カーゲート

地面が土のところにゲートは置くな。壊れて買い替えが関の山

設置はできるけど、経年劣化を早めてしまう

設置はできるけど、経年劣化を早めてしまう

設置はできるけど、経年劣化を早めてしまう

写真のような伸縮タイプのカーゲートを設置する場合、地面が土の時、伸縮ゲートは微妙です。

開閉の度にキャスターが土の部分を走行しますので、土がえぐれてしまって地面にへこみを発生させてしまいます。

また、雨の日などは泥がキャスター内に入ってしまったり良くないことが多数あります。

現場調査のタイミングで土の場合、経験が多い工事店さん・担当さんほど避けて提案する傾向にあります。

下記の提案がない・相談がない業者さんはNGです。

下記の提案がない・相談がない業者さんはNGです。

理由:土の場合、キャスターが壊れやすく推奨しない。

事前説明があるかどうかが大きい。

先ほども申し上げた通り、キャスターの破損がしやすく本体にも負荷がかかりやすくなります。

土の場合は、下を土間コンクリートを設置するか、跳ね上げ式のゲートを検討するなどが必要です。

理由:ノンキャスタータイプの伸縮ゲートであれば土も関係ない

理由:ノンキャスタータイプの伸縮ゲートであれば土も関係ない

代替案を提示してもらえるかどうか。

伸縮ゲートでもキャスターがないタイプがあります。ちょっと特殊なタイプですが、操作が軽く、また開閉時にキャスターがないためガラガラ音がしないのが特徴です。

現場の状況によりやむを得ず、伸縮カーゲートを採用するときはコチラを検討してみてください。

外構・エクステリアを検討される方必見!

お引越し後や家を建てていている途中に検討することの多い外構工事・エクステリアについて一番の悩みは、

  1. 納得の行くプランと最適な設置方法の提案
  2. 高い工事品質と施工後の安全性
  3. 予算内に費用を抑える、工夫と商品選び

ではないでしょうか?

外構やエクステリアの予算配分で悩んでいる方へ「相見積もり」を活用することで大きく見積金額ダウンも期待できます。プラン比較も相見積もりは非常に有利ですよ。

https://link-a.net/gate.php?guid=on&mcode=x3wjetxg&acode=adpbtcgrbefa&itemid=0

さらに、タウンライフリフォームに相談すれば1社だけでなく、なんと相見積もり先の優良企業さんまで紹介してもらえます。(しかも外構業者さんには内緒で)

もう一つ特筆したいポイントとして、タウンライフリフォームは事前に紹介してもらう業者さんを指定できます。

今から業者探しをしている方は、一石二鳥の無料サービスですので利用しない手はないですね。

>>タウンライフリフォーム解説記事へ

>>タウンライフリフォーム公式サイトへ