カーポート

暑いですね、カーポートは暑さ対策だけで決めてはダメですよ【積雪対応】

暑いですね、カーポートは暑さ対策だけで決めてはダメですよ【積雪対応】

夏に向けて、直射日光が気になる人

「急に最近暑くなってきて、直射日光もキツくなってきた。紫外線もあるのでそとにはあまり出たくなし。車も熱くなるので、カーポートは直射日光遮断できるタイプが嬉しい。どんな商品選んだらいいか、詳しい人教えてー!」

←はい、考えるのは夏だけでいいですか?冬の積雪は大丈夫ですか?

私は、エクステリア専門店に商品を卸す商社マンです

どうも、はじめまして、庭ファン(@spring_bd)と申します。

自己紹介を致しますと、本業は現役エクステリア商社マンです。なので、外構の商流や商慣習などにはカナリ詳しいです。このブログではお得にお庭づくりをするための秘訣やコストカット術などを配信しています

私の詳しい経歴・自己紹介についてはわたしのプロフィールをご参照ください。

また、2020年2月からYouTubeでも情報発信していまして、ニッチなお庭という専門ジャンルながら、チャンネル登録者数は1.5万人を超えました!

動画も合わせてご覧いただけると、より効率的に深い知識を得られると思います!

今日は「カーポートと積雪の関係」についてお話ししたいと思います。

先日↓のツイートをしました。

https://twitter.com/spring_bd/status/1128522628086415360?s=21

人間のど元を通れば、すぐ忘れちゃうんですよね。知らない方にもぜひ見てもらいたい衝撃の画像と事実があります。

ちょうど、消費税が5%から8%に引き上げられる年の話です、ずいぶん昔のように思いますね。

関東地方で2014年2/14と2/15に歴史的な大雪災害がありました

覚えてますか?衝撃の写真がツイッター上にも残っているのが生々しいです。

おはよう! 大雪我が家のカーポート潰れた~っ。

今回の大雪でカーポートが潰れた家が多かったみたい。ちなみに隣の家も…

隣のカーポートの屋根が倒壊してしまい、駐車していた車が下敷きになった。このカーポートの屋根は片側で支えるタイプのため、積雪の重みに耐えかねて崩れたらしい。8日の大雪には耐えたのに、今回の大雪が如何に凄いものだったかを思い知らされた。

過度の積雪でカーポートの倒壊が相次ぎました。

ツイッターの写真にもありますが、脚立などで代替つっかえ棒は緊急対策として正解です。

傷・凹みは免れませんが損害を押さえることができるかもしれません。脚立のおかげで、車の全損を防ぐことができるのであれば焼け石に水でも対策はすべきだと思いますね。

当時は、サポート柱の採用率が高かった

いつも、サポート柱の採用率は15%ぐらいでしたが、60%ぐらいまで伸びました。

どうですか、社外秘なのであまり数字は出せないのですがリアルな数字です。

みんな4倍ぐらい意識している事実です。

ですが、もう5年近く経つ現在は、通常の採用率に戻ってしまいました。

しかし、のど元を過ぎれば皆忘れる。

いま春ですが、今年の冬の積雪のこと覚えてますか?

いま春ですが、今年の冬の積雪のこと覚えてますか?

いまカーポートを検討している人は、夏の暑さばっかり目にってないですか?

暑くなった季節では熱線遮断タイプの屋根材だったりそういった部分に目線が行きがちですが、カーポートは年中屋外にいる子です。

あえて、この季節に積雪ことをお伝えしています。

「考慮を知らずに採用しなかった」のと、「知っていて採用しない」では、大きく違います。

後から後悔、損したー!と思うよりも考慮して決められる購入前にこそ考えてもらいたいです。

カーポートの業者さんはネットでも探せます

https://townlife-aff.com/link.php?i=5af26089db0f3&m=5d1ca5c339596外構・リフォーム相場を見るだけでもOK

カーポートについてネットで検索したあなたのように業者さんはネットでも検索できます。

エクステリアについてはあまり購入する頻度が高くないので、わからないことがたくさんあります。

ぜひ、複数社に見積もりを取って頂き、カーポートの強度や保証の有無、アフターフォローの内容含めてを比較検討して頂くと良いかと思います。

そうすることで、外構やお庭工事を得意とする専門の業者からのアドバイスやアイデアがもらえるので、失敗するリスクも軽減できます。

あまりそういった業者さん複数社知らないという場合には、下記のリンクのようなインターネットで業者さんを紹介いただける地元の優良業者さんを紹介いただけるサービスもありますよ。

>>見積相談・資料請求する

業者さんによっておすすめする内容が異なるかもしれませんが、提案内容に正解はありません。

私は、損をしないエクステリア見積もりを取るためにも、複数の専門業者さんにアドバイスを受けることをお勧めします。

外構・エクステリアを検討される方必見!

お引越し後や家を建てていている途中に検討することの多い外構工事・エクステリアについて一番の悩みは、

  1. 納得の行くプランと最適な設置方法の提案
  2. 高い工事品質と施工後の安全性
  3. 予算内に費用を抑える、工夫と商品選び

ではないでしょうか?

外構やエクステリアの予算配分で悩んでいる方へ「相見積もり」を活用することで大きく見積金額ダウンも期待できます。プラン比較も相見積もりは非常に有利ですよ。

https://link-a.net/gate.php?guid=on&mcode=x3wjetxg&acode=adpbtcgrbefa&itemid=0

さらに、タウンライフリフォームに相談すれば1社だけでなく、なんと相見積もり先の優良企業さんまで紹介してもらえます。(しかも外構業者さんには内緒で)

もう一つ特筆したいポイントとして、タウンライフリフォームは事前に紹介してもらう業者さんを指定できます。

今から業者探しをしている方は、一石二鳥の無料サービスですので利用しない手はないですね。

>>タウンライフリフォーム解説記事へ

>>タウンライフリフォーム公式サイトへ