フェンス

隣の家の塀が壊れないかどうか心配な人へ【ブロック高さ制限】

ブロック塀等の点検・チェックポイント

隣の家の塀の高さが気になる人

「隣の家にコンクリートブロックで出来上がった塀がある。最近、ニュースで倒壊したのを見ると気になってしかたがない。よくよく見てくるとある程度の高さのあるし、少しヒビも入ってるみたい。大丈夫かどうか心配。隣の家の塀の高さが制限以下なのかどうか、どうやってチェックしたらいい?」

→建築基準法でブロックの施工方法などが規定されています。

私はエクステリア・外構資材専門の業者で働いています

どうも、はじめまして、庭ファン(@spring_bd)と申します。

自己紹介を致しますと、本業は現役エクステリア商社マンです。なので、外構の商流や商慣習などにはカナリ詳しいです。このブログではお得にお庭づくりをするための秘訣やコストカット術などを配信しています

さらに私の詳しい自己紹介についてはわたしのプロフィールをご参照ください。

昨年の大阪地震以降、各地方自治体で補助金が設定されたり、ブロック塀の問い合わせが急増しています。

そこで、現在決まっているブロック塀の限界値について改めておさらいです。

コンクリートブロックを使用した塀には高さ制限がある

コンクリートブロックを使用した塀には設置して良い高さの制限があります。

建築基準法にも規定されている高さは120cmを超えるものは、控え壁なしではNGとされています。控え壁有りの場合は220cm以下と定められています。

地面は多少傾斜があったり、草が生えていたりするため厳密に120cmを測るのはむずかしいのですが、外構業界に一般的に6段までセーフとされています。

詳しいチェックポイントはこちらの資料をご参照下さい。

ブロック塀等の点検・チェックポイント

出典:建築物の塀(ブロック塀や組積造の塀)の安全点検等について(国土交通省)
平成30年6月21日(報道発表) 
http://www.mlit.go.jp/common/001251611.pdf

ブロック塀の基準まとめ

控え壁なしで制限は、120cm。おおよそ6段まで。

控え壁有りで制限は、220cm。おおよそ11段まで。

 

ブロックの上設置するフェンス規定はない。

「ブロック塀は控え壁なしで6段まで」と法律で決められていますが、その上にさらにフェンスを設置したらどうなりますか?

と、疑問に思うことがあると思います。

いいところに気が付きましたね。

ブロック塀の規定を作った時代(明治)には、アルミフェンスと言うものが世の中に存在しませんでした。

なので法律にもアルミフェンスを設置する想定はなく、アルミフェンスについての規定は現在のところはありません。

ホワイトでもブラックでもグレーでもない・・・微妙な状態であると言えます。

\フェンス・外柵工事の優良業社を検索
>>見積相談・資料請求する
※見積は何度でも無料でもらえます

2メートルの高さを超える場合は、アルミフェンスが望ましい

ですが、規定がないので大丈夫かどうか、と言う件については業界にも暗黙のルールがあるようです。

一般的にはブロックの上に、80cmのフェンスを設置することは多くあります。最大6段のブロックに80cmのフェンスをつけて2メートルの目隠し構造物を作るのはギリギリセーフと認識されているようです。

実際、順法が必須である上場しているハウスメーカーさんが分譲している宅地などを見てもらえると分かると思います。

それ以上の高さになるとブロックを使用して設置が難しいので、アルミフェンス2段・3段を利して2メートル以上の高さを演出することが多いです。(そういう商品があります)

重量ブロック塀を軽量アルミフェンスに変える方法【ガーデンリフォーム】ブロック塀を撤去しようと考えている人 「寿栄小学校のブロック倒壊事件があってから家のブロック塀が大丈夫かどうか心配で・・・ブロック塀を...

