エクステリア

外構業者・エクステリア工事に書かれている見積内容3

外構業者・エクステリア工事に書かれている見積内容

先日に引き続き外構工事に含まれる項目で、「よくわからない」と言われる間接費用です。

項目の性質上、材料代のようにたくさんかければグレードが上がるものでも、品質が上がるものではありません。

ですが、なくすことができない難しい取り扱いのものです。

実作業ではなく、発生する補助員・足場費用

搬入費/荷揚げ費/小運搬費

名称はいくつかあります。

工事車両を現場まで着けて、そこから実際取り付ける場所までに距離がある場合、資材の運搬作業が必要です。

例えば、道路から下ろしてすぐの場所に、テラスを取り付けると、外階段で登った自宅の裏庭につけるのでは、当日実働の6時間〜7時間の作業時間の中で運搬作業と労力がかかります。具体的な目安があるわけではないのでその業者さんの指標に基づいて算出されます。商品の量や運び量・距離から算出されます。値引き交渉の際にはここの作業費には言及しない方が、職人さんの心象が良いです。

遠方費

業者さんの事務所や作業場からきょりがある場合に交通費として、遠方費として見積もりに計上されていることがあります。物理的な事務所の場所などを起算しているので値引き交渉は厳しいので、あまりにも金額が高いと感じる場合は、別の近くの業者さんに相談してみるのも価値がありますね。交通費は残念ながら商品の品質や工事の品質にも影響はすくないので、削減できるのであれば、削減できるほうがベターです。

重機レンタル費

ショベルカーなど、建築重機をつかって作業する場合、その重機をレンタルしてくる費用です。

建築重機を自社で所有している業者さんはすくなく、工事内容や工法に応じてレンタルするのが通常です。

ですが普段からよく土木工事をしている業者さんには所有しているためレンタル費はかかりません

その分、見積もり価格が安く済むことがあり、駐車場の造成工事やお庭の大規模リフォームを考えている場合は、重機の有無は重要です。

人力作業費

特に掘削作業や撤去作業などを行なう場合、ショベルカーやユニック車などいわゆる建設重機を使用して工事をすることがおおいです。ですが、作業スペースが狭く重機が入らない場合、埋設管(特にガス管)など破損させてしまうリスクがある場合に、手作業で作業することがあります。その時に人力作業費として作業者の人工代が計上されます。

場合により値引き交渉や、工法により削減ができる場合もあります。

足場代

二階の窓や高所で作業する必要がある場合、安全のため足場を組みます。

足場を組むだけなのですが、事前設置・事後解体と意外とコストがかかるので高額になることが多いです

値引き交渉は出来ますが、法律で決まっていることなのではぶくことは難しい項目です

重機回送費

先程、出てきたショベルカー・ユンボ重機を運ぶ時の費用です。

重機は道路を走って現場まできません。

だいたい、トラックの荷台に乗せられ現場まで来て、そこから下ろして作業をします。

そのためトラックにはエクステリアやブロックなどの商品を積むことが出来ず、その重機運搬するだけにかかる費用ですね。ドライバーさんも必要なので、そういった費用をまとめて重機回送費とまとめます。

 

 

土間コンクリート工事関係の項目

まだまだありますね。こちらもまた明日以降に更新追記していきます。

 

仮設工事/水盛り(みずもり)/遣り方(やりかた)/墨出し(すみだし)

ワイヤーメッシュ掘削費/鋤取り(すきとり)調整

現場管理費

排水工事費

砕石敷均し転圧

型枠設置解体/スリット枠組み

残土運搬処分

土間コンクリート打設

生コン立米車割増

外構・エクステリアを検討される方必見!

お引越し後や家を建てていている途中に検討することの多い外構工事・エクステリアについて一番の悩みは、

  1. 納得の行くプランと最適な設置方法の提案
  2. 高い工事品質と施工後の安全性
  3. 予算内に費用を抑える、工夫と商品選び

ではないでしょうか?

外構やエクステリアの予算配分で悩んでいる方へ「相見積もり」を活用することで大きく見積金額ダウンも期待できます。プラン比較も相見積もりは非常に有利ですよ。

https://link-a.net/gate.php?guid=on&mcode=x3wjetxg&acode=adpbtcgrbefa&itemid=0

さらに、タウンライフリフォームに相談すれば1社だけでなく、なんと相見積もり先の優良企業さんまで紹介してもらえます。(しかも外構業者さんには内緒で)

もう一つ特筆したいポイントとして、タウンライフリフォームは事前に紹介してもらう業者さんを指定できます。

今から業者探しをしている方は、一石二鳥の無料サービスですので利用しない手はないですね。

>>タウンライフリフォーム解説記事へ

>>タウンライフリフォーム公式サイトへ