と今回の19号でまた家に被害が出てしまった。。。生活に困るから補修をす...
家調(イエチョウ)公式サイト

台風・雪・雨・落雷・ヒョウこういった自然災害は突発性の事故と同じで、交通事故と同じで保険料が適用できます。

「屋根・外壁の損傷で火災保険が下りるわけがない」と意識もしない方がほとんどです。

一般の方は知らないだけなんです!

そういったこともいろいろと申請のコツや補修の相談など、御用聞きの推奨先として「家調(イエチョウ)」というサービスを私は推奨します。

>>ホームサポートの家調【いえちょう】火災・地震保険申請のプロサポート

さまざまな損害保険適用・保険適用・保険相談を専門に行っているプロチームです。

保険金の受取完了まで徹底的にサポートしてもらえます。

築年数が古いから、経年劣化とあきらめないでください。

「突発性の事故」か「経年劣化」の判断が難しい部分で、プロの力が発揮される部分になります。

調査することで約8割の家で保険がおり、保険金額は被害箇所の合計で平均100万円~200万円おります。

クリック・タップで公式サイトへ

>>家調(イエチョウ)公式サイトへ

 

申請のプロに台風被害の保険適用をサポートしてもらう【調査無料・火災保険】
申請のプロに台風被害の保険適用をサポートしてもらう【調査無料・火災保険】台風被害に遭ってしまって呆然としている人 「前回の台風15号と今回の19号でまた家に被害が出てしまった。。。生活に困るから補修をす...