ウッドデッキ

樹脂製のウッドデッキは塗装したほうがいい?(ダメーーー)

人工木の塗装はNG

樹脂製のウッドデッキをつけて数年経過した

「取り付けたすぐの新品に比べて少し色褪せて来た気がする。耐久力も心配だから、ヒマな時に塗装したほうがいいのかな?できれば人工木・樹脂製のウッドデッキ用の塗料があれば教えて欲しい!」

樹脂製人工木のウッドデッキ塗装したらダメーーー!!

樹脂製のウッドデッキは塗装したほうがいい?(ダメーーー)

人工木の塗装はNG

樹脂製のウッドデッキを利用していて、メンテナンスフリーと聞いているけども、雨ジミとかできてちょっと気になる人も居るかもしれません。

樹脂製・人工木ウッドデッキを長年使っていると多少色あせてきてきちゃっているので色を塗り直してみたい!塗ってもいいですか?と言われる人がいます。

そんな方に私がメーカーの開発の方から聞いた答えをご紹介します。

\ウッドデッキの優良業社を検索
>>見積相談・資料請求する
※見積は何度でも無料でもらえます

塗ってもいいかどうかの答えは、ダメです。

塗ってしまうと余計にシミが広がってしまうかもしれません。

 

人工木ウッドデッキはメンテナンスフリー

水洗いや高圧洗浄だけでオッケー

そのままが最強になるように設計・製造されているので安心してください

保護材や再塗装は逆に劣化の原因になるので手を加えないほうが吉

樹脂製の人工木ウッドデッキは塗装ができる仕様にはなっていません。

一般の天然木ウッドデッキに比べ吸水力給水量が低く塗料がうまく塗り込めなく、染み込まないので余計に変になってしまうことが考えられます。

色褪せてしまっているかもしれませんが、そのままがベストです。

人工木と呼ばれる樹脂デッキは塗装不要。

人工木の塗装はNG

人工木と呼ばれるウッドデッキは塗装は不要です。

むしろ、塗装できません。

塗料のノリが悪く、ムラになってしまったりすることもあります。

人工木ウッドデッキは塗装したいと思っている場合はいっその事、全部を取り替えるぐらいしか対応する方法しかありません。

ですが、商品によっては床板の表と裏を支えるものもあります。

YKKAP リウッドデッキは表と裏リバーシブルになっているので、色あせてしまった場合ひっくり返すという荒業もできます。

過度な汚れを落とすには、サンドペーパーで削り取る。

過度なに汚れてしまった部分に関してはサンドペーパーなどで削り取るのが正攻法の補修方法です

例えば「タバコを落としてしまった焦げ付きバーベキューの時の油染みなどに関しては普通の洗剤では取ることはできません

その場合は粗めのサンドペーパーで削りとる方法がベストだと言われています(メーカーさんもその方法を推奨)

削ってしまうとすごく心配になってしまいますが人工木ウッドデッキの床板も製造するタイミングで金属ブラシで表面の質感を演出再現しているので全く問題はありません。

 

このページのまとめ

  1. 樹脂製のウッドデッキは塗装したほうがいい?(ダメーーー)
  1. 人工木と呼ばれる樹脂デッキは塗装不要。
  1. 過度な汚れを落とすには、サンドペーパーで削り取る。
外構・エクステリアを検討される方必見!

お引越し後や家を建てていている途中に検討することの多い外構工事・エクステリアについて一番の悩みは、

  1. 納得の行くプランと最適な設置方法の提案
  2. 高い工事品質と施工後の安全性
  3. 予算内に費用を抑える、工夫と商品選び

ではないでしょうか?

外構やエクステリアの予算配分で悩んでいる方へ「相見積もり」を活用することで大きく見積金額ダウンも期待できます。プラン比較も相見積もりは非常に有利ですよ。

https://link-a.net/gate.php?guid=on&mcode=x3wjetxg&acode=adpbtcgrbefa&itemid=0

さらに、タウンライフリフォームに相談すれば1社だけでなく、なんと相見積もり先の優良企業さんまで紹介してもらえます。(しかも外構業者さんには内緒で)

もう一つ特筆したいポイントとして、タウンライフリフォームは事前に紹介してもらう業者さんを指定できます。

今から業者探しをしている方は、一石二鳥の無料サービスですので利用しない手はないですね。

>>タウンライフリフォーム解説記事へ

>>タウンライフリフォーム公式サイトへ