フェンス

グランドアートウォールで理想の塀を手に入れよう!【自由発想×デザイン×安心】

この記事では、グランドアートウォールについて解説します。

外構の塀でよく採用されるのは、これら。

  • 生け垣
  • ブロック塀
  • フェンス
  • 擁壁など

それぞれにメリット、デメリットがあるのはご存じですか?

デメリットを上げてみましょう…。

生け垣の場合、設置費用は安くても、毎年のメンテナンスにコストがかかります。

  • 剪定
  • 防虫
  • 追肥
  • 水やり

ブロック塀は、地震で倒壊する危険性もあり、一定の高さを作るには控え壁を作らなけれななりません。

アルミのフェンスは無機質ですし、かといって木調にすると価格がグンと上がります。

さらに、擁壁(コンクリート塀)にすると設置費用に数百万円かかることも!

どれもしっくりこないという方も多いでしょう!

そんなあなたに知ってほしいのがグランドアートウォール

この記事では、これらを紹介!

  • グランドアートウォールの特徴
  • 値段
  • 他社製品との違い
  • おすすめ施工
グランドアートウォールの魅力を語りつくします!

元・エクステリア商社営業マン、外構の専門家です

元・エクステリア商社営業マン、外構の専門家です

はじめまして、庭ファン(@niwafan1128)と申します。

元・外構エクステリア商社の営業マン。日本全国のありとあらゆる外構・エクステリア商品を集め、プロの業者向けに販売している年商100億を超える会社の商社マンでした。

その後、2020年2月よりYouTubeでも情報配信しており、141万回以上再生されている動画もあり、トータルの再生数は850万回を超え、チャンネル登録者数は4.4万人超になりました。

このページでは、お得にお庭づくりをするための外構・エクステリア商品情報やコストカットの秘訣などを、無料で配信しています

また、外構プランや商品選定のノウハウを惜しみなく詰め込んだ書籍も出版しました。

≫著書をamazonで読んでみる

外構・エクステリアは、建物の次に高額な買い物です。

絶対に、失敗・後悔してほしくないという私の思いが伝わることを願いながら、お庭づくりで悩んでいるあなたのお役に立てると嬉しいです。

より私の詳しい経歴・自己紹介については≫わたしのプロフィールをご参照ください。

グランドアートウォールという業界でも有名な塀

グランドアートウォールという塀

グランドアートウォールは「発泡スチロールを使った塀」として業界でも有名です。

  • デザイン性
  • 施工性

これらにも非常に優れているのです。

加工もある程度自由にできますよ。

グランドアートウォールはブロックと違って、加工もある程度自由にできる

グランドアートウォールは最大高さ3mまで、控え壁なしでの設置が可能です。

発泡スチロールを使っているので、ブロック塀やコンクリートに比べて重さは1/10以下。

その割に強度は十分にあり、耐震性・耐風性は専門機関で確認されています。

耐震強度試験 最大震度7(マグニチュード9クラス)
耐風圧強度 瞬間風速60m/s
平均風速34m/s

実際に、令和元年に千葉県の房総半島を襲った台風15号でも、グランドアートウォールが倒壊したという事例はありませんでした。

実績面でも強度の実証がとれている!

また、グランドアートウォールはシャッターへの埋め込みが可能。

グランドアートウォールはシャッターへの埋め込みが可能
多才な展開ができる素材なんです!

グランドアートウォールの値段はいくらぐらい?

グランドアートウォールの値段

気になるのは価格!

高さ2m横幅6mのウォールを作成した場合の費用は、1平米あたりの価格は3.5万円です!

と聞いても、安いのか高いのかわかりませんよね。

 他社商品と比較してみました。

高さ2m横幅6mのウォールを作成した場合の費用

グランドアートウォールは、効率的に設計されているので商品代金も安いのです!

上記の4つの施工は、工事にかかる手間があまり変わりません。

違いは表面の仕上げ方。

塗ってしまえば中身がわからないのです!

強度も充分あるので、グランドアートウォールはコスパ最強!

「グランドアートウォールだから」できること

グランドアートウォールだからできること

他社ではできないことが、グランドアートウォールではできます。

例えば、駐輪場の屋根として施工可能。

塀と同じ質感、デザインで屋根を作るというのは他社ではマネできません。

また、グランドアートウォールなら、塀に門扉を入れることができます。

くぐり門のようにできるのは、発泡素材のグランドアートウォールならでは。

シャッターゲートのフレームとしても使えます。

私がオススメしたいのは、ブロック塀の上に施工ができるということ!

フェンスのリフォームにも使える

リフォームにも使える

グランドアートウォールは、リフォームをしたい時にも特性が活きてきます。

他社製品ではブロック塀の上に施工ができないので、設置の際にブロック塀を全部撤去しなければなりません。

特に境界部分に設置する場合、撤去~再設置までお隣さんに迷惑が掛かります。

また、ブロックの撤去や処分にもプラスで費用がかかってコスパはよくありません。

他社さんの同様のウォール製品はブロック上への施工はNGです。

グランドアートウォールなら、基礎を壊すことなくブロック塀の上に施工が可能。

必要に応じてブロックも塗り仕上げできるので、つなぎ目がわからず仕上げがきれい。

工事期間が短く、費用が安いのがグランドアートウォールのいいところ!

