保険適用

正攻法で台風損害を費用負担ゼロで補修する方法【屋根が飛んだ→保険修理】

正攻法で台風損害を費用負担ゼロで補修する方法【屋根が飛んだ→保険修理】

台風被災された皆さまに心よりお見舞い申し上げます

一刻もはやく、普段の生活に戻れるように私からも費用負担が少なく、保険適用にて修理ができるように台風修理に関する保険情報をお届けさせていただきます。

台風後は、家だけではなく車やそのほかにも影響がある場合があります。

なにかと修繕などで対応に追われるかもしれませんが、お金の面。心配ですよね。

火災保険に加入している場合は、自己負担がゼロで修繕ができる場合あります。

ですので、お手元に保険証券を用意いただき、「天災に関する特約」をご確認ください。

保険適用で台風損害を費用負担なし、0円にする方法

保険適用で台風損害を費用負担なし

多くの場合、火災保険で建物の補償が付いており、カーポート・テラス・物置などは建物として扱われ補償の対象になるケースが多いです。

主張としては、以下のパターンで全取り替えが保険適用の正攻法になります。

  1. 商品の破損がひどい、または古くて商品が特定できない場合

  2. 破損部分を交換する部品の生産が終了している場合

上記のどちらかにあてはめられれば、全部取り換えてする見積もりでも火災保険適用ができる補修方法です。

いずれも商品の特定が必要なので、製品に貼ってあるシールを写真に撮って、その情報を手がかりにお問い合わせ頂くのがスムーズです。

シールがない場合は、施工業者さん以外は、特定が難しいための全取り替えになりそうですね。

台風被害を保険適用するパターン1:商品が特定できない

台風での破損がひどい/古くて商品が特定できない

部分修理ができないので、全部取り替えるしかないパターンです。

取り付けた業者さんがまだ営業されていれば、昔の工事記録から商品の特定ができるかもしれません。

特定できない場合は、補修部品が不明なため、一度全部取り外して、現行品の新品を取り付けて、現状復旧工事をする全部取り替えが保険適用に当てはまります。

台風被害を保険適用するパターン2:補修部材がない

台風破損し箇所の交換用部品も生産が終了している

商品を特定できたけども、メーカーに問い合わせてみると交換用の部品も生産が終了しているパターンがあります。

よくある例としては、販売終了/モデルチェンジをしてるパターンになります。

個々の商品により、販売終了なのかモデルチェンジなのか判別になるのでお問い合わせ頂くほか調べる方法がありません。

日本で出荷されている量が多いカーポートやテラス・フェンスがいつモデルチェンジしたか下記にまとめてみました。

台風被害で手配が補修ができるかどうかの目安

ちなみに最新のカーポートの場合は、

  • LIXIL ネスカ 2015年4月~
  • LIXIL フーゴ 2015年4月~
  • YKKAP レイナポートグラン 2013年4月~
  • 三協アルミ カムフィエース 2015年4月~

 

最新のテラス屋根、バルコニー屋根の場合は、

  • LIXIL社 スピーネ 2015年10月~
  • 三協アルミ社 レボリュー 2017年 3月~
  • YKKAP社 ソラリア 2019年1月~

 

最新のフェンスは、

  • LIXIL ライシスフェンス 2014年4月~
  • LIXIL プレスタフェンス 2014年4月~
  • YKKAP シンプレオ 2017年5月~
  • 三協アルミ カムフィ 2011年4月~(意外とロングランだった・・・

※ウッドデッキは台風破損が少ないとおもいますので、割愛させていただきました。

オーソドックスな品種だけですが、直近でモデルチェンジしてます。

上記の日付以前に付けられた商品は取り替え用の部品も生産している可能性が高く、新品への交換が補修方法となります。

台風被害を保険のため「定価見積もり下さい」はNG

台風被害を保険のため「定価見積もり下さい」はNG

さらに深掘りをすると、

「定価での見積もりを出して下さい。」

というのはNGの可能性が高いです。

保険会社の査定員も市場価格を調べます。

さらに申請を通した過去の実績などからも、相場感はあなたより詳しいはずです。

ダシ抜けると思ったらマチガイです。

保険会社は、台風被害の「焼け太り」を嫌います

保険会社も費用は必要以上には出さないようになっていますし、焼け太りを嫌います。

「焼け太り」とは

火事に遭って、かえって以前よりも生活が豊かに(事業が大きく)なること。転じて、台風などの自然災害の時に保険を適用して既存のものよりも良いもの、グレードの高いものへの便乗して修繕・交換工事を行うこと。

では、実際どれぐらいの費用が掛かるのか、普段私が商品を卸しているエクステリア業者さんに聞いてみました。

台風被害で破損したカーポートを撤去再建工事にかかる費用相場(1台用カーポート)

