草むしり・雑草対策

子育て・共働き世代の一戸建ての庭はノーメンテナンスが必須

一戸建ての家に引っ越したけどもお庭はノーメンテナンスがいいと思っている人

「「一戸建ての庭にお家に引っ越してきたけども。春になって雑草が生えまくって放って・・・おいたら夏までにもうぐちゃぐちゃになって・・・ホント困り果ててる。家が建ったのは昨年の冬でこの辺は、正直あまり考慮してなかった。思いの外お庭のメンテナンスに困っているので、ノーメンテナンスのお庭を手に入れるにはどうしたらいいですか??」」

ノーメンテナンスのお庭にするにはいくつかポイントがあります

私はエクステリア・外構商品の専門問屋で働いています

どうも、はじめまして、庭ファン(@niwafan1128)と申します。

本業は現役エクステリア商社マンをしています。

そのため、外構・エクステリア商品、商慣習などには詳しいです。

YouTubeでも情報配信しており、100万回近く再生されている動画もあり、トータルの再生数は510万回を超え、チャンネル登録者数は約3万人になりました。(ありがとうござます!)

このブログでは、お得にお庭づくりをするための外構・エクステリア商品情報を秘訣やコストカット術などを、無料で配信しています

外構・エクステリアは、建物の次に高額な買い物であるにもかかわらず、こういったプランや商品選定のノウハウは、ほとんど書籍では販売されてません。

なので、このブログの情報でお庭づくりで悩んでいるあなたのお役に立てるはずです!

私の詳しい経歴・自己紹介については≫わたしのプロフィールをご参照ください。

普段は、営業マンとしてハウスメーカーさんや外構専門業者さんに商品を提案しに出向いたり、提案営業の対応に追われています。

提案する商品の傾向を見ると、人工芝や人工木ウッドデッキなどノーメンテナンスの商品ばかりです。

耐久性が高くなってきた昨今のエクステリア商品で、キーワードになる「ノーメンテナンス」ですが、その背景やメリットについてご紹介したいと思います。

一戸建てのご家庭にはノーメンテナンスは必須条件

一戸建てのご家庭にはノーメンテナンスは必須条件一戸建てのご家庭にはノーメンテナンスは必須条件

私も2人の男児を育てる父親ですが、正直、子育てをしている期間はお庭に手をかけられないのが現状です。

それよりも遊んでくれー、どっか連れて行ってくれー、要求が多く天気の良い土日にわざわざ家にいて、家のメンテナンス・・・という気分にならないのは同意いただけると思います。

私も子育て真っ最中ですがメンテナンスがかかるのはキツイ

私もこの仕事をしながら、こんなこと言っちゃうとだめなんですが、子供の相手をしながらお庭のメンテナンスっていうのはなかなか難しいです。

例えば、奥さんに家の中で子供を見てもらいながら、お父さんはお庭のメンテナンスをするそうすると対応は出来のですが・・・雨降っていると出来ませんし、予定が入っているとできません。