外構・エクステリア素材は、思っている以上に進歩しています。

素材は進歩してきた

昔、建築に関する素材は木材が主流でした。

それがコンクリート製になり、金属、樹脂と進歩してきたのです。

発泡スチロールという素材は、建築資材では5Gのような存在。

今後、発泡スチロールの世界が広がるでしょう!

心配なグランドアートウォールの強度は、大丈夫?

グランドアートウォールの強度

とはいえ、発泡スチロールが素材と聞くと「なんだか弱そう…」と思う方もいらっしゃるでしょう。

いっしょです!私もそう思っていました!

発泡スチロールって、そんなに強度があるイメージはありません。

ですが建築士さんの見解を調べたり、過去の論文を見てみると、意外や意外!

身近に施工例がたくさんあることが発覚!

実は、相撲の土俵の下には、発泡スチロールが使われていることがあります。

相撲の土俵の下には、発泡スチロールが使われていることがあります。

建物の中に土俵を作ろうとすると、大量の土が必要となります。

土の重さに耐えられるよう、建物にも補強が必要なのです。

安全性の為にも軽量な発泡スチロールが使われてます!

公共設備で見ると、高速道路への発泡スチロール採用実績があります。

インターチェンジや料金所の坂道に、土を使うと非常に大変な工事に。

土を発泡スチロールに変えることで、運搬コストも下げられるのです。

発泡スチロールは軽くて丈夫なので、不特定多数の自動車、トラックなどが通行しても問題がないという確認が取れています!

公共設備で見ると、高速道路への発泡スチロール採用実績があります。

さらに、鉄道での採用実績もあります。

名古屋鉄道の津島線などでは、鉄橋などの軽量化の為に、発泡スチロールを使用。

名古屋鉄道の津島線などでは、鉄橋などの軽量化の為に、発泡スチロールを使用。

一番驚いたのが、北陸新幹線での発泡スチロールの使用です。

重量がありながら、超高速で動く新幹線の車体が乗っても大丈夫。

北陸新幹線での発泡スチロールの使用

このことから、発泡スチロールが弱いというイメージを払拭するには十分すぎると思います。

また、こういった凍結する寒いエリアでも使われるということは結露・水濡れにも全く問題がない証拠になると思います。

最大級の強度が必要な新幹線でも発泡スチロールが採用されている!

建築資材としての「発泡スチロール」の可能性

建築資材としての発泡スチロール

建築資材としての発泡スチロールは、意外と歴史のあるモノでした。

塀に使うには全く問題ないです。

じつは、さっきで紹介した事例も、実は10年以上前の話しなのですよ。

私も知りませんでした。

安全性や強度は実証済みなのでご安心ください。

でも、発泡スチロールの劣化はないの?

発泡スチロールの劣化は?
お悩みワンコ
お悩みワンコ
なんだか、劣化が心配

という方も多いと思います。

発泡スチロールの一番の天敵は、紫外線!

ですが、グランドアートウォールに関しては3層のコーティングがされています。

紫外線の劣化を防ぎ、強度を出すためにも、

  • 特殊メッシュ
  • 特殊ベースコート
  • 仕上げ材

これらで特殊発泡パネルを守ります。

ちなみに、北陸新幹線で使われていることもあり、結露や水濡れは心配されていました。

ですが、水分による劣化はほぼありません。

劣化の心配はいりません!

さらに、発泡スチロールを採用する理由があります。

発泡スチロールを採用する理由

発泡スチロールを採用するには理由があります。

  • 発泡スチロールには高い吸音性がある
  • 高さ3mにしても、控え壁不要でスッキリ
  • コンクリートを使っていないので白華しにくい

です。

最近、テレワークの推奨により自宅で仕事をしている方も増えてきました。

周辺の音や通行人や車の音はアルミフェンスでは防げませんが、吸音性の高い発泡スチロールを素材につかっているので、通過音を表面で反射し、中身で吸音できる。

結果的に、グランドアートウォールなら騒音問題を和らげることができます。

ブロック塀で同じ高さを出そうとすると控え壁が必要になり、邪魔になってしまうのですが、グランドアートウォールでは控え壁も必要なし。

コンクリート成分が溶けだして白く浮き出す、白くなる現象も起きませんよ。

グランドアートウォールのお見積り・依頼先は?

グランドアートウォールの依頼

興味を持った方は、グランドアートウォールの資料請求をしてみてください。

上記リンクからお問い合わせフォームに移動します。

上記リンクからお問い合わせフォームに移動します。
  • 見積もり
  • 資料請求
どちらかを選び、必要事項を入力するだけでかんたんにできますよ。

【自由発想×デザイン×安心】グランドアートウォールで理想の塀を手に入れよう!【まとめ】

【自由発想×デザイン×安心】グランドアートウォールで理想の塀を手に入れよう!【まとめ】

グランドアートウォールは、

  • 軽量
  • 施工の自由度あり
  • コスパ良し

塀の種類はたくさんありますが、これほどまでにコスパが良い商品はないですね。

まずは、資料請求をオススメします!

快適な暮らしに、快適なアイテムは欠かせません!