サイクルポート

失敗しない!マイホームの自転車置き場の設計セオリー&予算

駐輪場・自転車置き場のサイズを検討している方へ

家の間取りは早いタイミングで相談が進み決まっていることが多いと思います。

そろそろ外構工事の検討されているころ。

車用の駐車場の位置は、接道部分と家の位置でほぼほぼ決まると思うんですけども、駐輪場の位置っていうのはなかなか決まらないことが多いと思います。

そもそも「どれぐらいのスペースを取れば良いのか」ということが分からなかったりしますので、今日はその「駐輪場の設計基準と呼ばれる寸法」とよくいっしょに検討される「駐車場の屋根を作る費用」について、ご紹介します。

この記事の内容を動画で見たいという方はこちらにアップしていますのでご参照下さい。

駐輪場の設計基準からすれば、自転車一台の幅は60cm

駐輪場の設計基準からすれば、自転車一台の幅は60cm駐輪場の設計基準からすれば、自転車一台の幅は60cm

まずは、駐車場の設計基準ですね。

結論から言うと1台幅で60cmを目安にしてください。

俺は自転車の前カゴであったり、自転車の種類によっては幅の大きい小さいは多少あるかと思うんですけども、おおよそ60cmを基準にしてもらえれば、間違いないです。

駐車場のサイズの裏付け:自転車駐車場整備センター

駐車場のサイズの裏付け:自転車駐車場整備センター駐車場のサイズの裏付け:自転車駐車場整備センター

なぜ、「60cmが目安」というかというと「公益社団法人 自転車駐車場整備センター」というものがありまして、そこの設計基準に上記のような次のような図面が紹介されています。

建築基準法などで、明確な設計基準というものが決まっているわけではありません。

経験則もありますが、私が仕事で携わっている駅やマンションの設計図面、一般戸建ての住宅までおよそ60cmで考えられることが普通です。

公益社団法人 自転車駐車場整備センター
自転車等駐車場設置技術の手引き検討調査報告書より
https://www.jitensha.jp/wp/wp-content/themes/original/download_/tebiki.pdf

自宅用であれば、子供用の自転車幅というのは考えない

さらに、一般家庭用であれば子供用だから小さいというとは、特に考えなくて良いです。

理由は、子供の自転車は確かに小さめではあるものの、5年・10年もすればと中学生になり、大人と同じ自転車に乗っているいると思います。

自転車が大きくなっても駐輪スペースは大きくならないのでw

敷地に余裕があれば生活動線上に問題がなければ60cmを目安に考えてもらえると良いかと思います。だから60cmがベスト!

ラックを使えば40cm幅でも自転車の収納は可能

ラックを使えば40cm幅でも自転車の収納は可能ラックを使えば40cm幅でも自転車の収納は可能

そして、まぁそうは言ってもそんな幅・スペースは取れない/土地がないという場合あるかと思います。

そんな時は自転車用のラックを使用すると良いと思います。

よく駅の駐輪場では転倒防止であったり、整列するために用意されてると思うんですけども、一般家庭用にもこういったラックが有効です。

ラックを使用することで40cmの隙間でも自転車を置くことができます。

このテの商品は、固定が楽で DIY などでも設置が可能です。

自転車置き場を簡単に作れるサイクルポート

サイクルポートの設置で覚えておきたいこと。

そして、駐輪場でよくあるのが屋根をつけたいということですね。

屋根をつければ、結露は防げたり、雨や風で汚れたり倒れたりすることも少なくなり、特に子供を送り迎えに電動自転車を買われた方がよく、合わせて屋根も一緒に設置される方が多いです。

サイクルポートを設置するためのセオリーを一つご紹介させていただきます。

駐輪場の屋根の高さは、約2m以下がおすすめ

駐輪場の屋根の高さは2m以下、できるだけ低い方が望ましい。高いと雨風が吹き込みやすいだけ。

これは理由は、単純で雨の吹き込みが少なくなるからです。

雨の吹き込みを少なくした方が得策です。

頭をぶつけないレベルで大1.8m~2mで設計されているものがほとんどなので、大丈夫なんですけども低いのがベストです。

駐輪場の屋根だけのタイプは、10万円~13万円前後

駐輪場の屋根だけのタイプは、10万円~13万円前後駐輪場の屋根だけのタイプは、10万円~13万円前後

次に予算の話になるんですけども屋根だけのタイプ、この写真のようなものです。

工事費込みで、約10万円から13万円ぐらいで取り付けが可能です。

ホームセンターさんなどにもよく売ってますね。

サイズは幅2m×2 mぐらいですね。

自転車3台停めるには十分。4台になった時はちょっと狭いかなぁーっていうサイズなんですけ、ラックを併用することで収納の仕方が変わってきます。

駐輪場の屋根に側面の囲いもついたタイプ、25万円前後

駐輪場の屋根に側面の囲いもついたタイプ、25万円前後駐輪場の屋根に側面の囲いもついたタイプ、25万円前後

そして次に、側面のガードが付いたタイプですね。

これお値段が上がりまして25万円か30万円ぐらいになります。

このタイプになると雨の振り込みや台風などの場合もしっかり側面の壁がガードしてくれるので非常にお勧めです。

ですが生活の動線上に、こういったパネルがあると邪魔になってしまうこともあるので・・・なかなか取り付けれる現場では限られていてしまいます。

サイクルポートは寿命が長いもので、10年~20年普通に使えます。

小学校だったお子さんも、大学生になりバイクを所有することもあるかと思います。

できれば、そういった長い目でサイズ感や設置場所を検討いただくと失敗しない買い物になりますね。

マイホームの自転車置き場の設計セオリー&予算まとめ

はい、さくっと駐輪場のサイズとその屋根についてご紹介させていただきました。

  • 子供用も大人用も、自転車一台の幅は60cm
  • ラックを使えば40cm幅でも自転車の収納は可能
  • 屋根の高さできるだけ低く!約2m以下がおすすめ
  • 屋根は、10万円~13万円。囲い付きは25万円前後~

 

また、こういったお庭のお勉強ができる情報を私のブログと動画とツイッターを通じてご紹介させて頂きます。

よかったなーと思う方は、いいねボタン・チャンネル登録・フォローをしていただけると幸いです。

外構・エクステリアを検討される方必見!

お引越し後や家を建てていている途中に検討することの多い外構工事・エクステリアについて一番の悩みは、

  1. 納得の行くプランと最適な設置方法の提案
  2. 高い工事品質と施工後の安全性
  3. 予算内に費用を抑える、工夫と商品選び

ではないでしょうか?

外構やエクステリアの予算配分で悩んでいる方へ「相見積もり」を活用することで大きく見積金額ダウンも期待できます。プラン比較も相見積もりは非常に有利ですよ。

https://link-a.net/gate.php?guid=on&mcode=x3wjetxg&acode=adpbtcgrbefa&itemid=0

さらに、タウンライフリフォームに相談すれば1社だけでなく、なんと相見積もり先の優良企業さんまで紹介してもらえます。(しかも外構業者さんには内緒で)

もう一つ特筆したいポイントとして、タウンライフリフォームは事前に紹介してもらう業者さんを指定できます。

今から業者探しをしている方は、一石二鳥の無料サービスですので利用しない手はないですね。

>>タウンライフリフォーム解説記事へ

>>タウンライフリフォーム公式サイトへ