せっかく晴れている日曜日の日にお庭に手を取られるというのは正直もったいない。

メンテナンスが大変というよりも、子供と楽しめる時間を失ってしまうほうがもったいないと考える人がやはり多いようです。

歳を取るとなかなかお庭のメンテナンスがしんどい

歳を取るとなかなかお庭のメンテナンスがしんどい歳を取るとなかなかお庭のメンテナンスがしんどい

そして、次は逆のパターンですね。

年を取ってくるとなかなかメンテナンスがしんどくなってくるということです。

以前、このブログでも紹介させていただきましたが、熱中症の原因でお庭の雑草などの手入れをしている時に熱中症になってしまう方が多いそうです。

https://springbd.net/heatstroke

さらに年を取ってくると腰が痛くなったり、高い場所の枝切りなどが難しくなり、業者さんにお願いしないといけなくなってくることもあります。

そういった時にはメンテナンスのコストがかかってしまい生涯というスパンで考えるとトータルではあまりコスパの良いお庭にはならないのですね。

若いうちからのメンテナンスフリーなお庭にしておくということも、必要になります。

ノーメンテナンスのお庭に憧れるなら土を排除する

ノーメンテナンスのお庭に憧れるなら土を排除するノーメンテナンスのお庭に憧れるなら土を排除する

ノーメンテナンスのお庭に憧れるならば基本土を排除しなければなりません。

土地があれば雑草を生えますし、色々な泥汚れもあがってきます。

全てコンクリートで舗装してしまえば良いのですが、それじゃあちょっと味気ないということもあります。

価値観はそれぞれですが、レンガ敷きやインターロッキングのようなちょっと土色のもので舗装したり、もしくは砂利やウッドチップなどで土を露出しないようにしたりなどの方法があります。

究極、ノーメンテナンスのお庭に憧れるならマンションに引っ越す

↑集合住宅向けバルコニー用 リウッドデッキ 200 横張り FD_FDホワイトブラウン_XGSS0340

もう一つはノーメンテナンスのお庭に憧れるならば、いっそのことマンションに引っ越すという方法もあります。

マンションであれば基本的な土は家の中にはありませんし、バルコニーはあればで少しプランターぐらいであれば対応できるかと思いますw

とはいうものの、マンションにも管理費維持費などが積立でかかってきます。

この維持費にマンションの植栽を管理・メンテナンスに充てられていることがおおいので、実際のところこれが戸建てメンテナンス台に当たる部分にはなります。

多少なりなりしてもコストはかかるのですが、ノーメンテナンスのお庭にすると言う庭なかなか難しいところがあります。

ノーメンテナンスのお庭にしたいなら、いっそコンクリートで塗り固めてしまう

ノーメンテナンスのお庭にしたいなら、いっそコンクリートで塗り固めてしまうノーメンテナンスのお庭にしたいなら、いっそコンクリートで塗り固めてしまう

東京都内や大阪府内などで狭小地の場合は、もう全てのコンクリートに覆われている現場もありますね。

もう初めから土が無い状態の家があります。

家の外周部分であれば、後からコンクリートで塗り固めて雑草や泥はねの防止をご依頼依頼ケースもあるので一概にはゼロとは言えませんね。

ノーメンテナンスのエクステリア商品は増えてきてます

ノーメンテナンスのエクステリア商品は増えてきてますノーメンテナンスのエクステリア商品は増えてきてます

エクステリア商品を検討する場合は、メンテナンスがいらない人工木や耐久度の高いアルミ素材を使ったフェンスや塀などを併用することでノーメンテナンスのお庭ができます。

「何も土がないといけない」「植物がないといけない」ということはありませんので、その人々の価値観や生活スタイルに応じたノーメンテナンスのものを選択するのが正解ですね。

外構・エクステリアを検討される方必見!

お引越し後や家を建てていている途中に検討することの多い外構工事・エクステリアについて一番の悩みは、

  1. 納得の行くプランと最適な設置方法の提案
  2. 高い工事品質と施工後の安全性
  3. 予算内に費用を抑える、工夫と商品選び

ではないでしょうか?

外構やエクステリアの予算配分で悩んでいる方へ「相見積もり」を活用することで大きく見積金額ダウンも期待できます。プラン比較も相見積もりは非常に有利ですよ。

https://link-a.net/gate.php?guid=on&mcode=x3wjetxg&acode=adpbtcgrbefa&itemid=0

さらに、タウンライフリフォームに相談すれば1社だけでなく、なんと相見積もり先の優良企業さんまで紹介してもらえます。(しかも外構業者さんには内緒で)

もう一つ特筆したいポイントとして、タウンライフリフォームは事前に紹介してもらう業者さんを指定できます。

今から業者探しをしている方は、一石二鳥の無料サービスですので利用しない手はないですね。

>>タウンライフリフォーム解説記事へ

>>タウンライフリフォーム公式サイトへ