フェンス

手すりは黒は避ける。笑い事じゃなくて、手すりが熱くて持てなくなる

階段の安全対策には手すりが最善・最安です

階段の登り降りが辛い、子供が階段で転けないか心配な人

「階段の登り降りもしんどくなってきたし、雨の日は滑りやすくて怖い思いをしたことがある。安全のためにてすりをつけようかな」

「子供が勢いよく階段を駆け下りて学校に行っている。転けたことはないけども、万一のときに備えて、掴まれる手すりがあったほうがいいかな」

←そうですね、外階段には後からでもてすりが設置できます。

普段は、エクステリア専門商社の営業マンをしています

普段の私はフェンスやブロック、ウッドデッキ・カーポートなどの外構工事にかかわる資材やエクステリア商品を卸している商社マンをしています。

このエクステリア業界に入って早10年。手すりは単価があまり高くなく手軽な工事としてよく提案されています。気軽にできるからと言って、軽く考えていると後悔しますよ。

転ばぬ先の手摺が熱くて触れない

http://www.exterior.co.jp/haiku/senryu02.html

ちなみに、エクステリア川柳 第2回グランプリ にも選ばれる業界としてあるあるネタです。

>>見積相談・資料請求する

階段の安全対策には手すりが最善・最安です

階段の安全対策には手すりが最善・最安です

手すりは使っている材料もおそこまで多くはなく、大規模な工事も必要がないのでお手軽ガーデンリフォームとしてよく提案される工事です。

ちなみに情報ですが、手すり工事は介護保険の適用が可能で自己負担額は少なくて住むケースもあります。

エクステリア事業者さんではなく、ケアマネジャーさんと相談して申請対応が必要です。

詳細は担当のケアマネジャーさんに確認下さい。

公共の施設や建物には手すりの取り付けが義務化されてます

駅・市役所やショッピングモールなどを思い浮かべてみてください。

不特定多数のひとが使う施設の階段には、漏れなく手すりが設置されています。それぐらい手すりは安全対策として認められた対策なのです。

当たり前の回答ではなくて、このブログではもう一尺掘り下げて商品提案を

ここまではおそらく当たり前の回答・内容なると思います。

このブログではもう一尺掘り下げた内容をご紹介できればとおもうのですが、それ商品選定です。

手すりは黒は避ける。笑い事じゃなくて、手すりが熱くて持てない

樹脂になっていて熱をため込まない・熱くなりにくい手すり樹脂になっていて熱をため込まない・熱くなりにくい手すり
  • 手すりは黒色を選んだらダメ
  • 手すりは高くても樹脂製バーを

笑い事じゃなくて、手すりが熱くて触らない。冗談抜きで、手すりの色は明るめのシルバー系か熱くなりにくい樹脂製の手すりを選んでください。

日陰であれば問題ないのですが、真夏で直射日光が当たる場所なら熱くて触れなくなります。

あっ!って必要な時に手すりが熱くて触れない。

そんな悲しい結果になりますので、熱くならない樹脂製の手すりもありますのでそちらを利用ください。冬場も冷たくないので私はおすすめしてます。

 

 

外階段の手すり工事は専門業者さんに見積・相談が必要

エクステリアについてはあまり購入する頻度が高くないので、わからないことがたくさんありますよね。

ぜひ、複数社に見積もりを取って頂き、色味サンプルを確認したり施工後の保証の有無、アフターフォローの内容含めてを比較検討して頂くと良いかと思います。

そうすることで、外構やお庭工事を得意とする専門の業者からのアドバイスやアイデアがもらえるので、失敗するリスクも軽減できます。

あまりそういった業者さん複数社知らないという場合には、タウンライフリフォームのようなインターネットで業者さんを紹介いただける地元の優良業者さんを紹介いただけるサービスもありますよ。

こちらは、地元の優良企業を集めたサービスでリフォーム部門では3冠を達成した由緒あるサービスです。悪徳業者はこう言った紹介サービスで紹介してもらえず、優良企業のみがフィルタリングされている状態です。

>>見積相談・資料請求する

業者さんによっておすすめする内容が異なるかもしれませんが、提案内容に正解はありません。

いまなら、毎月先着99名様に「成功するリフォーム7つの法則」の冊子資料がもらえます。

私は、損しないためにも「業者さん探し」に力をいれてみるのをオススメしています。

外構・エクステリアを検討される方必見!

お引越し後や家を建てていている途中に検討することの多い外構工事・エクステリアについて一番の悩みは、

  1. 納得の行くプランと最適な設置方法の提案
  2. 高い工事品質と施工後の安全性
  3. 予算内に費用を抑える、工夫と商品選び

ではないでしょうか?

外構やエクステリアの予算配分で悩んでいる方へ「相見積もり」を活用することで大きく見積金額ダウンも期待できます。プラン比較も相見積もりは非常に有利ですよ。

https://link-a.net/gate.php?guid=on&mcode=x3wjetxg&acode=adpbtcgrbefa&itemid=0

さらに、タウンライフリフォームに相談すれば1社だけでなく、なんと相見積もり先の優良企業さんまで紹介してもらえます。(しかも外構業者さんには内緒で)

もう一つ特筆したいポイントとして、タウンライフリフォームは事前に紹介してもらう業者さんを指定できます。

今から業者探しをしている方は、一石二鳥の無料サービスですので利用しない手はないですね。

>>タウンライフリフォーム解説記事へ

>>タウンライフリフォーム公式サイトへ