カーポート

カーポートは縦にも横にも連結できる【縦連棟は柱高さに注意】

カーポートの仕上がり高さを気にしない業者さんはアウト!

縦二台用のカーポートを検討中の人

「うちは縦に二台車を止めるタイプの駐車場になっている。カーポートをつけようと思っているのだけど、どんなタイプのカーポートがいいのかな?また気にしないといけないカーポート選びのポイントを教えてほしいです。」

←カーポートは縦連棟というタイプになります。あと、柱高さに気をつけて!

私は、カーポートを卸し、売り歩く営業マンです

どうも、はじめまして、庭ファン(@spring_bd)と申します。

自己紹介を致しますと、本業は現役エクステリア商社マンです。なので、外構の商流や商慣習などにはカナリ詳しいです。このブログではお得にお庭づくりをするための秘訣やコストカット術などを配信しています

さらに私の詳しい自己紹介についてはわたしのプロフィールをご参照ください。

カーポートを設置する経験は普通の人は初めてで、わからないことばかりだと思います。

今日は、カーポートを2台縦につなげた「縦連棟」という商品をご紹介します。

縦連棟と呼ばれ、カーポートは縦にも接続できる

縦連棟と呼ばれ、カーポートは縦にも接続できる

カーポートは横にも縦にも接続できるような構造になっています。

駐車場が縦方向の敷地の場合、縦連棟(たてれんとう)カーポートと呼ばれる形状に接続して設置するのが一般的です。

構造的には3台も4台も接続して繋げることができますが、そんな大きな敷地はないと思うので、繋げて二台分ぐらいだと思います。

駐車場は道路に向かって雨水が流れるように坂道になってます

そこで注意していただきたいのは、駐車場は降った雨水がたまらないように道路に向かってすこーしだけですが、水勾配(みずこうばい)と呼ばれる坂道を作っています。

通常は1%が目安と言われます。

そのため二台分カーポートの10メートルの奥行きの場合、おおよそ10cmほど高さに違いがありますので、道路側の柱と、一番奥の柱の高さ違いに注意が必要です。

カーポートも同じく道路側に若干の勾配をつけます。

道路側の柱と一番奥の柱の埋め込みがカーポートの勾配と土間の勾配に差がある場合、ちょっと困ったことになります。

土間勾配の方がきつい場合、道路側と奥側のカーポートの柱高さが変わってしまうことです。

メーカーの規定で55cm以上の埋め込みが必要なため、一番浅くとも55cmは道路側の柱で確保します。

そうなると土間の勾配によっては一番奥の柱が約10cmほど低くなることもあります。

カーポートの仕上がり高さを気にしない業者さんはアウト!

カーポートの仕上がり高さを気にしない業者さんはアウト!

実際は、問題がない/気にならないレベルであれば良いのですが、、、旗竿状地など場合はさらに玄関ポーチがあったりするので要注意です。

目の前にカーポートの屋根が来てしまったりするので、高さについては現場で打ち合わせするときには必ず確認ください。

(逆にこのことを確認しない業者さんは黄色信号ですね。)

最近のカーポート高さは約250cmが主流に

最近販売されているカーポートの柱高さは一昔前に比べて高くなってきました。昔はセダンタイプの車が多かったのですが、ミニバンなどの車が普及しそれに合わせて高くなりました。

カーポートの柱高さにもよりますので、最適な提案をしてもらえる業者さんに出会うことが大切です。

外構業者さんを探されている場合は、下記のサイトを利用すると便利ですよ。

>>見積相談・資料請求する

どの業者さんを紹介してもらえるか事前にわかるので、口コミ・事前確認もできます。

優良業者さんに出会えることが正しいエクステリアのお買い物につながります。

ぜひ一度ご覧ください。

外構・エクステリアを検討される方必見!

お引越し後や家を建てていている途中に検討することの多い外構工事・エクステリアについて一番の悩みは、

  1. 納得の行くプランと最適な設置方法の提案
  2. 高い工事品質と施工後の安全性
  3. 予算内に費用を抑える、工夫と商品選び

ではないでしょうか?

外構やエクステリアの予算配分で悩んでいる方へ「相見積もり」を活用することで大きく見積金額ダウンも期待できます。プラン比較も相見積もりは非常に有利ですよ。

https://link-a.net/gate.php?guid=on&mcode=x3wjetxg&acode=adpbtcgrbefa&itemid=0

さらに、タウンライフリフォームに相談すれば1社だけでなく、なんと相見積もり先の優良企業さんまで紹介してもらえます。(しかも外構業者さんには内緒で)

もう一つ特筆したいポイントとして、タウンライフリフォームは事前に紹介してもらう業者さんを指定できます。

今から業者探しをしている方は、一石二鳥の無料サービスですので利用しない手はないですね。

>>タウンライフリフォーム解説記事へ

>>タウンライフリフォーム公式サイトへ