フェンス

暗くならない「目隠し」しながら「日光」を取り入れるフェンス

暗くならない「目隠し」しながら「日光」を取り入れるフェンス

 目隠しフェンスが欲しいけど、暗くなるの嫌な人

「引っ越してきて生活してるとどうしても外の視線が気になってカーテンが開けれない。せっかく明るい窓なのに部屋の中は閉鎖的、、、目隠しを付けたいんだけどね。フェンスをつけると暗くなっちゃうし、意味がなくなってしまうからつけてないの。どうしたら良いかなぁー?」

←暗くならない良いフェンスありますよ

「目隠し」しながら「日光」を取り入れるフェンス

「目隠し」しながら「日光」を取り入れるフェンス

「「フェンスをつけると暗くなる」」

って固定概念じゃないですか??

明るいフェンスありますよ!

素材はポリカで出来ていて。デザインも良いフェンスがあります。

目隠ししながら明るさも確保して、有能なフェンスです。

さぁ、締め切ったカーテン部屋からの脱却ができるかもしれません!

必要な部分だけにつければコストもそこまでかからず経済的ですよ!

暗くならないフェンス サニーブリーズフェンス 

暗くならないフェンス サニーブリーズフェンス 

適度な採光・通風と目隠し効果でプライベート空間を作れます。

多段に設置できる専用の柱を使い上段は採光タイプ・下段はアルミタイプの合わせ技。

風当たりが強い場所に設置する場合は、風の影響を最小限に抑えるため目隠しフェンスを設置する場合は、ルーバータイプの目隠しフェンスがおすすめです。

暗くならないフェンス プレスタフェンスP型

暗くならないフェンス プレスタフェンスP型

気になる視線を押さえ、目隠しフェンスを設置しながら光あふれる空間を作り出せます。

暗くなってしまうことが少ないので隣家への影響も最小限に抑えることが出来ます。

人影はうっすらと見えるので防犯性能も高いデザインになります。

外構・エクステリアを検討される方必見!

お引越し後や家を建てていている途中に検討することの多い外構工事・エクステリアについて一番の悩みは、

  1. 納得の行くプランと最適な設置方法の提案
  2. 高い工事品質と施工後の安全性
  3. 予算内に費用を抑える、工夫と商品選び

ではないでしょうか?

外構やエクステリアの予算配分で悩んでいる方へ「相見積もり」を活用することで大きく見積金額ダウンも期待できます。プラン比較も相見積もりは非常に有利ですよ。

https://link-a.net/gate.php?guid=on&mcode=x3wjetxg&acode=adpbtcgrbefa&itemid=0

さらに、タウンライフリフォームに相談すれば1社だけでなく、なんと相見積もり先の優良企業さんまで紹介してもらえます。(しかも外構業者さんには内緒で)

もう一つ特筆したいポイントとして、タウンライフリフォームは事前に紹介してもらう業者さんを指定できます。

今から業者探しをしている方は、一石二鳥の無料サービスですので利用しない手はないですね。

>>タウンライフリフォーム解説記事へ

>>タウンライフリフォーム公式サイトへ