台風被害で破損したカーポートを撤去再建工事にかかる費用相場(1台用カーポート)

【1台用のカーポートの再建にかかる費用】

  • 破損したカーポート撤去・処分費用 2万5,000円
  • 新品のカーポート商品代金 10万〜
  • カーポートの組み立て工事費 3万円
  • その他諸経費 5000円〜(運搬・養生や交通費

ざっくり、カーポートを一台撤去して、修繕にかかる費用相場としては、16万円〜20万円ぐらいが相場になります。

台風被害で破損したカーポートを撤去再建工事にかかる費用相場(2台用カーポート)

【2台用のカーポートの再建にかかる費用】

  • 破損したカーポート撤去・処分費用 4万5,000円
  • 新品のカーポート商品代金 20万〜
  • カーポートの組み立て工事費 5万円
  • その他諸経費 1万円〜(運搬・養生や交通費

ざっくり、カーポートを2台駐車可能なカーポートを取り壊して新しくつける費用相場としては、30万円〜40万円になります。

商品のグレードやサイズによりことなりますが、わたしが商品を卸している業者さんの相場感です。

えええ?!そんなにかかるなら保険適用したほうがいい・・・。

と思うのは普通の感覚だと思います。

申請のプロに台風被害の保険適用をサポートしてもらう【調査無料・火災保険】
申請のプロに台風被害の保険適用をサポートしてもらう【調査無料・火災保険】台風被害に遭ってしまって呆然としている人 「前回の台風15号と今回の19号でまた家に被害が出てしまった。。。生活に困るから補修をす...

台風被害が保険適用になれば、上記金額がゼロに

台風被害が保険適用になれば、上記金額がゼロに

保険適用が可能であれば、上記金額のカーポート工事費用が全額もしくは一部が保険でのまかなわれます。

めちゃくちゃ大きくないですか?

もし、再建の費用について困っている場合は保険の担当者さんに相談してみて下さい。

保険屋さんに、保険が出るかどうか確認するだけでは“保険料には影響しない”ですよ!

よく覚えておいてくださいね。

ちなみに、台風被害は直近のものだけでなく、数年前の被害でも補償が効くケースもあります。(すでに工事してしまっている場合は、NGです。)

大事なことなので、もう一度言います。

保険が適用できるかどうかは無料で確認が出来ますし、使わなければ使わないで、翌年の保険料には一切影響はありません。

大事なことなので、もう一度言いました。

保険適用は無料で確認ができて、使わなければ、翌年の保険料には一切影響はありません。

意外と知らない人がおおくて頼っていないようなのですが、自身の火災保険に災害特約があれば確認してみてください。

ウン十万円も損してしまわないためにも、保険制度は賢く使いましょう。

万一不明な点や保険適用ができるかどうか不安な人は私まで問い合わせいただいても良いですし、保険金申請の相談ができるプロ集団がいます。

詳しくはこちらのページで解説しています。

申請のプロに台風被害の保険適用をサポートしてもらう【調査無料・火災保険】
申請のプロに台風被害の保険適用をサポートしてもらう【調査無料・火災保険】台風被害に遭ってしまって呆然としている人 「前回の台風15号と今回の19号でまた家に被害が出てしまった。。。生活に困るから補修をす...

災害による損害は、交通事故などと同じで申請すれば保険金は支払われる場合があります。

確認だけでは、保険料は変わりませんので心当たりがあれば一度確認を!

 

家調(イエチョウ)公式サイト

台風・雪・雨・落雷・ヒョウこういった自然災害は突発性の事故と同じで、交通事故と同じで保険料が適用できます。

「屋根・外壁の損傷で火災保険が下りるわけがない」と意識もしない方がほとんどです。

一般の方は知らないだけなんです!

そういったこともいろいろと申請のコツや補修の相談など、御用聞きの推奨先として「家調(イエチョウ)」というサービスを私は推奨します。

>>ホームサポートの家調【いえちょう】火災・地震保険申請のプロサポート

さまざまな損害保険適用・保険適用・保険相談を専門に行っているプロチームです。

保険金の受取完了まで徹底的にサポートしてもらえます。

築年数が古いから、経年劣化とあきらめないでください。

「突発性の事故」か「経年劣化」の判断が難しい部分で、プロの力が発揮される部分になります。

調査することで約8割の家で保険がおり、保険金額は被害箇所の合計で平均100万円~200万円おります。

クリック・タップで公式サイトへ

>>家調(イエチョウ)公式サイトへ

 

申請のプロに台風被害の保険適用をサポートしてもらう【調査無料・火災保険】
申請のプロに台風被害の保険適用をサポートしてもらう【調査無料・火災保険】台風被害に遭ってしまって呆然としている人 「前回の台風15号と今回の19号でまた家に被害が出てしまった。。。生活に困るから補修をす...