フェンス

目隠しが足りない、圧倒的にフェンスの高さ足りない!めっちゃ見られてる!

 住んでから目隠しが足りないことに気がついた人

「げ!フェンスがあるから安心してたけど、目隠しが全然足りない。圧倒的に高さが足りない。すでにアルミフェンスはもうあるから下は要らないんだけど、上から足せる??」

残念ながら足せません、後から目隠しは長い柱を使うのがベストです。

引き渡し直後の罠、目隠しが足りない。道路から丸見え?!

引き渡し直後の罠、目隠しが足りない。道路から丸見え?!

ご自宅の引き渡し直後は、シンプルな外構工事に、アルミのシンプルなフェンスでぐるりと囲われた形式が一番多いかと思います。

実際、引越し後に窓のカーテンを開けてみると

「「あっ!ここに目隠しがほしい!」」

と思っても、もう遅い。

既にブロックやフェンスがすでにある場合は、高さの追加はできません。

方法は今あるものを取っ払って取り替えるか、高さの高いフェンスを追加で立てる方式です。

取り替えにもお金がかかってしまいます。

そんな時には、今あるフェンスの後ろ側に高尺フェンスを設置することを定石としては提案します。

フェンスの取り替え工事は意外と大変です。

フェンスの柱はブロックに刺して要るので撤去してから柱を開けるための穴をあける必要があります。

コア抜き工事もしくは、一部ブロックを撤去して対応します。

撤去費・処分費がかかり意外とフェンス工事代以外に費用が掛かってしまいます。

既存フェンスの柱を流用して新しいフェンスの取付が出来れば良いのですが、各メーカー・商品シリーズにより柱の形状が異なるためなかなかぴったり合うものがありません。

長い柱のフェンスを使って、2段構えがコスト的におすすめ 

長い柱のフェンスを使って、2段構えがコスト的におすすめ 出典:エクスショップ

高尺フェンスは、フェンスの裏側に長い柱を設置してフェンスを独立基礎で設置します。

後ろに柱が立ってしまうので敷地が狭くなってしまったり、通路の邪魔になってしまうこともありますが費用面ではブロック・フェンスを撤去して取り付けるよりも費用面では有利です。

ブロックごと取り壊すのか、フェンスを立てるのか

ブロックを取り壊すのか、フェンスを立てるのか

まだ時間的な余裕がある場合、検討の余地がある場合、プロの外構プランナーに見てもらうことをお勧めします。

現場によって外構工事はオーダーメイドです。

一概にこれが正解というものがなく、定石手段はあるものの、その通りにいかないもが外構の世界。

費用も提案も業者さんによってことなることが多いので、相見積もりを取ることをおすすめします。

>>相見積もり先も一緒に業者検索ができるサイト【外構の利用者満足No.1

目隠しする場所によってはフェンスではなくて、テラスや生垣にするほうがよかったりしますので、ぜひ、参考に専門家の意見を参照ください。

外構工事の相談は初回無料でしている業者さんがほとんどです。

ご気軽に相談してみてください。

「参考になった」と好評の記事

「この記事に出会えてよかった、価格交渉ができました」「注文する前に確認すべきポイントがわかって助かった」という声を頂いています。事前に知識を仕入れておくとコスト削減にもつながり失敗も少なくなりますよ!

見積もり金額を下げる裏ワザ!商社マンが教える賢い&安いリフォーム術【相見積もり推奨する3つの理由】エクステリア工事の見積もりを取った人 「新居に引っ越してきて、落ち着いたからそろそろカーポートと駐車場の土間コンクリート工事の見積...
素材で変わるフェンスの耐用年数【長く使うためフェンス選びのコツ】いろんなフェンスの耐用年数を調べてる人 「フェンスを新しく検討してるけども、長持ちするフェンスをつけたいと思っている。そもそもフェ...
今あるフェンスの高さを延長したいという人【目隠しフェンス】
今あるフェンスの高さを延長したいという人【目隠しフェンス】今あるフェンスの高さを延長したいという人 「今あるフェンスの柱を利用して、もっと背の高い目隠しフェンスを付けられますか?いまあるフ...
目隠しフェンス の高さは、目隠ししたいところから測るべし【鉄則】
目隠しフェンス の高さは、目隠ししたいところから測るべし【鉄則】道路からの視線を目隠ししたい人 「家の前の道路から見られるのが嫌だ。カーテンは閉めているんだけど、開けるときにいちいち人が居ないか...

外構・エクステリアを検討される方必見!

お引越し後や家を建てていている途中に検討することの多い外構工事・エクステリアについて一番の悩みは、

  1. 納得の行くプランと最適な設置方法の提案
  2. 高い工事品質と施工後の安全性
  3. 予算内に費用を抑える、工夫と商品選び

ではないでしょうか?

外構やエクステリアの予算配分で悩んでいる方へ「相見積もり」を活用することで大きく見積金額ダウンも期待できます。プラン比較も相見積もりは非常に有利ですよ。

https://link-a.net/gate.php?guid=on&mcode=x3wjetxg&acode=adpbtcgrbefa&itemid=0

さらに、タウンライフリフォームに相談すれば1社だけでなく、なんと相見積もり先の優良企業さんまで紹介してもらえます。(しかも外構業者さんには内緒で)

もう一つ特筆したいポイントとして、タウンライフリフォームは事前に紹介してもらう業者さんを指定できます。

今から業者探しをしている方は、一石二鳥の無料サービスですので利用しない手はないですね。

>>タウンライフリフォーム解説記事へ

>>タウンライフリフォーム公式サイトへ