カーポート

いくらかかるの?カーポートの撤去費用の相場【1台用~3台用】

カーポートの撤去費用の相場

カーポートを撤去せざるを得なくなった人

「うわぁぁぁぁぁぁぁ、台風でカーポートが壊れてしまった。。。車には影響がなかったのは不幸中の幸いだけど、どうしよう。補修できるのかな?一旦、撤去したほうが安全なのかもしれないけど、いくらかかるかわからないし、どこに相談したらいいのだろう?」

←カーポートの撤去費の相場と最適な相談先を教えます。

どうも、庭ファンの管理人です。

どうも、はじめまして、庭ファン(@spring_bd)と申します。

自己紹介を致しますと、本業は現役エクステリア商社マンです。なので、外構の商流や商慣習などにはカナリ詳しいです。このブログではお得にお庭づくりをするための秘訣やコストカット術などを配信しています

また、YouTubeでも外構について情報を発信しています。テキストだけでは伝えきれない微妙なニュアンスなどを動画で説明していますので合わせてご覧ください。

ありがたいことにたくさんの方に見ていただき外構・お庭という専門ジャンルで、チャンネル登録者数は2.2万人を超えました!

私の詳しい経歴・自己紹介についてはわたしのプロフィールをご参照ください。

最近では、カーポートを取り替えるということはほとんどなくなりました。

それだけ耐用年数が伸び商品として優れたものが多くなってきた証拠です。

台風などの自然災害で破損してしまいどうしようもないときや危険なので撤去しないといけないというケースもあるかと思います。

まあそういう時にこそ、できるだけ安くカーポートを撤去したいと思うものですよね、かと思うのです。

そもそもカーポートを撤去する経験というのは、人生の中でもあまりあることでありませんので、どれぐらい費用が発生するのか知らないですよね。

私はカーポートなどをはじめとしたのエクステリア商品を卸販売している経験がりますので、台風などの特需から普通の時までの撤去費の目安をご紹介します。

 

カーポートの撤去費用相場まとめ(目次が結論)

  1. カーポートの撤去にかかる費用相場
  2. 1台用カーポートの撤去費:2万円 運搬処分費に1万円
  3. 2台用カーポートの撤去費:3~4万円 運搬処分費に1万円
  4. 3台用カーポートの撤去費:4~5万円 運搬処分費に1万円
  5. 強引な値引きは作業者のやる気を下げてしまうためおすすめしませんよ。

\カーポート工事の優良業社を検索
>>見積相談・資料請求する
※見積は何度でも無料でもらえます

カーポートの撤去にかかる費用相場

カーポートの撤去費用の相場

カーポートの撤去は部品を外して、敷地外に出すだけな簡単なお仕事です。

ですが、高所作業になったり鋭利な金具などがあり危険のでプロに任せてしまいましょう。

カーポートは撤去して処分するので、傷がついてしまっても気にならないのでDIYでも可能ですが、DIYで解体するにも参考にカーポート解体費の相場を確認下さい。

1台用カーポートの撤去費:2万円 運搬処分費に1万円

だいたい一日で作業して、半日から一日仕事です。

終わったあとや、午後から別の現場に行きたいところですが、撤去したカーポートの部材を積んだままなので新しい現場には入りづらいのです。

正直、1日分の職人代・人件費がかかりますね。

撤去したカーポートの同じ敷地内や近くで仕事があれば値引き交渉ができる余力があります。

2台用カーポートの撤去費:3万~4万円 運搬処分費に1万円

二人で作業して一台の車に乗せても、もう一人は別の現場にというパターンが可能です。

次の仕事や現場により、2人分の職人代・人件費がかかるのか、次の仕事があれば多少の値引きができる余力ができます。

カーポートの撤去後に新設するような次の仕事がある場合、撤去費の値引きができるかもです。(業者さんには余力があるはずです。)

3台用カーポートの撤去費:4~5万円 運搬処分費に1万円

カーポートのサイズからすると三人必要な場合がありますが、だいたい2人での作業になります。

二台用と内容は同じなんですが、残材の量が多く、次の現場の仕事道具が詰めなかったりするので、時と場合により交渉の余地があります。

そのほかの作業時にコインパーキングに駐車が必要であったり、コストがかさむ場合は値引き交渉が効きづらい要素になりますね。

これに加えて、カーポートの処分費用がかかりますが、アルミのカーポートのは金属スクラップとして買い取ってもらえる場合があります。(二束三文ですが・・・)

強引な値引きは作業者のやる気を下げてしまうためおすすめしませんよ。

カーポートの撤去費用の相場

相見積もりなら直接相手に交渉をせずにある程度費用をおさえることができます。

最低でも2~3社くらいに依頼をして、もっとも見積金額が低い業者に撤去してもらいましょう。

外構・エクステリアを検討される方必見!

お引越し後や家を建てていている途中に検討することの多い外構工事・エクステリアについて一番の悩みは、

  1. 納得の行くプランと最適な設置方法の提案
  2. 高い工事品質と施工後の安全性
  3. 予算内に費用を抑える、工夫と商品選び

ではないでしょうか?

外構やエクステリアの予算配分で悩んでいる方へ「相見積もり」を活用することで大きく見積金額ダウンも期待できます。プラン比較も相見積もりは非常に有利ですよ。

https://link-a.net/gate.php?guid=on&mcode=x3wjetxg&acode=adpbtcgrbefa&itemid=0

さらに、タウンライフリフォームに相談すれば1社だけでなく、なんと相見積もり先の優良企業さんまで紹介してもらえます。(しかも外構業者さんには内緒で)

もう一つ特筆したいポイントとして、タウンライフリフォームは事前に紹介してもらう業者さんを指定できます。

今から業者探しをしている方は、一石二鳥の無料サービスですので利用しない手はないですね。

>>タウンライフリフォーム解説記事へ

>>タウンライフリフォーム公式サイトへ