お隣から、役所から是正の連絡を受けた時は、、、

万一、自宅に6段以上のブロック塀や亀裂が入ってしまったブロック塀がある場合は、取り替えを検討してみてはいかがでしょうか。

地方自治体によっては、補助金が出る場合もあります。

「ブロック塀 補助金 (市区町村名)」で検索すると実施している場合は、だいたい出てきます。

直接、役所に電話で聞いてみるもの良いかと思います。(区役所の建設指導課が管轄していることが多いので、お問い合わせの参考にしてください。)

通報を受けた状態になってからでは遅い。

通報を受けてからであれば、依頼業者や見積もりも猶予なくすぐに高額なブロック撤去工事を進めないといけなくなってしまうかもしれません。

事前に対策することで、コストを抑えて、補助金を活用しながらできることもありますのでぜひお早めに検討してみてください。

ブロック塀の補修・是正は専門業者さんへ相談を

ブロック塀の高さや補修について、ネットで検索したあなたのように業者さんはネットでも検索できます。

ブロック塀・フェンス・外構工事が得意なリフォーム会社を探すには、一括で相談できる外構業者さんが便利です。

自分が住んでいる地域でカーポートのリフォームを得意としているリフォーム会社を知りたい場合は、リフォーム会社紹介サービスを使うと良いですよ。

「ブロック塀の補修をやっている業者さんについて調べてみたけど、どの会社が本当に信頼できるか分からない」

「補助金が申請できるかどうかもわからないし、手続きがそもそもめんどくさい。費用だけ払って補助金が出ないとかいうのも心配。。。」

「ホームセンターに展示品を見に行ったけども、気に入ったデザインやブロックが無かった。安っぽい仕上がりになるのも嫌だし。接客を受けられなかった。」

そんな方は、ぜひ簡単に無料で比較見積もりが可能なサービスがありますので、ぜひご利用ください。

>>タウンライフリフォーム公式サイト

大手ハウスメーカーから地場の工務店まで網羅し、ガーデンリフォームを検討している方も安心してご利用いただけます。

一生のうちにブロック塀のリフォームや外構をリフォームをすることは2回・3回と経験するもではありません。

ぜひ後悔しない、失敗しないリフォームをするためにも、リフォーム会社選びは慎重に複数業者に依頼をしましょう。

技術を持った、安心できる業者さんを見分けられる自信ありますか?

もし、即答で「はい!自信あります!」と答えられない場合は、全国の優良業者ばかりをあつめたタウンライフリフォームサイトが便利です。

こちらは、地元の優良企業を集めたサービスでリフォーム部門では3冠を達成した由緒あるサービスです。

そもそも悪徳業者はこう言った紹介サービスで紹介してもらえず、優良企業のみがサイト上でフィルタリングされている状態です。

>>タウンライフリフォーム公式サイト

だからタウンライフリフォームさんを私はオススメしてます。

業者さんによっておすすめする内容が異なるかもしれませんが、外構工事やリフォーム工事には正解はありません。

さらにいまなら、毎月先着99名様に「成功するリフォーム7つの法則」の冊子資料がもらえます。

私は、見積もりを値下げするためにも、損しないためにも「業者さん探し」に力をいれてみるのをオススメしています。

しかもタウンライフリフォームに相談すれば相談したい会社1社だけでなく、なんと相見積もり先の優良企業さんまで(外構業者さんには内緒で)紹介してもらえます

一度で二度と美味しいサービスなので、今から業者探しをしている方は、利用しない手はないですね。

>>タウンライフリフォーム公式サイト

外構・エクステリアを検討される方必見!

お引越し後や家を建てていている途中に検討することの多い外構工事・エクステリアについて一番の悩みは、

  1. 納得の行くプランと最適な設置方法の提案
  2. 高い工事品質と施工後の安全性
  3. 予算内に費用を抑える、工夫と商品選び

ではないでしょうか?

外構やエクステリアの予算配分で悩んでいる方へ「相見積もり」を活用することで大きく見積金額ダウンも期待できます。プラン比較も相見積もりは非常に有利ですよ。

https://link-a.net/gate.php?guid=on&mcode=x3wjetxg&acode=adpbtcgrbefa&itemid=0

さらに、タウンライフリフォームに相談すれば1社だけでなく、なんと相見積もり先の優良企業さんまで紹介してもらえます。(しかも外構業者さんには内緒で)

もう一つ特筆したいポイントとして、タウンライフリフォームは事前に紹介してもらう業者さんを指定できます。

今から業者探しをしている方は、一石二鳥の無料サービスですので利用しない手はないですね。

>>タウンライフリフォーム解説記事へ

>>タウンライフリフォーム公式サイトへ