宅配ボックス

宅配ボックスの据え置き・後付けタイプのメリット

宅配ボックスの据え置き・後付けタイプのメリット

最近のエクステリア業界でお熱な商品はブロック塀の倒壊問題を解決するアルミフェンスと、再配達問題を解決する宅配ボックスです。

宅配ボックスのメリットとデメリット

宅配ボックスのメリットとデメリット

なかなか便利な宅配ボックスですが、普及が進んでいないのが現状です。わたしが分析するには、まだまだ普及は進まないと思います。

理由は簡単です。

宅配ボックスの購入費用負担者は、一般戸建ての入居者さん

宅配ボックスの一番のメリットを感じるのは、配達業者さん

再配達になっても追加費用は発生しないので、戸建ての入居者は特に痛まない。

結果的に、費用負担者と利益享受者がイコールでないので、予算をそこまで取らないんですよね。

「いつでも受け取れる」ということのメリットがどこまで一般に普及するかが宅配ボックスのポイントですよね。

最近は、お洒落な宅配ボックスも価格が下がってきた

「配送業者さんに悪いから」「いつでも受け取れる」ために宅配ボックスを設置するときにかかる対価が少しずつさがってきました。

いまでは2万円を切る価格でお洒落な宅配ボックスも登場して話題になっています。

宅配ボックスは後付けでパっとつけられるのがメリット

小規模な取付工事で済むので、後付け設置やリフォーム工事に最適

宅配ボックスの収納部分と基礎の部分が分かれています。幅木と呼ばれる基礎の部分を床面にアンカーで固定するだけで停めることができるのでとても簡単。

アンカードリルを持っている方であればDIYで設置も小一時間で可能です。

傾斜がついている場合もアジャスターがついている商品であれば設置が可能です。

私一番売ってる人気の売れてるユニット

ナスタ スマポ STANDARD 宅配ボックス ダイヤル錠

必要に応じて床面に固定するか、ワイヤーで括る。

本体のカラーも主張しながらも溶け込むジャパニーズカラーではやりデザインに定評のあるナスタさんらしい商品です。

余計なでっぱりや印字などを徹底的に排除したシンプルながら和風にも洋風にもどの住宅にも設置場所にも合う商品ですね。

値段も手ごろでなかなか良い感じです。

外構・エクステリアを検討される方必見!

お引越し後や家を建てていている途中に検討することの多い外構工事・エクステリアについて一番の悩みは、

  1. 納得の行くプランと最適な設置方法の提案
  2. 高い工事品質と施工後の安全性
  3. 予算内に費用を抑える、工夫と商品選び

ではないでしょうか?

外構やエクステリアの予算配分で悩んでいる方へ「相見積もり」を活用することで大きく見積金額ダウンも期待できます。プラン比較も相見積もりは非常に有利ですよ。

https://link-a.net/gate.php?guid=on&mcode=x3wjetxg&acode=adpbtcgrbefa&itemid=0

さらに、タウンライフリフォームに相談すれば1社だけでなく、なんと相見積もり先の優良企業さんまで紹介してもらえます。(しかも外構業者さんには内緒で)

もう一つ特筆したいポイントとして、タウンライフリフォームは事前に紹介してもらう業者さんを指定できます。

今から業者探しをしている方は、一石二鳥の無料サービスですので利用しない手はないですね。

>>タウンライフリフォーム解説記事へ

>>タウンライフリフォーム公式サイトへ