フェンス

南向きの窓近くにオススメ、暗くならない目隠しフェンス【採光目隠し】

南向きの窓近くにオススメ、暗くならない目隠しフェンス【採光目隠し】

目隠しをしたいが暗くなるのは嫌だという人

「家の前が道路で目隠しをしたいけども、窓が南向きでフェンスを付けてしまうとせっかくの日当たり良い窓が死んでしまう、もったいない。けども、南向きの大きな窓は全開にすることもできないし、いつもモヤモヤしたまま生活している。なにか良い方法ないですか?詳しい人、教えて下さい!」

←はい、わがままを叶える暗くならない採光目隠しフェンスがあります。

普段は、エクステリア専門商社の営業マンをしています

どうも、はじめまして、庭ファン(@niwafan1128)と申します。

本業は現役エクステリア商社マンをしています。

そのため、外構・エクステリア商品、商慣習などには詳しいです。

YouTubeでも情報配信しており、100万回近く再生されている動画もあり、トータルの再生数は510万回を超え、チャンネル登録者数は約3万人になりました。(ありがとうござます!)

このブログでは、お得にお庭づくりをするための外構・エクステリア商品情報を秘訣やコストカット術などを、無料で配信しています

外構・エクステリアは、建物の次に高額な買い物であるにもかかわらず、こういったプランや商品選定のノウハウは、ほとんど書籍では販売されてません。

なので、このブログの情報でお庭づくりで悩んでいるあなたのお役に立てるはずです!

私の詳しい経歴・自己紹介については≫わたしのプロフィールをご参照ください。

プロに商品を卸すプロとして商品の提案や、設計なども携わり現場にも経験し、メーカーの商品開発も一部携わったことがあり、商品についてカナリ詳しいと思います。

今日は、「目隠しをしたいが部屋がそれによって暗くなるのは嫌だ」という人に、おすすめのフェンスを商品名と相場価格も合わせて紹介します。

南向きの窓近くにオススメ、暗くならない目隠しフェンス

南向きの窓近くにオススメ、暗くならない目隠しフェンス

目隠しフェンスは欲しいんだけど、暗くなるのは困る方へ「目隠し性能+採光性能」の両立したフェンスがあります。

素材はアルミ金属ではなく、カーポートやテラスなどの屋根材としても利用されるポリカーボネートのパネルです。

すりガラス調の素材なので、近くでみるとうっすら映りますが、30cmも離れればほとんど見えなくなり目隠し性能としては十分です。

暗くならない目隠しフェンス・採光フェンスの商品名

続いて具体的な商品名と相場価格の紹介です。

各メーカーに採光フェンスの用意があるので、内側が暗くならないような採光タイプの代表的な商品を例に挙げます。

LIXIL ライシスフェンス P型 ポリカーボネート

LIXIL ライシスフェンス P型 ポリカーボネート

1m当たり工事費込み相場価格:1万8千円〜2万円

YKKAP シンプレオフェンスP1型 目隠しポリカパネル

YKKAP シンプレオフェンスP1型 目隠しポリカパネル

1m当たり工事費込み相場価格:1万8千円〜2万円

三協アルミ カムフィX14N型 採光パネル

三協アルミ カムフィX14N型 採光パネル

1m当たり工事費込み相場価格:1万9千円〜2万1千円

いずれも高さ60cmで、基礎のブロックがある前提の相場価格です。

フェンス用のブロックがない場合は、別途ブロック代金が必要です。

暗くならないポリカ系フェンスのメリットとは?

必要な箇所だけ採光パネルにする YKKAP シンプレオフェンスP1型 目隠しポリカパネル シンプレオ フェンスP1型+13型組合せ

採光機能と目隠し機能を両立した半透明パネルタイプフェンスは、通常の目隠しフェンスに比べて少しお高めです。

必要な箇所だけ採光パネルにするなど、異なるフェンスデザインの連結も可能です。

フェンスは同じシリーズなら違うデザインを連結できる【メッシュ⇔目隠し】
フェンスは同じシリーズなら違うデザインを連結できる【メッシュ⇔目隠し】フェンスのデザインで迷っている人 「リビング前とか、お風呂場とか、見えてもらったら困る場所には完全目隠しフェンスをつけようと思って...

また、うっすらシルエットが写るので中に人がいることも外からわかるため、防犯面も期待できます。

アルミ金属の完全目隠しのフェンスでは日光を遮ってしまい、植栽・植物にも影響が出る場合がありますが半透明パネルタイプでは採光力があるでその面は安心です。

光を通す具合がどれぐらいなのか気になる人は専門店に相談を

https://townlife-aff.com/link.php?i=5af26089db0f3&m=5d1ca5c339596外構・リフォーム相場を見るだけでもOK

ご自宅に似合う目隠し方式がどれなのか、予算と相談する場合は専門家による見積もりが必要ですね。

ぜひ一度無料で見積もりが可能なサービスをご利用下さいませ。

>>見積相談・資料請求する

上記のサイトからお住まいの市区町村を入力するだけで、目隠しフェンスや面格子、その他の目隠し以外についてのお庭の相談も可能です。

外構費用の比較やデザインが比較も行えるので、ひとつの業者さんで見積もりを依頼するよりも適切なアドバイスやアイディアが複数業者さんからもらえるので失敗するリスクも軽減が可能です。

業者さんによっておすすめする内容が異なるかもしれませんが、提案内容に正解はありません。

私は、損をしないエクステリア見積もりを取るためにも、複数の専門業者さんにアドバイスを受けることをお勧めします。

外構・エクステリアを検討される方必見!

お引越し後や家を建てていている途中に検討することの多い外構工事・エクステリアについて一番の悩みは、

  1. 納得の行くプランと最適な設置方法の提案
  2. 高い工事品質と施工後の安全性
  3. 予算内に費用を抑える、工夫と商品選び

ではないでしょうか?

外構やエクステリアの予算配分で悩んでいる方へ「相見積もり」を活用することで大きく見積金額ダウンも期待できます。プラン比較も相見積もりは非常に有利ですよ。

https://link-a.net/gate.php?guid=on&mcode=x3wjetxg&acode=adpbtcgrbefa&itemid=0

さらに、タウンライフリフォームに相談すれば1社だけでなく、なんと相見積もり先の優良企業さんまで紹介してもらえます。(しかも外構業者さんには内緒で)

もう一つ特筆したいポイントとして、タウンライフリフォームは事前に紹介してもらう業者さんを指定できます。

今から業者探しをしている方は、一石二鳥の無料サービスですので利用しない手はないですね。

>>タウンライフリフォーム解説記事へ

>>タウンライフリフォーム公式サイトへ